• 関連の記事

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
かわいすぎ!(2024/2/28)

IT企業デスクツアー:
累計13億円超調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 CEOからエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は累計13億8900万円の資金を調達しているSaaSスタートアップ・ペライチ(東京都台東区)で働く人のデスク環境を探る。(2024/2/27)

医療機器ニュース:
脳神経領域の高度な研究ニーズに応えるMRI装置を発売
シーメンスヘルスケアは、脳神経領域の研究用MRI装置「MAGNETOM Cima.X」を発売した。新開発の傾斜磁場コイル「Gemini Gradients」により、最大傾斜磁気強度が従来機の2.5倍に向上している。(2024/2/20)

『ちいかわ』最新話、鎧さんの“新アイテム”が登場 フッサフサなちいかわたちの姿に「全てが幸せな世界」
思わず脳内再生しちゃう、「こもろ〜こもろ〜」の歌。(2024/2/8)

“授業中に寝てもバレないメイク”に挑戦した結果…… 40分後に完成した姿に「すごすぎるw」「脳がバグった」と反響
目を閉じたまま笑った顔が最高!(2024/2/8)

現場管理:
3.11復興工事にあたる従業員の健康状態を遠隔で常時把握、鹿島建設と稲村屋
鹿島建設は、遠隔地に赴任する従業員の適切な健康管理のために、東京本社の健康管理センターに居ながら常時把握できるシステムの運用を開始した。システムでは、心電図、血圧、脈拍、体重などのバイタルデータと、服薬、運動、飲酒、睡眠などの生活情報をWebブラウザで確認して、健康状態をリアルタイムで管理する。(2024/2/7)

清原翔、31歳バースデーで1年ぶりにインスタ更新「僕は元気です」 2020年6月に脳出血で倒れ3度の手術
現在、療養中の清原さん。(2024/2/3)

イーロン・マスク氏、NeuralinkのBCI埋め込みの初被験者の「回復順調」とポスト
イーロン・マスク氏の脳マシンインタフェース企業Neuralinkが初の自体へのBCI埋め込みを実施した。マスク氏は「順調に回復している」とXにポストした。(2024/1/30)

「脳がバグった!!」 “ガンダムの箱の絵”をジオラマで再現したら……? 驚異の完成度に衝撃走る
金属線で作ったフィン・ファンネルのエフェクトもいい感じ。(2024/1/27)

「AIは開発者の思考や作業の抽象度を自然に引き上げるようになる」:
AIは開発者の「第2の脳」に?――GitHubがAIを使った開発の複雑さ軽減のアプローチを解説
GitHub Nextは、25人の開発者に対するインタビュー調査の結果をまとめたブログ記事「開発者の第2の脳:AIとの連携による複雑さの軽減」を公開した。(2024/1/24)

医療機器ニュース:
リストバンド型生体センサーを用いて脳内アミロイドベータの蓄積を予測
エーザイと大分大学は、リストバンド型生体センサーから取得した生体データを活用し、アルツハイマー病の病理である脳内アミロイドベータの蓄積を予測する機械学習モデルを開発した。(2024/1/22)

渋くてかわいいワル猫たちの間違い探しで脳トレに挑戦! 『ワル猫まちがい探し』が意外と解けない面白さ
最後の1つが見つかりません。(2024/1/20)

「脳がバグる」衝撃メイクの数々に目が釘付け どこまでメイクなのかだまされ続ける展開に驚愕「クレイジーだよ!」
何度見てもすごい……。(2024/1/15)

Innovative Tech:
家庭用ヘッドセットから脳に“電流” うつ病に効く? 欧米の研究者らが174人で実験
英University of East Londonや米University of Texas Health Science Center at Houstonなどに所属する研究者らは、家庭で使用するヘッドセットを用いて脳に定期的に電気を流すことによるうつ病への効果とその安全性を検証した研究報告を発表した。(2024/1/12)

陣内智則、万バズキメた“アイドルのめいっ子”の珍行動に「何してんねん!」 おもしろ遺伝子の継承に「身内!?」「センス抜群」
脳内再生余裕。(2024/1/10)

猫の写真で楽しく脳トレ 癒やされながら脳を活性化『川島隆太教授の脳活 ねこのまちがい探し』が販売中
お正月休みにいいかも。(2024/1/3)

“脳梗塞で手術&朝番組欠席”なすなかにし那須の妻、背中に寄り添う2ショット公開 12月から療養に専念
2人の後ろ姿をアップ。(2024/1/2)

医療技術ニュース:
心で思い描いたイメージを復元する技術を開発
量子科学技術研究開発機構らは、人が心に思い描いた風景や物体などの「メンタルイメージ」を脳信号から読み出して、復元することに成功した。(2023/12/27)

