ニュース
» 2022年03月16日 08時00分 公開

製品検査向け機械学習用CG画像合成ツールを開発、Unreal Engine 4を活用人工知能ニュース

シリコンスタジオは、クボタ向けに、製品検査に使用するML用CG画像合成ツールを開発した。3Dの不良種画像と2Dの背景画像を合成し、学習用のCG画像を生成するソフトウェアとなる。

[MONOist]

 シリコンスタジオは2022年2月24日、クボタ向けに、製品検査に使用するML(機械学習)用CG画像合成ツールを開発したと発表した。3Dの不良種画像と2Dの背景画像を合成し、学習用CG画像を生成するソフトウェア(CG合成ツール)となる。

 このCG合成ツールでは、不良種画像と背景画像を選択し、画像を画面上で確認しながら合成できる。GUIを介して、貼り付ける領域やサイズ、角度、照明条件といった各種パラメーターを自由に設定可能だ。画像の生成枚数を指定して生成、保存したり、パラメーターも設定ファイルとして保存できる。

キャプション 学習用CG合成ツールのイメージ[クリックで拡大] 出所:シリコンスタジオ

 クボタで実施したPoC(概念実証)では、シリコンスタジオが作成した不良種CG画像をAI(人工知能)分類モデルに入力し、推論結果が正しい不良種として信頼できることを確認した。この結果を受けてシリコンスタジオは、Epic Gamesのゲームエンジン「Unreal Engine 4」を用いてCG合成ツールを開発した。

⇒その他の「人工知能ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.