「テストツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テストツール」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
アーキテクチャ分析ツールの最新日本語版を販売開始
テクマトリックスは、アーキテクチャ分析ツール「Lattix」の最新日本語版「Lattix 2022.1.1」の販売を開始した。ヒートマップ表示機能を追加した他、「Parasoft C++test」と連携している。(2022/8/12)

MITRE ATT&CKで始める脅威ベースのセキュリティ対策入門(3):
「脅威ベースアプローチ」のリスク評価とは何か――MITRE ATT&CKとNavigatorで攻撃グループと対策を特定してみた
ここ数年一気に注目度が高まり進化した「脅威ベースのセキュリティ対策」。その実現を支援する「MITRE ATT&CK」(マイターアタック)について解説する連載。今回は、リスク評価における「脅威ベースアプローチ」と「ベースラインアプローチ」の違い、攻撃グループと対策を特定するプロセスを例にATT&CKとNavigatorの実践的な使い方を紹介する。(2022/8/8)

独Technica Engineering:
車載イーサネットテストの先駆的企業が日本展開を強化
クルマの自動化/電動化が加速する中、既存技術に比べて高速大容量な通信が可能となる車載イーサネットの採用が進んでいる。この技術の黎明期からテスト/検証製品の開発やコンサルティングサービスなどを手掛けてきたのが、ドイツのTechnica Engineering(以下、Technica)が日本展開を強化している。今回、同社の事業開発部長、Erick Parra氏に同社の事業内容や強み、新製品の概要を聞いた。(2022/7/28)

開発サイクルの高速化を支援:
ローカルマシンで主要なAWSサービスやLambdaを基本無料で実行できる「LocalStack」公開
LocalStackチームはAWS向けのクラウドアプリケーションをローカルで、迅速かつ便利に開発、テストできるオープンソースプラットフォームの正式版「LocalStack 1.0」の一般提供を開始した。(2022/7/27)

テストの結果得られた4つの教訓とは:
「AWS」「GCP」「Azure」のストレージを比較テスト、その性能はコストに見合うのか
Cockroach Labsはクラウドサービスの性能を評価した「2022 Cloud Report」から、「AWS」「GCP」「Azure」について、OLTPアプリケーションの性能テスト結果を評価した。4つの教訓が得られたという。(2022/7/26)

MITRE ATT&CKで始める脅威ベースのセキュリティ対策入門(1):
MITRE ATT&CK(マイターアタック)とは? 「今のサイバー攻撃って何してくるの?」が分かる6つの利用方法
ここ数年一気に注目度が高まり進化した「脅威ベースのセキュリティ対策」。その実現を支援する「MITRE ATT&CK」(マイターアタック)について解説する連載。初回は、概要や6つ使用方法について、具体例を挙げて解説する。(2022/7/21)

Javaのよくあるランタイムエラーの5大原因【第2回】
Javaエンジニアがうんざりする「リソース不足」問題と対処法
「Java」アプリケーションで発生するランタイムエラーが発生する原因は、開発者のミスだけではない。主な原因のうち「リソース不足」を取り上げ、その対策を紹介する。(2022/6/21)

結果は自明
DockerコンテナがロシアへのDDoS攻撃に利用されるリスクに注意
ロシアやベラルーシのWebサイトにDDoS攻撃を仕掛けるDockerコンテナが、APIを介して広がっている。このコンテナに侵害されるとDDoS攻撃に加担させられる。その結果、何が起こるのか。(2022/6/21)

Innovative Tech:
道路脇にごみ箱があると自動運転車が間違って止まる? 米国の研究者らが検証
米カリフォルニア大学アーバイン校と米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームは、自動運転車において、道路脇に置かれた物に反応し停止してしまうかを検証した論文を発表した。(2022/6/9)

IT運用担当者が着目すべき「トイル」というキーワード:
PR:IT運用管理をめぐる状況は激変、これをチャンスとするには
DXの波により、IT運用管理をめぐる状況は激変している。既存システムの運用はますます効率化が求められ、新たなシステムでは短いリリースサイクルに運用も追随していかなければならない。これらにどう対処するか。「アシスト運用フォーラム」では具体的な解決策が提示された。(2022/6/9)

