ニュース
» 2015年12月22日 06時00分 公開

タックルでも壊れない! 製造現場や建築現場向けのタブレット兼用PC製造現場向け機器(3/3 ページ)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

堅牢PCで年率20%以上の成長を実現

 パナソニックではこれらの取り組みにより、堅牢PC市場の拡大に取り組む方針だ。パナソニック AVCネットワークス社ITプロダクツ事業部/ターミナルシステムビジネスユニット国内営業部 部長の向坂紀彦氏は「従来のTOUGHBOOKは、電力やガスのフィールドサービス向けなど一定の市場には需要があったが、どちらかといえば欧米に適した商品企画となっていた。新製品の『CF-20』はデタッチャブルの他、薄型や軽量化など日本のニーズに合う製品に仕上がっている。砂まみれやほこりまみれなどの厳しい環境だけでなく、厳しい環境で利用する流通向けなどでも使えるようになったと考えている」と述べる。

 今後は、流通など従来のTOUGHBOOKが入らなかった領域だけでなく、あまり浸透していなかった製造現場や建築現場向けなどへの提案も強化していくという。

 坂本氏は「国内では年平均成長率20%を目指す。2018〜2020年度には年間販売台数10万台以上を目指したい」と述べている。

photo パナソニックの国内のタフ関連製品の販売目標(クリックで拡大)出典:パナソニック
photo ラグビーチームのパナソニック ワイルドナイツを使ったプロモーションを実施。デモでは“タックルでも壊れない”タフさをアピール
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.