• 関連の記事

「消費者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

宝探し感覚の「100円市」が人気 広さ15坪の「そこね屋」、特徴は?
物価上昇やエコ意識の高まりから、割安に買えるリユース(再利用)品に注目が集まる。商品の再販売を行う「リセール」事業も増加。とくに急増中なのが、フリマアプリ「メルカリ」などを使った消費者間の中古品取引だ。(2024/4/19)

海外医療技術トレンド(106):
医療機器よりも難題!? Non-SaMDに影響が及ぶ米国のIoTセキュリティ政策
米国では、本連載第98回で取り上げた消費者IoT製品向け認証/ラベリングプログラム「U.S.サイバートラストマーク」の導入準備など、非医療機器/Non-SaMD(Software as a Medical Device)を取り巻く動きが加速している。(2024/4/19)

堀江貴文氏「プラットフォーム規制を」なりすまし広告被害に 提訴は「前沢さんに任せる」
顔写真が無断で投資広告に使われる被害に遭っている元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏は10日、衣料品通販大手ZOZO創業者の前沢友作氏と自民党の消費者問題調査会など合同勉強会で被害実態を説明した後、記者団の取材に応じた。(2024/4/11)

ウエルシア、プライベートブランドから初の冷凍食品を発売 消費者調査から開発に着手
ウエルシア薬局(東京都千代田区)は、プライベートブランド「からだWelcia」から初の冷凍食品を発売する。消費者への調査で冷凍食品に対するニーズが高いことが分かり、開発した。(2024/4/6)

丸紅、“消費者向け”中古スマホ事業に参入 イオシスHDと資本業務提携
丸紅は2024年4月4日、イオシスホールディングス(イオシスHD)との資本業務提携を発表。消費者向けスマートフォンリユース事業への参入も明らかにした。本提携に伴い、丸紅は、IT機器買取・販売事業を展開するイオシスの親会社であるイオシスHDを持分法適用会社とした。(2024/4/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
企業成長の鍵を握るもう一つの視点――リーダーに必要な「戦略物流思考」
スマートフォンの普及、コロナ禍によって消費者行動の変化が加速し、企業戦略における「物流」の重要性が高まっている。これからの時代、どんな仕組みを構築していくべきか。『顧客をつかむ戦略物流 なぜあの企業が選ばれ、利益を上げているのか?』を上梓した株式会社イー・ロジット会長・角井亮一氏が、物流を軸にした戦略づくりのヒントを提示する。(2024/4/4)

ドンキ、商品キャッチコピーを一般募集 花王とのコラボ商品用POPに採用へ
花王とコラボした商品でキャッチコピーを募集する。同商品では過去に、パッケージ案を消費者の評価から決定した経緯がある。(2024/3/27)

調理用保存容器を選ぶ時に消費者が重視していること 「価格」を抑えた1位は?
EDI基幹プラットフォームの運用などを手掛けるプラネットは、調理用保存グッズに関する意識調査を実施した。その結果、自宅では「プラスチック製」を最も使用しており、保存容器を選ぶ際には「電子レンジの使用が可能かどうか」を重視していることが分かった。(2024/3/26)

消費者庁、「車両用クレベリン」めぐりデンソーなど10社に措置命令 景表法違反で
消費者庁は広告の裏付けとなる合理的な根拠がなかったとしています。(2024/3/20)

Marketing Dive:
お金に余裕がない人ほどブラックフライデーに財布のひもが緩む理由
経済不安と自分へのご褒美ニーズの高まりから、2023年のホリデーシーズンは予測を裏切り、多くの消費者がブラックフライデーまで買い控える心理に影響された。Why Groupの調査で明らかになった。(2024/3/20)

「値上がりを実感」最も多いのは60代以上、最少は20代 調査で明らかに
2023年に22年と比較して、商品やサービスの「値上がりを感じた」と回答した人は、世代別で見ると60歳以上は91.0%に上り、一方で20〜29歳は他の年代と比べて最も少ない結果になった。ヒューマン・データ・ラボラトリ(さいたま市)による調査で明らかとなった。原材料価格やエネルギー価格、物流費の高騰を受け、幅広い分野で値上げが続く中、消費者はどのような対策を取っているのか。(2024/3/19)

