• 関連の記事

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

「人間の脳はこうやって壊れるのか……」 長時間の手術を終え、緊張の糸が解けた医師とのやりとりが噛み合わない
お惣菜はきんぴらがいいかな。(2022/6/24)

100秒1000円で脳波を買い取り、入場無料のイベント開催 主催企業の目的は?
アート企業のコネルが、来場者の脳波データを100秒当たり1000円で買い取るイベントを開催する。会場に専用の機材を設置。その場で100秒間脳波を計測するという。同社の目的は。(2022/6/23)

「脳がバグるw」「しばらく謎が解けなかった」 “犬人間”になってしまったワンコと飼い主の姿に混乱する人続出
フュージョン!(2022/6/22)

認知症ケアに役立つ“音”、落合陽一さんのベンチャー企業と塩野義製薬が共同開発 
ピクシーダストテクノロジーズと塩野義製薬は、脳の特定のリズム活動(ガンマ波)を強める可能性のある音を用い、家庭の認知症ケアに役立つ製品やサービスを開発すると発表した。(2022/6/21)

うな重みたいな味の納豆が「金のつぶ」から期間限定で登場 これは脳がバグるタイプのヤツ
味が気になる!(2022/6/22)

5万リツイート超え:
「スマホがカップヌードルに沈んでいる!?」と焦る充電器が話題 日清がおバカなグッズにガチで向き合うワケ
日清の「朝起きたら『なんでこうなった?』と脳がバグるスマホの充電器」が話題を集めている。これまでもカップヌードルを使った“おバカ”なグッズを公式Twitterで公開している。日清がこれらのグッズを制作する狙いは?(2022/6/16)

神田うの、10歳娘&夫と久々3ショット 「素敵なご家族」「ご主人様お元気そうで何より」
夫は2020年に脳梗塞を患っていました。(2022/6/7)

損害保険ジャパン 白川儀一社長(51) 「“脱保険脳”の社員育成を急ぐ」
これからの時代に求められる保険商品やサービス、それを生み出すために必要なコンピテンシーをしっかり定義する。(2022/6/7)

医療技術ニュース:
脳や神経機能を発現可能な4端子メモリスタの人工シナプス素子を開発
大阪大学は、4端子のメモリスタを用いた人工シナプス素子を開発し、生体が学習や行動する際に働く脳および神経系の情報伝達や処理に関わる連合性、変調性、相関性など高度な機能の実証に成功した。(2022/5/31)

EE Exclusive:
AI技術が切り開く「インメモリコンピューティング」の可能性
人工知能(AI)とインメモリコンピューティングへの関心が著しく高まる中、ReRAM(抵抗変化型メモリ)は人間の脳を模倣する能力を解き放つ鍵になり得る。とはいえ、まだ課題は残っている。(2022/6/1)

CADニュース:
インストール後365日間、サポート込みで使用できる2D CADの年間ライセンス版
フォトロンは、同社の2D CADソフトウェア「図脳RAPIDPRO」を1年間使用できる期間ライセンス製品「図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版」を2022年5月30日から販売開始することを発表した。販売価格(税込み)は5万5000円。(2022/5/25)

CDや配信の「次の一手」:
仲間の死、脳梗塞に倒れたドラマーの復活 ラウドネスが切り開くビジネスモデルの「誕生前夜」
デビューから41周年を迎えた日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」。所属事務所の社長に、コロナ禍以降のラウドネスの活動、ビジネスモデルについて聞く。(2022/5/22)

「白衣が一番似合ってる」 脳内出血の西川史子、白衣で施術する“医師復帰”ショットに祝福の声
おめでとうございます!(2022/5/17)

医療機器ニュース:
頭皮密着型の脳磁計を開発、場所を問わず室温での計測が可能
東北大学は、トンネル磁気抵抗効果センサーを用いた、体性感覚誘発磁界の計測に成功した。室温での計測が可能で、頭皮密着型のため、脳磁図の高い空間精度を発揮する。(2022/5/16)

ありえない立体「ペンローズの三角形」が粘土で制作される 切れ目無しでの再現に「うおぉぉぉ」「脳がバグる」
種明かし含めて面白い……!(2022/5/14)

声優の山寺宏一さんが“エレベーターの音声アナウンス”を問い詰める! おちゃめな動画投稿に「声出して笑った」「トグサを連想しました」と大反響
いろいろなキャラで脳内再生できる!(2022/5/14)

