「コミュニティー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コミュニティマーケティングの普及・促進活動をより早期かつ広範囲に実現:
「一般社団法人コミュニティマーケティング推進協会」が設立
コミュニティマーケティングに関する交流や学びの機会を通して、コミュニティマーケティングの実践者・成功者を増やし、日本のビジネスシーンで活用される状況を加速することが目的。(2024/2/19)

Javaの10個のメリット【第1回】
なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由
登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。(2024/2/14)

スマホ複数台持ちの筆者が「一部のスマホにロックを掛けない」理由
筆者は手持ちのスマートフォンのうち、何台かは画面のロックをかけない状態で利用している。SNSをはじめとしたオンラインコミュニティーにその現状を第三者が発信できるようにしているため。「デジタル遺品、遺産」をどう残すかを考えておきたい。(2024/2/12)

組み込み開発ニュース:
組み込みLinux上で動作するFlutter向けプラグインを開発
ACCESSは、組み込みLinux上で動作する、Flutter向けのChromiumベースWebViewプラグイン「flutter_linux_webview」を、開発コミュニティー向けにオープンソースソフトウェアとして公開した。(2024/2/7)

その先にまだ知らないことがたくさんある:
「セキュリティ・ジュニアキャンプ」から見えた、人材育成における“コミュニティー”の存在意義とは
20年にわたって継続してきたセキュリティ・キャンプには、どんな意義があるだろうか。中学生など低年齢層を対象に、若い世代に伸び伸びと学んでもらう場として開催されている「セキュリティ・ジュニアキャンプ」を中心に“コミュニティー”の存在意義を探る。(2024/1/25)

AWSが美少年に? とあるユーザーコミュニティーから生まれた“擬人化スライド”がすごかった
女性中心のAWSユーザーコミュニティー「クラウド女子会」を取材。その活動内容や、創設期の奇抜な取り組みを聞いた。(2024/1/19)

新時代のネットワーク像【前編】
クラウドでもSDNでもなく「新時代のネットワーク」に不可欠なのは“あの要素”
ネットワークの主要テーマと言えば、以前は仮想化やSDNが主流だった。しかしユーザーは新たなテーマへの関心を強めつつある。ユーザーコミュニティーであるONUGが指摘する新たなテーマとは。(2023/12/21)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【後編】
退職した人材の再雇用を狙う「アルムナイ制度」 企画倒れで終わらせないポイントは
人事部門が「アルムナイ制度」(退職者を再雇用する仕組み)を構築し、コミュニティーを長く存続させたいなら「やるべきこと」と「やり過ぎてはいけないこと」がある。それは何か。(2023/12/21)

車載ソフトウェア:
PR:日立Astemoが取り組む「SDV」の実現を支える“コミュニティー”とは
「SDV」という言葉が自動車業界で注目を集めている。ソフトウェアによって販売後も自動車の価値を高めるという一般的な定義は定着しているものの、実現に向けてどのような課題があるのか。(2023/12/14)

OSS開発に利用されている「GitHub」のデータを分析:
「OSSコミュニティーはすぐに活動を終了する」は本当? “6つの神話”をNTTと九州大学が科学的に解析
NTTと九州大学は、OSSコミュニティーの活動実態に関する調査レポート「OSSの神話と真実」を公開した。GitHubのリポジトリに蓄積されたデータを分析、評価することで、OSSにまつわる通説を科学的に検証した。(2023/12/8)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【前編】
採用難から注目集まる「アルムナイ」制度 参加したくなるグループとは?
人材不足と採用難から、人事部門は「アルムナイ」(退職者)を再雇用する仕組みに熱視線を送っている。企業主導でアルムナイのコミュニティーを立ち上げ、魅力的な参加者を集めるためのこつは。(2023/12/7)

編集部コラム:
日立はなぜ組織再編でクラウドネイティブコミュニティーに肩入れをするのか
日立が組織再編を発表してから1カ月。社会インフラを担う同社が日本におけるクラウドネイティブコミュニティー立ち上げの中核メンバーに人材を送り込んでいます。(2023/12/7)

ニコニコの「プレミアム会員」が値上げへ 導入から16年で初
ドワンゴは、動画コミュニティーサービス「ニコニコ」のプレミアム会員料金を値上げすると発表した。(2023/12/4)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
世界の一流ブランドはなぜ「ゲーマー」を重視するのか
ブランドがZ世代を理解し、彼らと適切なコミュニケーションを取るためには、何よりもまず彼らの集まるコミュニティーに積極的に参加する必要があります。今回の無料eBookのテーマは「ブランドのゲーム活用事例」です。(2023/12/4)