人間的な感情を持たないOL、「低脳な女」と罵る新人に喜んだワケ “普通”に固執する人間の異常な言動を描いたマンガがゾクゾクする
12月7日にコミックス第1巻が刊行された『阿武ノーマル』。(2023/12/21)

ネコチャンはワンチャンを許さないのだ:
お悩みその21 アプリを作って一発当てたい(29歳 男性 情シス)
かわいいボイスで脳内再生してくれたまえ。にゃははっ!(2023/12/18)

CRAZY COCO、最愛の母逝去で沈痛 脳腫瘍&胃癌&白血病に襲われた故人へ 「余命13ヶ月言われてたけど20ヶ月も」「最後まで闘った」
ご冥福をお祈りします。(2023/12/17)

「ヒバヒル」ブレンダ役俳優、脳腫瘍手術直前に夫の“裏切り”が発覚 壮絶告白に慰め続々「あなたのせいじゃない」
2015年からがんとの闘病をオープンに。(2023/12/7)

『ちいかわ』×アリアナ・グランデ初コラボ動画、異次元級のかわいさをたたき出す→反響続々「涙出ちゃう」「脳が追い付かない」
かわいい。とにかくかわいい。(2023/12/6)

柳原可奈子、脳性まひ長女&次女の誕生会が「しゃーせ」いっぱい “人気アニメキャラ”のお祝いサプライズに「涙が出ました」
ドラミちゃん優しい。(2023/11/26)

柳原可奈子、脳性まひ長女のカスタマイズ装具完成で笑顔 母子の“こだわり”生きたデザインに「娘ちゃんへの愛が詰まってます」
「前より左足の親指が地面にしっかりついている感じ」(2023/11/21)

Innovative Tech:
集中力を高めないと抜けない"聖剣” 東大が開発 脳波と視線で集中力を推定
東京大学に所属する研究者らは、フィードバックされた集中力を用いて祭壇に埋まった聖剣を抜くというVR体験を提案した研究報告を発表した。(2023/11/16)

「もう一度体が動くならDJをやりたい」:
デジタル世界でもう一度、ALS患者の体を動かせる仕組みを開発
もう一度体が動くならDJ(ディスクジョッキー)をやりたい――。1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の願いをかなえるべく、Dentsu Lab Tokyo、NTT、WITH ALSは、筋肉を動かそうとする脳からの電気信号「筋電」を使って、デジタル世界で身体性を取り戻す仕組みを開発した。(2023/11/16)

劇場版はめふら、本編前に上映されるスペシャル映像が公開 脳内カタリナたちのメタ会話が楽しい
劇場版でもカタリナの脳内会議が繰り広げられるもようです。(2023/11/15)

医療技術ニュース:
マルチタスクをこなすとき、大脳皮質は必要な情報を必要なタイミングで活性化する
大阪大学は、ワーキングメモリを働かせて複雑な問題を解決する場面では、大脳皮質の前頭連合野の神経細胞が必要な情報を必要なタイミングで順序よく活性化していることを発見した。(2023/11/14)

医療技術ニュース:
トラウマ記憶形成における脳神経細胞ネットワークレベルの変化を解明
大阪大学は、光学と機械学習の融合的新手法を用いて、マウスのトラウマ記憶に関わる脳神経細胞ネットワークの検出に成功し、記憶形成に伴う複雑な変化を捉えてトラウマ記憶が生じる仕組みを明らかにした。(2023/11/7)

ブレインコンピューターインターフェースの足掛かりに:
頭で考えたことがそのまま画像に? Metaが脳活動から画像をリアルタイム解読するAIシステムの開発進捗を公開
Metaは脳の活動を基に脳が認識している画像をリアルタイムで再構成するAIシステムの開発進捗を同社の公式ブログで紹介した。システムは、非侵襲的神経画像技術である脳磁図法(MEG)を使用して、脳内の視覚表現の展開を解読できるという。(2023/11/4)

Adobeが注視する“これからの技術”【後編】
「IT部門は会社の頭脳でもある」と語るAdobeのCIO その真意とは?
AdobeのCIOシンシア・ストッダード氏が掲げる目標の一つは、従業員エクスペリエンスの向上だ。どのような施策に取り組み、最終的に何を目指しているのか。その考えを語ってもらった。(2023/11/2)

AI活用で複雑な動きも実現:
脳の錯覚でゲーム機に革新、重さまで伝わるハプティクス技術
村田製作所は「CEATEC 2023」に出展し、ゲーム機などに利用できるハプティクスデバイスや、生産/流通管理に利用できる透明IDタグを展示した。(2023/10/31)

