• 関連の記事

「サイバートラスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サイバートラスト」に関する情報が集まったページです。

CentOS 8のサポート期限は2021年12月31日:
サイバートラストが「RHEL 9」を基にした「MIRACLE LINUX 9」を無償で提供
サイバートラストはLinuxディストリビューション「MIRACLE LINUX 9」のライセンス費用を無償にすると発表した。Red Hat Enterprise Linux 9で動作するソフトウェアなら、そのままMIRACLE LINUX 9でも利用できるという。(2021/12/17)

IoTセキュリティ:
エッジAIへのDevSecOps導入とIoT機器の長期利用を支援するサービス
サイバートラストは、セキュアエッジAI向けに新しくパッケージ化した、IoT機器向け長期サポートサービス「EM+PLS」の提供を開始する。国際規格対応のセキュリティ対策を組み込んでおり、IoTの開発負担を軽減し、DevSecOpsの導入を容易にする。(2021/11/16)

組み込み採用事例:
LinuxとAndroid向けの高速起動ツールが106種のSoCに対応
サイバートラストグループのリネオソリューションズが提供する、組み込みLinuxおよびAndroid機器向けの高速起動ソリューション「LINEOWarp!!」が、2008年の発売以来累計で106種のSoCに対応し、128種の製品に採用された。(2021/7/13)

IoTセキュリティ:
IoT機器向け長期サポートサービスが多機能セキュアICに対応
サイバートラストのIoT機器向け長期サポートサービス「EM+PLS」が、ヌヴォトン テクノロジージャパンの多機能セキュアIC「MN67S3C0」シリーズに対応した。IoT機器の国際安全基準への準拠を支援する。(2021/7/2)

サイバートラスト、マルチドメイン証明書を提供へ 厳格な認証レベルに対応
サイバートラストは、SSL/TLSサーバ証明書「SureServer Prime」のマルチドメイン証明書を2021年5月27日に提供開始する。認証レベルに応じて、「SureServer Prime MD」と「SureServer EV Prime MD」の2種類を用意した。(2021/4/28)

IoTセキュリティ:
IoT機器のセキュリティ事故を個別に補償、サイバートラストが新保険提供
サイバートラストはIoT機器向けのセキュリティ保険を「セキュア IoT プラットフォーム」に組み込み2020年夏から提供開始する。国際標準規格に準拠した技術的運用が評価され保険付帯が実現した。(2020/4/13)

製造ITニュース:
IoT機器ライフサイクル全般のセキュアな管理実現のため2社が開発連携
サイバートラストとパナソニック セミコンダクターソリューションズは、IoT機器のライフサイクル全般にわたるセキュアな管理を実現するために、両社が開発連携することに合意したと発表した。(2020/2/25)

ET2019:
USBメモリを使わずにオフラインでファームウェア更新、サイバートラストが提案
サイバートラストは、「ET&IoT Technology 2019(ET2019)」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)において、スマートフォンの顔認証アプリを用いてファームウェアのオフライン更新をセキュアに行う技術を披露した。(2019/12/3)

組み込み開発ニュース:
IoT機器向けLinuxと脆弱性パッチを10年間提供するサービスを開始
サイバートラストは、IoT機器向けLinuxと製品の長期利用を支援するサービス「EM+PLS」の提供を開始した。長期間の脆弱性パッチ提供をはじめ、IoT機器の本物性を担保するトラストサービスなどを提供する。(2019/11/12)

IoTセキュリティ:
IoT機器のライフサイクル管理プラットフォームがLinuxに対応
サイバートラストは、IoT機器の製造から廃棄にわたって安全にライフサイクルを管理する「セキュアIoTプラットフォーム」が、Linuxに対応したと発表した。(2019/10/23)

組み込み開発ニュース:
組み込みLinuxの10年サポートを明言、サイバートラストが製造業向けIoT事業を加速
サイバートラストは、10年間の長期サポートに対応する組み込みLinux「EMLinux」を核とするIoT機器向けのサービス「EM+PLS(イーエムプラス)」を2019年秋にリリースする。EM+PLSを構成するトラストサービス向けのマイコン開発で東芝デバイス&ストレージとの提携も発表した。(2019/7/10)

組み込み開発ニュース:
サイバートラストがリネオと提携、組み込みLinux事業の展開を加速
サイバートラストは、組み込みLinux関連ソフトウェアを手掛けるリネオソリューションズとの事業提携を目的にリネオホールディングスの株式を取得すると発表した。取得する株式比率は35%で、リネオホールディングスはサイバートラストの持分法適用会社となる。(2019/7/5)

IoTセキュリティ:
IoT機器のライフサイクルを管理するプラットフォームの販売代理店契約を締結
サイバートラストは、IoT機器の製造から廃棄までをサポートする「セキュアIoTプラットフォーム」について、東京エレクトロン デバイスと販売代理店契約を締結した。(2019/4/18)