Googleドライブで「データが消える」など複数の報告 デスクトップ版に不具合
米Googleのクラウドストレージ「Googleドライブ」で、データが消えるという不具合が複数報告されている。Googleは、ヘルプページ内にあるコミュニティに投稿。不具合を認めた上で、Googleドライブのデスクトップ版の特定のバージョンにおいて、同期に関する問題が発生していると明かした。現在調査中としている。(2023/11/28)

リノベ:
古民家を「ミリ波」で検査し、利活用の助言を行うサービスを「建築家コミュニティ」が開発
「建築家コミュニティ」は、ミリ波で外観からは判別できない建物内部の損傷をスキャンし利活用の助言までを行うサービス「古民家再生のスキャンとプラン」を開発し、CAMPFIREにて限定3件の先行サービス提供のリターンを含めたクラウドファンディングを実施している。(2023/11/27)

製造業IoT:
スマート化した「ペグ」やIoT対応PLCも、ifLinkが成果物の展示会を開催
ifLinkオープンコミュニティは同団体を通じて生まれたIoTの成果物を展示する「ifLink 商品showcase」を開催した。(2023/11/17)

2023年12月には発足記念イベント:
日本でCNCF公認のコミュニティーが発足、日本の技術者がグローバルで活躍できるように
クラウドネイティブ技術を推進するグローバル団体Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の日本における公認コミュニティーが設立された。ゆくゆくはグローバルなCNCFの場で活躍できるエンジニアを日本から輩出したいという。(2023/11/8)

“ユーザーコミュニティー施策”の不安点 2位は「知見がない」 1位は? 日経リサーチ調査
SNSやイベント、専用のWebサービスなどで、企業がユーザーと直接コミュニケーションできる場を設ける「ユーザーコミュニティー」施策。実際に取り組む企業は、どんな不安や期待を持っているのか。日経リサーチなどが調査した。(2023/10/30)

Xの「コミュニティノート」で修正された投稿は収益分配の対象外にとマスク氏
偽情報などで収益を得ようとする投稿者への対策とみられる。(2023/10/30)

Xで「コミュニティノート」のついたポストは収益分配の対象外になるとマスクCTO
Xのイーロン・マスクCTOは、Xプレミアムユーザーの特権である収益分配に新たな制限を加えるとポストした。「コミュニティノート」のついたポストは収益分配の対象外にするとしている。(2023/10/30)

クラシコムも入居:
木造商業ビル「nonowa国立SOUTH」24年春開業、特徴は?
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインは2024年春、国立駅南口にJR東日本グループ初の木造商業ビル「nonowa国立SOUTH」を開業する。(2023/10/18)

約半数が「マネジメントや起業よりエンジニアとしてのスキル向上」を重視:
約8割は「ヘッドハンターからのお誘い」を待っている @IT読者調査の結果から見えた最新のキャリア意向
@ITはキャリア意向調査を実施した。それによると20〜40歳代の読者が転職で改善したい要素は「給与面」で、次に転職するときには「勉強会、コミュニティーでの紹介」を使いたいと考えている人が多かった。(2023/10/13)

Social Media Today:
X(旧Twitter)が広告主に“忖度”する日は来るか?
誤情報の取り締まりに重要な役割を果たすと期待される「コミュニティノート」は広告にも追加可能だ。広告費を払っても内容が疑わしければ即座に否定される。透明性という点で好ましい仕組みだが……。(2023/10/9)

Marketing Dive:
崖っぷちブランドが生まれ変わるために下した「他社のマーケティング戦略に追随しない」という決断
再起を図る米老舗百貨店が、包括性とコミュニティーを重視する新たな「Make It Count(今を大切に)」というブランドメッセージを届けるために大きな投資をしている。同キャンペーンの手法は他社のやり方とは一線を画するものだと、責任者は語る。(2023/9/28)

環境変数を使ったターミナルの起動の展開などが可能に:
Microsoft、2023年9月版のVisual Studio CodeのPythonおよびJupyter拡張機能をリリース
Microsoftは 2023年9月版のVisual Studio CodeのPythonおよびJupyter拡張機能をリリースした。今回の主なリリース内容は「Python.Createコマンドに “Recreate”または“Use Existing”オプション追加」「環境変数を使用した実験的なターミナルの有効化」「コミュニティーから提供されたyapf拡張機能」の3点だ。(2023/9/28)

