• 関連の記事

「小売業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小売業」に関する情報が集まったページです。

米Walmartが新たな「後払い」オプションを提供する狙いは?
米小売業大手Walmart(ウォルマート)の店舗で新たな「後払い」(以下「BNPL」、Buy Now Pay Laterの略)オプションが提供されることになった。Walmartが支援するフィンテック企業ONE(ワン)が、一部のWalmart店舗で分割払いローンの提供を開始したと、米CNBCが報じた。米Walmartが新たな「後払い」オプションを提供する狙いは?(2024/6/14)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「広告の時代」がやっぱり終わってる理由
小売業者が提供する広告サービス「リテールメディア」が注目されています。しかし、広告主であるメーカーがそこに出稿する理由は、必ずしも積極的なものばかりではないようで……。(2024/6/1)

小売業が「値引き」以外で売れる体制を作るには? 現地調査をして分かったこと
値上げが話題になることも多い昨今、小売業において価格設定はかなり重要なテーマだ。一方で、ただ値引きをする以外にも売れる体制を作る方法はある。識者が現地調査などを交えて解説していく。(2024/5/31)

Retail Dive:
小売業に有効なAI活用は? Slackが指南する導入のヒント
小売業におけるAI活用は小さく始めるべきだ。Slackのクイックスタートガイドを参考に、すぐに始められるAI活用についてまとめた。(2024/5/14)

ユニ・チャーム、売上の一部を「緑の募金」に寄付 取引先小売業22社と
ユニ・チャームは5月13日、「ソフィ シンクロフィット」や「超快適マスク 極上耳ごこち」などの売り上げの一部を「緑の募金」をはじめとした環境保護団体に寄付すると発表した。環境保全企画の一環であり、5月中旬から期間限定で実施する。(2024/5/13)

「Apple Pay」導入を考えるときのヒント【後編】
「Apple Pay」の便利さだけじゃない“隠れた利点”とは
決済サービスの「Apple Pay」は、エンドユーザーのクレジットカードや銀行口座の情報を守るための仕組みを備えている。同サービスのセキュリティ面での利点と、小売業者が導入するときに掛かる費用を説明する。(2024/5/9)

ヒット記事ダイジェスト:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」【小売りヒット記事3選】
ITmedia ビジネスオンラインでは、長年、小売業のDX支援を手掛けてきた郡司昇氏の連載「がっかりしないDX 小売業の新時代」を展開しています。今回は、2024年1〜3月に公開された記事から、特に読まれたヒット記事3本をダイジェストで紹介します。(2024/5/4)

「Apple Pay」導入を考えるときのヒント【前編】
「Apple Pay」が使われる理由と、使いたくない企業の言い分
決済手段としてAppleの「Apple Pay」が台頭しつつある。Apple Payのメリットとデメリットの他、小売業者がApple Payを導入するには何を準備する必要があるのかを説明する。(2024/5/2)

小売・流通アナリストの視点:
スーパー再編の大一番 首都圏を勝ち取るのはイオンか、セブンか それぞれの勝ち筋とは
上場している小売企業の決算期は2月が多いので、小売ウォッチャーにとって毎年4月は各社の決算発表を追いかける季節。今年はビッグネームの再編に関するニュースが飛び込んできて、個人的には興味津々の春となった。(2024/4/30)

買い物状況×8つのクラスターで生活者を捉える:
博報堂が開発した「“フレキシブルショッパー”クラスター」を活用して分かること
博報堂買物研究所は、独自調査を基に開発した「“フレキシブルショッパー”クラスター」を活用し、日用消費財メーカーや小売業のマーケティング支援を強化するコンサルティングサービスの提供を開始した。(2024/4/4)

リテールテックJAPAN 2024:
シャープが初参入のキャッシュレス決済端末、顧客側端末はなぜ横長なのか
シャープとNTTデータは、「リテールテックJAPAN 2024」において、両社で共同開発したキャッシュレス決済端末と遠隔管理システムを披露した。(2024/3/15)

リテールテックJAPAN 2024:
塗布型でRFIDタグのコスト削減へ、東芝テックが東レとタッグ
東芝テックは、「リテールテックJAPAN 2024」において、塗布型RFIDタグシステムを参考出展した。東レの塗布型RFIDタグに対応するRFIDリーダーの開発を東芝テックが進めており、2025年度のサンプル出荷を目指す。(2024/3/14)

