• 関連の記事

周りにいるコロナ陽性者の人数を確認できる「COCOAログチェッカー」が話題に
「自分の周りに新規感染者数がどれだけいるのか」をチェックできるWebツール「COCOAログチェッカー」が話題になっている。政府の接触確認アプリ「COCOA」のログデータを基に、新規陽性登録者が付近にいた可能性がある記録件数を表示できる。(2022/1/21)

今回はAndroid版も対象:
「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」に更新 旧姓などを併記したマイナンバーカードに対応
新型コロナワクチン接種証明書をオンラインで取得できるアプリの新バージョンが公開された。課題の1つとして指摘されてきた「旧姓などを併記したマイナンバーカード」への対応を果たした他、軽微な修正が行われている。(2022/1/21)

ワクチン接種証明アプリ、旧姓併記に対応 iOSとAndroid版ともにアップデート
デジタル庁は、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をアップデートし、旧姓などが併記されたマイナンバーカードでも証明書の発行が可能になるようにした。(2022/1/21)

Fortnite、GeForce NOWのβ機能でiPhoneでのプレイが可能に
NVIDIAがゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」のβ機能としてEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」のモバイル版の提供を開始する。これにより、いわゆる“Apple税”を巡る争いでAppleおよびGoogle Playストアから削除されたEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」をスマートフォンでプレイできる。(2022/1/14)

「Vカツ」突然の終了発表 アバターは利用不可に 「体なくなる」ユーザー困惑
アバター作成サービス大手「Vカツ」があと半年でサービス終了すると突然の発表。終了後はVカツのアバターは使用できなるなるという。「VTuber活動を継続できなくなる」など、ユーザーは困惑。(2022/1/13)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「変態PC」が集まるCES 2022で気になったモバイルPCたち
無事に終了したCES 2022、各メーカーからさまざまなPCが発表されたが、2022年も風変わりなモデルがいくつも発表されていた。その中から3モデルをピックアップする。(2022/1/12)

Twitterがミュートとブロック機能を強化 DMや通知もミュートやブロックしたワードとアカウントが非表示に
ちょっと便利に。(2022/1/12)

お絵かきAIアプリ「Dream」がTwitterで流行 似てないようでどこか似てる“概念化された推し”が続々
単語を入力するだけで“それっぽい何か”が生成。(2022/1/12)

Twitter、ミュート・ブロックしたアカウントをより表示されにくく変更
米Twitterが、Twitterのミュート機能とブロック機能の適用範囲を拡大した。ミュート・ブロックしたアカウントからの通知が「検索タブ」「メッセージ」「サイドバー」にも表示されなくなった。(2022/1/12)

Googleさん:
Googleのスマートスピーカーがアップデートで使いにくく 特許問題のとばっちりで
「Google Home」アプリを最新版にすると、グループ化したスマートスピーカーの音量調節機能が不便になります。この機能が特許侵害だというSonosの訴えが認められたため。このまま使えなくなるのでしょうか。(2022/1/10)

eSIMにも対応:
2画面5Gスマホ「Surface Duo 2」が日本上陸 1月11日に発売 18万4580円から
日本マイクロソフトが2画面5Gスマートフォン「Surface Duo 2」の日本における発売日と価格を発表した。同社の直販サイトの他、主要な家電量販店で販売される予定で、国内の各キャリアの通信に対応するという。(2022/1/7)

Windowsフロントライン:
2022年後半のアップデートでWindows 11はどう変わる?
2021年にリリースされた新OSの「Windows 11」。今後の普及に向けて、2022年はどのように展開していくのであろうか。現状から見えることをまとめた。(2022/1/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2022年のパソコンはどう進化する? OSもCPUも世代交代が進むWindows PC MacはAppleシリコンに完全移行へ
2021年は、Windowsが久々のメジャーアップデートを果たし、IntelのCoreプロセッサが第12世代へ進み、Appleシリコンはその適用範囲を高性能ノートまで広げた。その延長線上にある2022年のパソコン動向はどうなるのか。(2022/1/2)

