• 関連の記事

「小売業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小売業」に関する情報が集まったページです。

Meta、「Facebook Live Shopping」を10月に終了へ 「リールにフォーカスを移している」
Metaは「リール」にフォーカスするため、小売業者向け動画ショッピングサービス「Facebook Live Shopping」の提供を10月1日に終了すると発表した。エンゲージメントを高めるにはリールとリール広告を使うよう勧めている。(2022/8/5)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンの新しい返品方法 お金を返し、商品は回収しない──なぜ?
米国は、日本に比べて返品OKの小売店が多い。米アマゾンなどの大手小売りでは、返金するのに商品は回収しない「Keep it」という新しい返品方法が進められている。なぜ、このような手法を取るのか?(2022/7/28)

企業は“とがって”個性を伸ばせ:
「ハリネズミ経営」と「9つのDX推進領域」でベイシアグループはいかに躍進したか?
ワークマンやカインズなど小売業界のIT活用で大きな注目を集める企業をまとめているベイシアグループ。同グループの掲げる特徴的な経営方針「ハリネズミ経営」とDX推進のポイントを聞いた。(2022/7/21)

小売業者を支援:
「Pinterest ショッピング API」でできること
ビジュアル探索ツール「Pinterest」に小売業者を支援する新機能が追加された。(2022/7/20)

アイリスオーヤマ、小売業向けDX支援事業を開始
アイリスオーヤマは法人事業を拡大し、「ストアソリューション事業」に新規参入する。小売店舗が直面する課題の解決とDXを4つの側面から支援する。(2022/7/21)

Instagramのメッセージで問い合わせから支払いまで完結する「Payments in Chat」開始
Metaは、Instagramのメッセージのやりとりだけで小売業者のアイテムを購入できる新機能「Payments in Chat」を発表した。まずは米国で提供を開始する。支払い方法として、最近発表の「Meta Pay」を選ぶこともできる。(2022/7/19)

「スクレイピング」の理想と現実【後編】
小売業者が社外サイトのデータを加工せずに使う“深刻な理由”とは?
小売業者やEコマース業者は、社外のWebサイトから得られるデータに価値を認めている。一方でデータのスクレイピングやデータマネジメントになかなか取り組めていないという。それはなぜなのかを調査結果から探る。(2022/7/14)

海外コンビニエンス絶好調:
セブン&アイ、初の売上高10兆超えへ 競合イオンを突き放す原動力は
セブン&アイ・ホールディングスは2023年2月期第1四半期の連結決算を発表した。海外事業が絶好調で、今期の売上高「10兆超え」を見込む。競合イオンを一気に引き離し、小売業の圧倒的トップへ。(2022/7/11)

セブン&アイ、今期の売上高予想を10兆円超に上方修正 実現すれば国内小売業で初 円安が追い風
セブン&アイ・ホールディングスは7日、令和5年2月期の連結業績予想を上方修正し、売上高に当たる営業収益が前期比19.0%増の10兆4130億円になる見通しだと発表した。(2022/7/8)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【後編】
“イベント依存”のキャンペーンは時代遅れ 小売業大手Targetの変革とは?
キャンペーンは年次イベントに合わせて実施する――。こうした“常識”が、ITの進化によって変化しつつある。イベントに依存しないキャンペーンの在り方を模索する、小売業大手Targetの取り組みを紹介する。(2022/7/6)

小売業のマーケティング精度を高める フェズ、インテージとのデータ連携を開始
フェズはインテージと、各種マスターデータの連携開始を発表。小売業界でのマーケティングに利用可能なデータの網羅性と質を向上し、データ基準の新たなスタンダードの構築が狙い。(2022/7/4)

Supply Chain Dive:
ウォルマートの止まらぬ自動化計画――受注から30分以内に発送する“次世代”センターが次々にオープン
小売り大手のウォルマートは先端技術を詰め込んだ新しい配送センターを4つ建設すると発表した。同社は2021年、これらとは別に“ハイテク”配送センターを開設したばかりだ。これらの配送センターの増設によって、注文の翌々日には商品を届けるスピードアップを実現する他、従業員への“ある効果”も期待している。(2022/7/1)

実店舗、劣勢か:
今こそ、小売店舗改革 メーカーと消費者に選ばれ続ける「売り場」を実現する3つの視点
メーカーと小売企業の関係性が少しずつ変わり始めている。メーカーは店頭販売への依存度を減らし、通販サイトやD2Cなどのオンライン販売強化に急ぐ。店舗の「売れる棚の取り合い」よりも「インターネット上でどう勝ち抜くか」の比重が高まっているのだ。「売り場」の力をメーカーに訴求するために小売企業はどのような取り組みをすべきか?(2022/6/27)

shoichi調べ:
ヤフオク取引相場の人気商品キーワード、1位は「大谷翔平」 15万円前後の高額カードも出品
小売・卸業や商品生産をおこなうshoichiが、『オークション価格相場研究所』の6月前半取引ランキングから、ヤフオク取引相場の人気商品を選出し発表した。(2022/6/23)