ESEC2019&IoT/M2M展:
組み込みLinuxとRTOS「ThreadX」を1個のSoC上で共存「IoT化のニーズ取り込む」
サイバートラストは、「第22回 組込みシステム開発技術展(ESEC2019)」のグレープシステムブースにおいて、組み込みLinuxとリアルタイムOS(RTOS)を1個のプロセッサ上で連携動作させるデモを披露した。(2019/4/15)

ET2018:
IoT時代の組み込みLinuxソリューション、ハイパーバイザーなしでRTOSと共存可能
サイバートラストは、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」において、組み込みシステムの課題を解決するソリューションとなる「EMConnect」を紹介した。(2018/11/21)

サイバートラスト:
組み込み機器の安全性を強化し、IoT化や高機能化を支援する「EMConnect」
サイバートラストは、組み込みシステムの課題を解決するソリューション「EMConnect」の提供開始を発表した。組み込みLinux OS「EMLinux」、Linux OSとRTOSの共存を実現する「EMDuo」など複数のソフトウェア製品で構成され、単体でも組み合わせでも利用可能だという。(2018/11/15)

サイバートラスト イー・フォース:
サイバートラストとイー・フォースが協業、LinuxとRTOSの共存を推進
サイバートラストとイー・フォースが提携、Linux/RTOS共存サービス確立に向けての協業を開始する。Arm「DynamIQ」を用い、LinuxとRTOSのメリットを併せ持つ、組み込み機器の開発をサポートする。(2018/7/3)

サイバートラスト:
90億台の産業機器が「IoT機器」になる日、安全はどう保つ
情報通信白書によれば、2021年には94億台の産業機器が「IoT機器」になっている。そのとき、安全性はどのように確保されるべきなのだろうか。サイバートラストの講演より、機器製造側がとれる手段について考える。(2018/3/15)

サイバートラスト セキュアIoTプラットフォーム:
組み込みと認証で「ライフサイクル」を守る一気通貫セキュリティ
組み込みLinuxなどを手掛けるミラクル・リナックスと、電子認証局事業を行うサイバートラストが合併した。狙いは製品ライフサイクルそのものを守る“一気通貫のセキュリティ”だ。(2017/10/31)

IoTセキュリティ:
半導体レベルからクラウドまでIoTサービスを守るセキュアIoTプラットフォーム
サイバートラストは、ミラクル・リナックスとの合併後、新体制として初めての事業戦略説明会を開催。製品に組み込む半導体レベルから認証鍵を入れ込みライフサイクルを通じて認証が可能な基盤を展開していく方針を示した。(2017/10/25)

製造マネジメントニュース:
次世代IoTソリューションの構築に向け、3社が協業
NTTデータとミラクル・リナックス、サイバートラストは、IoT分野における次世代ソリューションについて、技術開発や検証、それらのサービス確立を目的として協業することで合意した。(2017/8/30)

コネクテッドカー向けセキュリティ基盤の実証実験を開始:
NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラスト、次世代IoT向けエッジデバイス基盤の開発で協業
NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストの3社が次世代IoT分野で協業すると発表。各社の技術を持ち寄り、新世代IoTのセキュリティを踏まえた「エッジコンピューティング」基盤の体制を整える。協業の第一弾としてコネクテッドカー向けIoTセキュリティソリューションの開発を進める。(2017/8/9)

IoT機器の統合管理基盤:
ミラクル・リナックスら4社、IoT機器のセキュリティをクラウド提供
ソフトバンク・テクノロジーとサイバートラスト、ミラクル・リナックスがRambusと共同で、電子認証を用いたIoT機器の安全性確保に乗り出す。コネクティッドカーなど出荷後にも安全性の担保が必要なIoT機器に向ける。(2017/8/8)

「ミラクル・リナックス」の社名が消滅
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併。社名はサイバートラストに変更する。(2017/7/21)

太陽光:
ドローンで太陽電池を守る、空からホットスポットを検知し即日共有
ソフトバンク・テクノロジー、エナジー・ソリューションズ、サイバートラスト、M-SOLUTIONSの4社は、ドローンとクラウド技術を使って太陽電池の赤外線検査を行うシステムのプロトタイプを開発した。サービス提供は2016年8月を予定している。(2016/4/22)

IoT時代においてもコアテクノロジーに:
「PKIが果たす役割はますます大きくなる」、米デジサート
認証機関として長年電子証明書発行サービスを手がけ、国内ではサイバートラストと提携してビジネスを展開している米デジサート(DigiCert)の担当者らが2015年9月に来日。PKIを巡る最新の状況を尋ねた。(2015/10/8)

サイバートラストのMDMサービス、iOS 5に対応
サイバートラストのMDMサービス「サイバートラスト デバイスマネジメント」がiOS 5、iPhone 4Sに対応。正式サービスとしての提供を開始した。(2011/10/26)

