• 関連の記事

「Business Analytics」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Business Analytics」に関する情報が集まったページです。

テルえもんが見たデジタルモノづくり最前線(2):
Webブラウザで動作する3D CADに注目してみた
連載「テルえもんが見たデジタルモノづくり最前線」では、筆者が日々ウォッチしているニュースや見聞きした話題、企業リリース、実体験などを基に、コラム形式でデジタルモノづくりの魅力や可能性を発信していきます。連載第2回のテーマは「Webブラウザで動作する3D CAD」です。(2024/6/17)

DX運用のためのITIL 4(6):
ITIL 4を実践しサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(後編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第6回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を実践するための「カルチャ」と「技法」を解説する。(2024/6/12)

セキュリティニュースアラート:
プログラミング言語「R」に任意コード実行の脆弱性 悪用の可能性あり更新を
プログラミング言語「R」に脆弱性「CVE-2024-27322」が存在すると報じられた。この脆弱性は安全ではないデータシリアライゼーションにより生じ、システム上で任意のコードが実行される可能性がある。(2024/5/2)

“DX人材”育成のためのオンラインコース10選【前編】
一般従業員からマネジメント層まで 世界の名門大学が贈る“DX人材”研修5選
DXは一朝一夕に実現できるものではない。そのための人材の確保も課題の一つだ。多角的な視点でDXを俯瞰して推進できる人材は、どうすれば育成できるのか。そのために活用できるオンライン研修を紹介する。(2024/4/19)

転職せず「この会社にいて大丈夫」と思ってほしい──そんな企業が実はやっていること
IT人材の不足に対し、存の従業員のリスキリングで対応する企業が増えています。リスキリング施策に取り組んでいる企業は、どのような成果を実感しているのでしょうか。人材の再配置が可能になることのみならず、さまざまな成果があるようです。(2024/4/4)

「楽曲制作意欲を阻害する現場」はBIツールでどう変わるか バンナムグループ音楽制作会社の挑戦
楽曲リリース直後の売り上げしか把握できず、従業員のモチベーションが阻害されていた制作現場。BIツールはどう貢献できるのか。(2024/3/20)

「積極的に導入、検討する」企業が世界中で4割まで増加:
大企業でのAI導入、用途の2位は「セキュリティと脅威検出」1位は?
IBMは、世界20カ国の企業におけるAIの導入状況に関する調査結果を発表した。(2024/1/15)

AI時代、人間が学ぶべきスキルは? 生成AIを100倍うまく活用するための4つの力
(2024/1/15)

2023年、話題になった「あれ」のその後:
ChatGPTは事業活動の「どこ」に組み込まれるべきか? 24年のビジネスはこう変わる
(2023/12/22)

2023年、話題になった「あれ」のその後:
ChatGPT進化の軌跡 たった1年で「どこまで」進化した?
(2023/12/22)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
データ分析系ニュースまとめ(2023年12月第3週)
今週は、生成AIと特徴量の自動設計機能を組み合わせる新たなアナリティクス手法など3つのトピックスを紹介する。(2023/12/15)

ビジネス利用に最適化された生成AI「Amazon Q」登場 月額20ドルから
Amazon Web Services(AWS)が、ビジネス利用に特化した生成AIアシスタントサービスのプレビュー提供を開始した。ライセンス料金は1ユーザー当たり月額20〜25ドルと、競合企業の同種サービスよりも手頃であることが特徴だ。(2023/11/30)

オープンソースの8Kテキスト埋め込みモデル:
OpenAIモデルに匹敵するオープンソースのテキスト埋め込みモデル、Jina AIが公開
Jina AIは、8192トークンのコンテキスト長をサポートするテキスト埋め込みモデル「jina-embeddings-v2」を発表した。(2023/10/31)

トランザクションワークロードをPostgreSQLより高速に実行:
Google Cloud、PostgreSQL互換DBサービスのダウンロード版「AlloyDB Omni」を正式リリース
Google Cloudは、フルマネージドのPostgreSQL互換データベースサービス「AlloyDB for PostgreSQL」のダウンロード版である「AlloyDB Omni」の一般提供を開始した。(2023/10/19)

