• 関連の記事

「コネクテッドカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コネクテッドカー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モビリティサービス:
事故の危険がある地点を10m四方でスコアリング、トヨタとKDDIが協力
KDDIは過去の事故情報などのオープンデータと人や車両の流れのビッグデータをAIで分析して危険地点を見える化するソリューションを2024年春から提供する。トヨタ自動車と連携して、早期の社会実装を目指す。(2024/2/21)

KDDIとトヨタ、交通事故の“危険地点”を可視化する技術を提供 「車と自転車が近づいたらスマホに通知」も
KDDIがトヨタと連携し、交通事故が起きやすい危険地帯を予測するソリューション「危険地点スコアリング」を、法人や自治体向けに2024年春から提供する。KDDIの持つ人流データやトヨタの持つ車両データを活用。車と自転車が交差点に近づいたら、双方のスマートフォンに通知をして減速を促す機能も開発している。(2024/2/20)

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(1):
ここまで進んだ自動車業界の生成AI活用 CES 2024レポート(前編)
この連載ではMONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。第一弾では2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCES (Consumer Electronics Show)より、自動車業界の生成AI活用のトレンドについて紹介します。(2024/2/19)

老舗自動車メーカーのデータ活用術【前編】
顧客体験の向上で将来を見据える ベントレーモーターズCDOインタビュー
Bentley Motorsのアンディ・ムーア氏は、データ活用の重要性を認識しデータオフィスを設立し、その後最高データ責任者(CDO)になった。CDO登用までの道のりは。(2024/2/9)

ソフトバンク、モバイル事業は前倒しで黒字化 宮川社長は“楽天モバイルの支援”にも言及
ソフトバンクは2月7日、2024年3月期第3四半期決算を発表した。国の要請による「携帯4割値下げ」以降、赤字続きだったモバイルの売上高がこの第3四半期に反転して増収に。質疑応答では、プラチナバンドを獲得した楽天モバイルを支援する意向を宮川社長が示した。(2024/2/7)

Hulu、BMWの車内モニターで視聴可能に
「Hulu」を運営するHJホールディングスは12日、BMWの車内モニターで「Hulu」の視聴が可能になると発表した。(2024/1/12)

イータス 代表取締役社長 水本文吾氏:
PR:「SDVといえばETAS」を目指す 包括的な開発環境の提案を強化
自動車業界で「電動車」や「自動運転車」の開発競争が本格化してきた。こうした中、ソフトウェアでクルマの機能を定義するSDV(Software Defined Vehicle)が新常識となりつつある。ETAS(イータス)は、SDV時代に対応するための包括的な開発環境を提案している。イータスの日本法人で代表取締役社長を務める水本文吾氏に、2024年の事業戦略などを聞いた。(2024/1/11)

事例から見る「中国企業のDX」:
「業務部門の意識が高すぎて、IT部門が周縁化」 “CASE”にまい進する自動車メーカーのDX
「100年に1度の変革期」が訪れているといわれる自動車業界。技術革新を後押しするためのDXの在り方を事例から探ってみよう。(2023/12/26)

ITインフラ&オペレーション管理者が備えるべき課題:
2024年は機械の顧客が増える? Gartnerが発表した2024年のITインフラトレンド6選
Gartnerは、今後12〜18カ月間にインフラストラクチャとオペレーションに大きな影響を与える6つのトレンドを発表した。2024年のトレンドとして、マシンカスタマーや生成AIと並んで拡張接続型ワークフォースなどの新しい動きを挙げた。(2023/12/26)

組み込み開発ニュース:
生成AIでデータセンター需要が急伸するマーベル、車載イーサネットにも注力
マーベルジャパンが注力する4つの市場の動向や有力製品を中心とした事業戦略などについて説明。生成AIの登場でデータセンター向けのインターコネクト製品の需要が年率2倍で伸びていることに加え、欧米で本格採用が進む車載イーサネットを日本の自動車メーカーが採用検討していることを明らかにした。(2023/12/13)

車載情報機器:
世界の通信キャリアに接続する単一プラットフォーム、ソフトバンクが740億円出資
ソフトバンクはIoTプラットフォームを手掛けるアイルランドのキュービックテレコムに4億7300万ユーロを出資する。(2023/12/6)

