• 関連の記事

「救急」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「救急」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スピン経済の歩き方:
サウナーの次はアワラー? 「人工炭酸泉」がじわじわ広がる、3つの理由
最近、温泉・入浴施設では「サウナブーム前夜」の時と同じような「トレンドの変化」が感じられる。「人工炭酸泉」だが、なぜそう思うかというと……。(2024/6/19)

自動運転技術:
緊急車両検知がBMWの自動運転システムに採用、走行の安全性向上へ
Cerenceの緊急車両検知「Cerence EVD」が、BMWグループのレベル3条件付き自動運転システム「BMW Personal Pilot L3」に採用された。(2024/6/18)

「FBI持ってきて!」 救命講習で“要求されたもの”に4万いいね→体験談が続々集まる事態に「ぜんぶ間違ってる」「ほらあれ」
言いたいことは分かる。(2024/6/18)

「マイナ救急」全国で実証へ 救急活動の迅速化を目指す 「マイナカード携行を」呼び掛け
救急隊員がマイナ保険証をチェックして傷病者の情報を迅速に把握する「マイナ救急」の実証事業が、秋にかけて全国各地で始まる。(2024/6/12)

ROLAND経営のホストクラブ、泥酔女性がおう吐&“救急搬送”の騒ぎ 若手No.1ホストの失態に「楽しいってならないじゃん絶対」「断る勇気必要」
ひとまずお客さんが無事で良かった。(2024/6/7)

タイ移住のエヴァ芸人・稲垣早希、深夜に緊急搬送 無事退院するも再発「人生初よ、こんな」
お大事に……。(2024/6/6)

iPhoneにマイナカード搭載可能に 2025年春の後半から Apple正式発表
米Appleが2025年春の後半に、iPhoneにマイナンバーカードを搭載可能にすると発表した。(2024/5/30)

人とくるまのテクノロジー展2024:
TDKが車室内のノイズキャンセルを提案、ヘッドレスト組み込みで15dBの消音効果
TDKは、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」において、車室シートのヘッドレスト部の周辺に組み込める「消音空間ソリューション」を参考展示した。(2024/5/24)

マレーシアのインフルエンサー、2歳息子がホテルで事故死 昼寝中の悲劇に「誰もこの事故を起こしてほしくない」
母の日を祝うための滞在先でした。(2024/5/23)

蒼井そら、5歳息子が緊急手術 検査中に父の急逝知り満身創痍「メンタルがめちゃくちゃだ。滅入る」
大変なことが立て続けに起こった蒼井さん。(2024/5/16)

鈴木みのる、頸髄損傷で長期闘病中の親友・高山善廣と久々2ショット 「もうそろそろ発表出来ると思う」と復帰に言及
復活! TAKAYAMANIA。(2024/5/10)

「救急車は映えスポットではありません!」 消防局による“信じられない実話再現”に「非常識過ぎ」「論外」
救急隊員さんを困らせないようにしましょう。(2024/5/2)

ベテラン外科医が“ある料理”の癒着剥離に挑戦するも…… 笑える結末が13万いいねの大反響
ギョーザの癒着力がすごい。(2024/4/28)

「必死でご飯食べてます」 病名不明で療養中の渡邊渚アナ、食欲減退で腰周り激ヤセに こぶし入るほどの“ぶかぶかズボン”へ「なんとかしたい!」
もともとスリムな体形だった渡邊アナ。(2024/4/26)

「医龍 Team Medical Dragon」、当時出演キャストの現在 活動休止や結婚、パパになったキャストも
2006年にシーズン1が放送されました。(2024/4/21)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京湾アクアライン」6車線にすれば“渋滞”は解消するのか 課題は他にある
東京湾アクアラインは、海上の海ほたるPAの人気や千葉県側の観光スポットの充実もあり、週末は深刻な渋滞が発生している。6車線化などの設備改良に加え、ドライバーへの渋滞対策の周知など、多角的な対策が必要だ。(2024/4/19)

安全システム:
事故自動通報用通信型ドライブレコーダーのガイドラインを制定、公開
ドライブレコーダー協議会は、「事故自動通報用通信型ドライブレコーダーのガイドライン」を制定、公開した。先進事故自動通報装置を活用した「D-Call Net」に要するドライブレコーダーの技術仕様をまとめたものとなっている。(2024/4/17)