実感涌かず:
日経平均、史上最高値は“まやかし”か? 消費者の懐が暖まらない決定的な理由
日経平均株価は史上最高値を更新した。大きな転換点ではあるが、我々生活者はどう捉えれば良いのか。(2024/3/15)

Marketing Dive:
消費者の「自分へのご褒美」支出拡大にマーケターはどう反応すべきか?
Why Groupによると、2023年末のホリデー支出トレンドにより、「自分自身の大切さ」を伝えるメッセージの必要性が浮き彫りになったという。(2024/3/13)

材料技術:
皮脂のRNA情報を用いて商品とサービスの開発を支援するコンソーシアムを設立
花王とアイスタイルはRNAの情報を用いて一般消費者の商品探しを支援する「RNA共創コンソーシアム」を共同で設立すると発表した。(2024/3/13)

富士通株式会社提供Webキャスト
サステナビリティと利益追求を両立させる、新しいサプライチェーンの姿とは
欧米諸国ではすでに、消費者レベルにまで浸透しつつあるSX経営やESG経営だが、環境や人権に配慮しつつ、継続的な利益を生み出すのは容易ではない。この大きな変化に対応するには、サプライチェーンの在り方そのものの変革が必要だ。(2024/3/13)

小売事業者に関する情報開示からDR促進制度の動向まで:
改正省エネ法を契機に変わる企業対応、省エネ・非化石転換に関する新制度の動向
改正省エネ法の施行など、カーボンニュートラル実現に向け、企業にも新たな対応が求められている昨今。省エネルギー小委員会の第44回会合では、エネルギー小売事業者から消費者への情報・サービス提供に関する新制度や、エネルギー消費機器のデマンドレスポンス(DR)対応、省エネ法定期報告情報の開示制度の在り方について議論が行われた。(2024/3/12)

富士通株式会社提供Webキャスト:
PR:商品提供の最適化にサプライチェーンの「レジリエンス」が必要不可欠な理由とは
デジタル技術が進展し、消費者ニーズが多様化する中、企業が取り組むべきテーマとしてサプライチェーンの「レジリエンス」が浮上している。その必要性や実践のポイントを、動画で詳しく解説する。(2024/3/12)

富士通株式会社提供Webキャスト
消費者の欲しい商品を確実に店頭へ、「途切れない商品流通網」のつくり方
消費者ニーズが加速度的に変化する今、目当ての商品が店頭になければ、すぐ類似商品に乗り換えられてしまう。災害などのリスクに直面しても商品提供を続けるにはAIなどのデジタル技術を駆使する必要がある。その実現のポイントを解説する。(2024/3/12)

なぜ自社のマーケティングは“変わらない”のか:
PR:これが令和の“デジマ戦略” 生成AIで「コスト削減」「成果UP」を両立させる
消費者の購買行動が次々に移り変わる現在。変化のスピードに付いていこうにも、人手や時間などのリソース不足がマーケティング担当者を悩ませている。その課題を生成AIなら解決できる。令和の“デジマ戦略”を深掘りする。(2024/3/11)

今日のリサーチ:
悪い顧客体験(CX)がもたらす経済損失は国内で年間7兆6000億円、世界では555兆円に
Qualtrics「2024年消費者トレンドレポート」は悪い顧客体験を提供してしまう組織が深刻な経済損失のリスクを抱えていると指摘しています。(2024/3/10)

投資家が着目するポイント
ESGの“G”「ガバナンス」が地味過ぎでも無視できない理由
ESG経営において、環境問題や社会課題への取り組みは消費者や従業員の理解を得やすい。一方でガバナンス強化は見過ごされがちだが、等しく重要だ。ガバナンス強化に直結するアクションの具体例を探る。(2024/3/10)

「CODE」と連携したサービスも提供予定:
インテージが全国消費者パネル「SCI」を刷新 変わったのは“調査方法”
調査方式と調査対象カテゴリーをリニューアルし、サンプルサイズを拡大。新しいデータサービスの提供を開始する。(2024/3/8)

