• 関連の記事

「ヤマハ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヤマハ」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
ヤマハ、映像や照明データもWAV形式に統一して記録/再生
ヤマハは、音声や映像、照明の制御信号などファイル形式の異なるデータを、オーディオデータ形式に統一して記録、再生するシステム「GPAP」を開発した。また、会場規模に合わせてサイズを変更できるパネル型スクリーンを発表した。(2024/2/14)

ヤマハ、マルチプレイでの利用を想定したコンパクト設計のゲーミングオーディオミキサー
ヤマハは、コンパクト筐体を採用したゲーミングオーディオミキサー「ZG02」を発表した。(2024/1/31)

デザインの力:
科学的設計プロセスによる新たなボディー構造を採用したエレキギター
ヤマハはエレキギターの新モデル「Pacifica Professional」と「Pacifica Standard Plus」の販売を開始する。同社独自の科学的設計プロセス「アコースティック・デザイン」による新しいボディー構造を採用するなど音響特性を追求している。(2024/1/29)

ヤマハ、USB Type-C接続に対応したコンデンサーマイク
ヤマハは、USB有線接続に対応したコンデンサーマイク「YCM01U」を発売する。(2024/1/22)

1台でどこでも曲作り ヤマハから“全部入り”の音楽制作ガジェット「SEQTRAK」登場 5.5万円
ヤマハから、オールインワン音楽制作デバイス「SEQTRAK」が登場する。音楽制作からパフォーマンスまでを1台で実現するデバイスで、ドラムマシン、シンセサイザー&サンプラー、サウンドデザイン&エフェクターという主要な3機能を集約している。(2024/1/16)

デザインの力:
生成AIとブロックチェーン技術で小型低速EVをデザイン、ヤマハ発との共創で実現
Final Aimはヤマハ発動機との共創を通じて開発した1人乗り電動マイクロトラクターのプロトタイプモデルを「東京オートサロン2024」で初披露した。ヤマハ発動機の「YAMAHA MOTOR PLATFORM CONCEPT」をベースとし、デザイン開発に生成AI、スマートコントラクト技術を活用している。(2024/1/16)

試験導入:
東京メトロ、スマホをかざすと駅の情報が文字で表示 専用アプリは不要
ヤマハと東京地下鉄は、駅構内のアナウンス音声を専用アプリ不要でスマートフォンに文字表示して案内する「SoundUD」の多言語アナウンスサービス「みえるアナウンス」を発表した。(2023/12/23)

ゆっくり見ていってね! 「ヤマハの歴史コピペ」をヤマハが解説 「ニコニコ動画」のノリが満載の特設サイトも
ネタにガチすぎるでしょ。(2023/10/13)

ジャパンモビリティショー2023:
ヤマハ発動機は3輪オープンEVを初公開、前後輪操舵で操縦を楽しく
ヤマハ発動機はJAPAN MOBILITY SHOW 2023の出展概要を発表した。3輪フルオープンのEV「TRICERA」など6モデルを世界初公開する。(2023/10/12)

ヤマハがIT投資最適化で「脱Excel」を推進 全社DX計画を後押し
全社的なDX計画を推進中のヤマハ発動機がApptioのソリューションを採用した。戦略に応じた柔軟性の高いIT投資の意思決定に向けて、精度の高いITコスト管理を実施できる基盤を導入することが目的だ。(2023/9/29)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「ヤマハのコピペ」みたいな新たな領域への応用
広がりは部外者でさえ面白いのですから、当事者はなおさらではないでしょうか。(2023/9/20)

「AIだからすごいんでしょ」を超えていけ──ヤマハが異例の“生成AIボカロ”オープンβテストに踏み切ったワケ 仕掛け人の「AI美空ひばり」開発者に聞く
ヤマハがAI歌声合成ソフトのオープンβテストを始めた。これは同社の歴史上かなり珍しいことだ。同社の従来方針と食い違うにもかかわらず、なぜ踏み切ったのか。「生成AI時代の作品づくり」に対する考え方を、「AI美空ひばり」開発者でもある2人の仕掛け人に聞いた。(2023/9/13)

