• 関連の記事

「遠隔監視」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「遠隔監視」に関する情報が集まったページです。

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

製造業がサービス業となる日:
株式売却も日立との技術連携深める日立建機、DX基盤の構築で国内営業の革新へ
日立建機と日立製作所は、日立建機がグローバルで展開する事業のDXを加速するための「DX基盤」を構築したと発表。その活用の第1弾となるのが、日立建機傘下で国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本の販売、サービス、レンタル、中古車の各担当者を対象に運用を始める「営業支援アプリ」である。(2022/1/21)

製造業IoT:
環境発電と無線技術を組み合わせてモジュール化、電源なしで遠隔監視
OKIネクステックでは、IoTの活用拡大に向けて、身の回りのわずかなエネルギーを電気エネルギーに変える環境発電技術と、低消費電力無線技術を組み合わせた「環境発電無線」のモジュール提供および開発支援を強化する。既に鉄道向けなどで実績が生まれつつあり、電源確保が難しい環境での遠隔監視用途の開拓を進める方針だ。(2022/1/19)

「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【前編】
コロナ後に生き残る企業は「成果主義」? CIOが重視したい新たな評価指標は
新型コロナウイルス感染症が社会にもたらした影響によって、働き方に大きな変化が生じた。その結果、昔ながらのマネジメントを続けることがリスクになる可能性がある。新たな時代に即した評価指標を決めるこつは。(2022/1/18)

製造マネジメントニュース:
日立建機は日立ブランドを堅持、伊藤忠の資本参加で北米事業を加速
日立建機は、日立製作所から伊藤忠商事と日本産業パートナーズが折半出資する「HCJIホールディングス合同会社」への日立建機株式の譲渡による筆頭株主の異動と、これに伴って推進する事業方針について説明した。(2022/1/17)

特性と使い所を理解する
5G/プライベート5Gを最大限に活用する方法
5Gを単に「高速なモバイルネットワーク」と考えると価値を見誤り、活用できない。周波数帯による特性の違いやパブリック/プライベートの違いなどを理解する必要がある。(2022/1/17)

FAニュース:
「製造」と「開発」の現場に近い共創拠点をオムロンがリニューアル、ローカル5Gも
オムロンは2022年1月12日、滋賀県草津市の草津事業所内にあるソリューション開発と共創を進める拠点「オートメーションセンタ KUSATSU(ATC-KUSATSU)」をリニューアルオープンしたと発表した。ATC-KUSATSUはオムロンが全世界37カ所で展開するオートメーションセンタの最初の拠点として2011年に開設されたが、5Gの実証ゾーンなども設け、先端技術を組み合わせたソリューション開発などを推進する。(2022/1/14)

製造ITニュース:
建設現場にリコーの全天球型カメラ「THETA」導入、死角のない遠隔監視実現に
リコーは2021年12月20日、鹿島建設と共同で、VR空間共有ソリューション「リコーバーチャルワークプレイス」を導入している新潟県長岡市の大河津分水路新第二床固改築期工事において、360度カメラ「RICOH THETA」とライブストリーミングサービス「RICOH Live Streaming API」を新たに適用したと発表した。(2022/1/5)

クラウドニュースフラッシュ
セブン&アイが「AWS」にグループ各社のシステムを集約する“挑戦的な理由”
新システムのインフラにクラウドサービスを採用したJR九州とセブン&アイの事例や、AWSサービスの利用動向調査の結果など、クラウドの主要なニュースを6つ紹介する。(2021/12/29)

電動キックボード免許不要に 自動運転レベル4実現へ 道交法改正案
利用者が急増する電動キックボードを巡り、警察庁が、運転免許を不要とする道路交通法の改正を検討していることが分かった。16歳未満の運転は禁止し、最高時速は20kmと想定。ヘルメット着用は努力義務とするという。(2021/12/24)