なぜチェルシーは販売終了に追い込まれたのか 消費者の“あめ離れ”が鮮明
菓子メーカー大手「明治」は、53年の歴史を持つキャンディー「チェルシー」の販売を3月末で終了し、キャンディー事業からの撤退を決めた。(2024/3/5)

電動化:
次に買うクルマのパワートレインやブランドは? グローバルでの調査結果
デロイト トーマツ グループは26カ国2万7000人を対象にした自動車に関する消費者意識調査の結果を発表した。(2024/3/1)

消費者に「かわいい」と支持されている輸入車 男女別の結果は?
日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、中古車販売を手掛けるグーネット中古車と共同で、かわいいと思う輸入車ランキングを発表した。男女ともに「ミニ(ミニ)」が2位に大差をつけて1位を獲得した。(2024/2/29)

ブランドを傷付けないために知るべき、ダイナミックプライシング「9つのポイント」
消費者の価格に対する視線が厳しくなっている昨今、値下げしようにもなかなか取り組みにくい環境に企業が直面している。その中で注目を集めるのがダイナミックプライシングだ。今回の記事では、その注意点や効果を高めるための9つのポイントを解説する。(2024/2/28)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第4回】
爆売れも夢じゃない? 新世代SNSを使い倒すこれからのテクニックはこれだ
多様に進化するSNSは、消費者の生活の一部となり、企業にとっても無視できない存在だ。SNSの移り変わりをまとめつつ、SNSの活用を成功させるには今後は何が必要になるのかを考察する。(2024/3/7)

EVに求める航続距離と充電時間は:
日米欧中におけるEVの消費者ニーズを調査
矢野経済研究所は、「日米欧中におけるEV(電気自動車)の消費者ニーズ」についてアンケート調査を行い、その結果をまとめた。この中から、「EVのイメージ」や「消費者が求めるEVの航続距離と充電時間」に関する調査結果を公表した。(2024/2/20)

クレカ発行、消費者が「ポイントサービス」より重視することは?
クレジットカードを3枚以上持っているとした人は52.7%に上ったーー。そのような結果がマイボイスコム(東京都千代田区)による「クレジットカードの利用」に関する調査で明らかとなった。人々はどのようにカードを使い分けているのか。(2024/2/20)

今日のリサーチ:
平均購入単価は前年比105.8%に上昇し、1回当たり購入数量は前年比97.1%に減少 実データが示す購買行動の変化
消費者の普段の買い物行動はどう変わったのでしょうか。カタリナマーケティングがデータの推計や意識調査の意向ではなく実購買データのみで構成したレポートを発表しました。(2024/2/19)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【前編】
無線LAN「Wi-Fi 7」に飛び付く人と「Wi-Fi 6」で満足な人、それぞれの考え
無線LANの次世代規格Wi-Fi 7に準拠する製品が早くも市場に出てきた。しかし、だからといって企業や消費者が無線LAN新製品に飛び付くわけではない。(2024/2/13)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第4回】
顧客エクスペリエンス向上につながる返品処理 その実現方法とは
オンラインショッピングの普及と共に消費者による商品の返品行動が増加した。商品の発信元である小売業者にとっての改善策にはどのようなものがあるのか。(2024/2/13)

Marketing Dive:
サードパーティーCookieが本当に廃止される2024年、生き残りたいマーケターが必ずやるべきこと3選
PCH Mediaのティム・ブラズ氏によれば、ゼロパーティーデータとファーストパーティーデータを優先し、消費者にフォーカスすることが重要だ。(2024/2/8)

デスクトップPCの人気メーカー 3位「富士通」、2位「Apple」、1位は?
消費者の支持を得ているデスクトップPCのメーカーはどこか。おすすめ比較サイト「Picky's」を運営するrentry(長野市)が調査を実施した。(2024/2/7)

GX/脱炭素が評価されにくい産業を支援、新たに「CO2削減量」のアピールを可能に
素材などの一部の産業では、脱炭素に必要な投資コストは高いが、製品そのものの機能や性状が変わらないため、環境価値が評価されにくいという課題が指摘されている。そこで政府では、企業が消費者に対してアピールしやすいよう、産業特性に沿った新たな評価指標の検討を進めている。(2024/2/6)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】
返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは
インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。(2024/2/6)

