ニュース
» 2024年02月07日 10時30分 公開

IoT活用のモーター解析/遠隔監視システムに常時監視サービス追加製造業IoT

明電舎は、同社が提供するIoTによるモーターの解析/遠隔監視システムに、カスタマーセンターでの常時監視サービスをオプションで追加した。設備異常などを24時間体制で監視する。

[MONOist]

 明電舎は2024年1月25日、同社が提供するIoT(モノのインターネット)によるモーターの解析/遠隔監視システムに、カスタマーセンターでの常時監視サービスをオプションで追加したと発表した。

 同システムは、ポーランドのスタートアップ企業Elmodisとの協業によるもの。設備の解析と、CO2およびエネルギーマネジメントの2つの機能がある。モーターの電流、電圧の電気信号や、モーターと機械設備の振動、プロセスデータを監視することで、設備の健全度を数値化する。明電舎以外のモーターやポンプ、ブロアなどの製品にも対応する。

 今回追加したのは、設備異常などをカスタマーセンターで24時間365日監視するオプションサービスだ。異常検知した場合には、ユーザーの就業時間外でも、あらかじめ定めた内容のサポートを行う。契約オプションの1つとしてサブスクリプション形式で提供する。

キャプション システム構成のうち、赤枠のサービスを拡充した[クリックで拡大] 出所:明電舎

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.