ニュース
» 2022年11月22日 10時00分 公開

鉄鋼製造においてCO2排出量削減に寄与する製品の統一ブランドを立ち上げ脱炭素

日本製鉄は、CO2排出量削減に寄与する高機能製品およびソリューション技術を総称するブランドとして「NSCarbolex Solution」を立ち上げた。

[MONOist]

 日本製鉄は2022年11月1日、CO2排出量削減に寄与する高機能製品およびソリューション技術を総称するブランドとして、「NSCarbolex Solution」を立ち上げたと発表した。

 同社は、自動車の製造時や走行時のCO2排出量削減につながる「NSafe-AutoConcept」、モーターの効率を向上し送配電網におけるエネルギーロス削減に寄与する「高効率電磁鋼板」、水素社会に向けた高圧水素用ステンレス鋼「HRX19」などを提供している。今後はこのような高機能製品、ソリューション技術をNSCarbolex Solutionブランドとし、ラインアップを拡充していく。

キャプション 「NSCarbolex Solution」の対象製品、ソリューション技術の例[クリックで拡大] 出所:日本製鉄

 同社は、鉄鋼製造工程でCO2排出量を削減することが認定された鉄鋼製品「NSCarbolex Neutral」を同年9月に公表している。このNSCarbolex Neutralと今回立ち上げたNSCarbolex Solutionを合わせた総合ブランド「NSCarbolex」のブランドサイトを開設した。同サイトを通じて、脱炭素社会、カーボンニュートラル社会へ向けた取り組みや効果について、情報を発信する。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.