VOCALOIDのヤマハ、AI歌声合成の実証実験スタート 新ソフト公開 ユーザーの声で改善へ
ヤマハが、試作段階のAI歌声合成ソフト「VX-β」をクリエイターに提供し、得られたフィードバックを基にソフトウェアを改善する実証実験を始めた。(2023/8/22)

5Gで遅延のないリモート合奏を ソフトバンクとヤマハが実証実験
ソフトバンクとヤハは、SRv6 MUPを適用した5G商用ネットワーク上でリモート合奏サービス「SYNCROOM」の実証実験を開始。モバイルデバイス同士での直接通信を可能にし、より安定かつ低遅延な双方向通信の実現を目指す。(2023/8/8)

「バッドボーイズ」佐田、相方・大溝へ「ヤマハXJR400」をプレゼント 思い出のバイクに「やっぱり好き」と目をキラキラ
ヤマハXJR400を整備・カスタマイズしたもの。(2023/7/16)

ヤマハ「MT-10SP」を1/5スケールで再現した「レゴ テクニック」発売決定 実車さながらのギミック満載
エンジンやギアボックスのデザインもこだわって作られています。(2023/7/12)

経済の「雑学」:
ヤマハが「プール事業」から撤退、なぜ? 事業を始めたきっかけが面白い
「ヤマハ発動機がプール事業から撤退する」というニュースがありました。ヤマハ発動機といえば、バイクやボートをつくっているイメージがありますが、なぜプールを手掛けるようになったのでしょうか。歴史を振り返ってみると……。(2023/7/6)

製造IT導入事例:
ヤマハ発動機、クラウドERPによるグローバル標準業務システム稼働
PwCコンサルティングは、ヤマハ発動機のDX戦略の一環として、SAPのERP「SAP S/4HANA」を活用したグローバル標準業務、システムを稼働させた。(2023/6/23)

“野球場の応援光景”とは思えない!? ヤマハ吹奏楽団の見事なドラムテクニックに称賛 どこで見られるのか聞いた
ヤマハに話を聞きました。(2023/6/7)

大阪名物「くいだおれ太郎」、ヤマハとエンドースメント契約 アーティストの仲間入り
ヤマハミュージックジャパンは18日、大阪の名物人形「くいだおれ太郎」とエンドースメント契約を締結したと発表した。契約期間中は他社製の太鼓の使用は制限される。(2023/4/18)

ミツカン、J2「ジュビロ磐田」とスポンサー契約 きっかけはTwitterでの“ある指摘”
ミツカンがジュビロ磐田とスポンサー契約を締結したと発表した。9月には同クラブの本拠地ヤマハスタジアムでの開催試合を冠スポンサーとして協賛をすることになったが、締結に至った経緯がTwitterで注目を集めている。(2023/3/30)

ポーター・ロビンソンがVOCALOID化 グラミー賞ノミネート経験のあるアーティストの声をいつでも使える
ヤマハが、グラミー賞ノミネートアーティストのポーター・ロビンソンさんをモデルとするVOCALOID音源「Po-uta」を発売した。同氏の代表曲「Shelter」や「Musician」などでの歌声を再現する設定も標準装備している。価格は1万3200円。(2023/3/7)

水曜日に「へえ」な話:
ヤマハが試しにつくった「エレキ」が面白い “牛肉の部位”に見えてきた
ヤマハがちょっとユニークなことに取り組んでいる。楽器の制作工程で使われなかった木を集めて、エレキギターを完成させたのだ。それにしても、なぜわざわざ手間のかかることをしたのか。その秘密を担当者に聞いたところ……。(2023/2/8)

IoTで生産プロセスを変革
ヤマハが楽器工場をスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
モノづくりを継続的に進化させ、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め、成果を生み出しつつあるのが楽器製造大手のヤマハだ。同社の取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションを紹介する。(2023/2/22)

ヤマハ、動画や画像に合わせてBGMを作成するアプリをリリース 「自分で作るより良い」「思い付かなかった曲調」と話題に
商用利用も可能。(2023/1/20)

動画や写真からオリジナルBGMを自動作成 ヤマハが「AmBeat」アプリを提供
ヤマハは、動画や画像の内容をもとにオリジナルの音楽を自動で作成できるiOSアプリ「AmBeat」をリリース。自動作成されたBGMはアプリで自由にアレンジ可能で、BGM付きの動画や写真は保存したり、SNSなどで投稿したりできる。(2023/1/20)