「可観測性」を成功させる4つのポイント【前編】
「システムが急に止まった」の阻止には“4つのゴールデンシグナル”を見るべし
分散化によってシステムが複雑になれば、システムの「中」を見える化する透明性が重要になる。そのための有効な方法が、「可観測性」の追求だ。具体的に何をすればいいのか。(2022/5/31)

モンスターGPU「GeForce RTX 3090 Ti」はクリエイターにとっての福音? モンスターCPUと組み合わせて使った結果
NVIDIAが3月29日に発表した「GeForce RTX 3090 Ti」は、現時点のコンシューマー向けGPUとしては“最強”である。ゲーミングで注目されることの多いGeForce RTX 3090 Tiだが、クリエイターが使う場合はどのくらい“強い”のだろうか。Ryzen Threadripper 3970Xを軸に組んだ自作PCで実力をチェックしてみよう。(2022/5/27)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第4回】
「ペネトレーションテストは手動か、自動か」の比較は無意味である可能性
ペネトレーションテストには、手動と自動のどちらを選択すべきなのか――。その問いに答えるのは簡単ではない。そもそも両者は比較すべきものではないとの声もある。企業はどうすればよいのか。(2022/5/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/24)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第3回】
「自動ペネトレーションテストツール」を過信してはいけない 専門家の懸念は?
テスト担当者やセキュリティアナリストの作業の一部を肩代わりする自動ペネトレーションツールには、利点だけでなく欠点もある。導入に先立って企業が把握すべき欠点や専門家の見解を紹介する。(2022/5/13)

セキュリティにも「シフトレフト」を【後編】
「シフトレフト」をうまくいかせるこつは? 「開発者にセキュリティを丸投げ」は駄目
セキュリティの「シフトレフト」を成功に導くためには、セキュリティ担当者とソフトウェア開発者のそれぞれの役割を明確にすることが重要だ。どうすればいいのか。(2022/5/12)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第2回】
「自動ペネトレーションテストツール」が役立つのは“あれ”が多い企業
ペネトレーションテストの業務効率化に役立つ「自動ペネトレーションテストツール」。手動ペネトレーションテストと比べて何が優れているのか。どのような企業に特に適するのか。(2022/4/22)

使用率、満足度、関心度などを分析:
「State of JavaScript 2021」でJavaScriptの利用動向が明らかに
JavaScriptの利用動向に関する年次調査「State of JavaScript 2021」の結果が発表された。回答数は1万6085件で、各種ライブラリ、機能(言語、ブラウザAPI、プログレッシブWebアプリ、WebAssembly)、他のツール、リソース、意見といったカテゴリー別に報告されている。(2022/4/15)

ハートランド・データ:
非接触でバイタルを検出できる60GHzレーダーモジュール
ハートランド・データは「第11回 IoT & 5Gソリューション展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、非接触で生体検出や物体検知を行える60GHz帯ミリ波レーダーモジュールを展示した。(2022/4/12)

テレダイン・レクロイ HSF-TPL1-100-X:
イーサネットテストツール向けL1解析アダプター
テレダイン・レクロイは、同社のテストツール「SierraNet M648」用に100ギガビットイーサネットのレイヤー1解析用アダプター「HSF-TPL1-100-X」を発表した。レイヤー1のオートネゴシエーションとリンクトレーニングの補足分析精度が向上する。(2022/4/11)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第1回】
「手動ペネトレーションテスト」でしか調べられない脆弱性とは?
手動ペネトレーションテストには、自動ペネトレーションテストにはない利点がある一方で、幾つかの欠点もある。どのような特徴があるのか。(2022/4/8)

組み込み開発ニュース:
無線通信/産業用通信や自動運転に対応、モデルベース開発環境の最新版
MathWorksは、MATLABおよびSimulink製品ファミリーの最新版「Release 2022a」を発表した。無線通信、産業用通信、自動運転に対応した5つの新製品と11製品の主要なアップデートに加え、多くの機能を追加している。(2022/4/7)

ネットワークの9つの問題と解決法【第1回】
無線LANがつながらないのはキャビネットのせい? 通信トラブルの対策集
「接続が遅い」「印刷できない」「VPNに入れない」――。企業ネットワークの利用はさまざまなトラブルが付き物だ。快適に仕事できるようにするためにはどうすればよいのか。ヒントを集めた。(2022/3/31)