Googleさん:
激動の2021年にGoogleはどう動いたか、振り返ってみた
2021年の終わりに、Google関連の出来事を振り返りました。コロナ禍でもスマートホームやスマートフォンの新製品をたくさん出し、規制当局の対応に追われた1年でした。(2021/12/28)

Teamsに未解決の3つの脆弱性 セキュリティ研究者が指摘
Positive Securityのセキュリティ研究者がMicrosoft Teamsに4つの脆弱性が存在すると報じた。Microsoftはそのうち1つを修正対象としたが、3つは修正されることなく残ったままだという。(2021/12/25)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

楽天モバイル、年末年始にキャリア決済で最大20%還元
楽天モバイルは、キャリア決済の利用で最大20%ポイント還元キャンペーンを開催。エントリーし、Google Play ストアやAndroidアプリ内での課金を初めて利用したユーザーが対象となる。期間は12月24日〜2022年1月31日9時59分。(2021/12/24)

ピカチュウをAIアプリに描かせたら地獄絵図 色味だけ合ってるドロドロの“何か”に悲鳴「実験失敗」「夢に出そう」
それでも言われればピカチュウと分かるのはすごいかもしれない。(2021/12/23)

Android版ユーザーも知るべき情報あり:
iOS版「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」に更新 海外用証明書の“氏名”にまつわる問題を解消
デジタル庁と厚生労働省が12月20日から運用を開始した「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を巡って、iOS版アプリの生成する海外用接種証明書に問題があることが判明した。12月22日に公開された新バージョンのアプリで問題は解消するが、更新前のアプリで取得した海外用証明書を削除した後、再度証明書を取得することが強く推奨される。(2021/12/22)

1回300円から:
約2km圏内でライドシェア――WILLERの「mobi」がKDDIとの合弁事業に移行 全国展開を目指す
WILLERが全国3カ所で展開しているライドシェアサービス「mobi(モビ)」が、2022年1月からKDDIとの合弁体制で提供されることになった。同年4月には、WILLERとKDDIが共同で設立する新会社にサービスを移管し、さらなるエリア拡大を目指すという。(2021/12/22)

ふぉーんなハナシ:
新型コロナワクチン接種証明書アプリ、AndroidスマホとiPhoneで変わる「ローマ字氏名」
デジタル庁と厚生労働省が「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の運用を開始しました。Android版とiOS版の両方で海外用の接種証明書をダウンロードしたのですが、「あれ?」と思うことがあったので皆さんに共有しようと思います。【追記】(2021/12/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
接種証明書アプリ、ちゃんと使えた? iPhoneとAndroidで感じてしまう“格差”
実際にワクチン接種証明書アプリを2人で試しながら語り合いました。(2021/12/21)

Google、「AndroidアプリをChromebookで使う人が50%増」
GoogleはChromebookでのAndroidアプリ利用が50%増えたと発表した。ChromebookではAndroid端末と「ニアバイシェア」でデータのやり取りが可能だ。(2021/12/21)

政府の「新型コロナワクチン接種証明アプリ」がリリース “COCOAの悪夢”を教訓に
政府は「新型コロナワクチン接種証明アプリ」(iOS/Android、無料)をリリースした。NFC対応スマートフォンでマイナンバーカード(マイナカード)を読み込むことで、接種証明の電子申請や、接種履歴をQRコードとしてスマホの画面上に表示することができる。(2021/12/20)

「ヱビス」ブランドと「恵比寿」の魅力をバーチャルと現地で体感――サッポロビールとKDDIが共同でXRプロジェクトを立ち上げ
サッポロビールの「ヱビス」ブランドと、その発祥の地である東京都渋谷区の「恵比寿」の魅力を伝えるべく、同社とKDDIが共同でXRプロジェクトを始動した。スマホさえあればアプリなしで楽しめるXRコンテンツを通して、恵比寿ガーデンプレイス”やヱビスブランドの“過去を知ることができるという。恵比寿ガーデンプレイスの現地限定で楽しめるコンテンツも用意される。(2021/12/20)

