• 関連の記事

「救急」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「救急」に関する情報が集まったページです。

【漫画】「パニック発作でバスに乗れない」とタクシードライバーに打ち明けたら…… 優しく愛あふれる言葉に涙した話
ぐっと来るなあ……。(2022/1/23)

黒崎真音、相方・神田沙也加さんの月命日に思いつづる 「すっごく長かった」「忘れた日なんてないよ」
今後は神田さんに関するツイートを控えるとのこと。(2022/1/19)

JP楽天ロジスティクスが国内初の実証実験 超高層マンションにドローンでオンデマンド配送
JP楽天ロジスティクスは、ドローンによる超高層マンションに向けたオンデマンド配送の実証実験を実施した。片道約12キロを飛行し、超高層マンション屋上のヘリポートに物資を配送した。(2022/1/13)

橋本マナミ、1歳息子の育児で大反省「やばいテレビを見せすぎた」 “現代の育児あるある”に共感の声
上手に使っていきたい。(2022/1/12)

現場から悲鳴:
「どう穴を埋めれば」「危機的」 新型コロナで医療関係者220人が休職
沖縄県内の医療現場を担う医師や看護師ら220人が新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者になり、勤務を外れる事態となっている。(2022/1/7)

黒崎真音、“相方”神田沙也加さんの急逝にショック隠しきれず「今は許してください」 2020年に「ALICes」結成
悲しみをツイートしています。(2021/12/20)

【動画】やせ細ったボロボロのノラ猫が助けを求めてきて…… 甘えん坊のフワフワ猫になったビフォーアフターに涙
優しい人に出会えてよかった。(2021/12/17)

集団歩行を乱す「歩きスマホ」理論の着眼点 イグノーベル賞受賞の村上久助教
2021年のイグ・ノーベル賞で、「歩きスマホ」が歩行者同士にどう影響するのかを実験した京都工芸繊維大の村上久助教ら日本の研究チームが、「動力学賞」を受賞した。(2021/12/13)

最初から詰んでるやんけ! 「School Days」伊藤誠になれる体験型お化け屋敷「誠ザ・リアル」爆誕
こんなになりたくない主人公いる?(2021/12/11)

なにこれカッコイイ! モリタ「働くクルマ」をテーマにした2022年カレンダー発売 消防車やゴミ収集車など2カ月ごとに登場
裏面は塗り絵になっています。(2021/12/10)

家電メーカー進化論:
EMSって胡散臭さい? 科学で脱却の「SIXPAD」に聞く、次の狙いとは?
EMS機器ブランド「SIXPAD」を手掛けるのは、東証マザーズに上場するMTG。EMSの世界的権威である京都大学 森谷敏夫名誉教授の支持を仰いでEMS市場に参入し、市場を代表するブランドへと成長。SIXPADブランドの今後の事業展望などを、ブランドマネージャーの熊崎嘉月氏に聞いた。(2021/12/10)

「母がクモ膜下出血で倒れた」実録漫画が壮絶 母は管だらけで父はパニック障害発症、地獄の3週間の記録
無事で良かった。(2021/12/7)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
コロナ禍で増えた医療機関へのサイバー攻撃 患者の生死にも関わる事態に
COVID-19のパンデミックが契機になり、医療機関は遠隔医療などデジタル技術の導入を進めた。その結果、医療機関もサイバー攻撃を受けるケースが増えているという。それは、企業に対する攻撃と同じか、それ以上に深刻な問題を生み出している。(2021/12/6)

鬼束ちひろ、救急車蹴り“現行犯逮捕”に自筆謝罪コメント発表 所属事務所も「弁解の余地がない行為」
鬼束さん「深く反省しています」(2021/12/2)

「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
現在はほぼ回復したとのこと。(2021/12/2)

モト冬樹、14歳愛犬の旅立ちを報告「静かに旅立って行きました」 見守ってくれたファンに「感謝です」
不調が続いていた愛犬のライム。(2021/12/1)

八田亜矢子、ぜんそくで苦しんだ1歳息子が退院 5日間の付き添い入院も「無事母子ともども帰ってこれました」
最初は会いに行けず「ほんとにつらい……」。(2021/11/29)

「痛いどころじゃない」 交通事故で内臓破裂→医師に誤診されて生死をさまようレポ漫画が「怖すぎ」だと話題に
大家さんが出てくるまでの登場人物が全員ヤバイ。(2021/11/27)

医療機器ニュース:
災害現場で救命救急医療を担う、モビリティソリューション1号機を納入
シーメンスヘルスケアは、CT装置と免疫生化学分析装置などを搭載し、災害発生時に現場に駆け付けることができるモビリティソリューション「Medical-ConneX」の1号機を東京曳舟病院に納入した。(2021/11/25)