コントリビューターはプロジェクトを何で選ぶ?:
燃え尽き症候群を軽減するために、OSSコミュニティーのリーダー必見の4カ条
Googleのオープンソースプログラムオフィス内の研究チームが、オープンソースのコントリビューターを理解するための研究結果を発表した。OSSコミュニティーのリーダーがすべきこととは何なのか。(2023/9/26)

Marketing Dive:
破綻した老舗百貨店が再起をかけた“10億ドル”デジタルキャンペーンの中身
経営破綻した米百貨店チェーンJ.C. Penneyが新たに展開する「Make It Count」キャンペーンは、包括性とコミュニティー重視の姿勢を強化することを目的としている。(2023/9/26)

NEWS Weekly Top10:
X(元Twitter)、有料になっても使いますか?
「イーロン・マスク氏がX有料化に言及した」という話題がアクセス1位になった。後日、マスク氏は、自らの発言がデマだと指摘したコミュニティーノートに同意する意見を表明している。もしXが少額課金制になった場合、どのくらいの人が利用を続けるだろうか?(2023/9/25)

Unity、新料金の修正案 追加課金は「年100万ドル超え」のみ
開発者から強い反発を受けた「Unity Runtime Fee」の修正案が公表された。追加課金する対象を、年間収益が100万ドル超えのゲームに限定にするなど、開発者コミュニティーに大幅に譲歩した。(2023/9/25)

Unity謝罪、新料金を見直しへ 「コミュニティの声を聞く」
Unityの新料金体系「Unity Runtime Fee」に開発者が猛反発していることを受け、Unity運営元は「コミュニティの声を聞きながら、ポリシーを変更する」とXに投稿した。(2023/9/19)

「TIOBEインデックス」9月版:
Kotlinは全ての面でJavaを追い越す――プログラミング言語の人気ランキングにコミュニティーの反応は
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023月9月版では、「Kotlin」がトップ20に返り咲いた。(2023/9/13)

カシオ「VIRTUAL G-SHOCK」企画始動 コミュニティ開設で会員権NFTを限定配布
カシオ計算機は5日、「G-SHOCK」ユーザーとの交流を図り、共創するプロジェクト「VIRTUAL G-SHOCK」を始めると発表した。(2023/9/5)

「ホロライブ」のカバー、“推しをもっと好きになる”公式アプリ「ホロプラス」をリリース これで推し活がはかどるぞ!
ファンコミュニティー機能も!(2023/8/30)

ホロライブ、推し活のための公式アプリ「ホロプラス」公開 「ホロジュール」連携も今後追加
カバーは29日、公式コミュニティアプリ「ホロプラス」を公開した。“推しタレント”の情報を見逃さないとしている。(2023/8/29)

Meta、コーディング用生成AIモデル「Code Llama」リリース
Metaは、大規模言語モデル「Llama 2」上に構築した生成AIコーディングツール「Code Llama」をリリースした。Llama 2と同じコミュニティライセンスで、無料で研究および商用利用できる。(2023/8/25)

【後編】明石ガクトに聞くTikTok売れの法則 認知施策は不要、「興味からズドン」で購買へ至るカラクリ
インターネット、特にSNSはもはや社会インフラだが、その舞台で求められるマーケティング視点として昨今キーワードになっているのが「コミュニティー」「熱量」だ。マーケターはこの潮流を前に、つながりをどう生かし、熱をつくり出せばいいのか? 動画界のカリスマ、明石ガクト氏と余頃沙貴氏に問う動画マーケティングの最前線(後編)。(2023/8/22)

【前編】明石ガクトに聞くTikTok売れの法則 ショート動画がもたらしたマーケティングの新潮流
インターネット、特にSNSはもはや社会インフラだが、その舞台で求められるマーケティング視点として昨今キーワードになっているのが「コミュニティー」「熱量」だ。マーケターはこの潮流を前に、つながりをどう生かし、熱をつくり出せばいいのか? 動画界のカリスマ、明石ガクト氏と余頃沙貴氏に問う動画マーケティングの最前線(前編)。(2023/8/22)

“興味のない”YouTubeの「おすすめ動画」、非表示にする方法は? Googleが仕様変更を明らかに
YouTubeのおすすめ動画を一切表示しないように設定できるようになる。Googleがコミュニティサイトで明らかにした。その方法を簡単に解説する。(2023/8/14)

