• 関連の記事

「アレルギー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アレルギー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
最新の光造形3Dプリンタ「UniFormation GKtwo 12K」を使ってみた ビジネスパーソンとして知っておきたい技術
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/3/1)

3Dプリンタを駆使した「グミ状のサプリ」 健康志向の日本市場を狙う
グミ状で、1粒で必要な成分が取れる英国発のサプリ「NOURISH3D」(ナリッシュ3D)。顧客1人ひとりのニーズに合わせてカスタマイズできる優れた利点を持つ。創業者兼CEOに、ベンチャー精神やアイデアの源泉を聞いた。(2024/3/1)

大場久美子、10歳年下再婚夫との別居を公表 原因明かすとともに「出てくる前に修羅場がありました」
2011年に再婚。(2024/2/29)

医療機器ニュース:
ナノイーを照射した花粉ではアレルギー反応が抑制される
パナソニックと麻布大学は、帯電微粒子水「ナノイー」で抗原性が抑制された花粉では、アレルギー反応が抑えられることを細胞レベルで明らかにした。(2024/2/29)

Marketing Dive:
バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと共にどのように話題のテクノロジーに傾倒したかを説明する。(2024/2/28)

NHS Whalesで進む電子処方箋の導入【後編】
「電子処方箋」普及に向けてNHS Walesが開発 “医療アプリ”の役割とは?
英国のウェールズ地域を管轄するNHS Whalesが電子処方箋の導入を進めている。その計画を構成する要素の一つが「NHS Wales App」だ。試験運用から本稼働までの流れを整理する。(2024/2/28)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
モスバーガー驚異のV字回復 マックほど値上げしていないのに、なぜ?
2023年には営業利益が前年比マイナス98%を記録するなど、危機におちいったモスバーガー。しかし、24年度の第3四半期決算ではV字回復を果たした。なぜなのか?(2024/2/26)

羽田事故受け日航がペット同伴を検討 他社が慎重姿勢の理由は?
日本航空が、ペットの客室内への同伴搭乗を検討していることが16日、分かった。1月2日に羽田空港で発生した航空機の衝突事故で、貨物室に預けられたペット2匹が取り残されたことを受け、同伴搭乗を求める声を踏まえた。(2024/2/18)

朝倉海、“好物”のアナフィラキシーで「死にかけた」 “特殊メイクより壮絶”な顔になるも……未練たっぷりな投稿にツッコミ
「この兄弟何回カキに引っかかるんだよ」という声も。(2024/2/16)

対談企画「CEOの意志」:
バッテリーシェアリング誕生の裏側 ラッパーから起業したCEOの戦略
今回対談したのは、ChargeSPOTの設置台数日本一を誇るINFORICH社の秋山広宣CEOだ。秋山CEOはトリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、2015年に創業。18年4月からサービスを開始したChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たした。短い期間で事業を大きく成長させた秘訣に迫る。(2024/2/16)

花粉情報、今年は飛散量の“表現”に注意 「極めて多い」追加で新旧表記が混在
スギ花粉のシーズンが始まった。毎日の花粉飛散量チェックを欠かさない人も多いはずだが、今年は少し戸惑う場面もあるかもしれない。(2024/2/14)

「King Gnu」常田大希、ライブの“スマホライト論争”をバッサリ 関係者名乗る投稿に苦言「大体よく知らん人」「気をつけて」
コロナ禍から増えたライブでのスマホライト。(2024/2/14)

素材/化学メルマガ 編集後記:
政府の花粉症対策の現在地、鼻ムズムズや目がかゆいは解消されるのか
今週はバレンタインデーですが、それよりも気になるのはさまざまな花粉が飛び交う春の到来です。(2024/2/13)

つらい花粉症を和らげる秘訣は「対流花粉」対策――石井正則医師が伝える空気清浄機と床掃除の重要性
花粉症シーズンがやってきた。最近では、屋内外問わず「つらい」と感じる人が増えている。飛散量が例年並みと予想されている今シーズンをどのように乗り切ればよいだろうか。アイロボットジャパンの「住環境における花粉対策 メディア向けセミナー」でゲストスピーカーを務めた石井正則医師(耳鼻咽喉科)の話を聞いてみよう。(2024/2/8)

止めても止めても湯船に飛び込む猫ちゃんに驚き&爆笑! 常識と真逆の攻防戦に「頭からザップン」「シャワージャージャーかけてるのに」
こんなにお風呂好きな猫ちゃんは初めて見た……!(2024/2/6)