旭化成・小堀秀毅社長を直撃【前編】:
旭化成・小堀秀毅社長に聞く「DXを成長戦略に据える理由」 社内外にコネクトして新規分野を開拓
旭化成がマテリアル、住宅、ヘルスケアの3領域で多彩な事業を展開している。その事業戦略に早くからDXという横串を差し込んで新規事業を伸ばそうとしているのが特色だ。DXを成長戦略のカギと位置付ける小堀秀毅社長に話を聞いた。(2021/12/21)

FAニュース:
停止影響の大きいヒーターの劣化傾向を数値で把握、オムロンが状態監視機器を発売
オムロンは2021年12月9日、車や半導体の生産プロセスで使用されるヒーター設備の劣化傾向を見える化し、予兆保全を可能とする状態監視機器「K7TM」を2022年4月1日からグローバルで販売すると発表した。(2021/12/13)

2021 TRON Symposium:
IoT-Engineの現在地を見定める、存在しないはずの「T-Kernel 3.0」が登場
TRONプロジェクトが「IoT-Engine」の構想発表から約6年、同プロジェクトが提唱する「アグリゲートコンピューティング」を実現するオープンな標準プラットフォーム環境として展開されてきた。本稿では、このIoT-Engine関連の展示を中心に「2021 TRON Symposium」の展示を紹介する。(2021/12/10)

メイドインジャパンの現場力(33):
“多様性”を改善の発想力へ、障害者雇用を強みに変えるオムロン京都太陽
日本の製造業でも働き方改革やダイバーシティが求められる中、障害者雇用で新たな改善のノウハウを蓄積しているのがオムロン京都太陽である。オムロン京都太陽が進める人中心の働き方構築への取り組みについて紹介する。(2021/11/24)

PHM Conference 2021 in JAPANレポート:
PR:“品質+”の信頼性へシフトせよ、転換点を迎える製造業の挑戦をPHMが後押し
電通国際情報サービスがオンラインで開催したイベント「PHM Conference 2021 in JAPAN」では、「データ分析と故障予知がもたらす安全な未来」をテーマに、DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン、テトラ・アビエーション、ダイキン工業が登壇し、PHM(Prognostics and Health Management)と関連する業界動向や取り組み事例について紹介した。(2021/11/15)

DXで現場業務、技術継承はどう変わる?:
北海道電力が発電所におけるローカル5Gの実地検証を開始
北海道電力が発電所構内にローカル5Gを構築して、火力発電所における現場業務の生産性向上と技術継承の効率化を目指す。(2021/11/13)

人工知能ニュース:
監視カメラシステムの世界市場は2026年に6兆4000億円へ
矢野経済研究所は、監視カメラシステムの世界市場に関する調査結果を発表した。2020年はコロナ禍を受けて縮小していたが、2021年は回復傾向となった。同社では2021年の同市場を、前年比13.1%増の3兆3600億円に達すると予測している。(2021/11/12)

組み込み開発ニュース:
産業用ネットワーク関連製品とサービスの国内市場規模は2025年度に4340億円へ
富士キメラ総研は、産業用ネットワーク関連製品およびサービスの、国内市場の調査結果を発表した。2021年度の同市場について、前年度比10.1%増の3284億円と見込んでおり、2025年度には2020年度比で45.4%増の4340億円に拡大すると予測している。(2021/11/11)

FAニュース:
独自構造の発振器を搭載したCFRP用炭酸ガス3次元レーザー加工機を発売
三菱電機は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)用炭酸ガス3次元レーザー加工機「CV」シリーズを発売した。発振器と増幅器を同一筐体に統合した炭酸ガスレーザー発振器と、独自の加工ヘッドを搭載する。(2021/11/8)