ET&IoT 2021:
消費電力10mW以下のエッジAIマイコン、ReRAM上のメモリコンピューティングで実現
ヌヴォトン・テクノロジージャパンは、「ET&IoT 2021」において、メモリコンピューティング技術を用いたエッジAI(人工知能)マイコンを披露した。ReRAM上でAIの推論処理を行うことにより、消費電力を約10mWに抑えるとともに、AI推論エンジンのコード量も約10分の1に圧縮できるという。(2021/11/18)

千葉大病院が導入:
DMM子会社、マイクロバスを「走る救命救急室」に “現場重視”のこだわった機能とは?
千葉大学医学部附属病院が、「エクモカー」を千葉県で初めて導入した。車両を開発したのは、DMM.comの子会社で、消防用資機材や関連製品の販売などを行うベルリング(横浜市)だ。(2021/11/8)

8歳息子が夜中に突然嘔吐、ママが頼ったのは…… 小児救急電話相談「#8000」の体験漫画が参考になる
もしもの時のために覚えておきたい。(2021/11/5)

PR:VAIOストアで買うとメリット多し! 新型「VAIO SX14」「VAIO SX12」特別仕様モデルの実力をチェック
VAIOが新型モバイルノートPC「VAIO SX14」「VAIO SX12」を発売した。同社が直営する「VAIOストア」で購入できる2つの特別仕様モデル「ALL BLACK EDITION」と「勝色特別仕様」の実力をベンチマークテストを通して確認してみよう。(2021/11/5)

アトピーを放置したら死にかけた 彼氏と彼女の「感染性心内膜炎闘病記」(1)
深夜に突然の高熱。そして、死亡リスク8%の心臓の手術を受けることに。(2021/11/5)

地震発生時の帰宅手段、シェアサイクルに脚光 実はリスクも? 各社対応から読み解く
10月7日の夜に関東地方で発生した地震により、首都圏の鉄道は大規模にストップし、多くの帰宅難民が発生。彼らを救ったのがシェアサイクルだった。災害発生時に、シェアサイクルは、頼れる交通手段となり得るのか、考える。(2021/10/28)

機体の公開も:
「空飛ぶクルマ」万博での実用化目指す ドローンで実証実験
SkyDriveは10月22日、2025年大阪万博でのエアタクシーサービスの実現を目指し、ドローンを使った実証実験を実施した。(2021/10/25)

「緊急入院したお財布」LINEスタンプが金欠オタクの心を鷲づかみで話題に 「うちの財布も危篤」「コレ買えないぐらい金ない」
うちの財布は入退院繰り返してどんどんやせ細ってる。(2021/10/24)

Jリーグのガンバ大阪、サッカースタジアムで防災キャンプ開催 試合日以外の集客の一環
サッカーのJリーグ1部(J1)所属のガンバ大阪は、同クラブのホームスタジアム「パナソニックスタジアム吹田」を活用して、防災キャンプを開催すると発表した。Jリーグの試合日以外の集客の一環。24日から先着50人限定で募集を始める。(2021/10/23)

25年度の事業化目指す:
JAL、空飛ぶクルマ実用化へ 万博に向け実証実験
JALは、空飛ぶクルマを使ったエアタクシー事業の開始に向け、ヘリコプターを活用した環境調査を実施すると発表した。(2021/10/23)

クマ「おい、ケンカしてるぞ……!」 オオヤマネコの大ゲンカを見守るクマ一家が人間のようで面白い
野次馬ならぬ野次熊。(2021/10/23)

米アメフト選手、思いがけず自宅でわが子を取り上げる「人生で一番怖かった」 妻「救急オペレーターに感謝します」
母子ともに無事でよかった。(2021/10/21)

妊娠中の韓国YouTuber、大型トラックに追突される 「大型車に乗り換えていなかったら」ベッコリへこんだ車公開
無事でよかった。(2021/10/20)

AIで「くも膜下出血か脳梗塞か?」を即座に判別 千葉市で年度内に実用化へ
Smart119社が開発した、AIによる脳卒中診断アルゴリズムについての論文が国際科学誌「Scientific Reports」に掲載された。救急患者の容体など情報を基に、脳卒中の中でも「くも膜下出血」「脳梗塞」「脳出血」「主管動脈閉鎖」のいずれに該当するかを判別できるという。(2021/10/18)

“雪国ならではの事情”で死にかけた 北海道のボロアパートに住んでいた小学生のころ、真冬のお風呂で意識がなくなったワケ
「浴室から出た途端、意識を失いました」。(2021/12/15)

