• 関連の記事

「β版」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「β版」に関する情報が集まったページです。

フォーム入力中のユーザーの離脱率を低減:
フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供していたEFO機能を正式版にアップデートした。フォーム入力中のユーザーの離脱を回避し、コンバージョンの改善が期待できる。(2024/5/24)

最終リリース版は2024年6月公開予定:
TypeScript 5.5 β版公開、「型述語の推論」や「JSDoc内の型インポート」とは
Microsoftは「TypeScript 5.5」のβ版を公開した。本記事では、追加された「型述語の推論」と「JSDoc内の型インポート」について取り上げる。(2024/5/18)

ブラウザだけでフルスタックのアプリ開発を開始できる:
Google、WebベースIDE「Project IDX」のβ版を提供開始
Googleは、さまざまなプラットフォームにわたって迅速、簡単にアプリケーションを構築、展開できるWebベースの統合開発環境「Project IDX」のβ版を提供開始した。(2024/5/17)

AIを活用した店舗運営の効率化や生産性向上を推進・支援:
楽天グループが「楽天市場」出店店舗向けに「楽天AI大学」を公開
2024年3月より提供している店舗運営支援ツール「RMS AIアシスタント β版」に加え、AIツールの活用推進のための動画講座「楽天AI大学」を公開。(2024/5/4)

「Photoshop」にβ版、生成AIモデル刷新 参照画像→生成や、ボヤけた画像の解像感アップなども可能に
米Adobeは4月23日、同社のフォトレタッチツール「Photoshop」のβ版(バージョン25.6)をリリースしたと発表した。生成AIモデルを新型の「Adobe Firefly Image 3 Foundation」に刷新し、生成クオリティのアップに加え、参照画像の読み込みといった新機能を追加している。(2024/4/23)

新AIモデルのβ版を活用:
ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開
アドビが、デスクトップ(Windows/macOS)版のPhotoshopアプリの新しいβ版をリリースした。同社の生成AIモデル「Adobe Firefly」の新バージョンを活用して「生成塗りつぶし」機能を強化した他、プロンプトを元に“ゼロ”から画像を生成できる「画像を生成」機能が新たに搭載された。(2024/4/23)

動画共有・レビューツールの「Frame.io」がアップデート バージョン4(β版)に
米Adobeは、動画共有・レビューツール「Frame.io」の新バージョン「Frame.io Version 4」(β版)を公開した。3年の開発期間を経てリリースされたもので、ユーザーインタフェースなども含めて手が加えられている。(2024/4/11)

「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づく:
Canonical、CNCF準拠の新たなk8sディストリビューション「Canonical Kubernetes」のβ版を公開
Canonicalは新たなKubernetesディストリビューションである「Canonical Kubernetes」のβ版を公開した。「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づき、開発者が求める迅速な環境構築とエンタープライズ向けの自動化機能やセキュリティ機能の両方を提供するものだという。(2024/4/9)

GitHub CopilotとCodeQLを活用:
GitHubが脆弱性のあるコードの修正機能β版を「GitHub Advanced Security」利用者に提供開始
GitHubは「GitHub Advanced Security」の利用者を対象に、コードスキャン自動修正機能パブリックβ版の提供を開始した。「JavaScript」「TypeScript」「Java」「Python」に対応しており、脆弱性のないコード案を生成する。(2024/4/9)

ヤマハ、演奏に合わせてAIが歌うmacOS用合奏アプリ「piano evoce β」
ヤマハは、楽曲データを解析してボーカルパートをAIが追従再生するAI合奏アプリ「piano evoce β」の提供を開始する。(2024/4/3)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
カンペ見ても「カメラ目線」へ自動補正 動画のAI吹き替えツール「Captions」にPC版、実際に試してみた
日本語で話す動画を、英語に自動翻訳+アフレコしてくれるツール「Captions」。もともとはiOS版として提供されていたサービスだが、PC版(β版)が登場。AIを使った新機能も含め実際にテストしてみた。(2024/3/29)

Xbox Cloud Gaming、Web版「フォートナイト」などでキーボードとマウスをサポートへ
Microsoftは、クラウドゲームサービス「Xbox Cloud Gaming」(β)で、「フォートナイト」など一部のゲームをキーボードとマウスでプレイできるようにすると発表した。まずはXbox Insider向けだ。(2024/3/27)

ソースネクスト、文字起こしAI「AutoMemo」に要約機能(β版)を追加
ソースネクストは、同社提供の文字起こしAI「AutoMemo」に、GPT-4を採用した要約機能を追加した。(2024/3/19)