「Windows」「macOS」以外のOSが覇権を握る?
オープンソースOSを独自開発する中国 “ITの米国依存”から卒業できるのか?
中国のオープンソースコミュニティーopenKylinがオープンソースのデスクトップOSをリリースした。これにより中国は、ITの米国依存から脱却する狙いだ。この動きは、今後のIT市場にどのような影響をもたらすのか。(2023/8/10)

mineoで「ChatGPT」を活用したQ&Aサービス 3万件以上の情報を活用して公式キャラクターが自動回答
オプテージが、MVNOサービス「mineo」においてChatGPTを活用したQ&Aサービスの提供を開始した。コミュニティサイト「マイネ王」に蓄積された3万件以上の情報を活用し、公式キャラクターがAIで質問に自動回答してくれるという。(2023/8/7)

50代女性の流行ランキング 「スイーツ」「グルメ」1位は?
アットテーブルが、女性向けコミュニティサイトを運営するキャリア・マムと共同で、50代前後の女性が選ぶトレンドランキングを発表した。(2023/8/1)

オープンソース開発ツール「Mutagen」の提供会社を買収:
Docker Desktopの「ファイル同期に時間がかかる問題」をMutagen Extensionで解決 Docker
Dockerは、オープンソースのディレクトリ同期開発ツール「Mutagen」を提供するMutagen IOを買収したことを発表した。買収によってDockerは「開発者のニーズに対応し、コミュニティーや顧客に利益をもたらすことを目指す」としている。(2023/7/24)

資格やコミュニティーを提供:
「安全な生成AI」の社会実装に向け本格始動、GUGA
2023年5月に発足した「生成AI活用普及協会(GUGA)」が記者説明会を実施し、同協会の概要や設立背景をあらためて語った。資格試験「生成AIパスポート」やコミュニティーの提供を通じて、生成AIの公正かつ安全な普及/社会実装を目指している。(2023/7/20)

「Twitterのコミュニティは決して真似できない」 X社のヤッカリーノCEOがThreadsを敵視
Twitterに迫り来る米Metaの新たなSNS「Threads(スレッズ)」に、X社(Twitterの運営元)が必死の抵抗を見せている。X社のリンダ・ヤッカリーノCEOが7月11日(日本時間)、「Twitterは1つしかない」などと投稿した。6日には「Twitterのコミュニティは決して真似できない」などと投稿していた。(2023/7/11)

イーロン・マスク氏、「どうも ありがとう ございます」と日本語ツイート 突然の感謝のワケは?
米X(元Twitter社)のイーロン・マスク氏は、日本語で「どうも ありがとう ございます」とツイートした。「コミュニティノート」の公式Twitterアカウント(@CommunityNotes)のツイートを引用し、感謝を伝えている。(2023/7/6)

Meta、Twitter対抗の新SNS「Threads(スレッズ)」を7月6日開始 Instagramが基盤
米Metaは、テキストベースの新たなSNS「Threads(スレッズ)」を7月6日から提供する。App Storeで概要を公開し、同日から配信予定だ。Instagramが基盤のThreadsはコミュニティが集い、関心のあるトピックから次のトレンドまで、あらゆる情報についてオンラインで会話できる場となる。(2023/7/4)

機密コンピューティング研究プロジェクト「Oak」に適用した例を紹介:
Google、SLSAコミュニティーと提携してコンテナベースの「SLSA 3ビルダー」を開発
Googleは、SLSAコミュニティーと協力して、SLSA 3のビルド来歴(Provenance)を生成可能なコンテナベースのビルダーを開発、公開したと発表した。(2023/7/3)

今こそ「Java」な“これだけの理由”【第6回】
「なぜ今更Javaなのか」と聞く人に「なぜ今Javaを学ばないのか」と問い詰めたい
パンデミックを経て活気を取り戻したコミュニティーは、「Java」をこれから学ぼうとする開発者にとって心強い存在だ。具体的にどのような交流の場があるのか。そして、なぜ「今こそJava」なのか。(2023/7/1)

2要素認証の使用状況に基づくアクセス制限も実施予定:
Python用ソフトウェアリポジトリ「PyPI」、全アカウントで2023年末までに2要素認証を義務化へ
Pythonコミュニティーは、PyPIを利用する全てのアカウントに対して2023年末までに2要素認証の有効化を義務付けることを発表した。(2023/6/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。