リテールテックJAPAN 2024:
西鉄と東武が夢のコラボ!? 日立がスマートリテールのデモを披露
日立製作所は、「リテールテックJAPAN 2024」において、西日本鉄道(西鉄)との協業で使用している「AIアバター」と、東武鉄道(東武)と開発中のデジタルアイデンティティー共通プラットフォームで用いられている指静脈認証セルフレジを組み合わせたスマートリテールのデモンストレーションを披露した。(2024/3/13)

在庫管理の基本のキ 7つの“できていてほしいこと”
効率的な在庫管理は小売業をはじめとする企業の業務改善に役立つ。需給の均衡を確保するのに役立つ、7つのベストプラクティスを紹介する。(2024/3/13)

富士通株式会社提供Webキャスト
製造業/小売・流通業必見:SCM変革の鍵となる「デジタルリハーサル」とは?
製造業や小売・流通業にとって、サプライチェーンマネジメント(SCM)の変革が必須の取り組みとなっている。その理由と変革を阻む課題を確認しながら、課題解決の鍵となる「デジタルリハーサル」の手法について解説する。(2024/3/13)

小売事業者に関する情報開示からDR促進制度の動向まで:
改正省エネ法を契機に変わる企業対応、省エネ・非化石転換に関する新制度の動向
改正省エネ法の施行など、カーボンニュートラル実現に向け、企業にも新たな対応が求められている昨今。省エネルギー小委員会の第44回会合では、エネルギー小売事業者から消費者への情報・サービス提供に関する新制度や、エネルギー消費機器のデマンドレスポンス(DR)対応、省エネ法定期報告情報の開示制度の在り方について議論が行われた。(2024/3/12)

Supply Chain Dive:
物流ハブで進むデジタル化 グローバル小売業者のロジスティクスはどこまで革新的か
世界中から原料や製品を調達している企業や複数の製造拠点を持つ企業にとって、サプライチェーン全体の最適化をいかに図るかは重要な課題だ。世界で取り組みが進む中、日本は置いてきぼりを食らっているのだろうか。(2024/2/29)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第4回】
顧客エクスペリエンス向上につながる返品処理 その実現方法とは
オンラインショッピングの普及と共に消費者による商品の返品行動が増加した。商品の発信元である小売業者にとっての改善策にはどのようなものがあるのか。(2024/2/13)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」 米小売業との決定的な違いは?
セルフレジに複数人の店員が常駐する日本のスーパーマーケット。米国では日本より少ない人員でスムーズに運用できている店舗が大半だ。両者の違いは一体、どこにあるのか――。(2024/2/8)

マルチクラウド、エッジ、5Gを駆使
AWSとGoogleで実現 オンプレミスでは駄目だった“小売業者の理想”とは?
小売業者Ocadoは複数のクラウドサービスを駆使することで、“オンプレミスだけ”ではできなかった、自社の要望に沿ったシステム運用ができるようになった。オンプレミスとクラウドサービスを併用する仕組みとは。(2024/2/7)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】
返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは
インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。(2024/2/6)

小売業の業務の効率化とショッピング体験向上:
Salesforceの“Copilot”が買い物客と会話できるように
Salesforceは小売業店で買い物客と会話する生成AIをはじめとした新機能群を発表した。自社製品に続々とAIを取り込む同社の狙いとは。(2024/1/31)

Google Cloud、Vertex AI採用の小売業者向け生成AIツールの提供開始
Google Cloudは、MLプラットフォーム「Vertex AI」採用の小売業者向け生成AIソリューションを発表した。専用チャットボットや製品カタログを作成できる。(2024/1/12)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
レジ待ちの不満が「稼ぐ機会」に? 米小売大手が実践する面白い工夫
小売店舗において、レジ作業を見直せば「ついで買い」を促し、大幅な売り上げ増につながるケースもある。そんなレジの在り方について、小売大手Walmartの先進事例などを交えて紹介する。(2024/1/5)

後編:
小売のECやグローバル展開で考えるべきテーマとは? 2024年の重点課題総ざらい
テクノロジーの浸透が進む小売業界で、2024年に目を向けるべき課題、取るべき施策は何か。ECや出店、グローバル展開などのテーマに絞って、小売業界に精通する筆者がポイントを解説していく。(2023/12/29)

