ニュース
» 2024年01月05日 10時30分 公開

AWSが生成AIアシスタント「Amazon Q」発表人工知能ニュース

Amazon Web Servicesは、業務内容に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」を発表した。ユーザー企業のデータベースやコードなどから情報を得ることで、業務上の問題解決を迅速に支援する。

[MONOist]

 Amazon Web Servicesは2023年11月29日(現地時間)、ユーザーのビジネスに合わせてカスタマイズ可能な生成AI(人工知能)アシスタント「Amazon Q」を発表した。

 Amazon Qは、ユーザー企業のデータベースやコード、エンタープライズシステムなどから情報を得ることで、業務上の問題解決やコンテンツ作成を支援し、業務を効率化する。ユーザーの既存IDや役割、権限に基づいて対話の内容を最適化できる機能も備える。

 また、ユーザー企業の提供したコンテンツは基盤モデルのトレーニングには使用しない。構築したモデルはAWSのクラウド上で動き、自社内で業務を遂行するイメージだ。

 Amazon Qは、AWSのさまざまなサービスのエキスパートとして、新しいサービスや機能の探索、ソリューションの設計、トラブルシューティングなどが容易に実施できるよう支援を行う。アプリケーション開発に加えて保守を簡素化する。

 現在、プレビュー版を提供中で、コンタクトセンター向けの「Amazon Q in Connect」は一般利用が可能だ。サプライチェーンに関するインサイトを提供する「Amazon Q in AWS Supply Chain」は、近日中に提供開始を予定している。

⇒その他の「人工知能ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.