IoTで生産プロセスを変革:
PR:ヤマハが進める楽器工場のスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
製造業にとって、モノづくりの継続的な進化は永遠のテーマだ。その中で、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め成果を生み出しつつあるのが、楽器大手メーカーのヤマハである。同社のスマートファクトリー化への取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションについて紹介する。(2023/1/6)

評価が高い企業情報サイト 3位「資生堂」、2位「ヤマハ」、1位は?
トライベック・ブランド戦略研究所は、国内252社の企業情報サイトについてユーザー調査を実施した。(2022/12/9)

製造IT導入事例:
グローバルPSIシステム構築に向けてキナクシスのSCM、S&OPツールを導入
ヤマハ発動機が、エクサをSIパートナーとして、キナクシスのSCM、S&OPツール「RapidResponse」を導入した。グローバルPSIシステムの構築を進め、グローバル規模でPSIを一元管理するほか、独自の需給調整業務の構築を目指す。(2022/11/30)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(23):
なぜ電子音源が“生”の音を奏でるのか、ヤマハの歴史が生んだ新しいピアノ
音の問題などで家でピアノを弾きづらい場合、練習用に電子ピアノを使うことがある。だが、やはり生楽器とは音もタッチ感も違ってしまう点がもどかしく感じる人もいるだろう。その中で、ヤマハが発表したサイレントピアノのシリーズとして「トランスアコースティックピアノ」は、電子でありながら”生ピアノ”に近づける工夫が幾つも施されている点で注目だ。(2022/12/9)

ヤマハが「バーチャルマーケット」初出展 「ボカロフロア」も開設
ヤマハは22日、HIKKYが主催するVRイベント「バーチャルマーケット2022 Winter」にブースを出展すると発表した。最新の「VOCALOID6」などを紹介する。(2022/11/22)

水曜日に「へえ」な話:
ボートを製造しているヤマハが、「カプセルホテル」をつくれたワケ
ヤマハ発動機のニュースリリースを見ていたら、ちょっと気になるネタがあった。同社のFRP技術を使って、カプセルホテルのベッドの部分を開発したのだ。なぜ気になったのかというと……。(2022/11/2)

動画を活用する企業が急増中!:
PR:なぜ、ヤマハが「動画」サービスなのか? 人事総務、営業など各部門に導入が進む「tollite」の魅力
コロナ禍がもたらしたデジタルシフトは一過性のものではなく、不可逆であると捉えられている。私たちの働き方はこの数年で大きく変わったが、そのような中で重要度が増してきているのが「動画の活用」だ。クラウド型動画制作サービス「tollite(トリテ)」を展開するヤマハに、詳細を聞いた。(2022/11/1)

ヤマハがコンパクトな「防音室」を発表 ワンルームマンションへの設置も想定した0.5畳サイズ
クラリネットやフルートの音量を31dB(500Hz)減衰します。(2022/10/21)

「ボカロはあくまで楽器」 最新「VOCALOID6」にAI採用 人間の再現にこだわりすぎないヤマハの考え
ヤマハが4年ぶりに発売した最新版の「VOCALOID6」。このバージョンからAIを活用した歌声合成に対応した。AI歌声合成システムは人間らしい歌声を生成できるが、ヤマハは人間の再現よりクリエイターにとっての使いやすさを重視していた。(2022/10/21)

「VOCALOID6」発売 4年ぶりの新製品でAI歌声合成に対応
ヤマハが歌声合成ソフト「VOCALOID」シリーズの最新版「VOCALOID6」を発売した。前作から約4年ぶり大型アップデートで、AI技術を活用した歌声の合成に対応する。(2022/10/13)

「VOCALOID」がグッドデザイン賞受賞 「新しい音楽文化の形成に寄与」
ヤマハの歌声合成ソフト「VOCALOID」がグッドデザイン賞の「ロングライフデザイン賞」を受賞した。「新しい音楽文化の形成に寄与した」点が受賞理由の一つになった。(2022/10/7)

スマートアグリ:
ヤマハが新たに無人ヘリとドローン開発、適材適所で農業の省人化推進
ヤマハ発動機は2022年10月6日、東京都内およびオンラインで記者会見を開き、主に農業用途向けの産業用マルチローター「YMR-II」および産業用無人ヘリコプター「FAZER R AP」を開発したと発表した。(2022/10/7)