DX運用のためのITIL 4(1):
「ITIL 4」がDXに運用に効果的といえる理由 進化したITILの概観を学ぼう
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第1回は、ITIL 4の概観とDX時代のシステム運用について。(2023/5/25)

製造業専用のデータ活用基盤を発表 Databricks
Databricksが製造業の課題解決に特化したデータ活用基盤を発表した。レイクハウスプラットフォームのスピードを生かしつつ、パートナーとエコシステムを形成して目的別のソリューションも展開する。(2023/4/7)

技術やソリューションを提供するだけでなく、それらで事業を創り上げたいと思った:
PR:自分のキャリア、人生を楽しみ続ける方法
学び、チャレンジし、失敗し、またチャレンジする。その先には、エンジニアとしてまだ見ぬ新たな世界がある。(2023/2/14)

もう複雑な仕組みはいらない Microsoftのデータプラットフォームで何ができる
「Microsoft Intelligent DataPlatform」は何を実現するのか。課題を解決するというが果たして。(2023/2/3)

CAEニュース:
クラウドスケールでのシミュレーションを実現可能にする「Onshape Simulation」
米PTCは、SaaS型の製品開発ソリューションである「Onshape」において、新たにクラウドスケールでのシミュレーションを実現する「Onshape Simulation」の提供開始を発表した。(2022/12/12)

大学が取り組む「SDGs達成のためのデータ分析」【中編】
「SDGsをデータ分析で達成」をZ世代が“激推し”する納得の理由
データ分析を活用して「SDGs」の達成を支援する――。こうした構想を進める非営利団体が大学で講義をしたところ、学生がその理念を「熱烈に歓迎」したという。その理由は。(2022/9/16)

業務系アプリエンジニアに聞く、実務経験別の平均年収ランキング 2位はプロマネ 1位は? パーソル調査
パーソルキャリアが、日本の業務系アプリエンジニアを対象にした、実務経験別の平均年収ランキングを発表した。2番目に平均年収が高いのは、「プロジェクトマネージャー(予算・収支管理)」の経験がある人。最も平均年収が高い実務経験は。(2022/6/7)

CIO Dive:
“CIOは技術だけ見ればいい”は時代遅れ? 2022年に求められる役割
IDGのCIOを対象にした年次調査によれば、CIOの76%が技術に関する意思決定と並行して、セキュリティへの関与が強まると予想している。(2022/5/12)

Boomi AtomSphereの導入でサイロ化を解消、3年間で410%のROI達成へ――Forrester調査
Forresterの調査によると、Boomiのクラウドベースの統合プラットフォーム「Boomi AtomSphere」の導入企業は、3年間で410%のROIを獲得し、統合開発プロジェクトの期間を65%短縮しているという。(2022/3/4)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第2回】
BIA、プロジェクト管理、そしてIT知識が事業継続管理者を助ける理由
次世代の事業継続管理者は、変化に適応しつつ的確にリスクに対処する力を求められる。ビジネスインパクト分析(BIA)、プロジェクト管理、ITに関する知識や経験は大きな力になる。その理由は何か。(2022/2/24)

製造マネジメントニュース:
国内IT市場の鍵となる技術、市場トレンドなど主要10項目を発表
IDC Japanは、2022年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表した。サステナビリティやビジネス環境変化への対応、現場のエンパワーメントに向けたデジタルファーストの姿勢が強まるという。(2022/1/11)

国内BA/AIサービス市場、2025年まで上向きか――成長の要因は
IDCの調査によると、国内BA/AIサービス市場は、コロナ禍の影響を受けながらも2020年に2桁成長となり、今後の見通しも明るい。市場成長の要因とは。(2021/10/28)

大学が企業向けIT製品を教える訳【後編】
大学の「RPA」「BI」講義に学生からは高評価 その納得の理由
大学やベンダーが業務自動化ツールやデータ分析ツールなどの使い方を教える講義を開講し始めている。実際に講義を受けた学生の評価は。(2021/10/13)

見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【前編】
数学のプロが「データサイエンティスト」になれるとは限らない“当然の理由”
AI技術を扱う人材の需要は飛躍的に高まっている。そもそもそうした「AI人材」にはどのような仕事があるのか。キャリアを築く上でのポイントは何か。(2021/7/20)

