• 関連の記事

「人材育成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材育成」に関する情報が集まったページです。

「eラーニングの効果がない理由」を人事は“勘違い”している──社員のホンネ
人材育成施策の重要度が増している中、eラーニングについて人事の7割が「効果あった」と感じているのに対し、社員の半数以上が「効果を感じていない」としたことが明らかになった。なぜそのようなギャップが生まれるのか、リンクアカデミー(東京都中央区)が「人材育成」に関する意識調査を実施した。(2024/6/14)

全てのプログラムをオンラインで受講可能:
無料で受講できる「デジタル推進人材育成プログラム」 経済産業省が受講生の募集を開始
経済産業省は、デジタル推進人材育成プログラム「マナビDX Quest」の受講生の募集を開始した。学生や社会人などが対象で、無料で受講できる。(2024/6/12)

FM:
施設管理業務の人材育成強化と業務のDX推進へ、NECファシリティーズが千葉に新拠点
NECファシリティーズは、工場インフラ設備の管理や運用を担う人材の育成や、事業のDX推進を目的とした研修/研究開発センターを新設した。(2024/5/28)

車載ソフトウェア:
ソフト人材をどう育て評価するか、デンソーが10年かけて作った制度
デンソーは「人とくるまのテクノロジー展 2024 横浜」において、ソフトウェア人材の育成制度「SOMRIE」について紹介した。(2024/5/23)

過半数が「上司にはハッキリとフィードバックを伝えてほしい」と回答:
人材は育てるものか、自ら育つものか パーソルキャリアが人材育成の意識調査を発表
パーソルキャリアは「2024年 人材育成の意識調査」の結果を発表した。人材は「自分で成長していくもの」と考えている人が過半数を占めており、上司からのフィードバックについて「ハッキリ言われたい」と回答した人は76.0%に上った。(2024/5/20)

車載ソフトウェア:
トヨタが「MATLAB/Simulink」を包括契約に変更、IT管理面の課題を乗り越える
MathWorksは、トヨタ自動車がモデルべース開発環境「MATLAB/Simulink」の包括契約を行ったことを発表した。これまでは、部署ごとなどの個別契約で利用していたが、モデルベース開発が可能な人材の育成などでより柔軟にMATLAB/Simulinkの活用が必要になっていることに対応するため、包括契約への変更に踏み切った。(2024/5/16)

DX研修の教材や講師育成支援など:
「デジタル技術による地方創生」を支援するプログラム NECが提供開始
NECは2024年4月に、NEC販売特約店を対象にした「NECアカデミーパートナープログラム」を開始した。デジタル推進人材の育成と顧客のDX推進を支援する。(2024/5/16)

製造IT導入事例:
拠点横断で計画的な人材育成を 大手環境試験器メーカーがスキル管理システム導入
Skillnoteのクラウド型スキルマネジメントシステム「Skillnote」を、大手環境試験器メーカーのエスペックが導入した。拠点横断型の人材育成や教育課程の可視化に活用する。(2024/5/10)

「さくらのクラウド検定」誕生 今夏に初試験 難易度は「ITパスポートよりやや難しい」
さくらインターネットが、クラウドサービス「さくらのクラウド」の検定制度を設けると発表した。「クラウド化に取り組む企業やITの学びを深めたい学校の先生、次世代を担う子どもたちなど、広範囲に渡るDX人材育成のために検定の設立を決定した」という、(2024/4/24)

「課題設定から解決方法の提案までの流れで学べる」という声も:
AI導入プロジェクトや新規事業創出を疑似体験できる教材 経済産業省が提供開始
経済産業省は、「デジタル推進人材の育成のためのデータ付きケーススタディー教材」の提供を開始した。実践的なスキルを持つ人材の育成を目的としたもので、実際の企業のAI実装を疑似体験学習できるという。(2024/4/24)

デジタル人材育成プログラムを企業向けに7月販売へ 東京海上HD、国内損保で初
デジタル人材の中でも特に需要がある、事業変革を主導する企画力などを持つ「ビジネスアーキテクト」育成に特化した新プログラム。大量の情報を分析、活用する「データサイエンティスト」用の育成プログラムも併せて拡充し、非保険分野の収益拡大につなげる。(2024/4/19)