今日のリサーチ:
「生成AIに仕事を奪われる」に日本人は楽観的? 悲観的?――デロイト トーマツ グループ調査
生成AIに対する消費者反応を日本、英国、ドイツ、オランダ、イタリア、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンで比較したグローバル調査の結果です。(2024/2/3)

小売・流通アナリストの視点:
300円ショップ好調の裏で 「100円死守」なセリアが苦しいワケ
物価高を背景に、ディスカウント型のスーパーを利用する消費者が増えている。多くの消費者がより安いものを求める中、100円ショップ業界ではある意外なことが起きている。(2024/2/2)

スマホ不要の生体認証で買い物可能な時代へ
“安全と利便性”を両立した「生体認証」活用で東武鉄道と日立がめざす未来とは
東武鉄道と日立製作所は生体認証を活用することで、消費者の利便性向上や社会課題の解決をめざす。両社が共同開発したデジタルアイデンティティーの共通プラットフォームについて、求められた技術要件や課題、今後の展望と併せて紹介する。(2024/2/1)

日本のブランドも参加予定:
「BeReal」に公式アカウント機能 著名人やブランドが“盛れない”SNSでリアルな舞台裏を発信可能に
BeRealが公式アカウント機能を提供開始する。ブランドが消費者に親近感を持ってもらえる新たなチャネルになるか。(2024/1/30)

日本ハム、マグロそっくりの食品を発売 本物に近い食感・風味を再現 狙いは?
日本ハムが、本物のマグロそっくりなプラントベース(植物由来)の食品を開発した。当面の販売先は外食産業やホテルなどとしているが、今後は一般消費者に提供する可能性もあるとしている。(2024/1/28)

今日のリサーチ:
ECサイトで合わせをしやすい形式はチャットやメールなどの文章型が全体の6割超――wevnal調査
ECサイトの問い合わせの対応品質は消費者にどのような影響をもたらすのでしょうか。(2024/1/27)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
崖っぷちブランドを再生する方法
消費者が慣れ親しんだイメージを大切にしつつも、購買行動の変化したイマドキの消費者に寄り添った取り組みをどう進めるか。今回の無料eBookのテーマは「ブランド再生」です。(2024/1/26)

電気代高騰は追い風 ワークマンやドンキの進化する「着るこたつ」
消費電力が大きいエアコンを使わず、温まることができる「着るこたつ」注目を集めている。各社が発売する着るこたつの特徴や消費者の反応、売れ行きをまとめた。(2024/1/25)

消費者から「酸っぱい」と指摘、体調不良者も…… 冷凍鍋から“社内基準超える微生物”検出、約7600個回収へ
下痢の症状も報告されたとしています。(2024/1/22)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第1回】
「返品手数料は無料」はもう終わり? 英国アパレル企業の動きが示すものとは
英国のアパレル企業が相次いで消費者からの返品に手数料を請求する動きを見せている。その背景にはどのような問題があるのか。(2024/1/22)

スピン経済の歩き方:
「値下げで過去最高益」のイオンが、賃金を上げなければ非常にマズいワケ
「値下げ」は消費者にとって喜ばしい話のようだが、実は日本全体の視点で考えると、あまり喜ばしい話ともいえない。その理由は……。(2024/1/17)

国民生活センター、震災に便乗した消費者トラブルの相談窓口を設置
国民生活センターは15日、被災地域を対象とした相談窓口「能登半島地震関連消費者ホットライン」の運用を始めた。(2024/1/15)

Marketing Dive:
プログラマティック広告の不都合な真実 220億ドルの予算をどこで溶かしているのか?
全米広告主協会(ANA)は、プログラマティック広告費のうち、消費者にリーチできている費用はわずか36%にとどまっていると指摘している。なぜこうなったのか。(2024/1/12)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
嫌われる広告の「なぜ?」を探る
ブランドセーフティーのリスクは消費者のブランド評価に影響を与えます。どんなコンテンツがネガティブであり、どう対策すべきなのか。今回の無料eBookのテーマは「ブランドセーフティー」です。(2024/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。