ニュース
» 2022年07月08日 10時00分 公開

日立ソリューションズ東日本、自社ソリューションを3つのブランド体系に刷新製造ITニュース

日立ソリューションズ東日本は、業務のデジタル化や持続可能な社会を支えるデジタルソリューションとして、同社ソリューションを3つのブランド体系「appSQUARE」「scSQUARE」「uniSQUARE」に刷新した。

[MONOist]

 日立ソリューションズ東日本は2022年6月21日、業務のデジタル化や持続可能な社会を支えるデジタルソリューションとして、同社ソリューションを新たに3つのブランド体系に刷新したと発表した。

 新たなブランドは、「appSQUARE」「scSQUARE」「uniSQUARE」の3つ。appSQUAREでは、ユーザーが自由にアプリケーションを作成できたり、アプリケーションとデータの統合管理ができるソリューションを提供する。現場で必要な管理項目を用いて計画立案、進捗管理をしたり、さまざまなデータを分析することで問題点の把握や改善につなげることもできる。

 scSQUAREでは、生産計画の可視化や計画、実績のずれを把握して、速やかに適切な判断が下せる機能を提供する。また、需要予測から在庫管理までの一連のサプライチェーンマネジメントを可能にする。

 uniSQUAREは、スマートデバイスなどを用いた農業分野での調査業務の可視化や、公共分野における家屋評価業務の効率化を行う。予防保全分野でも、設備管理におけるさまざまな工程を支援。加えて、BI(ビジネスインテリジェンス)機能による課題可視化や企業の戦略検討も支援する。

キャプション 各ブランドの製品ラインアップ 出所:日立ソリューションズ東日本

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.