ゼロから学ぶ! 製造業のスキルマネジメント(3):
「スキルデータ」の活用が製造業にもたらすメリットとは 実践事例と注意点を解説
製造業を取り巻く環境が変わる中、力量管理で扱う人材情報に注目し、戦略的な人材育成/配置や組織力強化に活用する企業が増えてきました。本連載では組織的なデータ活用による発展的な力量管理を「スキルマネジメント」と呼び、その考え方や取り組み方を解説していきます。(2024/4/18)

社員がリスキリングしてくれない 体系化を促進する“コンピテンシーマップ”の必要性
実際にリスキリングを進めようとすると、さまざまな課題に直面する企業が多い。企業の人材戦略を明確にできる“コンピテンシーマップ”とは何なのか? 企業の人材育成支援事業に取り組むアルー社長が解説する。(2024/4/16)

Microsoft、4400億円投資 日本のAI基盤と人材育成、セキュリティに 全文訳
Microsoftが日本のITインフラ強化やAI人材育成、情報セキュリティ対策のために今後2年で29億ドルを投資すると発表した。(2024/4/11)

本当に活躍する人材を育てるには?:
従業員教育の課題を解決 “新時代”の業務習得ツールとは
人材不足が深刻化する中で、企業にとって重要なのは高いパフォーマンスを発揮できる活躍人材の育成だ。育成にかかる現場の負荷を軽減しつつ、質の高い教育プログラムを従業員に提供するにはどうすべきか。そのノウハウを紹介したい。(2024/4/17)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ DX eマガジン 2024春」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/4/1)

4つの事例に学ぶ:
PR:ノーコードツールをDXにつなげるための人材育成とガバナンス確保の肝
現場の従業員が自ら業務を改革する手段として、ノーコードツールが普及している。そのための人材をどうやって育てればよいのか、ガバナンスをどうやって確保するのか。ノーコードツールのエキスパートが語った。(2024/3/28)

任天堂が「人材に対する考え方」公開 世界的エンタメ企業が求める人材像とは?
任天堂は、Webサイト「任天堂の人材に対する考え方」を公開した。同社の経営方針や、商品・サービスを開発する際の考え方、人材育成に関する取り組み内容などを明かしている。(2024/3/27)

今後需要が増大するメインフレーム人材を教育:
IBM、メインフレームの新世代人材を育成する「メインフレームスキル協議会」を発足
IBMはメインフレームスキル協議会の発足を発表した。メインフレームスキル協議会は、メインフレームプラットフォーム向けのグローバル人材を育成するための組織だ。本記事では同協議会の概要を紹介する。(2024/3/27)

700人に聞いた:
中堅企業が抱く人材育成の課題 「テクノロジー人材の不足」「定着率の低さ」を抑えた1位は?
中小企業の約4割が、材育成における体制構築の時間が足りず、人材戦略を立てられないなどの課題感を抱いていることが人材コンサルティングのエフェクトの調査で分かった。中堅企業の人事担当者はどのような課題感を抱いているのか。(2024/3/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
変わりゆく時代の中で、上司は部下にどう接するべきか? 「部下を活かすマネジメント“新作法”」
「上司力(R)」をキーワードに、大手企業で人材育成支援を行うFeelWorks代表取締役の前川氏。前川氏の考える、部下のポテンシャルを最大限に生かすためのマネジメント新作法とは、どのようなものなのだろうか?(2024/3/19)

2カ月は「働かずに勉強に専念」 KDDI流・本気のDX人材育成法
(2024/3/4)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ セキュリティ eマガジン 2024春」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/3/1)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(115):
【動画あり】サイバーセキュリティ人材が欲しい! に応える無料の電子書籍
人気連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第115弾は連載「セキュリティ人材育成を考える」全4回を電子書籍化しました。IT人材の不足が叫ばれている昨今、中でもセキュリティ人材は貴重な存在です。本eBookではセキュリティ人材を確保するアプローチとその育成ノウハウを解説します。(2024/2/29)

ITmedia Security Week 2023 冬:
登大遊氏が憂う、日本のクラウド、セキュリティ、人材不足、“けしからん”文系的支配
2023年11月29日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・クラウドセキュリティ」ゾーンで、情報処理推進機構(IPA)サイバー技術研究室 登大遊氏が「コンピュータ技術とサイバーセキュリティにおける日本の課題、人材育成法および将来展望」と題して講演した。日本における「ハッカー」と呼ぶべき登氏が初めてアイティメディアのセミナーに登壇し、独特の語り口から日本におけるエンジニアリングの“脆弱性”に斬り込んだ。本稿では、講演内容を要約する。(2024/3/7)