企業とメディア双方の効率的・効果的な情報発信のために:
博報堂が企業の広報DX支援へ取材マッチングプラットフォーム 「Espresso Hub」β版の提供を開始
「社会やメディアの視点を把握し、それを加味した広報活動を行いたい」企業と「独自の情報を伝えたい」「最適な取材先を迅速に見つけたい」メディアニーズに応える。(2024/3/13)

不動産テック:
ChatGPTで不動産価格を査定 三菱地所が「住まいのAI査定サービス」β版を試験公開
三菱地所と三菱地所ハウスネットは、ChatGPTを活用した「住まいのAI査定サービス」の試験運用を開始した。住まいの資産価値がワンクリックで分かり、営業担当者と会話しているような感覚で不動産に関する双方向コミュニケーションが実現する。(2024/3/8)

モバイル版「Adobe Express」にβアプリ登場 生成AI「Adobe Firefly」を統合
アドビのコンテンツ制作ツール「Adobe Express」のモバイル版に、新機能を搭載したβ版アプリが登場した。生成AI「Adobe Firefly」を直接利用できることが特徴で、誰でも無料で試用できる(iOS版のみ先着1万人限定)。(2024/3/7)

セキュリティソリューション:
Cloudflare、大規模言語モデルを保護する新たなファイアウォールを開発
Cloudflareは大規模言語モデルを悪用から保護するための「Firewall for AI」を開発していると発表した。今後数カ月以内にβ版を提供する予定だ(2024/3/7)

36GB版も間もなくサンプル出荷へ:
NVIDIAの「H200」GPUに載る Micronが24GB HBM3Eの量産を開始
Micron Technologyが、8層積層の24GバイトHBM3E(広帯域幅メモリ3E)の量産を開始した。1βプロセスを適用する。2024年第2四半期に出荷を開始するNVIDIAの「H200 Tensorコア GPU」に搭載されるという。(2024/3/1)

Microsoftと提携発表のMistral AI、LLM「Large」とAIチャット「Chat」の提供開始
仏新興AI企業Mistral AIは、LLMの「Mistral Large」とAIチャットbot「Mistral Chat」(β版)の提供を開始した。Mistral AIのプラットフォームの他、同日提携を発表したMicrosoftのAzureでも利用可能だ。(2024/2/27)

24年度内の製品化を目指す:
開発中のβ型酸化ガリウムSBDなどを展示、ノベルクリスタルテクノロジー
ノベルクリスタルテクノロジーは、「第1回 パワーデバイス&モジュールEXPO」(2024年1月24〜26日/東京ビッグサイト)に出展し、β型酸化ガリウム(β-Ga2O3)パワーデバイスを展示した。(2024/2/9)

AIワークフローのセットアップ、開発、移行の簡素化、迅速化を支援:
「NVIDIA AI Workbench」のβ版が登場 AI/MLプロジェクトのエンタープライズ対応ツールキット
NVIDIAは、GPUシステムでAIやMLプロジェクトを開発するためのエンタープライズ対応ツールキット「NVIDIA AI Workbench」のβ版をリリースした。(2024/2/5)

2024年2月下旬にリリース候補版、3月上旬に正式版を公開予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 5.4」β版を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 5.4」のβ版を公開した。(2024/2/2)

英語と日本語に対応:
IBM、「大規模音声モデル(LSM)」のクローズドβ版を公開
IBMは、大規模言語モデル(LLM)を音声ベースの会話に応用した「大規模音声モデル(LSM)」のクローズドβ版を公開した。(2024/1/25)

作業通話アプリ「もくり」3月終了 運営のMIXI「目標KPIを達成できなかった」
MIXIは18日、「作業通話アプリ」をうたう多人数同時接続の通話サービス「mocri」を3月22日の午後3時をもって終了すると発表した。勉強や創作活動のお供として利用者に愛されていた。(2024/1/18)

Premiere Proにアップデート 絵文字対応などテキスト新機能 AIによる音声の自動タグ付けも β版公開
米Adobeが、動画編集ツール「Premiere Pro」の新機能を発表した。オーディオワークフローの改善や、フォント周りの機能追加を行った。パブリックベータ版として公開されており、Creative Cloudのサブスクリプションユーザーであれば誰でも利用できる。(2024/1/17)