Jim Keller氏に独占インタビュー:
Rapidusとも提携、Tenstorrentの現状と戦略
2nmプロセスベースのAIエッジデバイス領域での半導体IPに関して、Rapidusと提携を結んだTenstorrent。同社CEOのJim Keller氏が今回、米国EE Timesのインタビューに応じ、事業の現状や戦略などを語った。(2023/12/5)

初回契約から保険料割り引き トヨタ「つながる車」向け、あいおいニッセイ同和
あいおいニッセイ同和損害保険が、通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」のユーザー囲い込みを強化する。(2023/11/24)

「ITmedia DX Summit Vol.16」開催レポート:
SUBARUが脱出した「データの三重苦」 データ基盤統合で生まれた「3つの効果」を紹介
「100年に1度の大変革期」と言われる自動車業界では、業務基盤の強化とDX推進が最重要課題となっている。SUBARUが取り組むデータマネジメントを通じた「データ価値の最大化」とデータ活用推進活動を紹介する。(2023/9/29)

雇用戦略と人材育成:
PR:才能を引き付けるのは“情熱” 現代のグローバルリーダーに必要な人材育成の考え方
テュフズードジャパンは創立30周年を記念したイベントで「人材育成の先にある成功」と題したパネルディスカッションを開催。企業の成長に寄与する人材育成において経営陣が果たすべき責務と意識改革について、登壇者が熱く語り合った。(2023/9/29)

組み込み開発 インタビュー:
ソフトウェア定義自動車の標準化へ、Armが支えるSOAFEEの活動が本格化
ArmプロセッサをベースにSDV(ソフトウェア定義自動車)の標準化を進めるSOAFEEが、2021年9月の立ち上げから2年を迎えた。SOAFEEの活動を支援するArmのオートモーティブ事業部門の担当者に、現在の活動状況について聞いた。(2023/9/26)

法人事業におけるKDDIの強みとは? デジタル化だけでなく“データ活用”にも注力
KDDIが9月5日、法人事業についての戦略を説明した。同社は(1)非デジタルのデジタル化→(2)IoTデータの活用→(3)企業間のデータ融合という3ステップでDXを推進させていく。マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」をはじめとした生成AIも提供していく。(2023/9/5)

計測システムを東陽テクニカが提供:
中国CICV、コネクテッドカーの試験サービス開始
東陽テクニカは、中国の国家研究機関「China Intelligent and Connected Vehicles(Beijing)Research Institute」(CICV)が、「コネクテッドカー向け無線通信性能計測システム」を用い試験サービスを始めたと発表した。同システムは中国現地法人の「東揚精測系統(上海)」が納入した。(2023/9/4)

車載情報機器:
自動車向け5Gライセンスプログラムを提供、58社の特許をカバー
アバンシは5Gコネクテッドカー向けライセンスプログラムの提供を開始する。(2023/8/18)

車載ソフトウェア:
収益化につながるサービスの展開を容易に、BlackBerryがサポート
BlackBerryはQNX ソフトウェア開発プラットフォームの最新版となるSDP8.0の早期アクセスの提供開始と、クラウド接続型のAIプラットフォーム「BlackBerry IVY」の展開を発表した。(2023/8/2)

現実的なところから始めるのが、結局は近道に:
自動運転の成功の鍵は「あまり遠くを見すぎないこと」
完全な自動運転――。その響きは魅力的ですが、その実現には依然としていくつものハードルがあります。では少しでも実用化に近づくにはどうすればいいのでしょうか。その答えは「遠くを見すぎないこと」です。(2023/7/18)

製造ITニュース:
ゲーム業界で培ったエッジ向け低遅延通信を産業用途で展開、ルクセンブルク企業が国内参入
エッジデバイス向けソリューションを展開するGcoreは2023年6月20日、日本拠点を開設して本格的に国内市場へ参入すると発表した。オンラインゲーム向けに提供してきた低遅延の通信サービスを強みとする。(2023/7/5)

車載セキュリティ:
コネクテッドカーが攻撃を受けたら費用を補償、自動車業界向け保険
東京海上日動火災保険とJapan Automotive ISACは、J-Auto-ISACの会員企業向けにコネクテッドカーサイバー保険団体制度を創設した。(2023/6/2)

KDDI、2022年度は最高益達成も「本当に厳しい1年だった」 5Gは人口カバー率90%に
KDDIは11日、2022年度通期決算を発表した。過去最高益となる営業利益1兆757億円を記録した。高橋誠社長は「2022年度は本当に厳しい事業環境だった」と振り返る。5Gエリアは人口カバー率90%を達成した。(2023/5/12)

