特集
» 2014年04月16日 08時00分 公開

墨田区から日本のモノづくりを活性! 新モノづくり拠点「GarageSumida」と「MEW」新しいモノづくりの形とは(2/2 ページ)

[小林由美,MONOist]
前のページへ 1|2       

皮カバンづくりを体験しよう「MEW」

 丸ヨ片野製鞄所によるレザーラボのMEWは、廃業になった自動車整備工場を改修した拠点だという。裁断や皮スキ、コバステといったカバンづくりにおける10以上工程が体験できるという。子どもから大人まで誰でも革職人体験ができる拠点を目指す。利用は予約制で、1時間当たり1000円〜を考えているとのことだ。

MEWでの作業の様子

 今、皮カバン職人も若手不足であり、技術伝承や人材育成が課題だという。MEWでは「若手職人のインターン受け入れ」「カバン製造専門学校の学生支援」「教育と産業観光との連携(修学旅行やキッズプログラムの拠点)」の3事業を展開する。

 丸ヨ片野製鞄所も、浜野製作所と同じくアウトオブキッザニア in すみだで、革作家体験プログラムを実施している。こちらはMEWの活動とは別で、今後も実施していくということだ。

丸ヨ片野製鞄所 片野一恵さん

関連キーワード

ものづくり | 工場 | 人材 | 職人 | 町工場


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.