• 関連の記事

「情報システム部門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
情報システム部 − @IT情報マネジメント

背筋も凍るITホラー 気付いたら“野良SaaS”のコストが4倍に 「SaaSのお片付け」真っ最中のマネフォに現状を聞く
IT部門が利用実態を把握していない“野良SaaS”の放置により、あるSaaSのコストが数カ月で4倍に膨らんだマネーフォワード。同社が取り組むSaaS整理プロジェクトの全容をキーパーソンに聞く(2022/8/8)

情シスが抱える人材の課題 2位は「若手が足りない」 1位は? IIJ調査
日本企業の情報システム部門が抱える人材の課題は? IIJがこんな調査の結果を発表。2番目は「若手の人材が足りない」、3番目は「人員が足りない」だった。最も多かった課題は。(2022/8/2)

「情報システム部門のイメージを改善したい」が26.7%:
日本企業「経験豊富な情シスが足りない」が約6割、だが約4割は「何もしていない」――IIJ調査
IIJは、「情シス人材に関するアンケート」の結果を発表した。情報システム部門の人材不足が浮き彫りになり、人材確保のためにリスキリングなどの新たな取り組みが広まりつつあることが分かった。(2022/8/2)

マネージドサービスとしての社内LAN:
PR:中堅・大企業こそネットワーク運用を楽にしたい 特効薬はある?
デジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれ、中堅・大企業の情報システム部門は選択と集中を迫られている。こうした状況で、社内LANの展開や運用が従来通りでよいはずがない。何か特効薬はないものだろうか――。(2022/7/29)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「情報システム部門の現状」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/7/25)

PR:東京海上日動が進めるDXの神髄は「インフラ戦略」にあり――MicrosoftとVMwareは既存インフラのクラウド移行で企業のDXを支援
デジタルテクノロジーによるビジネスの変革は、導入後すぐに成果が得られるというものではない。情報システム部門には変革のけん引役として、DXのためのインフラ構築、プロセス整備、そして組織の整備と人材育成の戦略的な推進が求められているがどのように進めていくのがいいのだろうか。(2022/7/6)

製造マネジメントニュース:
パナソニック新CIOが目指すPXとは、情シス部門を歴史と伝統の呪縛から解き放つ
パナソニック ホールディングス(パナソニックHD)が、同社グループで推進しているDXプロジェクト「PX(パナソニックトランスフォーメーション)」について説明。同社 グループCIOの玉置肇氏は情報システム部門における「歴史と伝統の呪縛」について指摘するとともに「まずは情報システム部門の社員を幸せにする」と述べた。(2022/7/1)

“野良SaaS”放置が招く3つのリスク 危険性はセキュリティ以外にも 専門家に聞く基礎知識
IT部門や経営層などが利用状況を管理しきれていない“野良SaaS”。放置していると、セキュリティやコストなど3種類のリスクにつながるという。野良SaaSが抱える危険性や対策の基礎知識を専門家に聞く。(2022/7/1)

最も自動化が進むのはIT部門ではない“あの部門”――Workatoが業務自動化の動向を調査
Workatoは、自動化の動向に関する年次レポートの2022年度日本語版を発表した。5部門以上で自動化を利用する企業の割合は全体の66%に達し、7部門以上で自動化を推進する企業の数は、2019年比で約3倍に増加した。(2022/6/29)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第1回】
「データドリブン時代の勝ち組IT担当者」が外さない“あのスキル”とは?
データ主導のビジネスを実現するためにIT部門の力は不可欠だが、ITインフラの運用管理スキルだけでは太刀打ちできない可能性がある。IT部門が「データドリブン経営」に貢献するのに必要なスキルとは。(2022/6/28)

輝ける情シスになるためには何が必要か〜求められる人材に変化しよう〜(2):
PR:“武闘派CIO”友岡氏が提案する情シス主導のSaaS活用、そのキーワードは「ワクワク」?
ビジネスの在り方が大きく変わる中、企業には“変革”が、情報システム部門担当者にも“変化”が求められている。これからの情報システム部門者は企業変革のために何をすべきか。“武闘派CIO”友岡氏が実体験に基づいて語るSaaS導入事例から「何をどう変えるべきか」考えてみよう。(2022/6/28)

Microsoft 365にまつわる「ちょっと聞きたい」に応える:
PR:“リソース不足の中堅・中小の情シスにうれしい”情報コミュニティーとは?
「Microsoft 365を活用したいが、リソース不足で学ぶ暇がない。だが有償サポートを依頼する予算もない……」と困っている情報システム部門担当者はいないだろうか。無償でこの問題を解決できる方法を紹介する。(2022/6/23)