AI:
建築物単位でCO2排出量を自動算定する「Susport 建設」β版の提供開始
Sustineriは、建築物単位のCO2排出量自動算定サービス「Susport 建設」でβ版の提供を開始した。自然言語や機械学習で、既存の業務フローを変えることなく、建築物単位のCO2排出量算定が実現する。(2024/1/10)

「GitHub Copilot Chat」、すべてのGitHub Copilotユーザーが利用可能に
GitHubは、「GPT-4」ベースの開発者向けチャットボット「GitHub Copilot Chat」をすべてのGitHub Copilotユーザーに追加料金なしで利用可能にした。7月に企業ユーザー向けに提供開始し、9月には個人ユーザー向けパブリックβになっていた。(2023/12/30)

大口径化と高品質化でコストダウン:
VB法で6インチβ型酸化ガリウム単結晶を作製
ノベルクリスタルテクノロジーは、垂直ブリッジマン(VB)法を用い、直径6インチのβ型酸化ガリウム(β-Ga2O3)単結晶を作製することに成功した。単結晶基板の大口径化と高品質化により、β-Ga2O3パワーデバイスのコストダウンが可能となる。(2023/12/27)

材料技術:
ノベルクリスタルテクノロジーが6インチβ型酸化ガリウム単結晶の作製に成功
ノベルクリスタルテクノロジーは、垂直ブリッジマン(VB)法で6インチβ型酸化ガリウム(β-Ga2O3)単結晶の作製に世界で初めて成功したと発表した。(2023/12/27)

セキュリティニュースアラート:
1Password、パスキー機能をパブリックβ版で提供開始
1Passwordはパスキーの使用をパブリックβ版で公開した。新しい1Password Individualアカウントで利用でき、既存アカウントは2024年からの提供が予定されている。(2023/12/20)

Stability AI、リアルタイムでのテキスト画像生成を実現するAIモデル「SDXL Turbo」を発表 β版を無償公開中
Stability AIは、リアルタイムテキスト画像生成モデル「SDXL Turbo」の発表を行った。(2023/11/30)

AI:
AIアシスタントとIoTで現場監督に環境変化を報告、MODEの「BizStack Assistant」
シリコンバレー発のIoTソリューションを提供するMODEは、作業現場の状況変化や異変を生成AIがチャットで報告する「BizStack Assistant」のβ版を提供開始した。リアルデータを活用し、分かりやすい自然言語で報告する。(2023/11/27)

製造ITニュース:
現場の異常、生成AIがチャットで報告 自然言語の指示でデータ集計もできる
MODEは、生成AIを活用して会話形式で作業現場の状況報告や確認ができる「BizStack Assistant」β版の提供を開始する。一般的なチャットツールに対応しているため、日頃から使い慣れたツールで操作できる。(2023/11/24)

CAEニュース:
RICOS、自動で設計変更と性能検証ループを実行するCAEツールのβ版をリリース
RICOSは、CAEツール「RICOS Generative CAE」のβ版をリリースする。設計の変更と性能検証ループを自動で数十万回以上実行し、量産を踏まえた最適形状を探索、提案することで製品の高性能化やコストダウンにつなげる。(2023/11/8)

マイクロン 16GビットDDR5 DRAM:
転送速度が最大7200MT/秒、1βプロセス採用の16GビットDDR5 DRAM
マイクロンテクノロジーは、1βプロセスを採用した、16GビットのDDR5 DRAMを発表した。転送速度は4800〜7200MT/秒で、AIの学習や推論、生成AI、IMDBデータ分析などのアプリケーションの稼働を高いパフォーマンスで実行できる。(2023/11/9)

OpenAI、アプリに「アシスタント」を埋め込める「Assistants API」をβリリース
OpenAIは開発者会議DevDayで、アプリにAIアシスタントを搭載できるようにする「Assistants API」を発表し、β版の提供を開始した。(2023/11/7)

製造ITニュース:
OKI、モバイル端末を活用した映像による遠隔作業支援システムを開発
OKIはモバイル端末を活用し、映像などを通じて作業現場を支援する「遠隔作業支援システム」を開発した。2025年度の商品化を目指し、有効性検証のためのβサービスを2023年10月から無償で提供する。(2023/11/6)

xAI、“全人類に利益をもたらすAIツール”を目指す「Grok」正式発表
イーロン・マスク氏が7月に立ち上げたAI企業xAIは、同社初のAIモデル「Grok」を発表した。まだ初期β段階だが、ベンチマークでは「ChatGPT-3.5」や「Inflection-1」を上回るとしている。(2023/11/5)