旭食品、需要予測ベースの自動発注システムを導入 発注・在庫管理業務にかかる時間が約8分の1に
旭食品は、国内35カ所の物流倉庫に日立の流通・小売業向けデータ活用ソリューションを活用した「需要予測型自動発注システム」を導入した。従来は1日あたり約4時間を要していた発注・在庫管理業務を約30分に削減し、欠品を約4割、返品を最大約3割低減した。(2022/6/13)

今日のリサーチ:
JD.comが初のトップ10入り デロイト トーマツが世界の小売業ランキング2022発表
今回が25回目となる年次調査。日本企業でトップ250入りしたのは前年比1社増の29社でした。(2022/6/4)

国内の事例:
テクノロジーを賢く使う「次世代スーパー」がやっている、“勝ち組企業”になる法則3選
スーパーやコンビニなど、小売りが新技術を取り込むにはどのようにすればいいのか。リテールテック活用に取り組む際のポイントを考察する。活用のポイントは3つある。(2022/6/1)

「スクレイピング」の理想と現実【前編】
小売業者への調査で分かった「社外データ活用」“驚きの実態”とは?
調査によると、小売業者やEコマース業者による社外データの活用においては、いまだに手作業が残っている。なぜ自動化が進まないのかを調査結果から読み解く。(2022/5/27)

Retail Dive:
Amazonの新サービス「Buy with Prime」 小売業者への“わな”か、それとも福音か?
Amazonが自社サイト「Amazonマーケットプレイス」以外からの購入時にもプライム特典を利用できるサービスを開始した。「これは小売業者にとって『わな』だ」との指摘がある一方で、小規模な小売業者にとってはメリットがあるとの声も上がる。その理由とは。(2022/5/25)

連載「情報戦を制す人事」:
「数年ごとに、まるで違う部署への異動」でも、社員の納得感を得るには?
ジョブローテーションは「社員の納得」がなければ、離職やモチベーション低下につながりかねません。それでは社員の納得は、どのように得るのでしょうか。「入社2年で2部署」にローテーションする大手映画製作会社と、「役員も含む全社員が5年以内に異動する」大手家具小売業者のケースをご紹介します。(2022/5/24)

富士通とAWS、金融・小売業界へ本腰 共同でソリューション開発
富士通が、金融・小売業界向けソリューションの提供に向け、米Amazon Web Servicesとの協業を強化する。AWSを活用した新サービスを開発し、富士通の直販か、AWS社のマーケットプレースで販売する。(2022/5/18)

TechTarget発 世界のITニュース
ECサイトの“ユーザー離れ”を抑止する「Retail Search」をGoogleが提供
消費者がECサイトで求める商品を見つけられず離れてしまう「検索放棄」によって、小売業者は顧客を失う恐れがある。Google Cloudの新ツール「Retail Search」は、その解決策となるのか。(2022/5/18)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 カインズのDX編:
カインズ土屋会長が「慣れない英語で質問」したワケ “IT小売企業”への一歩
東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、独立した長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、カインズの土屋裕雅会長。デジタル事業への100億円以上の投資を表明し、IT化を進めているカインズ。その背景にあった「出会い」とは?(2022/5/13)

ノーコードでアプリを開発するヤプリが明かす:
PR:「成果をたたき出す」企業アプリの共通点
企業の公式アプリは、うまく運用すればブランドのファンとのつながりを深め、購買額や購買回数を上昇させることが可能だ。「成果を出す」企業アプリの共通点はどこにあるのか。また、開発のためのリソースを持たない小売事業者がアプリを制作する手だてはあるのだろうか。(2022/5/16)

店舗とECはどうつなぐか? 都心大型旗艦店でアルペンが実践した店舗DX
ローコード開発環境を使ったアジャイルな手法はオンライン/オフラインを融合した店舗DXの仕掛けにどう役立つか。都心部に旗艦店を出店したアルペンのケースからECサイト全盛の今、小売業がリアル店舗を置く意味を考える。(2022/4/25)

Dellが3つの小売企業向けソリューションを発表 エッジテクノロジー検証のためのラボも提供
は、小売企業向けエッジソリューションを発表した。小売企業に特化したエッジ環境を提供する他、同社のラボではPoCエッジソリューションの検証とテストに関するサービスを提供する。(2022/4/25)