BAS:
自動ドアなどロボットの横フロア移動や複数棟の設備監視など、「Ville-feuille」に機能追加
三菱電機は、ビルIoTプラットフォーム「Ville-feuille」に新機能として、サービスロボットのセキュリティエリアを超えた横移動を可能にする「入退室管理システム連携」と、複数棟の設備稼働状況をクラウドで一元管理する「遠隔監視・制御」を追加した。(2021/11/4)

「ハイパースケールクラウド」から学ぶ【第4回】
大規模クラウドに教わる「SDS」 なぜストレージコストは下がるのか?
データが爆発的に増えている中にあって、ストレージ設計の見直しは喫緊の課題だ。ユーザー企業が「拡張性」を重視する大規模クラウドから学べることは何か。(2021/11/4)

自治体初:
「自動運転バス」実用化から約1年、茨城県境町の変化は?
2020年11月、自治体初の事例として自動運転バスを3台導入し、定時・定路線での運行を始めた茨城県境町。21年8月より停留所の数を16カ所に増やして、土日の運行も開始した。約1年間の実用化によって、町にどんな変化があったのか。(2021/11/3)

サービタイゼーション:
リモート化需要は高いが緩やかに成長か、機器設備の保守サービス市場調査
富士経済は2021年10月21日、工場やプラント、ビルといった施設における設備機器の保守メンテナンスサービス国内市場の調査レポートを発表した。2021年の国内市場規模は、2020年比で1.5%増になるとみられる。(2021/11/1)

用途に合わせた速度と画像品質で配信の価値を最大化:
PR:「ライブ配信」をビジネスや業務に活用したい 企業がすぐに仕組みを立ち上げるには
ライブ配信と聞いて「コンシューマー向けエンターテインメントサービス」を連想する人は多いが、実はその活用の場は幅広いビジネスに広がっている。しかし、自社でライブ配信の仕組みをイチから構築するのは容易ではない。対面を避けた働き方や遠隔サービス、バーチャルイベントなど、自社のニーズに合ったライブ配信の仕組みを構築するにはどのような技術が役立つのか。(2021/11/1)

製造業IoT:
ウオータージェットポンプ向けのIoT遠隔監視ソリューションを発売
スギノマシンは、ウオータージェットポンプの状態を遠隔から監視できる「IoT 遠隔監視機能」を発売する。インターネット経由で稼働状況を遠隔監視でき、現場の省人化、ダウンタイムの短縮に寄与する。(2021/10/28)

いまさら聞けないスマートファクトリー(13):
コロナ禍で進んだ「リモート工場」、何ができて何ができないのか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。第13回では、コロナ禍で注目度が高まった生産のリモート対応について解説していきます。(2021/10/21)

攻撃者にとってテレワーカーは「魅力的なターゲット」:
約半数が「信頼できる有名なソフトウェアがあればサプライチェーン攻撃は怖くない」と認識 アクロニスがサイバー攻撃に関するレポートを発表
アクロニスは「Acronis Cyber Readiness Report」を発表した。それによるとテレワークへの移行準備ができていない企業の割合は80%を超えており、テレワーカーが攻撃者にとって「最も魅力的なターゲット」になっているという。(2021/10/21)

FAメルマガ 編集後記:
自動化が進めば進むほど大事になるものはなーんだ?
自動化、効率化が進めば進むほどトレードオフになっているものもあります。(2021/10/15)

非住宅 木造建築フェア:
竹中工務店の「燃エンウッド」活用事例、約1515m2の燃エンウッドを導入する施設とは?
竹中工務店は、柱や梁など構造部材用の耐火集成材として開発した「燃エンウッド」の活用を推進しており、これまでに17件の物件で採用している。2022年10月には、同社が設計・施工を担当し、約1515平方メートの燃エンウッドを導入する公共施設が茨城県水戸市で竣工する見込みだ。(2021/10/15)