「招き猫の日」にピッタリ! ヤマハのバイクを擬ニャン化したペーパークラフト「ニャイケン」「トラシティ」が癒やされる
編集可能なパワーポイント版も公開しています。(2022/10/3)

ヤマハ、平面駆動式ヘッドフォンを開発 '70年代“黄金期”の技術が復活
ヤマハミュージックジャパンは9日、1970年代に実用化した同社初の平面駆動方式「オルソダイナミック」型を受け継ぐ高級ヘッドフォンを開発していると明らかにした。「秋のヘッドフォン祭2022」で視聴体験会を行う。(2022/9/9)

2棟のビルで構成:
みなとみらいの大規模開発 街区名称は「横浜シンフォステージ」
大林組、京浜急行電鉄、日鉄興和不動産、ヤマハなど5社は、共同開発している「みなとみらい21中央地区53街区開発事業」の街区名称を「横浜シンフォステージ(YOKOHAMA SYMPHOSTAGE)」に決定したと発表した。(2022/8/31)

ビッグエコーで限定展開:
ELT持田香織になれるマイク、ヤマハが開発 歌声の特徴や癖をAIで再現
ヤマハは、「Every Little Thing」(以下、ELT)とコラボレーションした「なりきりマイク feat.ELT 持田香織 スペシャルルーム」を、ビッグエコーの3店舗で提供すると発表した。(2022/8/26)

誰でもELT持田香織の声で歌えるマイク、ビッグエコー3店舗に期間限定で登場 ヤマハの新技術を活用
ドラえもんのひみつ道具みたい……!(2022/8/24)

誰が歌っても持田香織さんの声になる「なりきりマイク」、ビッグエコーに登場 ヤマハのAI歌声変換技術で
第一興商は24日、誰が歌っても「Every Little Thing」の持田香織さんの声になる「なりきりマイク」を期間限定で導入すると発表した。ヤマハが開発中のAI歌声変換技術「TransVox」(トランスヴォックス)を活用する。(2022/8/24)

声優・内田雄馬がバイクに転生!? ヤマハ「MT-03」を演じる公式動画でイケボ連発「ぼくも付いていくよ」
は? となりますが、意外とこの機能アリかもー。(2022/7/27)

スマホに針を落とすと音楽が流れるターンテーブルも ヤマハデザイン研究所が音楽デバイス試作
ヤマハデザイン研究所は4日、スマートフォンと一緒に使うことを前提とした新コンセプトの音楽デバイス4種をWebサイトで公開した。試作機は全て実際に動作するとして映像も公開している。(2022/7/4)

Steinberg製オーディオインタフェース「UR12」に“Black&Copper”カラバリモデル
ヤマハは、独Steinbergとの共同開発となるオーディオインタフェース「UR12」の販売ラインアップに“Black&Copper”カラーのバリエーションモデルを追加した。(2022/6/6)

車載電子部品:
排ガスの熱を電気に、熱電発電で2リッターガソリンターボ車のCO2排出を3%削減
ヤマハと住友商事パワー&モビリティは2022年5月30日、排熱発電によって車両が排出するCO▽▽2▽▽を削減できることを実証したと発表した。これまで活用できていなかった排ガスの熱から電力を回生し、オルターネーターの負荷を軽減したり、エンジン始動時の暖機に排熱を使ったりすることで、CO2排出量を減らす。(2022/6/2)

組み込み開発ニュース:
立体音響コンテンツを車室内の全シートで体感できる、30個のスピーカーを搭載
ヤマハは、立体音響に対応した映像や楽曲コンテンツを車室内で体感できる技術を開発した。30個のスピーカーを車室内に搭載し、車室内の全シートで立体音響を体感できる。(2022/4/26)

ボイスチャットしながらゲーム配信できる小型ミキサー、ヤマハから登場 HDMI入力でゲーム機も接続可能
ヤマハは同社初となるゲーム配信・ボイスチャット用の小型ミキサー「ZG01」を発売すると発表した。PCやゲーム機、スマートフォンと接続可能で、マイク・ヘッドセットを含めた各入力音源の音量を瞬時に調節し、ボイスチャットやゲーム配信が行えるという。(2022/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。