小寺信良のIT大作戦:
ネット社会は「身元不明死」に対応できるか
2025年問題というのをご存じだろうか。物流の「2024年問題」が来たばかりで、もはやいつがどの問題なのかわけが分からなくなっている方も少なくないと思うが、取りあえずこれから起こる一番近いのが、2025年問題である。(2024/4/16)

第1弾は金色に輝く「GRカローラ」 マクドナルドのハッピーセットに「トミカ」シリーズ登場! トミカを再現した実車を豊洲店で展示
トミカを再現した実車映像も。(2024/4/4)

GENKING.、原因不明の痛みで「人生初の救急車」 情報提供呼びかけるも反響の大きさに恐縮「不快にさせたらごめんなさい」
「ロキソニンも飲みすぎて効かなくて」(2024/4/3)

安全衛生:
現場作業員に熱中症リスクを見える化 ウェザーニューズのIoTセンサーに“暑さ指数”を追加
ウェザーニューズが提供する高性能気象IoTセンサー「ソラテナPro」に、暑さ指数(熱中症リスク)を算出する機能が加わった。通知も、アプリのプッシュ通知だけでなく、メール通知も追加し、回転灯などとの連携で、現場作業員に熱中症などの危険性を促せる。(2024/3/14)

マーベル最新作「マダム・ウェブ」酷評&成績不振も、主演俳優は“納得” 「二度とやらない」と制作プロセスの問題ぶっちゃけ
ボロクソ批評も理解しているとのこと。(2024/3/8)

Uber Eats、ロボット配送サービスを開始 3月6日から日本橋エリアで
料理宅配サービスを展開するUber Eats Japanが、歩道を自動走行するロボットによる配送サービスを東京・日本橋エリアで6日から開始する。Uberのロボット配送サービスは米国に続き2カ国目。まずは都心部でサービスを拡大し、将来的には配達する人が不足している地域や過疎地域での展開も視野に入れている。(2024/3/5)

2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【前編】
なぜ米国で2023年11月に「企業のランサムウェア被害報告」が集中したのか
米国で2023年11月に発生したランサムウェア攻撃では企業を標的とする事例が目立った。その背景には何があり、どのような被害が発生したのか。(2024/3/1)

ココリコ遠藤妻、「救急車呼んで!」の叫び声にパニック 「誰がケガしたのかと見渡すと次男君が」
これは心配だ。(2024/2/29)

品質不正問題:
豊田自動織機の自動車用エンジンが出荷再開、ダイハツの登録車も
型式指定申請の不正行為で止まっていた出荷と生産が、再開に向けて進み始めた。(2024/2/29)

「CSI:ニューヨーク」マック役俳優、33歳息子の死去を公表 「愛する人を失った全ての人へ」5年半の闘病生活つづる
代表映画作品に「フォレスト・ガンプ/一期一会」ダン中尉役など。(2024/2/28)

事故に遭うとスマホが自動通報 「衝突事故検出」機能で“誤報”が多い理由とその対処法
近年のスマートフォンには、交通事故などによる強い衝撃を検出すると、自動的に消防署などへ通報する「衝突事故検出」という機能が備わっている。ただし、予期せぬまま通報してしまうことも多い。今回は消防関係者に聞き取りを行い、スマートフォンの機能による誤報があるのか、万一通報してしまった際の対応を聞いた。(2024/2/28)

ダルビッシュ有の弟・翔、家族初密着のバラエティーに“独り登場せず” 反抗期の非行&暴力扱われるも近影なく「びっくり」「テレビに出せないわな」 
ダルビッシュ家のヒストリーに反響も……。(2024/2/27)

マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
65歳とは思えない俊敏な動きにも注目が。(2024/2/20)

「セコムみまもりホン2」発売 駆けつけ要請も音声通話もこれ1台
セコムは2月19日、「セコムみまもりホン2」を発売した。遠隔で見守ってもらう機能や、緊急対処員による駆けつけを頼める機能を備える。加入時の代金は1万1000円(税込み、以下同じ)で、月額料金は2750円だ。(2024/2/19)

朝倉海、“好物”のアナフィラキシーで「死にかけた」 “特殊メイクより壮絶”な顔になるも……未練たっぷりな投稿にツッコミ
「この兄弟何回カキに引っかかるんだよ」という声も。(2024/2/16)

CODE BLUE 2023レポート:
ランサムウェアは“波及”する――ハッカー医師が語る医療セキュリティの現実
医療業界を狙ったサイバー攻撃が日々報道で話題になる中、二人の“ハッカー医師”が「被害を受けなかった近隣の病院」への影響に着目して調査を実施した。どのような結果が得られたのだろうか。(2024/2/16)