製造業IoT:
もろみの温度を遠隔監視できる、酒造向けIoTシステムを開発
ラトックシステムは、酒造現場向けIoTシステム「もろみ日誌」クラウド版とNYK西日本製のクーリングタンクを連携させ、品温を遠隔監視できるシステムを開発した。もろみの品温を自動調節しながら、遠隔監視もできる。(2021/10/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
「クルマのよりよい作り方を追求できる」という強み
土曜日ですね。1週間お疲れさまでした。季節外れの暑さだったり、夜遅くの大きな地震だったり、ぐったりしてしまいます。皆さまご無事でしょうか。(2021/10/9)

船も「CASE」:
自律運航船の遠隔監視・操船を担う「フリートオペレーションセンター」に潜入!
海事企業など国内30社が参画する「Designing the Future of Full Autonomous Ship プロジェクト」の「フリートオペレーションセンター」が、2021年9月2日に竣工した。自律運航船の航行を主に遠隔監視と遠隔操船で支援する陸上拠点で、複数の自律運航船を遠隔監視できる「統合表示ブロック」と個別に遠隔操船できる「非常対応ブロック」で構成される。また、自律運航船に搭載する舶用機器とシステムの運用試験を陸上で実施できる想環境も用意した。(2021/10/8)

PR:衛星通信で変わるIoTの未来 低コストで企業のIoT活用を加速させるGlobalstar
(2021/10/5)

製造業DX:
PR:「水」から始める工場最適化、水処理設備のデータ活用がもたらすもの
人手不足が続く工場における設備保全の負荷は高まり続けている。こうした中でIoTを生かし遠隔保守に力を入れるのが水処理設備を展開する栗田工業である。栗田工業が取り組む遠隔監視サービス「S.sensing」への取り組みを紹介する。(2021/11/4)

TechTarget発 世界のITニュース
新しいランサムウェア「BlackMatter」現る 実体は姿を変えた「REvil」の可能性も
2021年7月に新しいランサムウェア「BlackMatter」が出現、作成者はサイバー攻撃者を“募集”している。ランサムウェア「REvil」が犯罪者フォーラムを利用禁止になった直後というタイミングから、2つの密な関係が浮かび上がっている。(2021/9/27)

産業用ネットワーク:
PR:フレキシブルな生産ラインの構築、CC-Link IE TSNで実現する無線化への道
スマート工場化でIoT技術の活用やマスカスタマイゼーション対応が進む中、それに伴う情報のやりとりが増加し、工場内のケーブル配線の増加が問題となりつつある。産業用ネットワークの普及団体であるCC-Link協会(CLPA)ではTSN技術を活用したCC-Link IE TSNでネットワーク統合による省配線に取り組んできたが、これをさらに進めるため、無線ワーキンググループ(無線WG)を設立した。工場無線化の動向と、CLPA 無線WGの取り組みについて推進する3者の鼎談をお送りする。(2021/10/19)

Webカメラのピントが合わない→意外なアイテムを使って解決 画期的かつカワイイ「老眼鏡をかけたカメラ」が話題
100円の老眼鏡が大活躍。(2021/9/21)

製造IT導入事例:
変電機器のIoT化で特高変電所をリモート監視する実証実験を開始
明電舎は、変電所を構成する変電機器のIoT化によって、特高変電所全体をリモート監視する実証実験を開始した。IoTやAIなどを導入することで、産業保安の安全性や効率性を高める「スマート保安」への対応を強化する。(2021/9/21)

産業動向:
ヘドロで発電する電池を備えたバイオセンサーの有効性を実験で確認、西松建設
西松建設と群馬大学大学院は、微生物燃料電池式「溶存酸素計測バイオセンサー」の実証実験を群馬県内で実施した。その結果、長期間の連続測定が難しい公定分析を補完する技術として、溶存酸素計測バイオセンサーが有効だと証明された。(2021/9/21)

