まとめ
» 2021年10月18日 12時00分 公開

風切り音解析の課題解決と効率化を推進するマツダの取り組み電子ブックレット(メカ設計)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は「SIMULIA Community Virtual Conference Japan 2021」の事例講演に登壇したマツダの講演レポート記事「風切り音解析の課題解決と効率化を推進するマツダの取り組み」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は「SIMULIA Community Virtual Conference Japan 2021」の事例講演に登壇したマツダの講演レポート記事「風切り音解析の課題解決と効率化を推進するマツダの取り組み」をお送りします。

風切り音解析の課題解決と効率化を推進するマツダの取り組み

 自動車開発において「風切り音解析」は一般的なものとなりつつあるが、車内音解析には大規模なCFD計算が必要で、量産開発での形状設計は非常に短期間で行われることから、パラメータスタディでの繰り返しによって最適な形状を求めることが難しい。この課題解決に向けて、マツダは流体的観点に加え、振動騒音的観点からの分析を取り入れることで、大規模CFD計算を最小限に抑え、効率的に形状評価や改善検討を可能とする技術構築を進めている。


【主な内容】
 ・音源寄与度分析と相反定理を用いた感度評価
 ・音源寄与度分析の適用例
 ・簡易モデルによる車両音予測手法

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

⇒ その他の「メカ設計 電子ブックレット」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.