サイゼリヤのキッズメニューは「60歳以上でも頼める」 意外と知られていない役立ち情報に「すごい」「全年齢向けにして」と反響
ついでに間違い探しで脳トレもできて一石二鳥。(2022/5/13)

シャープ、ネット対応テレビで「今日の脳トレ」提供
シャープは13日、薄型テレビ「AQUOS」向けに認知機能のトレーニングに役立つ「今日の脳トレ」を提供すると発表した。(2022/5/13)

「脳がバグる」 200種類の“白”の中から目的の白色を探すゲームが話題 開発者は競技プログラマー
競技プログラマーの百千万億 萬(@TumoiYorozu)さんが5月11日、200種類ある白色の中から、お題と同じ白色を探すWebブラウザ向けゲーム「White 200」を無料公開した。プレイしたユーザーからは「白のはずなのに 赤青緑黄色が見えてきて脳がバグる」などの声が出ている。(2022/5/12)

ノーヘルだったら大惨事だったかも 小5男子が運転する自転車とクルマが接触 凹んだヘルメット、衝撃でハンドルも折れ曲がる
ヘルメットを装着せず事故に遭った人からは、「脳内出血で手術した」というコメントも。(2022/5/7)

西川史子、脳内出血から復帰後初の買い物報告 「かなり助けてもらわないとできないことでした」と友人に感謝
現在もリハビリ療養を続けている西川さん。(2022/5/4)

DJ KOO、3つの“脳動脈瘤クリップ”が今でも頭の中に 「奇跡のアクセサリーが一生付いてる気分です!!」
KOOさんの命を救ったクリップ。(2022/4/27)

イエーテボリ大学と東北大学が快挙
高いエネルギー効率で演算する「人間の脳」の再現に一歩前進
人間の脳を模倣できれば、少ない電力で高度な演算が可能になる。イエーテボリ大学と東北大学の共同研究プロジェクトがこの分野で成果を出している。(2022/4/19)

脳内出血から復帰の西川史子、松田聖子の復帰ステージで感涙 「今の私に沢山の勇気を頂きました」
小学生のころからのファンとのこと。(2022/4/10)

脳内出血の西川史子、医師復帰を“白衣ショット”で報告 緊急手術から約8カ月「責任と喜びを感じています」
おめでとうございます!(2022/4/5)

脳内出血の西川史子、リハビリ中の“お誕生日ショット”で元気な笑顔 木佐彩子アナらが祝福「明るくて優しい友達」
2021年8月に緊急手術を受けた西川さん。(2022/4/3)

医療機器ニュース:
脳への電気刺激が身体に与える影響について検証する共同研究を開始
アシックスとGhoonutsは、電気刺激をコア技術とするデバイスを用いて、脳への電気刺激が注意力や運動パフォーマンスの向上に与える影響について効果を検証する。(2022/3/31)

伝説のアニメ「チャージマン研!」YouTubeで全65話無料配信開始! 一気に見たら脳が溶けそう
君はこの世界観に耐えられるか。(2022/3/24)

育児疲れの妻に声をかけると、「少し静かにしてくれないか」と言われ…… 育児は体だけでなく“脳も疲れる”のだと気付かされた話
するどい洞察。(2022/3/16)

車載情報機器:
医学的なアプローチによる感情モデルを構築、感情推定性能は80%
デンソーテンは2022年3月11日、脳波や心拍と感情の関わりから感情を推定する新技術を開発したと発表した。(2022/3/14)

えっ、りんごが溶けた…!? 脳が混乱するふしぎな彫刻作品が話題
なんで溶けてるの?(2022/3/12)

医療機器ニュース:
未病段階の認知症リスクを評価する脳健康測定プログラムを開発
エムは、3万例を超えるMRIの脳画像ビッグデータをAI技術で解析し、未病段階の認知症リスクを評価する脳健康測定プログラム「MVision brain」を開発した。(2022/3/9)

PR:寝つきが悪い人、昼間の仕事中に眠くなってしまう人必見! 再生しながら眠ると「睡眠中に脳を活性化させるBGM」を試してみた
フリー素材モデル・大川さんの表情と合わせてお楽しみください。(2022/3/18)

