ニュース
» 2022年07月06日 10時00分 公開

NECとAVEVAがデータドリブン型ものづくりの推進を支援目指し協業製造マネジメントニュース

NECとAVEVAは、高品質かつ高効率なモノづくりを持続的に行う、データドリブン型ものづくりに向けて協業する。プロセス産業における工場のDX推進のため、Digital Twin Platformの提供を目指す。

[MONOist]

 NECは2022年6月21日、高品質かつ高効率なモノづくりを持続的に行う「データドリブン型ものづくり」に向け、AVEVAとの協業を発表した。プロセス産業における工場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するため、Digital Twin Platformの提供を目指す。

 IT領域に強みを持つNECと、プロセス産業のOT(制御、運用技術)領域に強みを持つAVEVAとのパートナーシップにより、ユーザーのデータドリブン型ものづくりの推進を支援する。

 具体的には、データドリブン型ものづくり構想の企画からシステム導入まで、一連の流れをつなげるための推進方法を確立する。NECのERP(Enterprise Resources Planning)やSCM(Supply Chain Management)改革ノウハウ、PLM(Product Lifecycle Management)、モノづくりデータプラットフォーム、MI(Materials Informatics)などと、AVEVAのMES(製造実行管理システム)、PIMS(プラント情報管理システム)などを組み合わせた、ITとOT領域を兼ね備えた統合基盤のDigital Twin Platformを提供する。

キャプション NECとAVEVAが目指す「データドリブン型ものづくり」[クリックで拡大] 出所:NEC

 両社は、プロセス産業の顧客に対して導入を支援してきた実績を基にして、機能性化学や食品業界向けのテンプレートを今後開発する。2026年度までに、対象領域における事業規模40億円を目指す。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.