パイオニア、バイク用音声ナビ「MOTTO GO」β版をAndroid向けに提供 24年3月まで
パイオニアは、バイク用音声ナビ「MOTTO GO」β版をAndroid向けにリリース。アンケート回答者から抽選で300人にバイク用品販売サイト「Webike」内で利用できる2000ポイントをプレゼントするモニターキャンペーンも行う。(2023/10/31)

あなたの声が森川智之ボイスに AIボイスチェンジャー公開 “AIひろゆき”提供元から
CoeFontが、Windows向けボイスチェンジャーアプリ「CoeFontボイスチェンジャー」の正式版をリリース。これまで提供していたβ版では変換できる音声の種類が3種類だったが、正式版では10種類に。声優・森川智之さんの声を基にした音声も追加する。(2023/10/26)

ロールバックにも対応 行ベースの料金体系:
Cloudflare、エッジ環境で分散データベースを構築可能な「D1」のオープンβ版を公開
Cloudflareは、ネイティブサーバレスデータベース「D1」のオープンβ版を公開した。(2023/10/18)

アドビ、生成AIを刷新 画像を貼って「このテイストで出力して」も可能に テキスト→動画生成も開発中
2023年3月にβ版を提供し、9月から正式提供をスタートした米Adobeの生成AI「Firefly」に早速アップデートが入った。プロンプトから画像を生成するモデルが後継の「Adobe Firefly Image 2 Model」に刷新された。(2023/10/11)

ブラウザ版「Illustrator」、β版を一般公開 テキストからベクター画像を生成するAI機能も搭載へ
2021年にプライベートβ版(一部のユーザーに限定して提供)としてリリースされた、“ブラウザ版Illustrator”こと「Illustrator for Web」が、Creative Cloudの有料ユーザーなら誰でも利用できるパブリックβ版として公開された。10月10日(現地時間)に開催した米Adobeの自社カンファレンス「Adobe MAX 2023」で発表した。(2023/10/11)

有機金属気相成長法で実現:
東京農工大、高純度のβ型酸化ガリウム結晶を高速成長
東京農工大学は、大陽日酸および大陽日酸CSEと共同で、有機金属気相成長(MOVPE)法を用い、高純度のβ型酸化ガリウム結晶を高速成長させることに成功した。電力損失を大幅に低減した次世代パワーデバイスの量産につながる技術とみられている。(2023/10/2)

ブラウザ版「Photoshop」正式リリース インストール不要、非CCユーザーによるデータ確認にも使える
米Adobeは、β版として提供していた「Adobe Photoshop Web」の正式版をリリースした。インストール不要でブラウザからPhotoshopの機能にアクセスでき、同社の生成AI「Firefly」などの機能も利用可能。(2023/9/30)

GitHub Copilot Chat、個人ユーザー向けパブリックβ提供開始
ックβを個人ユーザーにも提供開始した。月額10ドルのGitHub Copilotユーザーは、サイドバーにChatを追加できる。(2023/9/21)

医療技術ニュース:
ハブ毒由来の酵素でアルツハイマー病のアミロイドβを分解することを発見
東北大学は、ハブ毒から精製した蛇毒メタロプロテアーゼがアルツハイマー病の原因となるアミロイドβを無害なペプチドに分解し、ヒト培養細胞からのアミロイドβ産生量を大幅に減少させることを発見した。(2023/9/21)

太陽光:
地図から屋根置き太陽光の発電量を自動算出、アイ・グリッドらが新サービス
アイ・グリッド・ソリューションズは2023年9月14日、子会社のアイ・グリッド・ラボ、東京カンテイ、みらいリレーションズの3社が「地域太陽光発電ポテンシャル診断システム」の共同開発を行い、β版の試験運用を開始したと発表した。(2023/9/19)

ChatGPT活用 ニュースを“女子アナキャラ”が自動読み上げ24時間配信「ライブドアニュース24」
「ライブドアニュース」の記事を基に、Chat GPTや自動音声を活用して生成したニュース原稿をキャラクターが読み上げる、24時間ニュース動画配信YouTubeチャンネル「ライブドアニュース24」β版がスタート。(2023/9/15)

動画内の「あの」「えーと」を一括削除 アドビ「Premiere Pro」にβアップデート
アドビがビデオ製品のアップデートを発表した。「IBC2023」に合わせたものでいずれもβ版。「Premiere Pro」では録音状態の悪い会話の品質向上や、「あの」「えーと」といったフィラーワードを自動で識別する機能を実装する。(2023/9/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。