神田うの、夫が脳梗塞で倒れてから約1年3カ月ぶりにYouTube復活 「ずっと今日までやってこれませんでした」
既に夫の西村拓郎さんはゴルフをプレーできるくらいに回復。(2022/3/6)

3歳児ママ「日々進化してます!」 言いたい言葉を“脳内検索”する「子どもあるある」に共感続々
頭の中はフル回転。(2022/3/4)

西川史子、脳卒中発症から半年で新たな目標 「迷宮にいるような」不安乗り越え集中的なリハビリに手応え
身体機能を回復させるためリハビリに取り組んでいる西川さん。(2022/2/21)

「雪印コーヒープリン」新登場 雪印コーヒーの味とパッケージそのままにプリン化
味が脳内でイメージできる。(2022/2/17)

成田童夢、妻の第2子妊娠を発表「出産は初夏予定です!」 サプライズ報告に「脳が一瞬フリーズしました」
おめでとうございます!(2022/2/17)

Innovative Tech:
オンデマンドで再プログラム可能なICチップ、AIの継続学習を可能に 米パデュー大学などが開発
米パデュー大学などの研究チームは、オンデマンドで再プログラム可能なICチップを開発した。ニューラルネットワークが人間の脳のように継続的に学習し続けることをサポートする。(2022/2/16)

医療技術ニュース:
ヒトの脳処理はサルよりも遅いことを発見
京都大学は、霊長類4種の脳波を計測し、音に対する脳の処理スピードを比較した結果、サルよりヒトの脳処理が遅いことを明らかにした。ヒトは処理スピードが遅くなる代わりに、高度な脳機能を獲得した可能性が示唆される。(2022/2/14)

「脳がマジで気持ち良くなるので年1くらいでやってる」 ロイヤルホストの豪華な朝食セットが理想的だと話題に
ロイホ行きたい……!(2022/2/12)

医療機器ニュース:
仮眠に適した室温を確認、オフィスでのパフォーマンス向上へ
ダイキン工業は、眠気による生産性低下の改善に適した、日中の仮眠時の温熱制御を確認した。仮眠中に3段階に分けて温熱制御することで、仮眠に適した睡眠、起床後の脳の処理速度と記憶力の改善が得られた。(2022/2/10)

目と脳がバグりそう 内装全てが漫画の世界のような「2D CAFE」が現実離れしている
白黒コーデで行きたい。(2022/2/9)

医療技術ニュース:
新型コロナのスーパースプレッダーの特徴を解明
東京医科歯科大学は、新型コロナウイルス感染症において、周囲への感染を拡大するスーパースプレッダーの決定要因を明らかにした。糖尿病、関節リウマチ、脳梗塞の既往がスーパースプレッダーのリスク要因となる。(2022/2/8)

DX的な視点:
なぜ? ガソリンスタンドで「脳ドック」 出光興産のアイデアが面白い
出光興産がサービスステーション(SS)で脳ドックサービスの提供を始めた。ベンチャーのスマートスキャンとの協業だ。両社に取材してみると、シンプルながらも味わい深い、2社それぞれのDX的な視点、ビジョンが見えてきた。(2022/2/5)

猫「この手は絶対離さニャイ!」 写真集『必死すぎるネコ 〜 一心不乱篇』の猫たちに脳内アフレコしたくなる
豊かな表情が魅力的なネコさんたちです。(2022/2/4)

西川史子、脳内出血で入院中に愛犬しーちゃんと急な別れ 死に目に会えなかった申し訳なさに「深い後悔しかありません」
入院からわずか1週間後に急死したとのこと。(2022/2/2)

元売りとしてサポート:
出光興産・木藤俊一社長に聞くガソリンスタンドの展望 脳ドックから飲食店まで地域の「よろずや」に
出光興産・木藤俊一社長に、石油元売り大手としての新たな役割を聞いた。(2022/2/1)

医療技術ニュース:
覚醒下開頭手術の覚醒度の指標として、握力が有用であることを確認
京都大学は、脳腫瘍患者の覚醒下開頭手術において、握力が覚醒下の神経モニタリングの指標となり得ることを明らかにした。握力を用いることで、術中の正確な神経モニタリングが可能になり、腫瘍摘出後の機能障害の回避に役立つことが期待される。(2022/1/31)

「すべてがおかしい」「脳が混乱」 大学生が作ったラーメン(チャハーン)の画像がツッコミポイント満載だと話題に
チャハーン。(2022/1/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。