事業統廃合、M&A……変化に耐えるIT部門を考える:
PR:身動きが取れないSAP移行、激変する事業環境に基幹システムは追従できるか
古いSAP ERPのサポート切れが迫り、リプレースで多忙な企業も多い。身動きの取りにくい巨大プロジェクトを進めながら、事業統合や組織見直しなどのダイナミックな変化に情報システム部門はどう対応すべきか。(2022/6/24)

輝ける情シスになるためには何が必要か〜求められる人材に変化しよう〜(1):
PR:主語は「情シス」ではなく「事業」 会社に利益をもたらす情シスのマインドセットとは
事業環境の変化が激しい今、企業の情報システム部門担当者も変化に対応する必要があるが、どう変わればよいのか。フジテックの友岡氏によれば、普通の会社の普通の情報システム部門担当者でも「会社に利益をもたらす情シス」に変化できるという。(2022/6/22)

取り組みの中で社内の人材をITの専門家に
中小企業でIT活用が進まない真因――ITR甲元氏に聞く中小企業のサバイバル戦略
「DXの重要さは理解しているが、人や技術が足りなくて現状維持しかできない」。こうした悩みを抱える中堅・中小企業は多い。“情報システム部の苦労”を実体験として知るITRの甲元氏に「中堅・中小企業がITを活用するコツ」を聞いた。(2022/6/14)

現場のインシデント対応を効率化するツールとは:
PR:これまでの定石は通用しない IT部門から“見えづらい”環境のセキュリティをどう守る?
サプライチェーン攻撃に関する被害報告が相次いでいる。サイバー攻撃者の標的が大企業だけでなく中小企業といったサプライチェーン関連企業にも拡大し、企業規模を問わず適切なランサムウェア対策が必要だ。(2022/6/20)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第4回 IT&OT融合編:
PR:エッジコンピューティングによる脱“Excel”が中堅中小製造業のDXを推進する
国内製造業においてDX推進のスピードで遅れがみられるのが中堅中小の製造業だ。古い設備の運用を継続しているなどデータ収集が難しい上に、せっかく集めたデータを活用しようとしても工場の現場側と情報システム部門の間に横たわる意識の違いによって取り組みが前に進まなくなるなどの課題がある。これらの課題を解決すべく、シュナイダーエレクトリックとデル・テクノロジーズが協業をスタートさせる。(2022/6/13)

PCもサービスで使う
どこでもオフィスになる時代 「as a Service」で実現する次世代のPC活用
調達や配布、運用、リプレースといったPCライフサイクル管理に関連する業務は、企業のIT部門がDXに専念することを妨げている。PCの管理にかける時間を短縮し、業務の負担を軽減するにはどうすればよいのか。(2022/6/10)

ビジネスとIT、新規ITと既存ITの融合を:
PR:“既存の強みを際立たせる”IT部門の変革法
「既存の強みを伸ばしながら、デジタルの力を組み合わせる」ためにはどうすればよいのか? そのためには、ツール先行、ビジネスアイデア先行のスタンスを改める必要がある。(2022/5/25)

TechTarget発 世界のITニュース
AIでセキュリティ機能を強化した「Oracle Cloud HCM」 人事部門の利点は?
Oracleは人材管理支援システム「Oracle Cloud HCM」に、AI技術を活用したセキュリティ機能を追加した。人事部門とIT部門にどのような利点がもたらされるのか。(2022/5/25)

CIO Dive:
「もうDellに戻ることはない」理由は? ポストコロナのハードウェア購入事情
コロナ禍を経て企業のハードウェア購入動向は大きく変化した。最新のハードウェア動向調査から、IT部門の担当者の負担低減に加え、今の時代に合わせた選定理由が見えてきた。(2022/5/23)

これからの「Web会議」運用のいろは【第3回】
Web会議では「見た目」よりも「声」を気にすべき理由と、その改善策
Web会議の快適性を左右するのは映像の見やすさだけではない。音声の聞き取りやすさも重要だ。IT部門が「Web会議の音声品質」を改善する上で、知っておくべきトレンドを探る。(2022/5/17)

IT部門の働き方改革
IT部門が週4日(週休3日)制労働を手に入れる方法
サイバー攻撃に休みはない。むしろ休日が狙われることもある。だが燃え尽き症候群を防ぐには、IT部門にも休日が必要だ。IT部門が安心して休めるようにするにはどうすればいいのか。(2022/5/17)

「重大なバグ」への対処法【第4回】
「修正ができないバグ」に直面したときの“切り札”とは?
どれほど優秀なIT部門でも、さまざまな要素によってバグ修正が“お手上げ”になるケースがある。それでもシステムを守る方法はある。どのようなものなのか。(2022/5/13)

約6割が何かしらの形でDXに関与している:
「COVID-19対策としてのテレワーク推進」は一段落 ソフトクリエイトが情報システム部に関する調査結果を発表
ソフトクリエイトは「情報システムの現状とIT活用実態アンケート 2022」の結果を発表した。テレワーク対策は一段落しており、クラウド化やセキュリティ対策などに注力していることが分かった。(2022/5/9)