「収支計画のExcelバケツリレー」廃止へ J-POWER 電源開発の「Anaplan」採用の狙い
発電・小売事業者のJ-POWER 電源開発は、収支計画、管理システムにSaaS型プラン二ングプラットフォーム「Anaplan」を採用した。データ集約と分析にかかる作業コストを低減する。(2022/4/22)

DataRobotで何ができる? 業界専用AIサービスの実力は
DataRobotは、主要産業に対応したAI機能を備えるクラウドサービス「DataRobot AI Cloud for Industries」を発表した。製造業向け、銀行向け、医療機関向け、小売業向けの4種類を用意する。(2022/4/22)

高機能&低価格:
ワークマンの靴が人気を集める理由
職人向け作業服の専門店から一般向けカジュアル専門店へと業態転換し、快進撃を続けるワークマンが、今度は靴の小売業に本格参入した。その1号店が、大阪・難波のファッションモール「なんばシティ南館」に4月1日開業した。(2022/4/15)

クラウド時代到来でIT部門の役割は変わるか:
「小売業にIT部門は本当に必要か」 AWSのスペシャリストが出した答えとは?
THE WALL STREET JOURNALが掲載した記事「It’s Time to Get Rid of the IT Department」(IT部門を廃止する時が来た)に対し、AWSが出した答えから、クラウド移行時代におけるIT部門の役割が見えた。(2022/4/14)

4月19日より発売:
初の共同企画  JRグループの6社が「鉄道開業150年記念限定グッズ」を発売
鉄道開業150周年を記念して、JRグループ駅ナカ小売業6社が限定グッズを発売する。(2022/4/12)

コロナの打撃から回復できるか:
イオン決算 売上高8.7兆円越えで過去最高も、セブン&アイに届かず業界2位に
イオンが2022年2月期通期の連結決算を発表した。売上高にあたる営業収益が8兆7159億円。前期比1.3%増で、過去最高額だった。ただし、セブン&アイホールディングスの売上高には届かず、国内の小売業界売り上げ首位の座をセブン&アイHDに明け渡すことになった。(2022/4/11)

流通小売向け販促支援サービス:
店頭POPやWebサイトなどの販促情報をSaaSで一元管理 凸版印刷が「PROMO CORE for cloud」を提供
流通小売業の効果的な営業活動を簡単かつ安価に実現する。(2022/4/4)

ノークリサーチが調査、小売業のクラウド活用はライブコマースやキャッシュレス化に期待
ノークリサーチの調査によると、小売業のクラウド活用はライブコマースの国内向け展開やキャッシュレス化などに期待が集まり、業種の特性を加味したSaaSやIaaSなどによる共有サーバの活用が検討される傾向があるることが分かった。(2022/3/31)

“格安電気“で新規受付の休止相次ぐ ウクライナ侵攻による燃料不足で 「長期化」予想も
格安電気をうたう電力小売事業者で新規申込受付の停止が相次いだ。電力卸売取引価格の値上がりが原因で「長期化も予想される」という。(2022/3/29)

電力供給サービス:
エルピオとウエストHDが電力小売から撤退、市場価格高騰で新電力の契約停止も相次ぐ
電力小売事業者のエルピオとウエスト電気が電力事業から撤退を発表。また、電力卸売市場の長期にわたる価格高騰を受けて、新規契約を一時停止する新電力も急増中だ。(2022/3/28)

今日のリサーチ:
買い物の起点は「ウォールドガーデン」の外 小売業者/ブランドのWebサイトがAmazonやGoogleを上回る
Criteoのレポート「ショッパーストーリー2022」によると、小売業者/ブランドのWebサイトが購入の意思決定に与える影響が拡大しているようです。(2022/3/25)

Twitter、小売りアカウントがプロフィールをショーウィンドウ化できる「Shops」β
Twitterは、小売業者が自身のプロフィールページで最多50点の製品を展示・販売できる機能「Twitter Shops」のβテストを開始した。米国の一部企業がテストに参加している。ユーザーが製品をタップすると業者のサイトに移動し、そこで購入できる。(2022/3/10)

リテールテックJAPAN 2022:
セーフィーがエッジAIクラウドカメラを開発中、物体検知や無人店舗などで活用
セーフィーは、「リテールテックJAPAN 2022」において、開発中の「エッジAIクラウドカメラ」を披露した。現在、実機検証を進めているところで2022年内の市場投入を計画している。(2022/3/9)