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

議論を呼ぶ「旅客機におけるペットの扱い」 ペット同伴サービスを提供するスターフライヤー「議論が深まることを期待」
事故後の利用者数の変化などを聞いてみました。(2024/1/27)

ラベルに“ピーナツ”の表示なく 25歳のダンサーがアナフィラキシーショックで急死、遺族は原因究明を訴える
遺族が代理人を通じ悲痛な思いを訴えています。(2024/1/26)

NECが「恋の味」するパン開発 100年企業がタッグを組んだ舞台裏
NECがAIを使ってユニークな一手を仕掛けた。日本で生成AIのベースとなる大規模言語モデル(LLM)開発競争で一歩先を行く同社が、老舗パンメーカー「木村屋總本店」とタッグを組んだ。(2024/1/23)

療養中の渡邊渚アナ、「身体の芯からポカポカ」 酵素風呂入浴ショットを披露
「植物のアレルギーをたくさん持つ私でも安心して入れるのも嬉しい」(2024/1/19)

亀屋万年堂の和菓子に「カビ」発生おそれ 全国で7万個回収「心よりお詫び」
シール不良によるカビ発生のおそれ。(2024/1/17)

医療機器ニュース:
3種類の試薬で白血球5分類測定ができる自動血球計数装置を発売
堀場製作所は、3種の試薬で白血球5分類測定ができる自動血球計数装置「Yumizen H500」シリーズを国内販売する。クリニックなどでも導入しやすいよう、コンパクトで操作しやすい設計となっている。(2024/1/15)

石田ゆり子、ペット巡る炎上でコメント閉鎖「何を言っても追いつかない」 飛び火元の笠井信輔は謝罪「コメントをくださっただけ」
さまざまな意見が交わされています。(2024/1/9)

石田ゆり子、“ペット犠牲”の羽田空港事故めぐり私見→一部から猛批判も…… 「どうかそんなに怒らないで」
機内へのペット持ち込みについての発信が議論になっています。(2024/1/5)

GPT対話モードも搭載した「Loona Blue」をお迎えしてみた 感情表現がとても豊かなペットロボット
Ankerのグループ会社、ルーナ・ジャパンが発売したペットロボット「Loona Blue」のファーストインプレッションをお届けする。(2023/12/28)

医療技術ニュース:
新たなかゆみ治療へ、アトピー性皮膚炎のかゆみ伝達機序を解明
理化学研究所は、皮膚炎を伴うかゆみの伝達には、感覚神経における転写因子STAT3の活性化が重要であることを発見した。かゆみに関連するサイトカインIL-31が、感覚神経に直接作用してかゆみを誘導していることを実証した。(2023/12/20)

敷島製パンが「サンドロール ダブルメロン」を自主回収 最大3個の中身が「つぶピーナッツ」に
アレルギーのある人が食べてしまわないよう注意を呼び掛けています。(2023/12/19)

犬に暖房は必要! 暖房を使う上での適温や乾燥などの注意点などを紹介
犬には毛皮があるため、寒い冬でも暖房は必要ないと思っていませんか?(2024/1/9)

「あの時の子猫は今こんなに」 通りすがりの人々の“小さな助け合い”で変わった子猫の運命に290万の反響
元気そうでよかったです。(2023/12/11)

「水カン」詩羽、“人生初のアナフィラキシー”で「上半身が蕁麻疹と血管性浮腫でヤバく」 病院行き後も「顔はパンパンに腫れ上がったまま」
ファン「まさかそんな事になってたとは」。(2023/12/6)

「何処に行っちゃったのかな」 白鳥久美子の息子、生後1か月にして“ちょっと心配”な症状 初受診で医師「この時期に通院する赤ちゃんはいる」
パパの表情をみせた吉武さん。(2023/12/6)

医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【後編】
「生成AI」が招く“4大リスク”とは? 医療現場は要注意
コミュニケーションが頻発する医療現場では、対話が可能な生成AIへの期待が高まりつつある。ただし医療機関が生成AIを活用するに当たっては、幾つかの課題を考慮する必要がある。4つのリスクにまとめて紹介する。(2023/11/30)

ラーメンスープの素を風呂に──老舗銭湯の企画が中止 「衛生管理は大丈夫」→SNSで賛否、取りやめに
1933年創業の老舗銭湯「小杉湯」は、イベント「博多ラーメン風呂」の開催を中止すると発表した。小杉湯は「衛生管理上の注意は十分に行っている」としていたが、SNSでの指摘を受け、企画を中止した。(2023/11/29)