自己流のサポートに限界を感じた情シスに向けて
DXにサポート業務……疲弊するIT部門にこそ必要なITSMツールとは
DXやデジタル化戦略ばかりに目を向けて、それを裏で支えるITサービス管理がおざなりになってはいないだろうか。いくら業務のデジタル化が進んでもITシステムをうまく運用できていなければ意味がない。(2022/5/9)

「重大なバグ」への対処法【第2回】
バグ修正の成否を決めるのは「連絡窓口の一本化」 それはなぜなのか
重大なバグは発生したら、IT部門に問い合わせが殺到する。それでも冷静に動いて適切に情報発信するための手法がある。緊急時におけるコミュニケーションのノウハウを紹介する。(2022/4/28)

「どこからでもサービス提供」の視点【後編】
先が見えないからこそ考えるべき「インフラの条件」とは?
オンプレミスとクラウドサービスを含め、企業が利用可能なインフラは多岐にわたる。働き方が変わる中でも継続してサービス提供するために、IT部門はインフラにどのような要素を取り入れればよいのか。(2022/4/27)

パンデミックで高まるNaaSへの関心【前編】
なぜ9割もの企業が「NaaS」に魅力を感じるのか?
IT部門の意思決定者は、ネットワークをサブスクリプション型で利用する「NaaS」に大きな関心を寄せている。調査で明らかになった、既存ネットワークの問題とは。(2022/4/25)

「重大なバグ」への対処法【第1回】
重大なバグの発生時、IT部門が腕前を発揮するためのノウハウとは?
ソフトウェアのバグ発生は避けられないが、IT部門の対処によってダメージを最小限に抑えられる。いざというときに備え、IT部門の手引きになるバグ対処のチップスを集めた。(2022/4/22)

SD-WAN=ローカルブレークアウトが誤解なわけ
今もう一度確認しておきたい、SD-WANのメリットとは
「SD-WAN」の利用が広がってきている。SD-WANは、中堅・大企業の情報システム部にとって一度は検討すべきものであることは間違いない。では、あらためてSD-WANとは何なのか。どのようなメリットがあるのだろうか。(2022/4/28)

マルチクラウド運用を最適化して情シスの負担を減らすには? 日立が支援サービスを提供
マルチクラウドを活用する中で、クラウドベンダー間の運用基準やセキュリティポリシーの違いが発生し、情報システム部門における業務負担の増大を招いている。日立はこの解消に向けて「マルチクラウド運用管理サービス」を提供開始した。(2022/4/20)

目指すべきはランサムウェア被害から半日で復旧できる体制:
ランサムウェア対策の軸は「事業再開のスピード」 どうすれば速く対応できるか
攻撃の高度化により、ランサムウェア攻撃を完全に防ぐことは困難になりつつある。被害を受けた後復旧までの速度に注目が集まる。企業の信用に関わる問題であり、情報システム部門の能力が問われることから対策を急ぎたい。(2022/4/27)

日本のCIOが2022年に取り組むべき3つの課題 IT人材やDXコスト獲得に影響――ガートナー提言
ガートナーによると、日本のCIOが2022年中に取り組むべき重要課題は、「CIOとIT部門の役割」「人材と組織」「ITコスト管理」の3領域だという。(2022/4/18)

クラウド時代到来でIT部門の役割は変わるか:
「小売業にIT部門は本当に必要か」 AWSのスペシャリストが出した答えとは?
THE WALL STREET JOURNALが掲載した記事「It’s Time to Get Rid of the IT Department」(IT部門を廃止する時が来た)に対し、AWSが出した答えから、クラウド移行時代におけるIT部門の役割が見えた。(2022/4/14)

賢い「ハイブリッドクラウド」運用法
「ハイブリッド/マルチクラウド=負担増大」はもう古い? 効率の良い運用法は
「ハイブリッドクラウド」や「マルチクラウド」が普及しつつある中、その運用管理の効率化が企業にとって課題になっている。IT部門の負荷を増やさない、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの運用法とは。(2022/4/15)

「どこからでもサービス提供」の視点【前編】
独自ルールにこだわるIT部門に足りない「発想の転換」 Gartnerが指摘
働き方が変わることと同時にビジネスニーズも変化している。IT部門はこの変化に対処するためにどうすればいいのか。そのためには従来の考え方を捨てて、新しい戦略を取り入れることが求められる。(2022/4/13)

Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第4回】
Web会議の「音声、映像、通信」を改善するためにIT部門は何ができる?
Web会議の音声や映像の乱れは、参加者のストレスの元だ。テレワークおよびWeb会議の効率を高めるために企業が従業員に提供すると望ましいものについて解説する。(2022/4/5)