一から分かる! テスト自動化(2):
テスト自動化で「失敗しない」ために、何がいる? 必要なツールと手順をおさらい
テスト自動化に取り組みたいけれどノウハウがない、過去に導入していたがうまくいかなくてやめた人に向けて、テスト自動化の「あるある」な失敗事例とともにどうすればうまく取り入れられるのかを解説する本連載。第2回は自動化ツールの種類やテスト自動化に必要な手順について。(2022/3/18)

製造マネジメントニュース:
キーサイトとサムスンが覚書を締結、6G技術の研究開発を推進
Keysight Technologiesは、次世代無線通信技術6G技術の研究開発を推進するための覚書を、Samsung Researchと締結した。(2022/3/14)

組み込み開発環境:
PR:組み込みソフト開発にCI/CDやコンテナを活用、IaCで開発基盤を最適化
組み込み機器のIoT化やコロナ禍によるリモートワークへの対応などによって、組み込みソフトウェアの開発基盤の新たなトレンドへの移行が加速している。さまざまなコーディング規約への対応で高い評価を得てきた、テクマトリックスが販売するテストツール「C++test」は、最新バージョンの「2021.2」でこれらのトレンドに対応する新機能を搭載した。(2022/3/8)

組み込み開発ニュース:
CI/CDプラットフォームとの統合を強化したC/C++言語対応テストツールを発売
テクマトリックスは、C言語およびC++言語対応テストツール「C++test 2021.2」の販売を開始した。GitHub、GitLab、Azure DevOpsのツール上で、SARIFやSAST形式でレポートを生成する機能を追加している。(2022/3/7)

「あれば助かる」から「必要不可欠」へ
“楽しめない遠隔医療”は駄目? コロナ禍後は「デジタル体験」が鍵に
調査によれば、コロナ禍を期に半数近くが遠隔医療サービスを利用し、過半数は遠隔医療の利用を増やす意向を示す。専門家は、今後の遠隔医療は「デジタル体験の質」にも配慮する必要があると考えている。その意味は。(2022/2/14)

Tech TIPS:
通が愛用するMicrosoft製便利ツール集「Windows Sysinternals」の入れ方と注意点
Windows OSを利用していると、こんな機能があったら便利なのに、こんな情報が得られたらトラブルシューティングの際に役立つのに、ということがある。実は、そうしたかゆいところに手が届くようなツール集「Windows Sysinternals」がMicrosoftから無償で提供されている。これまでWebページからダウンロードが必要であったが、Microsoft Store経由でもインストールが可能になり、手軽になっている。「Windows Sysinternals」をインストールする方法を紹介しよう。(2022/2/10)

ペネトレーションテストのためのPython【後編】
「Python」だけじゃなく「JavaScript」「Go」「Ruby」を学ぶべき理由
「Python」はペネトレーションテスト担当者が学ぶのに適したプログラミング言語だと専門家は主張する。Python以外にも目を向けるべきコンピュータ言語や、学習を継続させるために重要なこととは。(2022/2/9)

スマート工場EXPO2022:
自動GUIテストもカバーするQt、買収したfroglogicの「Squish」を披露
The Qt Companyは、「第6回スマート工場EXPO」において、自動GUIテストツールの「Squish」を披露した。(2022/1/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/1/25)

「Ruby biz Grand prix 2021」表彰式レポート:
PR:新たなビッグビジネスを予感させる9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語「Ruby」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」の表彰式が、2021年12月15日に開催された。(2022/1/18)

甚大なソーシャルメディア障害【後編】
Meta(旧Facebook)のサービス停止に学ぶ“3つの戒め” 自問すべき点はこれ
Meta(旧Facebook)のシステム障害は深刻な事態を招いた。同様の事態に陥らないために、企業はこの事例から教訓として何を学ぶべきなのか。(2022/1/5)

DR製品「Zerto」と「Veeam」を比較【中編】
DRの準備を無駄にしない――実効性を高める「Zerto」と「Veeam」の工夫
確実にシステム復旧できるかどうかがDRにおいては重要だ。「Zerto Virtual Replication」と「Veeam Backup & Replication」でDRを確実にするための選択とは。(2021/11/17)

これで分かる「DevSecOps」の課題と解決【第1回】
「SAST」「DAST」「SCA」がDevSecOpsに向かない“なるほどの理由”
セキュリティを取り入れたアプリケーション開発手法「DevSecOps」ではさまざまなツールを利用できるが、それぞれに“ある問題”がある。それは何なのか。DevSecOpsの要件と共に解説する。(2022/4/25)