スマートリテール:
コロナ禍から2年、今小売業界で何が求められているのか
ゼブラ・テクノロジーズ・ジャパンは、第14回目となる「小売業界のテクノロジー改革に関するグローバル調査」の結果について説明。長引くコロナ禍の中で、実店舗への客足は戻りつつあるものの以前のレベルに戻るような状況ではない中、「モバイルコマースの台頭」「流通経路の多方向化」「購買方法の多様化」が課題になっているという。(2022/3/8)

リテールテックJAPAN 2022:
日立の小型無人店舗「CO-URIBA」、顔認証と3D LiDARが“手ぶらで買い物”を実現
日立製作所は、「リテールテックJAPAN 2022」において、小型無人店舗のサービスコンセプト「CO-URIBA(コウリバ)」を披露した。「オフィスグリコ」を展開するグリコチャネルクリエイトの協力を得て、日立グループ社内での実証実験を進めており、2022年度内に事業化を目指している。(2022/3/8)

リテールテックJAPAN 2022:
トライアル子会社、メーカーと小売りの協働につながる購買情報分析ツール展示
Retail AIは「リテールテックJAPAN 2022」において、「MD-Link」を展示した。この他、スマートショッピングカート、AIカメラ、ショーケースと連携したサイネージなども併せて紹介した。(2022/3/4)

リテールテックJAPAN 2022:
電池レス薄型IoTタグは「商品棚上の欠品位置」も可視化する
サトーは「リテールテックJAPAN 2022」(2022年3月1〜4日、東京ビッグサイト)で、電池レスのIoT(モノのインターネット)センシングデバイスである「Wiliot IoT ピクセル(以下、IoT ピクセル)」を使った小売店舗での活用例を展示している。電波吸収材と組み合わせて商品棚の欠品率を計測するデバイスなどを紹介中だ。(2022/3/3)

リテールテックJAPAN 2022:
かごに投入するだけで商品を自動識別するAIショッピングカート
東芝テックは「リテールテックJAPAN 2022」(2022年3月1〜4日、東京ビッグサイト)において、画像認識AI(人工知能)のスタートアップであるIMAGRの技術を活用したスマートショッピングカートを展示した。画像で商品を自動識別する仕組みで、商品登録時のバーコードスキャンを不要化している。(2022/3/2)

飲食店向けSaaSなのにコロナ禍でユーザー数1.5倍 パーソルグループが「けがの功名」からつかんだ成長の秘訣
コロナ禍で苦戦する飲食・小売業界をターゲットにしているにもかかわらず、ユーザー数を伸ばすシフト管理SaaS「Sync Up」。同サービスが成長する裏側には、コロナ禍に伴う飲食・小売業界のある変化と、同社の戦略が隠れていた。(2022/2/22)

小売店舗×DX:
Google Cloudが店舗DXを強化 NCRと戦略的パートナーシップ拡大
Google CloudとNCRは、両社の戦略的パートナーシップを拡大した。小売業者にAIや機械学習ソリューションを含むクラウド機能を提供し、労働力不足やサプライチェーンなどの課題の解決を支援する。(2022/2/4)

クラウド事例ウォッチ:
「オフィス点検でシステムが止まる」問題にどう挑む? エンジニア不在の電力小売事業者がAWS移行に踏み切った結果
2019年に業務システムをAWSに移行した、電力小売事業者のエコスタイル。社内にIT専任者が不在にもかかわらず、同社がクラウド移行に踏み切った背景とは。(2022/1/27)

予約期限は今週末がピーク:
農水省「恵方巻は予約購入を」 食品ロス削減を呼び掛け
2月3日の節分の日を前に、農林水産省は恵方巻の予約販売を促進するよう食品小売事業者に対し、呼び掛けている。食品ロス削減に向けた施策の一環。同省はこのタイミングでの呼び掛けの狙いを「今週末にかけて、消費者向けの恵方巻の予約期限がピークを迎えるため」としている。(2022/1/26)

スマートリテール:
ソニーとMSのAIラボで老舗食堂発ベンチャーが開発、商品棚監視ソリューション
EBILABは2022年1月6日、ソニーセミコンダクタソリューションズと日本マイクロソフトが設立した「共同イノベーションラボ」のサポートを受けて、「小売業向け棚監視ソリューション」を開発したと発表した。(2022/1/17)

在宅エクササイズ需要拡大に適応
ナイキやアディダスも超えた あのスポーツ系通販がコロナ禍で急成長した理由
2020年、英国でスポーツおよびアウトドア用品のオンライン売上高でトップとなった小売業者はArgosだったことが、ある調査で明らかになった。大手の競合を抑えて同社がトップに立った理由とは。(2021/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。