クラウド利用で高まる情報セキュリティリスク、その原因は? IT担当者が身に付けるべき運用の心構え
クラウドサービスの業務利用が当たり前になった今、情報セキュリティに関するネガティブなニュースが目に付くことも非常に増えた。自身が被害者にならないために、そして二次的な被害の加害者にならないために何ができるのか。(2021/10/13)

「突然の怪我で動揺」 ももクロ玉井詩織、動画収録で全治1カ月の重傷 大型車のタイヤ取り外し中に“指先挟む”
本人は現在落ち着いているとのこと。(2021/10/12)

目が覚めたら集中治療室 高3のころ、受験勉強とバイトの両立で2週間徹夜した“まさかの結果”
学校に行く→アルバイト→寝ないで勉強→学校に(以下ループ)。(2021/12/21)

コロナ禍で変化したIT課題と3つの投資分野【前編】
予算のない医療機関でも「RPA」には投資すべき理由
今見えているトレンドは、コロナ禍をきっかけとした大きな変化の第一歩にすぎない可能性がある。医療ITの投資計画を立てる上で重視したい「成熟を見据えた長期計画」のヒントは。(2021/10/5)

「脳に障害をきたす可能性」「東京中に電話かけた」 エハラマサヒロ、0歳次男の“高熱入院”を夫婦で振り返る
おつかれさまでした……。(2021/10/2)

将来的に1億2700万ポンドの利益
「社会福祉DX」がもたらす恩恵とは? 30億円以上を助成するNHS Digitalの狙い
英国はソーシャルケアサービスのデジタルトランスフォーメーションに対する資金援助施策を実施し、この分野の変革を促そうとしている。プロジェクトの成果はどのようなものか。(2021/10/1)

Weekly Memo:
病院が増えるまで待っていられない「救急搬送の困難化」問題をDXで解決する方法
さまざまな社会課題をDXでどのように解決できるか。この問題に対し、NTTデータが「異なるDXの掛け合わせ」によって解決策を見いだす方向性を示した。その内容が非常に興味深かったので取り上げて考察したい。(2021/9/27)

「AWS」を活用してメルボルン大学が開発
「渋滞のない街」が現実に? 大学が生んだ“AI交通整理員”の正体
メルボルン大学は交通状況をリアルタイム分析し、渋滞を予測するAIアプリケーションを開発した。交通が複雑化し、その管理の改善を喫緊の課題とする大都市。メルボルンはどのようにして渋滞の緩和を図るのか。(2021/9/24)

現場の現実:
100万円で看護師求む 新潟・佐渡ギリギリの病院事情
新潟県の離島、佐渡島で唯一、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れている新潟県厚生連佐渡総合病院。コロナ禍で医療崩壊が現実味を帯びる中、全島を管轄する佐渡市は、同病院で働く即戦力の看護師を緊急募集している。(2021/9/20)

エハラマサヒロの0歳次男、尿路感染症から無事退院 妻が親子ショット公開「入院してる1週間でかなり成長」
よかった!(2021/9/17)

オンラインで集中治療室の新生児と面会 コロナ禍で育む家族の絆
新型コロナウイルスの感染拡大により、病院では全国的に院内感染防止のための面会制限が続いている。生まれたばかりの新生児と母親も例外ではない中、大阪大学医学部付属病院は、集中治療を受けている新生児と家族をオンライン面会でつなぐシステムを本格稼働させた。8月中には全家族の毎日の面会が実現、離れていても絆を育む助けとなっている。(2021/9/16)

スピン経済の歩き方:
サントリー新浪社長を叩いても、「45歳定年制」が遅かれ早かれ普及するワケ
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、「45歳定年制」の提言が波紋を呼んでいる。「サントリー不買」を呼びかける人も出ているが、ボコボコに叩くのは“正しい”ことなのか。筆者の窪田氏は……。(2021/9/15)

エハラマサヒロの0歳次男、41度超の高熱で入院 コロナ禍の一時受け入れ拒否に妻は「めちゃくちゃ怖かった」
診断結果は尿路感染症。(2021/9/14)

城田優、「TOKYO MER」最終回に“エリオット椿”を「ぶっ飛ばしておきます」 ファンからは椿スピンオフ希望の声も
【ネタバレ注意】最高の最終回でした!(2021/9/13)

愛猫が突然トイレでうずくまり嘔吐→病院に駆け込むと…… 尿路結石症の闘病漫画に「泣きました」「気を付けたい」の声
現在は元気になっています。(2021/9/11)

「TOKYO MER」佐藤栞里“涼香”と鈴木亮平“喜多見チーフ”の兄妹仲良しショットに涙 「涼香ちゃんがもういないなんて」
涼香ちゃん……。(2021/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。