コロナ禍でも成長し続ける秘訣とは:
PR:デジタルシフトを阻む「3つの課題」を一気に解決する方法
ビジネスのデジタル化では、データを有効活用できる仕組み作りが要だ。だが、データがオンプレミスとパブリッククラウドに散在しているため、必要なデータを検索できず、データ自体にアクセスできない場合がある。その現実的な解決策とは。(2021/4/26)

データの倫理的活用を考える【第1回】
「取れるデータは根こそぎ取る」はなぜ駄目か? 「倫理的データ収集」の重要性
企業のデータ収集や活用における倫理的な正当性に関心が集まる一方で、手に入るデータ全てを当たり前のように取得しようとする企業もある。こうしたギャップを放置したままだと、企業はどのようなダメージを受けるのか。(2021/3/15)

D2Cビジネス立ち上げを数カ月で NRIが包括支援サービスをスタート
NRIデジタルは「D2C OnBoard」の提供を開始した。企業のD2Cビジネスをワンストップで支援する目的だ。D2C戦略に関するコンサルティングやプロモーションの設計、ビジネス分析などを実施した上でD2Cサービスを構築する。(2021/1/28)

OMDIAアナリスト座談会:
迷走する米中対立、“落とし所なし”の泥沼化
2020年も7カ月が過ぎたが、米中対立は泥沼化している。英調査会社OMDIAのアナリストたちに、米中対立の今と、コロナによるエレクトロニクス業界への影響について語ってもらった。(2020/8/17)

中堅・中小企業にもできるデータドリブンの事業運営、まずはどう着手するか:
PR:データの時代、中堅・中小企業のIT投資はどうなるのか、HPEのビジョン
HPEは大企業だけでなく中堅・中小企業にもDXに向けたデータ中心のアプローチを提案する。人員や予算が限られる企業に向けて「簡単にできる」方法だという。米国イベントの事例から詳細を紹介する。(2020/7/31)

「価値を生み出す」データ分析基盤とは
「コピーなし、移動なし、遅延なし」で実現する新しいデータ活用
DX実現のためには、業務で生まれる多様なデータを活用して企業の「新たな価値」を見いだす必要がある。だが「何のデータがどんな価値を生むのか」を的確に想像できる企業は多くない。どうすればいいのか。(2020/8/24)

製造ITニュース:
国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測、2024年5兆円規模に
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表した。新型コロナウイルスの影響によるビジネスモデルや働き方の変化は、2021年以降の同市場の拡大促進要因になり、2024年には3兆9145億円に達すると予測する。(2020/6/12)

ビジネスと気象の相関分析でDXを支援――ウェザーニューズ、気象データ提供サービス「WxTech」を開始
ウェザーニューズは、ビジネス分析・予測に活用可能な気象データをAPIで提供するサービス「WxTech」を開始。1キロメッシュの天気予報データや過去の天気データ、紫外線や花粉などの生活指数データなどを提供する。ビジネスデータと気象データの相関分析を無料で試せるサービスも提供している。(2020/5/29)

DX需要で堅調の「第3のプラットフォーム」市場、新型コロナの影響受けるも、その今後は? IDC予測
IDC Japanによると、国内の「第3のプラットフォーム」向けITサービス市場は、クラウド、アナリティクス、モビリティ、ソーシャルの4つの主要技術分野とも堅調で、2021年以降もDX需要などにより、高成長の見込みだという。(2020/5/19)

攻めのデータ活用が活発化するも、多くの企業が直面する「複雑な課題」とは?――NTTデータ経営研究所
NTTデータ経営研究所の調査によると、企業のデータ活用は、事業計画、市場分析、商品やサービスの検討など、“攻め”領域で活発なことが分かった。一方、各企業とも複合的な要素が絡む課題に直面しており、内部・外部環境やデータ活用の成熟レベルなどに応じた、多面的な打ち手が必要になるという。(2020/5/14)