車載ソフトウェア:
PR:仮想ECUから人材育成まで、日本の自動車産業のソフトウェア開発を総合的に支援
自動車の機能や性能でソフトウェアが果たす役割が増している。SDVやソフトウェア定義車両という言葉が注目を集めているが、それらを実現するための課題は多い。一社単独では開発リソースの確保も難しい。SDVを実現するにはどのようなパートナーと協力すべきなのか。(2024/2/22)

老舗自動車メーカーのデータ活用術【中編】
英自動車メーカーのDXを支える人材育成制度「アプレンティスシップ」とは
Bentley Motors初の最高データ責任者を務めるアンディ・ムーア氏は、同社のデータ戦略において「データサイエンティストの育成と確保」を重視した。その施策の一つ「アプレンティスシップ制度」とは何か。(2024/2/16)

地域発展を持続可能にする官民連携の具体像:
生成AIと共に考える 「今、最も対処すべき社会課題は何?」
人口減少や高齢化、人材育成にインフラ整備……解決すべき社会課題は山積している。「これまでと同じやり方では限界がある」と危機感を持つ自治体も多いという。こうした課題にデジタル技術や生成AIはどう役立つのか。有識者に話を聞いた。(2024/2/9)

アラブ首長国連邦の新しい「成長の原動力」【前編】
創立4年目で存在感 “人工知能大学”とはどんな大学なのか
アラブ首長国連邦はAI技術の活用を国家戦略に据え、新興大学の発展に力を入れている。同大学は国内の人材育成、シンクタンクとしての役割を担い、存在感を見せ始めている。どのような大学なのか。(2024/2/7)

人を育てることでセキュアな組織に変わる
オンライン研修で情報処理安全確保支援士の取得と維持を支援
組織のセキュリティを高める方法の一つが専門人材の育成だ。情報処理安全確保支援士を組織内に抱えることで、セキュアな組織を作るにはどうすればよいのだろうか。名ばかり資格者を使える資格者に変える施策も必要だ。(2024/2/1)

その先にまだ知らないことがたくさんある:
「セキュリティ・ジュニアキャンプ」から見えた、人材育成における“コミュニティー”の存在意義とは
20年にわたって継続してきたセキュリティ・キャンプには、どんな意義があるだろうか。中学生など低年齢層を対象に、若い世代に伸び伸びと学んでもらう場として開催されている「セキュリティ・ジュニアキャンプ」を中心に“コミュニティー”の存在意義を探る。(2024/1/25)

若手社員の“最大の不安” 「飽きた」「仕事量が多い」を超える1位は?
社会人2〜4年目の若手社員はどのようなことに困難や不安を感じているのか。組織開発・人材育成支援サービスを提供するALL DIFFERENT(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/1/16)

優秀なのに「部下を育てられない」 原因は上司のある“思い込み”【マネジメントのヒントになる記事3選】
人材育成が難しい。「パワハラにならないように」と気を付けると、どうしてもコミュニケーションに消極的になってしまう。他責思考の部下とやりとりするのに骨が折れる……。多くのマネジャーが、部下への接し方に悩みを抱えていることでしょう。(2024/1/6)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ DX eマガジン 2024冬」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/1/5)

ITmedia エグゼクティブ勉強会スケジュール
ITmedia エグゼクティブに入会いただくと、ビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた勉強会に参加できます。(2024/1/5)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
大企業の人材育成、どうしてる? 新規事業立ち上げの“裏側”をのぞく
「意思決定が遅い」「既存部門が非協力的」――。新規事業を立ち上げる大企業にはスタートアップ企業とはまた違う課題がある。課題を回避しつつ、新規事業を成功させるための人材育成の在り方とは。(2023/12/27)

3Dプリンタニュース:
初のFDMプロセス認証を導入、3Dプリンティング教育の強化と人材育成へ貢献
Stratasysは、全米職業能力試験協会と提携し、FDMプロセス認証を導入する。3Dプリンティング分野の能力とスキルの評価が可能になり、教育の強化と有能な人材育成への貢献が期待される。(2023/12/27)