製造ITニュース:
「改善」をサービスとして提供、iSTCが現場見える化を経営に生かす2つの新製品
i Smart Technologies(iSTC)は2021年9月10日、同社の5周年イベント「iSTC Evolution2021」において、同社の現場見える化ツール「iXacs」で得られる現場データをより幅広く活用し製造業経営に生かすため「IoT経営ダッシュボード」と「KaaS(Kaizen as a Service)」という2つのサービスを開始すると発表した。(2021/9/14)

太陽光:
太陽光発電の廃棄や賠償リスクを補償、東京海上が新保険
東京海上日動が太陽光発電事業者向けの新たな保険商品を発表。太陽光発電設備の廃棄費用や賠償リスクを補償する商品で、同年12月から販売する。(2021/9/8)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
リモート監視の普及と懸念 Webカメラでテレワークが監視される時代
このコロナ禍はまだしばらく続きそうだが、テレワークで重要なのが、プレゼンスと監視の問題だ。(2021/9/1)

蓄電・発電機器:
容量6000kWhのテスラ製蓄電池を導入、北海道に新たな需給調整施設を建設
グローバルエンジニアリングが電力系統の需給調整事業に参入すると発表。北海道千歳市に日本初をうたう「系統用蓄電池発電所」を建設し、再生可能エネルギー電源と一体運用するバランシンググループ(BG)を構築することで電力系統の安定化に寄与する需給調整業務の受託を目指す。(2021/8/20)

ドローン:
フジタがWebブラウザからドローンを操作可能なシステムを開発、今後は5Gを活用
フジタは、センシンロボティクスと共同で、Webブラウザを介してドローンのリモート操作と取得画像の共有が可能な「遠隔臨場ドローンシステム」を開発した。今後、両社は、ドローンの制御・通信に5Gを活用することで、映像の高画質化と通信の高速化を進めていく。(2021/8/17)

スペクトラムアナライザーの基礎知識(1):
スペクトラムアナライザーの概要と種類
今回は、無線通信機などの高周波を取り扱う機器の開発、生産、保守の現場では必須の測定器、スペクトラムアナライザーについて解説を行う。(2021/8/17)

TechTarget発 世界のITニュース
Kaseya製品を踏み台にしたランサムウェア「REvil」攻撃 その影響範囲の実態は
ランサムウェア「REvil」による攻撃を受けたソフトウェアベンダーKaseyaは、数多くのユーザー企業に攻撃の影響が及んだことを発表した。その影響範囲は。(2021/8/12)

日立ビルシステム、本社オフィスをニューノーマルの働き方の実験場に刷新 ビルIoTなどを活用
日立ビルシステムは、社員約2250人が就業する本社地区の2拠点のオフィスをニューノーマルの働き方の実験場として刷新する。創造性を高めるオープンエリアの新設や、日立の就業者ソリューション「BuilPass」、ビルIoTソリューション「BuilMirai」の導入により、快適なオフィス生活を実現するとともに、ソリューションの強化を図る。(2021/7/29)

FAニュース:
THK、軸受けやボールねじの状態基準保全に2つの“安心”サービスを追加
THKは2021年7月19日、軸受けやボールねじの状態監視を行う製造業向けIoT(モノのインターネット)サービス「OMNIedge(オムニエッジ)」に、「製造ゼロ待ちチケット」と「IoTリスク補償」という2つの“安心”サービスを追加すると発表した。(2021/7/20)

Hondaと楽天の自動配送ロボ、筑波大構内を走る サービス実現に向け技術検証
本田技術研究所と楽天が、筑波大学で自動配送ロボットの走行実証実験を始めた。両社は、この実証実験を踏まえ、自動配送ロボットを使った商品配送サービスの提供を目指す。(2021/7/19)

FAニュース:
キリンビールがIoTで工場の設備管理と遠隔監視を実施、前川製作所と協業で
キリンビールと前川製作所は2021年7月7日、キリンビールの工場において、ビッグデータ活用による設備管理とIoT(モノのインターネット)を活用した冷凍機の遠隔監視を実施すると発表した。(2021/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。