「AutoML」の可能性と限界【後編】
「AutoML」(自動機械学習)の使用に慎重になるべき用途とは?
「AutoML」(自動機械学習)をうまく活用すれば、データサイエンティストの業務負荷を軽減できる可能性がある。ただし他の技術と同様、AutoMLは万能ではない。(2020/2/21)

App Store担当者執筆の暴露本、Appleが出版差し止め迫る
Appleは、元ヨーロッパApp Store担当ヘッドが著した書籍に対し、出版差し止めを迫った。(2020/2/20)

「AutoML」の可能性と限界【前編】
「AutoML」(自動機械学習)がデータサイエンティストを楽にする?
多忙なデータサイエンティストの業務負荷をいかに軽減するか。その有力な手段となり得るのが、機械学習モデルの設計や構築を自動化する「AutoML」(自動機械学習)だ。どのような業務を効率化できるのか。(2020/2/14)

MAツール活用最前線:
「ゼロから」のMA活用で実感したデータクレンジングの重要性――MyRefer
人事担当者の負担や手間をかけずに社員紹介による「リファラル採用」を導入・促進できる、国内初のクラウドサービスを提供するMyRefer。データクレンジングの重要性を実感した担当者がゼロから学び、一気通貫で構築してきたマーケティング環境とは。(2020/2/11)

IHSアナリストと振り返る半導体業界:
2019年は転換の年、2020年は“半導体不足”の時代に突入
半導体業界にとって2019年は、市場全般の低迷に加え、米中貿易問題、日韓貿易問題といった政治的な要素にも大きく影響を受けた年となった。IHSマークイットジャパンのアナリスト5人が、2020年の展望を交えつつ、2019年の半導体業界を振り返る。(2019/12/25)

不動産管理会社のERPレポート活用事例【後編】
ERP標準機能ではないレポートツールを買う意味はあるのか Excelで十分?
ERPシステムは標準でレポート機能を搭載する。標準機能で十分と考えるか、それでは不十分だから専用ツールを選ぶかは、ユーザー次第だ。専用ツールには当然、それならではの強みがある。(2019/12/11)

Gartner Insights Pickup(127):
「AIOps」とは何か、どのように始めるべきなのか
ITサービスの停止やパフォーマンスの低下は、ビジネス上の損失に直結する。では、サービスの吐き出す膨大なログデータを、サービス品質の向上や維持にどうつなげればいいのか。ここで検討すべきなのがAIOps(Artificial intelligence for IT Operations)だ。(2019/10/4)

AIとストレージ【後編】:
AI用ストレージに必要なのは単なる「速さ」ではない
AI用のストレージ要件はフェーズやユースケースによって変化する。要求される速度にも種類があり、場合によっては速度が重要ではないこともある。学習時と推論時でも要件は大きく異なる。(2019/8/21)

製造ITニュース:
国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場、2023年に5兆円超
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表した。2018年の市場規模は1兆4647億円、2018〜2023年の年間平均成長率は28.4%で、2023年には5兆1025億円に到達する見込みだ。(2019/7/11)

「BI」×「自然言語クエリ」のメリット【後編】
「自然言語クエリ」が“分析の民主化”を実現するこれだけの理由
ビジネスインテリジェンス(BI)ツールに自然言語クエリ機能が搭載されていればユーザーの使い勝手は大幅に向上する。その結果、分析する人の能力を補完し、洞察の品質や精度が向上する可能性がある。(2019/6/26)

IHSアナリストが読む米中貿易戦争:
貿易摩擦で中国半導体業界の底力が上がる? 座談会【後編】
IHSマークイットジャパンのアナリスト5人が、米中貿易戦争がエレクトロニクス/半導体業界にもたらす影響について話し合う緊急座談会。後編では、メモリとHuaweiをテーマに、中国の半導体業界の今後について予想する。(2019/6/27)

IHSアナリストが読む米中貿易戦争:
5GはHuawei抜きで何とかするしかない 座談会【前編】
終息の糸口が見えない米中貿易戦争。IHSマークイットジャパンのアナリスト5人が、米中貿易戦争がエレクトロニクス/半導体業界にもたらす影響について緊急座談会を行った。座談会前編では、5G(第5世代移動通信)とCMOSイメージセンサーを取り上げる。(2019/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。