CADニュース:
機能を強化した2D CADソフト「図脳RAPID」シリーズ最新版を発売
フォトロンは、2D CADソフトウェア「図脳RAPID」シリーズの最新版となる、企業向け「図脳RAPIDPRO22」および個人向け「図脳RAPID22」を発売した。機能強化と改良に加え、新ライセンス形態を追加している。(2023/10/27)

クルマ同士で激しくぶつかり合う“モータースポーツのCM”をAIに作らせた結果…… 爆誕してしまった“とんでもない映像”に「脳が破壊される」の声
とんでもない世界観。(2023/10/27)

Innovative Tech:
AirPodsで脳信号を記録──イヤフォンに貼るセンサーを米研究者らが開発 ストレスや集中度を監視
米カリフォルニア大学サンディエゴ校に所属する研究者らは、脳活動と運動レベルをイヤフォンで連続的に記録するための柔軟なスクリーン印刷センサーに関する研究報告を発表した。(2023/10/10)

医療技術ニュース:
食品用ラップのように脳表面に密着できる薄膜電極を開発
東京工業大学は、脳表での電位記録と電気刺激の両立が可能な厚さ約8μmの薄膜硬膜下電極を開発した。複雑な曲面を持つ生体組織表面にも食品用ラップのように密着することが可能だ。(2023/10/5)

柴犬の脳内で「伏せ」と「お手」がごっちゃになった結果…… 1万6000いいねを集めた困惑のワンコがいとおしい
伏せって……こうだっけ?(2023/10/4)

「MOW」を手に取ったら……また「MOW」が出てきた!? 超リアルなアート作品に「もうこれは魔法」「脳がバグる」の声
アイスの下にもまたアイス。(2023/10/3)

公文、中高年/シニア世代を対象とした「KUMONの脳トレ」を提供開始
公文教育研究会は、50代以上向けとなる在宅型トレーニングサービス「KUMONの脳トレ」を発表した。(2023/10/2)

雪山で緊急搬送→肺水腫疑いの野口健、約1カ月半ぶりに帰国 19歳娘との再会にデレデレ笑顔「身長が伸びたのかな???」
野口さん「今は心身共に体を休めます。体はもちろんですが、脳みそも」(2023/10/2)

同一人物なの!? 地毛&同じTシャツで“性別の壁”を超える人に「脳がバグる」「かっこ美しすぎる」と感嘆の声
漂う雰囲気も変わっていて、演じ分け(表現)がすごい……。(2023/9/25)

本当にケーキなの? 本物と見分けがつかなすぎるケーキアーティストの作品に脳がバグりそう
見分けるのは不可能かも?(2023/9/23)

「侵襲型」と「非侵襲型」でデバイス開発が進展:
念じてコーディングも可能に? 脳波×AI活用「ブレインテック」の今
4年ぶりのリアル開催となった「東京ゲームショウ2023」で展示されていたのは、脳波を活用して感情分析する「NEO×AI.R」だ。ビジネスシーンで脳波を活用する価値とは何か、プロダクト開発に、脳波がどう役立つのか。「BrainTech」の現状と併せて話を聞いた。(2023/9/22)

イーロン・マスク氏のBMI企業Neuralink、初の人体治験参加者募集開始
イーロン・マスク氏が創業した脳マシンインタフェースを手掛けるNeuralinkは、初の人体治験に参加する患者募集を開始した。頸髄損傷またはALSによる四肢麻痺のある人が対象。治験は6年間だ。(2023/9/20)

「アクセサリーしてるから健常者と間違われるんだ」 難病公表の間瀬翔太、障害めぐる周囲の声に心境吐露「否定が辛いんです」
2019年に10万人に1人の病である「脳動静脈奇形」を罹病したことを公表しています。(2023/9/17)

医療機器ニュース:
ヒトの脳サイズを撮像できる磁気粒子のイメージング装置を開発
三菱電機は、1kHz以下の低周波でヒトの脳サイズの領域の磁気粒子を高感度に撮像できる、小型電源の「磁気粒子イメージング装置」を世界で初めて開発した。(2023/9/14)

スピードワゴン小沢、人間ドックで「胃、脳、腎臓、肝臓がE判定」と衝撃告白→スタジオ騒然「生きてる人間の覇気がない」
心配……。(2023/9/8)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
将来は「脳と結合するARグラス」も――XREAL創業者×SF作家が語る未来の“リアル”
未来では、AR技術で「無数のリアリティーのバージョン」が存在する――ARグラス「XREAL Air」を世に送り出したXREALの創業者はこう語ります。SF作家とテクノロジーの未来について語った様子をお届けします。(2023/9/8)

柳原可奈子、脳性まひの長女が夏祭り楽しむ姿に喜び パパに手添えてもらってのチャレンジに「すごいぞっ」
家族で夏祭りを満喫。(2023/9/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。