素材/化学メルマガ編集後記:
試験合格の目的化は甘いワナ、学ばせて課題解決で使わせる教育こそ人材育成の近道
使える教育方法についてつらつら語っています。(2023/12/25)

Go AbekawaのGo Global!番外編〜ネパールでのエンジニア育成:
ネパールの最高学府卒エンジニアは、給料の半分以上をふるさとに送金している
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は番外編として、ネパールの人材育成事業に取り組んでいるリクルートスタッフィング情報サービスに登場していただく。世界的に人材不足が深刻化する中、エンジニア育成の場としてネパールを選んだ理由とは。(2023/12/28)

マテリアルズインフォマティクス:
旭化成のDX戦略、MIで従来品の2倍の性能を実現し共創型MIの基盤も構築
旭化成は、東京都内とオンラインで説明会を開き、マテリアルズインフォマティクス(MI)の導入やデジタル人材の育成など、DXに関する同社の取り組みを紹介した。(2023/12/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下を育てる、Z世代攻略コミュニケーション法
「最近の若者は」と言っていても始まらない人材育成。若手人材からの不満の声と企業からの求める声。ここに人材育成のヒントがある。(2023/12/14)

デロイト、情報セキュリティ人材育成「サイバーアカデミー」開設
デロイト トーマツ グループが、サイバーセキュリティ人材の育成サービス「デロイト トーマツ サイバーアカデミー」の提供を始めた。(2023/12/8)

20代が選ぶ、成長できる企業 3位「電通」、2位「カチタス」、1位は?
20代の現職社員が魅力を感じる人材育成の仕組みや制度とは? オープンワークが調査結果を発表した。(2023/12/5)

リスキリング「未実施」企業は7割 人材育成の課題とは?
リスキリングを組織的に推進できていると回答した企業は4社に1社にとどまったことが、マンパワーグループ (東京都港区)と「HR総研」を運営するProFuture(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。企業は人材育成にどのような課題を抱いているのか。(2023/11/29)

社内AI人材育成の実際は? DX推進担当者の声、受講者の声:
ポーラ・オルビスホールディングスが取り組むAI人材育成 現場の声は
ポーラ・オルビスホールディングスがAI人材育成を進める。非IT人材にプログラミングの基礎から本格的なデータ分析の手法までを教育し、業務課題の解決につなげている。データ分析やAI人材育成をテーマに執筆活動などを幅広く手掛ける筆者が研修の企画者と受講者にそれぞれの感触を聞いた。(2023/11/29)

「プロセスマイニング」が身に付く人材育成プログラム Celonisと日本IBMが提供開始
Celonisと日本IBMは共同で、業務プロセス全体の最適化によりDXを推進する技術者育成を目指す「地域Celonis人財育成プログラム」の提供を開始した。「Celonis EMS」を活用し、プロセスマイニングや業務変革のノウハウなどを学習できる。(2023/11/27)

大学生の4割、“コピペ”のショートカットキーを知らない 人材育成サービス「MENTER」調べ
大学生の約4割がコピペのショートカットキーを知らないと回答──そんな調査結果を人材育成サービスを提供するWHITE(神奈川県横浜市)が発表した。(2023/11/22)

AIチャットボットタイプ:
23年新入社員に聞いた、信頼できる上司の特徴とは?
今年の新入社員は上司や先輩社員に、どんなことを期待しているのだろうか。人材育成サービスを手掛けるトレノケート(東京都新宿区)が調査した。(2023/11/20)

製造IT導入事例:
技術者のスキル情報をデジタル化、データに基づく戦略的な人材育成を推進 THKが導入
Skillnoteは、THKがクラウド型スキルマネジメントシステム「Skillnote」を開発の試験部門に導入したと発表した。スキルデータに基づいた戦略的な人材育成が可能になるという。(2023/11/15)

2050年にディーゼル機ゼロへ:
技研製作所が“圧入”DXで目指す売上高1000億円 東京〜高知の遠隔施工に成功
技研製作所は、地盤工事でグローバルに展開する「圧入施工」の遠隔操作をデジタルツインで実現した。数百キロ離れた場所にいるオペレーターがラジコンのように操作するだけで、AIの自動調整で杭のズレは10ミリ以内に収まる施工品質が保てる。2024年問題に応じる省人化だけでなく、海外現場で熟練者の配置や人材育成も不要となる。(2023/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。