前編:
「2024年問題」だけじゃない! 小売業界が直面するいくつもの重要課題
小売にもテクノロジーの浸透が進む。一方で、デジタルを活用した画期的と目されるサービスや企業が頭打ちになるニュースも多い。そうならないために、目を向けるべき課題と取るべき施策とは何か。小売業界に精通する筆者が解説していく。(2023/12/28)

ヒット記事ダイジェスト:
「ダラダラ仕事」でも成長できる米小売業 “DX”に囚われる日本が見落としているのは?
2023年にITmedia ビジネスオンラインで反響の大きかったリテール関連の記事を3本紹介します。(2023/12/27)

Cybersecurity Dive:
小売業者を狙うサイバー攻撃 生成AIによって手口はさらに巧妙化
ソーシャルエンジニアリング攻撃や生成AIによって、フィッシング攻撃やランサムウェアが巧妙化し、リスクが高まっている。(2023/12/23)

Social Media Today:
ARで小売業との連携を強化、ショッピングにより強いSNSに――2024年のSNS大予測(Pinterest編)
2024年のPinterestのテーマはIRL(In Real Life:現実世界)との接続となるだろう。(2023/12/2)

インバウンドも回復:
「コロナ禍以前」に復活の小売業 識者が2023年のホットトピックを振り返る
コロナ禍が収束の兆しも見せ始めた2023年。小売業の各社は、どんな取り組みを行い、またどういった状況にあるのか。小売業に詳しい著者が、各業界別に2023年の動向を振り返る。(2023/11/30)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】ライブコマース
ブランドや小売業者がライブ動画配信を通じて顧客とつながり、直接的な売り上げを得られる手法「ライブコマース」について。(2023/11/28)

顧客を「ファン」にして売り上げを増やす:
PR:「勝てるアプリ」の特徴は? 4つの成功事例を紹介
小売業において顧客との関係を深化させるためにアプリの活用は不可欠だ。「勝てるアプリ」は「ただのECアプリ」と何が違うのか。4つの成功事例から浮かび上がる特徴とは。(2023/11/27)

ポストサードパーティーCookie時代の新たな選択肢:
リアル店舗向けリテールメディア「AdCoinz」、既存のDOOH(デジタル屋外広告)との違いは?
リアル店舗の価値最大化に向けて小売業支援を行うLMIグループが新たに広告事業に参入。新たなリテールメディアが消費者と広告主、店舗(ロケーションオーナー)にもたらす価値とはどのようなものか。(2023/11/17)

セキュリティニュースアラート:
ランサムウェアを阻止できた企業は約4分の1 小売業界の劣勢が続く
CySecurity NewsはSophosの調査レポート「The State of Ransomware 2023」を引き合いに出し、小売業者がランサムウェア攻撃で劣勢にあると指摘した。(2023/11/14)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本でリテールメディアの成功に不可欠な、3つのポイント
小売業がメディアを運営することで広告収益へとつなげていく「リテールメディア」。米国の小売企業の取り組みを真似するだけでは、成果は得られないと筆者は指摘する。リテールメディアを成功させるために押さえておくべきポイントとは――。(2023/11/13)

今日のリサーチ:
生成AIの使い道、買い物客と小売業者に聞いてみた結果は?――Salesforce調査
Salesforceが世界18カ国で実施した消費者調査「コネクテッドショッパー最新動向」(第5版)の結果です。(2023/11/12)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本のリテールメディアが攻めあぐねる、3つの理由
近年、日本でも小売業者やメーカーが注目する「リテールメディア」。成功する米小売り大手のモデルを模倣するだけでは、成功は難しいと筆者は指摘する。なぜ模倣だけではリテールメディアは成功しないのか――。(2023/11/2)

9600万の顧客基盤を基に流通小売業の課題を解決する「ドコモリテールDXプログラム」、GAFAにない強みとは?
NTTドコモが保有する9600万を超えるdポイントクラブ会員の属性情報や位置情報などを活用。小売業向けのDX支援プログラムを提供する。(2023/10/31)