セミナー:
PR:Veriserve Mobility Initiative 2023
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/4/25)

年間出荷量は過去最高に:
セルラーIoTモジュール世界市場、2022年は14%増
カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、2022年のセルラーIoTモジュール世界市場(出荷量)が、前年に比べ14%増加し、過去最高の数量になったと発表した。2023年は前年比19%の伸びを予測している。(2023/4/13)

車載情報機器:
コネクテッドカーは2035年に9230万台に、V2Xはセルラー優勢
富士経済はコネクテッドカーの世界市場調査の結果を発表した。(2023/3/29)

電動化:
今の使い方でEVに乗り換えて走行距離は足りる? DeNAがシミュレーション技術
DeNAは、現在のクルマの使い方を基にEV(電気自動車)の実際の走行距離や導入効果を予測するシミュレーション「FACTEV(ファクティブ)」を開発した。(2023/3/28)

ソフトバンクが6G時代の先端技術を披露 上空エリア化から自動運転、障害に強いネットワークまで
ソフトバンクは技術展示イベント「ギジュツノチカラ ADVANCED TECH SHOW 2023」を開催した。自動運転やHAPS、Beyond 5G/6G時代の携帯電話ネットワークなど、研究開発中の先端技術が紹介された。(2023/3/23)

ソフトバンクとHondaが実証実験、高速道路での交通事故リスク解析/判定を周知
ソフトバンクは、本田技研工業と本田技術研究所と共に「高速道路の自動運転時代に向けた路車協調実証実験」へ参加。車両情報を解析して交通事故のリスクを判定し、周辺車両へ通知して事故を未然に回避する行動を促す。(2023/3/20)

MWC Barcelona 2023:
Qualcomm、次世代コネクテッドカー向けプラットフォーム「Snapdragon Automotive 5G」発表
Qualcommは2月27日(現地時間)から開催しているMWC Barcelona 2023にて、次世代コネクテッドカー向けプラットフォーム「Snapdragon Automotive 5G」を発表した。自動車用モデムRFシステムとして、2023年後半に市販予定の乗用車へ搭載予定だという。(2023/2/28)

電動化:
日産が電動車投入計画を上方修正、2030年までにEVなど27車種
日産自動車は電動化戦略の取り組みを加速させる。2030年までの長期ビジョンで電動車の投入計画を示していたが、目標値を引き上げる。(2023/2/28)

モビリティサービス:
トヨタのコネクテッドカーのデータで渋滞解消、CO2排出半減を目指す
NTTデータは、トヨタ自動車が保有するコネクテッドカーのデータを利用した混雑解消の実証実験を開始する。対象とするエリアは三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAYの駐車場とその周辺道路だ。(2023/2/13)

「時代をリードするコネクテッドカーに」──ソニー・ホンダが『フォートナイト』開発元と取り組むクルマの未来
ソニー・ホンダモビリティが発表したバッテリー式EV(BEV)の新ブランド「AFEELA」。初めて披露されたセダンタイプのプロトタイプの車体にも注目が集まる中、同社は発表会で『フォートナイト』開発元の米エピックゲームズとの提携を発表した。(2023/1/5)

IoTセキュリティ:
量子コンピュータでも解読困難、最新の暗号化技術を搭載したICカードを開発
凸版印刷と情報通信研究機構は、極めて高い暗号化技術を備えたICカード「PQC CARD」を開発し、有効性の検証に成功した。2025年には医療や金融用途で限定的に実用化し、2030年から本格的に提供を開始する。(2022/11/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
トヨタ・フォードの連合は、AppleやGoogleに敗北したのではない
例え終わってしまったとしても、やったことに意味があるタイプの取り組みでした。(2022/11/4)

モビリティサービス:
AWSとBMWがクラウドベースの車両データプラットフォーム、処理能力3倍に
Amazon Web Services(AWS)とBMWグループは2022年10月18日、クラウドベースの車両データプラットフォームの開発で連携すると発表した。協業により、数百万台規模のコネクテッドカーのデータ配信と管理を簡素化するとともに、カスタマイズ可能なクラウドソフトウェアを開発する。(2022/10/20)

