• 関連の記事

「人材育成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材育成」に関する情報が集まったページです。

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン 夏」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2022/7/1)

群馬県がメタバースのワールド作成で公募 委託費は運営込みで250万円 個人も対象
群馬県がメタバースのワールド作成者の公募を始めている。法人だけでなく個人でも応募可能。ワールドは、同県内のデジタル若手人材育成拠点「tsukurun」のユーザーが作成したCG作品などを展示するという。(2022/6/24)

量子コンピュータ:
グルーヴノーツと九州大学が提携、量子コンピュータを半導体産業に応用
グルーヴノーツは2022年6月21日、量子コンピュータの半導体産業への応用や人材育成などに向けて、九州大学とMOUを締結したことを発表した。半導体産業が抱える課題解決に量子コンピュータを活用し、半導体製造工程の最適化や次世代CPS(サイバーフィジカルシステム)の開発、導入を目指す。(2022/6/24)

地域のデジタル実装を目指す:
インテル、デジタル人材の育成支援で包括的な活動
インテルは、「インテル・プレスセミナーQ2 ’22」を開催。この中で、2022年下半期におけるPC/クラウド市場の展望と同社の取り組み、デジタル人材育成を支援する活動などについて、その概要を説明した。(2022/6/23)

Q&A 総務・人事の相談所:
「DX人材の育成を任された」 人事部は何から取り組むべきか?
「社内のDX人材を育成したい」と経営者から言われました。今まで取り組んだ実績はありません。人事部として何から始めればいいでしょうか?(2022/6/28)

研究開発の最前線:
AGCが内製ツールで挑むマテリアルズインフォマティクス、新組成を8倍速で発見
AGCは2022年6月から本格運用を開始した独自開発マテリアルズインフォマティクス(MI)ツールについて説明。「ARDIS」と「AMIBA」の2つで、2025年をめどに技術本部R&D部門へのシステム導入と、これらMIツールを活用できるMI人材の育成を完了させる計画である。(2022/6/21)

電子ブックレット(BUILT):
人が足りない電設業界!他工種でもタメになる“ラインマン”育成術
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、ラインマンンを取り巻く現状を踏まえ、電気設備業界の課題や社内での人材育成法、今後の見通しについて、ETSホールディングス 東北送電事業本部の責任者へのインタビュー記事です。(2022/6/21)

製造マネジメントニュース:
JEITA会長に富士通社長の時田氏就任、脱炭素共通ルール策定やDX人材育成を推進
電子情報技術産業協会は2022年6月2日、同月1日に開催した定時社員総会をもって、富士通 代表取締役社長の時田輶仁氏が新たに会長に就任したと発表した。就任を発表した記者会見では、産業界で進む脱炭素や、DX人材の育成、半導体関連の動向といったテーマについて、JEITAにおける現状の取り組みと今後の展望を語った。(2022/6/7)

「ラップバトル対話システム」など、IPAが開発支援へ 詳細は6月下旬 2022年度の“未踏事業”で
情報処理推進機構(IPA)が、独創的な技術のアイデアを募り、実現を支援する人材育成事業の公募結果を発表した。今回の公募では「ラップバトル対話システムの開発」「麻雀プロのためのAI牌譜解析ツール」など21件のプロジェクトを採択した。(2022/6/6)

サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、Layer Xの選択(3):
マルチクラウドを使いこなすテック企業は、人材育成どうしてる? 3社のCTOが語ったこと
マルチクラウドを使うテック企業は、人材育成をどうやっているのか。サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、LayerXの3社の技術部門トップが語り合ったセッションから、その内容をお届けする。(2022/6/1)

東京都、中小企業向けのDX人材育成プログラムを無償提供 受講者を募集 企業課題に直結したスキル取得を支援
東京都は、中小企業のDX人材育成支援に向け、DXスキルの学習プログラムを無償提供する「DX人材リスキリング支援事業」を開始した。DXコンサルタントによる企業の課題把握を踏まえた学習計画の策定から、個別最適化したDX講座までを一体的に支援する。(2022/5/19)

サイバーエージェント、DeNA、LayerXの選択(1):
テック企業のCTOたちが話した、マルチクラウド技術選定のやり方
サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、LayerXのCTOたちが、クラウド技術の選定からガバナンス、人材育成について語り合った。今回はマルチクラウド活用の戦略についてお届けする。(2022/5/17)

攻めの企業経営に求められるデータトレンド:
「データの民主化」を実現せよ データ人材の育成に向けて“まず企業がすべきこと”
変化の激しい時代、データの活用は今や企業経営に必要不可欠となっています。本稿はデータに基づいた意思決定を迅速に行う“攻めの企業経営”を進める上で覚えておくべき3つのデータトレンドを前後編で紹介します。(2022/5/17)