流通小売企業向け「ドコモリテールDXプログラム」提供 9600万超のdポイントクラブ会員データを活用
NTTドコモは、流通小売業のマーケティングをサポートする「ドコモリテールDXプログラム」を提供開始。同社が保有する各種データを組み合わせ、独自AIエンジン活用で統計化して課題解決をサポートする。(2023/10/25)

「100億円以上」の大型破産も:
2023年上半期で「倒産」が多かった業種 2位「小売業」、1位は?
2023年上半期(4〜9月)の倒産件数は、全業界で4208件だった。その中で、最も倒産が多かった業種はどこだったのだろうか?(2023/10/25)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
ECで買って店舗で受け取り ウォルマートが導入し話題の「新たな購買体験」とは
ECで購入した商品を店舗で受け取るBOPIS。米小売大手ウォルマートが先駆けて導入し、日本の小売業でも注目を集めています。今回は、9月に筆者が小売視察で訪れた米ニューヨークのBOPISの最新動向を紹介します。(2023/10/2)

「モノを売る」だけの時代は終わった:
小売業は「2050年問題」にどう立ち向かうべきか 王者ウォルマートの戦略から読み解く
既に人口減や高齢化といった言葉を耳にすることが多い日本。これからさらに事態が深刻化していくことは明白だ。特に小売業では、これまで店舗網の拡大を成長のドライバーとしてきたが、もはや従来の手法では頭打ちを迎える。では、どうするべきなのか。(2023/9/29)

Retail Dive:
オムニチャネルのお手本? 「1年間で100万人の顧客を獲得」した実践例を紹介
コロナ禍を機に、小売業界ではオムニチャネルの取り組みが拡大している。これまでIT活用のイメージが薄かったペット業界も例外ではないようだ。他業界との提携やアプリの刷新で顧客を増やした企業の実践例を紹介する。(2023/9/29)

DXを失敗させないための基本【第6回】
老舗小売業者がAzureと“あのツール”でDXを始めた理由
DXを通じて顧客の満足度を高めるとともに、企業として成長を続けるためには、どのような取り組みから始めればよいのか。英国の小売業者の取り組みを紹介する。(2023/9/25)

DXを失敗させないための基本【第5回】
老舗の小売業者に学ぶ「なぜDXをするのか」という本質的な問題
英国の老舗小売業者がDXを進めている。レガシーなITインフラを抱えた企業がDXを進めた目的と、何を達成しようとしているのかを紹介する。(2023/9/24)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
EC化率「45%の中国」と「13%の日本」 3倍超の差がつく納得の理由
大手の食品小売業ではここ数年、1万坪級に及ぶネットスーパー専用の大型配送センターを開設する動きが顕著になっています。海外には、ネットスーパー専用の大型センターやEC運営の先行事例があります。国内の小売企業がEC運営を成功させるために、海外の事例から押さえておくべきポイントを探ります。(2023/9/19)

「小売DXと仕掛学」後編:
店舗と客の接点増には「ムダや遊び」が不可欠 仕掛けで変わる体験価値
好奇心をくすぐる工夫で、人々の行動変容を促す「仕掛け」。仕掛けと小売を掛け合わせたら、どんなシナジーが生まれるのか――。後編では、小売業における仕掛けの活用シーンや、DXにエモーションが欠かせない理由について紹介する。(2023/9/4)

家庭用蓄電池で電力調達コストを削減、オムロンが小売事業者向けサービス
オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、主に小売電気事業者に向け、電力の調達コストの課題解決をサポートする電力調達コスト低減ソリューション「POWER JUGGLING」を2023年9月より提供開始すると発表した。(2023/8/31)

61年ぶり:
そごう・西武“最終手段”ストライキ発動 要因は“物言わぬ”セブン
そごう・西武の労働組合は8月31日、西武池袋本店でストライキを予定している。ストライキという“最終手段”に発展した要因として、小売・流通アナリストは「売却後の雇用について明言されず、ここまでもつれた」と指摘する。(2023/8/30)

「小売DXと仕掛学」前編:
パン店の試食客が2倍に ユニークな「仕掛け」が小売DXに必要なワケ
人々の好奇心をくすぐる工夫で行動変容を促す「仕掛け」を小売業と組み合わせると、どんな化学反応が起きるのだろうか――。仕掛学の第一人者、松村真宏・大阪大大学院教授と小売業のDXに詳しい郡司昇氏が対談した。(2023/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。