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」サービス開始 何が必要? どうすれば使える?
デジタル庁と厚生労働省が、新型コロナウイルスのワクチン接種の証明書として利用できるアプリの配信と運用を開始した。アプリの概要と、アプリの使い始め方を簡単に紹介する。(2021/12/20)

日本政府の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」、公開 iPhone版とAndroid版 Apple Watchで表示も可能
ワクチン接種証明書のiPhone版、Android版アプリが公開された。(2021/12/20)

Visaプリペイドカード+家計簿アプリ「B/43」のAndroid版が登場
スマートバンクは、家計簿プリカ「B/43」のAndroid版を提供開始。iOS版で実装されている「ペア口座」「ポケット機能」など、すべての機能を利用できる。(2021/12/16)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Log4j」のトラブルってどうヤバいの? 非エンジニアにも分かるように副編集長に解説させた
「Log4j」の脆弱性が話題になっているが、どれほど影響が大きいものなのか。ITmedia NEWS副編集長に聞いてみた。(2021/12/16)

CloseBox:
寒い夜は人をダメにするリモコンで読書寝落ちしよう
布団から手を出さずにページをめくれる、人をダメにするリモコンの登場である。(2021/12/14)

Sparkをリブランド+機能強化:
もっと気軽にコンテンツ作成を――アドビが「Creative Cloud Express」を投入 モバイル+Web対応で無料プランもあり
アドビがモバイル/Webブラウザ向けに提供しているコンテンツ制作ツールが「Creative Cloud Express」としてリブランドされることになった。AI技術「Adobe Sensei」などを活用した機能強化も図られており、誰でも簡単にプロ並みのコンテンツを制作できることがポイントだ。(2021/12/14)

Apple、Androidアプリ「Tracker Detect」公開 知らないAirTagがそばにあると警告
Appleは、6月に予告してたAndroidアプリ「Tracker Detect」を公開した。「AirTag」が所有者から離れた状態でそばにあるとアラートを表示する。日本ではまだインストールできない。(2021/12/14)

Google、Windows版「Google Playゲーム」アプリを2022年に提供へ
Googleは、2022年中にAndroid版ゲームハブアプリ「Google Playゲーム」のWindows版をリリースすると発表した。Windows搭載PCでAndroidゲームをプレイできるようになる。PCとスマートフォンやタブレットとでシームレスに続きをプレイできる。(2021/12/13)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第2回】
スリープから“秒で復帰”のミルスペック機「Acer Chromebook Enterprise Spin 713」
「Chromebook」のビジネス向け機種のうち、スリープからの復帰の高速さや本体の強靱さを売りにするのが「Acer Chromebook Enterprise Spin 713」だ。その特徴とスペックを紹介する。(2021/12/12)

Meta(旧Facebook)、WhatsAppで「Novi」での暗号資産送金のテスト開始
Meta(旧Facebook)傘下のWhatsAppが米国で暗号資産送金のテストを開始した。Metaのデジタルウォレット「Novi」とステーブルコイン「Pax Dollars」を使う。(2021/12/10)

ドコモとメドレー、オンライン診療/服薬指導アプリ「CLINICS」を共同運営 dアカウント連携も
NTTドコモは、メドレーが提供するオンライン診療/服薬指導アプリ「CLINICS」の共同運営を開始。dアカウントとの連携に対応し、実際の診療体験に沿った設計にリニューアルしている。(2021/12/7)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第1回】
格安ノート「Chromebook」を仕事で使う管理方法と、使う前の注意点
「Chromebook」をビジネスで安全かつ快適に利用するためには、適切な管理が不可欠だ。Chromebookにはさまざま管理方法があり、ニーズに合わせて選択できる。主要な管理方法の概要を紹介しよう。(2021/12/5)

Twitterの「スーパーフォロー」、Androidでも設定可能に
Twitterは、9月にiOSアプリで提供開始した「スーパーフォロー」をAndroidアプリでも設定できるようにした。スーパーフォローはフォロワーから月額料金を受け取ることができる収益化サービス。まだ一部のユーザーの間でのテスト段階だ。(2021/12/3)