「斬新すぎる」「これはちょっと……」 人気銭湯が浴槽に“豚骨スープの素”投入→賛否呼ぶ 企画は中止に
SNS上で賛否を呼んでいました。(2023/11/29)

水曜日に「へえ」な話:
水を温めただけの「白湯」が、なぜ想定の3倍も売れたのか アサヒの“着眼点”が面白い
アサヒ飲料の「白湯」が売れている。水を温めただけの商品がなぜ売れているの? と思われたかもしれないが、ヒットの背景に……。(2023/11/29)

猫が熱心に飲むのはまさかの…… 牛のお乳をワイルドに飲む珍しい姿が目撃される【ホンジュラス】
何とも珍しい光景です。(2023/11/28)

子猫が「保護して!!」とよじ登ってきた 猫アレルギー&先住猫との相性など壁を乗り越え…… ハッピーエンドに心あたたまる
みんな幸せになってよかった。(2023/11/28)

東京五輪女子体操の金メダリスト、腎臓病で“体重20キロ増” 治療法ないままパリ目指す20歳にエール殺到
モン系アメリカ人初の金メダリストとなったスニサ・リー。(2023/11/21)

中から続々と現れた子猫の姿にビックリ!! 農地に住み着く猫親子の保護現場に「こういう事もあるんですね」「助けてもらえて良かった」
一安心です。(2023/11/18)

“猫の手触り”再現したニッセンの「猫Feel」 社員の“偏愛”から生まれたシリーズがどんどん拡大、その裏のこだわりと工夫
「掛け布団カバー」「シーツ」「枕カバー」「着る毛布」「スヌード」が登場、三毛猫」「黒猫」の2色が加わり4色に。(2023/11/11)

浜崎あゆみ、声帯切られた保護犬2匹に「どんな子でも最期まで幸せにします」 問い合わせの保護団体「女神様のようなご連絡」
現在7匹の犬たちと暮らしている浜崎さん。(2023/11/9)

「ある年齢になってから食べられなくなった物教えて」→「あぶらものが」「アレルギーで……」 SNSが多様な食事情で盛り上がる
いろいろ身体と相談しながら、それに合ったおいしいものを食べていきたい……。(2023/11/9)

営業マンの「オレ流」が蔓延していないか データを活用して「属人性」を打破するための3ステップ
(2023/11/8)

“ピーナッツなしの柿の種”一部にピーナッツ混入 亀田製菓が商品回収
「落花生(ピーナッツ)」アレルギーがある人は食べないよう呼びかけています。(2023/11/7)

動物病院を察知したワンコ、落ち込む表情だったが…… 診察が終わった瞬間の変化に「全然ちがうw」「笑ってしまった」
心の声が目に見える。(2023/11/7)

除菌から医療、エネルギーも……日本発の革新技術「MA-T」が生み出す未来
このシステムを活用した製品には除菌・消臭剤、口腔ケア用ジェルのほか、燃料として使用可能なメタノールの生成などにも応用することが可能となった。(2023/11/1)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(9):
誰もが3Dフードプリンタを使える世界に、パーソナルで新鮮な食体験創造を目指すスタートアップ
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は3Dフードプリンタを用いて新たな食領域を開拓するByte Bitesさんを取材しました。(2023/11/1)

奥手だった元保護犬が1年後…… すっかりママっ子に変貌したビフォーアフターに「こんなに変わるんですね」の声
なんて幸せな時間。(2023/10/26)

「娘のアレルギー情報はこちら」→マルウェアDLさせる ホテルなど狙うサイバー攻撃増加
「宿泊を楽しみにしていますが、娘は特定の食べ物にアレルギーがあります。以下のURLよりダウンロードしてご確認お願いします」。こんなメールでマルウェアをダウンロードさせる宿泊業向けサイバー攻撃が増加している。(2023/10/24)

ノーコード開発、これだけは押さえて(4):
「汎用ツールは万能ツールじゃない」 失敗事例から学ぶノーコード開発ツールのトラブル回避法
ノーコード開発ツールの基礎と、ツール活用に必要な要素について解説する本連載。第4回はノーコード開発ツール導入における失敗事例を基に、陥りがちなトラブルとその回避法について紹介する。(2023/10/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。