医療機器ニュース:
胸骨圧迫をサポートする自動心臓マッサージ装置を発売
日本光電は、胸骨圧迫をサポートする自動心臓マッサージ装置「RMUシリーズ cardiolife ARM」を発売した。救命現場において、用手胸骨圧迫に替わり自動で胸骨圧迫する。(2024/2/14)

登録者190万人超のYouTuber、26歳バースデーで顔面を連続殴打される “失血死ギリギリ”の大けがも「立場上仕返しはできない」「殴り返さなかった」
怖すぎる。(2024/2/14)

「失神しそう、口が痺れる動悸がやばい」 元「あいのり」でっぱりん、フグを食べた彼氏の容体が急変
病院で処置を行ったとのこと。(2024/1/26)

アレクサンダー、米国で6歳息子が救急搬送&点滴検査→余裕で“100万円超の請求”に驚がくの声「日本でよかった」「やばすぎです」
とんでもない額に。(2024/1/25)

大森靖子、緊急手術で入院→ZOCメンバー7人中3人が活動休止の事態に 夫・ピエール中野も状況伝え「すぐに救急車を手配」
腹痛を訴える前日には台湾ライブが開催。(2024/1/24)

高城亜樹、ほぼ寝たきり生活で“体重マイナス10キロ”していた 愛犬の旅立ち、中傷も経験で「本厄ってやばい」
「本厄って本当やばいなって感じた1年でした」(2024/1/23)

マリエ、1歳娘が重症化&転倒で緊急入院 病室で叫ぶわが子のため泣いて懇願「どうにか一緒に居させて」
現在は退院して元気な笑顔を見せている長女。(2024/1/21)

多発性骨髄腫の宮川花子、夫・大助とともにラジオ出演 “ネタ合わせなし”の漫才に「めっちゃ凄かった」「とんでもなかった」
観衆を感動させた大助さんと花子さん。(2024/1/20)

50歳で逝去した米昼ドラ俳優、死因は“ショットガン”と発表 アダム・サンドラーら共演者も追悼
ご冥福をお祈りいたします。(2024/1/17)

YouTube、「オーバードーズ」や「心肺蘇生法」の検索結果上部に安全な応急処置動画枠新設
YouTubeは、オピオイドなどの過剰摂取(オーバードーズ、OD)や心肺停止などの応急措置の検索結果に信頼できる動画を表示するコーナーを新設した。保険期間が制作した動画のみが並び、広告なしで再生できる。(2024/1/11)

65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
普通の65歳ならこの動きはすごいと思う。(2024/1/9)

サンドウィッチマン寄贈のトイレトレーラーが被災地に初出動 富澤たけし「出動する時が来てしまったか、という複雑な思い」
ありがとうサンドウィッチマン。(2024/1/6)

「BreakingDown」オーディション、乱闘の当時者が顔面踏まれ歯折る惨状「本当に過激になってきた」 全治2カ月で“引退宣言”ポロリ
樋口さん「まさかオーディションでこんなケガするのかっていうね」(2024/1/4)

働き方の見取り図:
なぜ休日に業務連絡? 「つながらない権利」法制化の前に考えるべきこと
「つながらない権利」が近年、関心を集めている。業務時間外の連絡対応の拒否を求める声が高まっている。法制化して職場とのつながりを一切遮断すれば解決するかというと、問題はそう一筋縄では行かない。「つながらない権利」問題の本質とは――。(2024/1/4)

「ついに8回連続に下血」 水道橋博士、元日から救急搬送で“死の手前”に 緊急入院決定も……「帰らしてください」無念さにじませる
「流石に顔面から血が引くような思いを自覚」と投稿。(2024/1/2)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第1回】
全然壊れない「頑丈ノートPC」が存在する理由 なぜ普通は“きゃしゃ”なのか?
乱暴に扱われても壊れにくい「頑丈ノートPC」が存在する。なぜベンダーは全てのデバイスを頑丈に作らないのか。頑丈ノートPCが使われるのは、どのような用途なのか。(2023/12/31)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2023:
マネジメントやスポンサー集め、技術継承……社会人顔負けの学生フォーミュラ
筆者は学生フォーミュラにも参加する静岡大学で、工学部大学院の客員教授を2011年から務めています。2023年からは、ECOMの社外取締役の立場を生かしてスポンサー企業として静岡大学のチームを支援することにしました。(2023/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。