車載セキュリティ:
NTTコミュニケーションズ、「移動するIoT」向けのエッジコンピューティングを提供
NTTコミュニケーションズは2022年10月18日、コネクテッドカー向けの技術を2件発表した。(2022/10/19)

AWSと独BMWが連携 コネクテッドカー用データプラットフォーム開発
米Amazon Web Servicesと独BMWグループが共同で、コネクテッドカーのデータ管理用クラウドソフトウェアを開発する。(2022/10/18)

製造マネジメントニュース:
日産もロシア撤退で損失1000億円計上、事業は現地の自動車関連の研究所に
日産自動車は2022年10月11日、ロシア市場から撤退すると発表した。ロシア事業は現地の自動車・エンジン中央科学研究所(NAMI)に譲渡する。日産は今後6年間、事業を買い戻す権利を持つ。(2022/10/12)

Dell製サーバ「PowerEdge」に搭載予定:
ゼロトラストセキュリティを強化するNVIDIAのDPU
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックはリモートワークの普及を促した。その結果、エンドポイントが指数関数的に急増し、作業負荷の分散化が進行。堅牢なセキュリティの必要性に光が当てられるようになった。NVIDIAの最新DPU「「BlueField-2」は、そうした分散型のコンピュータ環境が普及していることを示すものだ。(2022/9/27)

石川温の再考・クルマのスマホ化(1):
「クルマのスマホ化」の前に、「ケータイの垂直統合の終わり」を振り返る
「モバイル端末は人々の生活を大きく変えたメガトレンドだった。次のメガトレンドはモビリティだ」。そもそも日本のケータイビジネスはどのようにして成長してきたのか。ケータイを作っていたメーカーの立ち位置は? 石川温氏が解説する。(2022/9/6)

データ通信量を最大63%低減:
「Web会議で数十秒先に必要なデータ通信量」を予測し通信品質を保つ NTTが新技術開発
NTTは、体感品質とデータ通信量を最適化する技術「Mintent」を確立した。Web会議の映像や音声の体感品質を保ちながら、データ通信量を最大63%低減できたという。(2022/9/1)

“途切れにくいWeb会議”データ通信量制御で実現 NTTの技術「Mintent」適用
体感品質とデータ通信量を最適化するNTTの技術「Mintent」。NTTコムウェアのWeb会議サービスに組み込み、体感品質を保ちながらデータ通信量を最大63%低減できることを確認したという。(2022/8/31)

房野麻子の「モバイルチェック」:
KDDI通信障害の教訓 「0円」からできるリスク分散とは
KDDIの通信障害は3日以上続く大規模な通信障害となった。スマートフォン、携帯電話だけでなく、物流や銀行、コネクテッドカーなどにも影響があった。都内の110番通報が1割減になるなど、モバイル通信がまさにインフラとして浸透し、ひとたび通信障害が起これば甚大な影響をもたらす現代社会の課題が明らかになった。(2022/7/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
KDDIの通信障害、政府は「叱る」前に何をすべきか
最大3915万回線に影響を及ぼしたKDDIの大規模通信障害。KDDIの高橋誠社長が行った会見など対応が話題となったが、筆者は「少しやり過ぎではないか」と感じた。その理由は――。(2022/7/7)

相次ぐ通信障害、巻き込まれる企業の“生存戦略“を考える
86時間にわたって発生したKDDIの通信障害。スマートフォンやIoT機器の普及などで生活に通信が浸透した「コネクテッド時代」において障害にどう対処していけば良いのか。ネットワークの冗長化について考えてみる。(2022/7/6)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
LPWAサービスにも影響、IoT時代の「通信インフラのもろさ」が見えた週末
プライベートでも仕事でも多大な影響を受けた人が多かったかと思います。(2022/7/5)

本田雅一の時事想々:
au通信障害で起きた“負のスパイラル” 「おかけになった番号は現在……」に至るまで
7月2日、auで大規模な通信障害が発生した。KDDI高橋誠社長ら記者会見で語った経緯や調査状況から分かることとは? ITジャーナリストの本田雅一氏が解説する。(2022/7/3)

徐々に回復:
au通信障害、解消へ 3日朝に復旧見通し ゆうパックなどに混乱連鎖
KDDIは7月3日、携帯電話サービスの通信障害について、復旧のめどを発表した。西日本は午前7時15分、東日本は午前9時半を目標に復旧活動に取り組んでいるという。(2022/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。