テスト自動化をざっくり解説:
5分で分かるテスト自動化
現在のソフトウェア開発に欠かせない「テスト自動化」について、およそ5分でざっくり解説します。(2021/10/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/10/26)

「Windows 11でAndroidアプリ」、Insiderでテスト開始 仕組みも解説
Microsoftは「Windows 11」上でAndroidアプリを使うテストをWindows Insider向けに開始した。「Kindle」や「Lords Mobile」など約50本のアプリやゲームをテストできる。米リージョンのAmazonアカウントが必要。(2021/10/21)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年9月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。“より売れる”サイトページや“再訪したい”ユーザーエクスペリエンスを実現するクリエイティブを実現します。(2021/9/28)

はじめての単体テスト:
単体テストとは何か、なぜ必要なのか【後編】
前編では、単体テストと機能安全の関わり、単体テストの重要性と組み込み業界の現状、単体テストの自動化について解説しました。後編では、ソフトウェアの品質管理や単体テストの手法について解説します。(2021/9/22)

はじめての単体テスト:
単体テストとは何か、なぜ必要なのか【前編】
本稿では、「単体テストとは何か?」「なぜ単体テストが必要なのか?」「どのようにすれば効率的に単体テストを行うことができるのか?」といった観点から、近年の組み込み業界の現状や単体テストについての基本的な知識を分かりやすく説明していきます。(2021/9/21)

組み込み開発 インタビュー:
「シフトレフト」でソフトウェア開発にセキュリティを組み込むべし
製造業でもより迅速なソフトウェア開発が求められるようになっているが、それと同時にセキュリティも満足させる必要がある。IT業界で広くうたわれてきたDevOpsやアジャイルといった開発手法にセキュリティを組み込んだ「DevSecOps」が求められているのだ。日本シノプシスの松岡正人氏は、DevSecOpsに向けて「シフトレフト」が必要になると説く。(2021/8/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年8月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。今月はデータ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2021/8/24)

意思疎通のためのセキュリティ用語集【第5回】
「脅威モデリング」はなぜ必要か? 侵入テストだけでは不十分な理由
侵入テストは、企業のシステムに存在するさまざまな脆弱性をあぶり出すのに役立つ。だがそれだけでは発見しづらい脆弱性があるという。そうした脆弱性の特定で効力を発揮する「脅威モデリング」とは何か。(2021/7/30)

意思疎通のためのセキュリティ用語集【第4回】
「クラウドテスト」「ホストベーステスト」とは? 何を実行するのか
侵入テストに関する比較的新しい用語に「クラウドテスト」「ホストベーステスト」がある。それぞれ何を対象とした、どのような侵入テストなのか。基本的な事項を解説する。(2021/7/23)

組み込み開発ニュース:
開発システムに合わせたソフトウェアのテスト自動化支援サービスを提供開始
テクマトリックスは、ソフトウェアのテスト支援や第三者検証のために「テスト支援・検証サービス」の提供を開始した。テストツール販売実績を生かして、機能テスト、APIテスト、負荷テストなどの自動化を支援する。(2021/7/21)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年7月)
自社サイトのクリック率やコンバージョン率の向上に欠かせないツールが「A/Bテスト」製品です。今月は「アドエビスLPO」や「Zoho PageSense」「ジャイロンA/Bテスト」がTOP10にランクインしました。(2021/7/20)

意思疎通のためのセキュリティ用語集【第3回】
いまさら聞けない「ネットワークテスト」の基礎 4つの対象による違いとは?
身近な言葉を使った用語は一見すると分かりやすいものの、むしろ誤解を生むことがある。こうした用語の一つが「ネットワークテスト」だ。テスト対象によって微妙に異なる、ネットワークテストの意味をおさらいする。(2021/7/16)

テレダイン T3AFGシリーズ:
価格を抑えた2チャンネル任意波形発生器
テレダイン・ジャパンは、テストツールの任意波形発生器「T3AFG」シリーズに、デュアルチャンネルの「T3AFG30」「T3AFG60」を追加した。出力周波数は、T3AFG30が30MHz、T3AFG60が60MHzだ。(2021/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。