PR:老舗企業のITチームはなぜDXに失敗してしまうのか〜成功する「CCoE組織の組み方」
DX推進でまず改革すべきなのは旧来のIT調達の考え方やITマネジメント手法を踏襲するIT部門だ。DXの停滞に悩む多くの経営者やCIOが、この課題の解決策を探している。(2022/3/31)

必ずしも「テレワーク=最先端」ではない
新時代の働き方「ハイブリッドワーク」へ移行するために、情シスができること
コロナ禍が続く昨今、テレワークと出社を組み合わせた働き方「ハイブリッドワーク」に注目が集まっている。テレワークのみの働き方との違いは何か。また、ハイブリッドワークへ移行するために情報システム部門ができることとは何か。(2022/6/20)

半径300メートルのIT:
ゼロから始めるEmotet対策 3つの“基本のき”できていますか?
サイバー攻撃はもはや情報システム部門だけではなく、従業員一人一人が当事者意識を持って対処すべき深刻な経営リスクです。今回は「こんなの当たり前だよ」と思っていることでも意外とできていないセキュリティのポイントを3つ紹介します。(2022/3/22)

ITインフラの全体最適化と表裏一体:
PR:組織のDX推進を支えるために必要なセキュリティアーキテクチャとは
IT部門は、広がるITインフラ基盤を確実に把握し、新たな境界におけるセキュリティ面での制御や管理を徹底しなければならない。多様化する組織ITのセキュリティ保護に向け、ネットワンはアーキテクチャによるアプローチを重視する。(2022/3/17)

Gartner Insights Pickup(248):
サイバーセキュリティ管理は誰の仕事か――IT部門とビジネス部門の責任の共有が重要
サイバーセキュリティとその影響に対する責任の共有は、ビジネス上の意思決定として経営幹部が積極的に参加できる環境を整えることによって、実現する。(2022/3/11)

地に足の着いた「変革」を進める方法
「パブリッククラウドか、プライベートクラウドか」が誤解であるこれだけの理由
クラウド活用が進む中、自社システムを安定運用する責任を担うIT部門はクラウドを慎重に検討する必要がある。クラウドベンダーの制約に縛られず、自社でコントロールできる自社だけのクラウドを作る方法はあるのか。(2022/3/9)

SaaSサブスクリプション管理のベストプラクティス3選【後編】
無駄なSaaSサブスク契約をなくすには「カレンダーアプリ活用」が有効な訳
不要になったSaaSを継続利用して、余計なコストをかけないためにできることは幾つかある。その一つがカレンダーアプリケーションの活用だ。IT部門が管理をする際に役立つベストプラクティスを紹介する。(2022/3/8)

サイバーセキュリティがESG目標の対象に:
Gartner、「サイバーセキュリティリーダーの役割が再構築の対象に」
Gartnerはサイバーセキュリティリーダーの役割を進化させる必要があるという見解を発表した。IT部門以外の幹部がサイバーリスクに関する説明責任を担うようになっていることに加え、エコシステムの分散化に伴い、サイバーセキュリティリーダーが直接コントロールできる意思決定の範囲が縮小しているためだ。(2022/3/1)

「業務負荷がかかる」といった課題も:
事業部門の多くが「開発にはIT部門の力が必要」と回答 ドリーム・アーツが「市民開発」に関して調査
ドリーム・アーツは「市民開発」に関する調査結果を発表した。市民開発で発生する課題を解消するため、IT部門に期待する事業部門が多いことが分かった。(2022/2/25)

1人で24時間365日の保守は限界
「ワンオペ情シス」の中堅・中小企業が知っておくべきクラウド移行と保守運用
中堅・中小企業にありがちな「ワンオペ情シス」体制。夜間、休日もオンプレミスの基幹システムの安定稼働を維持しなければならなかった通信販売事業者の社内SEが、クラウドに移行してサーバ保守で手いっぱいの状況を脱した事例を紹介する。(2022/2/14)

データ分析戦略を支える、クラウド基盤の生かし方(2):
1度は諦めた“脱メインフレーム”で、内製化と販売変革を実現 京王百貨店のチームプレー戦略
高過ぎる刷新コストに阻まれ、1度は諦めたメインフレーム脱却への「再挑戦」をきっかけに、システムの内製化だけでなく、データ分析を基に新たな販売戦略を生み出した京王百貨店。経営者とIT部門から売り場まで、さまざまな従業員のチームプレーを実現した戦略には、失敗から得た知見が生きていた。(2022/2/10)

従業員のITスキルに依存しないセキュリティ
増えるデバイス、多彩なOS……全デバイスを一括で守る「クラウドMDM」の導入法
場所も時間も問わずに働く環境を整えるに当たってモバイルデバイスの活用は必須だ。デバイス管理に必要な機能も高度化、複雑化している。情報システム部門の負荷を増やさない「高度なMDM」の実現方法とは。(2022/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。