多様性のある街で多様性のあるPCをアピール――レノボが東京・新宿に“展示のみ”店舗を期間限定で開設
レノボ・ジャパンが、東京都新宿区に期間限定の「Yogaポップアップストア」を開設した。多様性のある街で、多様性のあるPCをアピールしたいという。(2021/12/2)

全世界2万人弱の開発者を調査:
最も勢いのあるプログラミング言語は?
SlashDataは開発者動向レポートの最新版「Developer Economics: State of the Developer Nation 21th Edition」を公開した。主要プログラミング言語のユーザー数や、5G、IoT、機械学習、データサイエンス、ゲーム開発といった最新のテーマを追っている。中国の開発者の貢献が多い開発分野なども分かる。(2021/12/1)

「PayPayカード」正式発表 支払額の1%をPayPayボーナスで受け取れるクレカ
キャッシュレス決済サービス「PayPay」のブランドを冠したクレジットカード「PayPayカード」がZホールディングス傘下のPayPayカード社から登場した。年会費は無料、12月1日から募集を始める。(2021/11/30)

NEOGEOの名作がスマホ向けに登場! 「サムスピ天草降臨」「メタスラ5」「ASO II」を「アケアカNEOGEO」シリーズとして配信
NEOGEOの名作を各490円で。(2021/11/30)

体を動かすことを“おっくう”に感じる全ての在宅ワーカーへ 「Amazfit PowerBuds Pro」を試してみよう
体を動かす機会が少ない在宅ワーカーも少なからずいると思われる今日この頃、そのような人への「福音」となりそうなワイヤレスイヤフォンが登場した。その名を「Amazfit PowerBuds Pro」という。いろいろと試してみたので、レビューとしてお伝えする。(2021/11/30)

「COCOA」アプリで強制終了する不具合 アップデートで解消
「COCOA」アプリを起動すると強制終了する不具合が発生している。11月26日に、この不具合を解消するアップデートを行っている。まずはiOSから。(2021/11/26)

起動できなくなっていた「COCOA」に修正版 まずはiOS版から
iPhone版COCOAが1.4.1にバージョンアップし、起動できない不具合が解消された。(2021/11/26)

モバイル運用環境も「3分」で実現できるHCL Notes/Dominoとは:
PR:「文系ひとり情シス」でもDXを諦めない 今注目のローコードプラットフォームが見せる可能性
DXの機運が高まる中、経営層と現場の意識の乖離が、日本企業を悩ませている。その根本は、ノウハウの蓄積不足や、システム導入にかかる費用や工数などのコストだ。こうした点を解決し、「ひとり情シス」のような企業であってもDXを実現できるようになるツールがあるという。キーワードは「ローコードプラットフォーム」だ。(2021/11/22)

コロナ接触確認アプリ「COCOA」、バージョンアップで起動不能に iPhone版、Android版ともに
一部のユーザーで、COCOAを最新版にバージョンアップすると起動できなくなるという問題が発生している。編集部でも確認した。(2021/11/25)

Twitter、iOSアプリでもツイートが途中で消える問題を修正
Twitterはタイムラインを新着順設定にしていると見ているツイートが消えることがある問題をiOSアプリで修正した。Webアプリ版では数日前に修正済みだ。(2021/11/25)

「ちょい曲げ」「くの字」スマホの使い心地 自腹で買った「Galaxy Z Fold 3 5G」でいろいろ考えた
西田宗千佳さんが自腹購入した「大きな画面の2つ折りスマホ」、1カ月が経過してのレビュー。(2021/11/25)

ドコモ回線を利用するMVNOサービスで「+メッセージ」が利用可能に 「dポイント」のプレゼントキャンペーンも
NTTドコモ回線を利用しているMVNOサービスにおいて、大手キャリアの共通メッセージサービス「+メッセージ」が利用できるようになった。それに伴い、既存ユーザーを含めた「dポイント」のプレゼントキャンペーンも開催される。(2021/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。