ニュース
» 2023年11月22日 10時30分 公開

流体移送機器メーカーが基幹システム刷新、SAPのクラウドオファリング「RISE with SAP」採用製造IT導入事例

SAPジャパンは、SAPのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を、大晃ホールディングスが採用したと発表した。

[MONOist]

 SAPジャパンは2023年10月24日、SAPのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を、大晃ホールディングスが採用したと発表した。

 流体移送機器メーカーの大晃ホールディングスは、中期計画で掲げる多角化と持続的成長を達成する基盤となる、グループ業務基幹システムの再検討を進めている。2022年10月からグランドデザインフェーズを開始し、「グローバルオペレーションへの対応」「経営上の意思決定サポート(見える化)」「持続可能な業務基盤の確立」を目指して業務システムの刷新を決定した。

 検討の結果、市場の変化に柔軟に対応できる基幹システムとして、SAP S/4HANAを選定した。構築は、グローバルでの実績やSAP S/4HANAの知見、ノウハウを持ち、少量多品種部品メーカーでの構築経験が豊富なNTTデータグローバルソリューションズ(NTTデータGSL)に依頼した。

 2023年5月から開始した基幹システムの刷新プロジェクトにおいて、NTTデータGSLは、業務フローや機能一覧、機能配置などのグローバル標準業務をSAP S/4HANAに実装した。今後、グループグローバルでサプライチェーンマネジメント連携などの試験運用をしながら、大晃ホールディングスの各拠点にグローバル標準業務システムを展開していく。

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.