KCCS、社内ネットワークへセキュアに接続できる「スマートデバイス端末認証サービス」を提供開始
京セラコミュニケーションシステム(KCCS)がサイバートラストと連携し、社内ネットワークへセキュアに接続できる「スマートデバイス端末認証サービス」を8月1日より提供開始する。(2011/7/28)

iOS端末の脱獄検出に対応――サイバートラスト、スマートフォン管理サービスを開発
サイバートラストが、iOS端末の脱獄(Jailbreak)検出が可能なスマートフォン向け端末管理サービスを開発。「第1回スマートフォン&モバイルEXPO」で披露する。(2011/4/21)

サイバートラスト、デバイスIDが許可されたAndroid端末からのリモートアクセスに対応
サイバートラストのデバイス認証用証明書発行管理サービス「サイバートラスト デバイスID」がAndroid端末に対応。あらかじめ許可されたAndroid端末のみからのリモートアクセスが可能になる。(2011/3/2)

ユーザー数に応じたメール暗号化サービス、サイバートラストらが提供
サイバートラストとデジタル・インフォメーション・テクノロジーは、S/MIMEによる暗号化をユーザー数ライセンスで利用できるサービスを始めた。(2009/12/1)

携帯電話も広範に対応:
サイバートラスト、2048ビット長のEV SSL証明書発売
サイバートラストは、2048ビットの鍵長を持つ最長2年間有効のEV SSL証明書を発売した。(2008/12/1)

TradeSafe、サイバートラスト、ソフトバンクペイメントがネットショップ決済で連携
(2008/9/22)

有効期限は3年:
サーバ証明書が年次分割で購入可能に サイバートラスト
有効期限が3年で、毎年の分割払いで購入できるサーバ証明書をサイバートラストが発売した。(2008/8/21)

ジュニパーとサイバートラスト、スマートフォンのセキュリティ分野で協業
(2008/7/25)

安全なアクセス環境を:
ジュニパーとサイバートラスト、スマートフォンセキュリティで協業
電子証明書を使った認証でWindows Mobileから社内システムへの接続を可能にする。(2008/7/25)

料金後払い、自分で発行できるサーバ証明書サービス
ビートラステッド・ジャパンは同社のサーバ証明書をユーザー組織内で管理、集中的に発行できる電子認証サービス「SureHandsOn」を5月より開始する。(2006/5/10)

ビートラステッド、証明書申請手続き専用ポータルサイトを5月に開設
ビートラステッド・ジャパンは5月1日より、サーバ証明書の申請手続き作業を効率的に行える専用サイト「SureServer」を開設する。(2006/4/14)

ビートラステッド、端末ログ収集/管理をASPサービスとして提供
ビートラステッド・ジャパンは4月1日より、企業内のクライアント端末のログ収集/管理を行うASPサービス「オペレーショナル リスク管理サービス」の提供を開始する。(2006/3/30)

ビートラステッド、Webサイト脆弱性診断サービス「HACKER SAFE」も提供
ビートラステッド・ジャパンは、SSL証明書発行サービスに加え、三和コムテックが提供しているWebサイトの脆弱性診断サービス「HACKER SAFE」の販売を開始した。(2006/3/1)

Cisco、Cybertrustの資産買収
(2005/11/30)

フィオリーナ氏、Cybertrustの取締役に就任へ
2月にHPのCEOを退任して以来、主に回想録の執筆に専念していたフィオリーナ氏が、セキュリティベンダーCybertrustの取締役に指名される。(IDG)(2005/10/27)

Zotobの感染企業は少数――ワーム標的変化の実態映す
Cybertrustの報告によると、かつて猛威を振るったNimdaやBlasterと比較して、今年8月のZotobによる企業の被害ははるかに少なかったという。(2005/10/27)

ビートラステッド社長に阿多氏
(2005/6/29)

ソフトバンクBB、PKIのビートラステッド買収
(2005/6/15)

Cybertrustの証明書がBSデジタルに採用
(2005/5/26)

ビートラステッド・ジャパン、企業向けリスク管理支援サービスを提供
ビートラステッド・ジャパンは4月1日より、リスク評価/対策方法のアドバイスなどを行う企業向けセキュリティサービス「Cybertrust Risk Management Program」を開始する。(2005/3/22)

あらゆるシーンでフィッシング対策を、イーセキュリティとビートラステッドが提携
イーセキュリティ・ジャパンとビートラステッド・ジャパンはフィッシング対策に関して提携を結んだ。(2005/2/1)

ビートラステッド、4段階の対策でフィッシングを防ぐ「PhishDetect」
ビートラステッド・ジャパンは、4つの手段を組み合わせてフィッシング詐欺を防ぐ「PhishDetect」を発表した。(2004/12/16)

セキュリティへの取り組みに不可欠なのは「正しい知識」とCybertrust
米CybertrustのCTOを務めるピーター・ティペット氏が来日。製品に頼り過ぎなくとも、正しい知識に基づく設定の見直しでセキュリティの向上は図れる、と述べた。(2004/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。