企業でのAI活用のニーズが高い領域に注目:
経済産業省が“企業のAI実装を疑似的に体験できる教材”の提供を開始
経済産業省は、教育機関や企業などに向けてAI人材育成用「AI Questデータ付き教材」を提供する。プログラミングやAIモデルの構築に加え、実際の企業のAI実装を疑似的に体験できる教材になっている。(2022/5/10)

3Dプリンタニュース:
3Dモノづくりが学べるオンライン講座開設、入会すれば3Dプリンタがもらえる!
APPLE TREEは、3Dプリンタを活用したSTEAM教育のためのオンライン講座「Go!Go!3Dスクール」を開設し、2022年4月25日から募集を開始した。小・中学生を対象にした「こども向けコース」と、STEAM教育を指導する人材を育成する「講師育成コース」を用意し、受講者にFLASHFORGEのFDM方式3Dプリンタ「Adventurer3」をプレゼントする。(2022/4/28)

Z世代ならではの回答:
新入社員は仕事に何を望むのか 「リーダー志向」や「専門家志向」は過去最低値に
人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(東京都千代田区)は、2022年入社の新入社員を対象に「新入社員意識調査」を行った。その結果、新入社員の時点で「リーダー志向を持っていない、決めていない」という人の割合が、過去最高の44.2%であることが分かった。(2022/4/26)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】
医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由
米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。(2022/4/22)

AWS初心者向けの教材まとめ、AWS日本法人が公開
AWSジャパンが、AWSの初心者向け教材などをまとめたWebページを公開した。初学者やクラウド人材の育成を受け持つ人向けで、自社の教材などを全6段階の理解度別に紹介している。(2022/4/21)

コンテナ基盤のハードルを下げる:
レッドハットの2022年度、DXコンサルティングの強化と値下げで垂直、水平の市場拡大狙う
レッドハットが2022年度の事業戦略を発表した。組織文化の変革やアジャイル人材の育成で、顧客企業との関わりを深める一方、通信基盤やエッジの市場開拓に注力する。また同社は、興味深い値下げをしたことを明らかにしている。(2022/4/15)

AWSジャパン、デジタル人材育成で企業を個別に支援する「AWS Skills Guild」を国内発表
AWSジャパンが、企業のデジタル人材育成を個別に支援する包括的なサービス、「AWS Skills Guild」の国内提供を正式発表した。既存のトレーニングコースや認定資格を超え、組織としての人材育成への取り組みを支援できるという。(2022/4/12)

「人事に丸投げではクラウド人材育成は進まない」──AWSジャパンが危機感 包括的な育成支援サービス提供へ
「人事部門に丸投げではクラウド人材育成は進まない」──AWSジャパンが日本のクラウド人材育成に危機感をあらわに。経営陣の理解不足を補うサービスとして、人材育成に向けた計画立案や学習コンテンツの調達などを包括的に支援するサービスを提供する。(2022/4/11)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン 春」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2022/4/6)

就職人気から占う今後のIT業界:
学生に聞く、SDGs観点で選ぶ「働きたい企業」 パナソニックが総合2位 上位だったIT関連企業は?
SDGsへの積極的な貢献と持続可能な成長を続けるイメージがあり、学生自身が働きたいと思える企業はどこか。人材育成のためのSaaSサービスを提供するVISITS Technologiesが調査した結果、3位は凸版印刷、2位はパナソニックとなった。(2022/4/4)

「プレステの父」久夛良木健氏が近大で抱く野望
「PSの父」と呼ばれる久夛良木健氏が、近畿大学が新たに設けた情報学部の学部長に就任した。AIや情報セキュリティに特化した先端のIT人材育成が目的。久夛良木氏は「PS6ではできないことが、ここではできるかもしれない」と力を込める。(2022/4/4)

PS6ではできないこと:
「プレステの父」久夛良木健氏は、近大でなにをするのか
ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」を生み出し、「PSの父」と呼ばれる久夛良木健氏(71)が4月1日、近畿大学が新たに設けた情報学部の学部長に就任した。人工知能(AI)やサイバーセキュリティーに特化した先端のIT人材育成が目的だが、異彩を放つのがキャンパス内に設けられた国内トップクラスのeスポーツ施設だ。(2022/4/1)

経産省、デジタル人材育成サイト「マナビDX」開設 IT関連講座200件以上を紹介
経済産業省が、IT関連のオンライン講座をまとめたWebサイト「マナビDX」をオープンした。放送大学やApple Japan、Google日本法人などが作成したAIやクラウド、情報セキュリティなどの講座情報を掲載している。(2022/3/30)

「日本は超正統派のICT人材を育成すべき」 登大遊氏が語る「インチキネットワーク」普及の重要性(後編)
優れたICT技術を生み出す「超正統派」人材を育てるために必要なものは何か。「SoftEther」を開発した登大遊さんが、Q&A形式で見解を示す。(2022/3/30)

UiPathとISIDがDX人材育成プログラムを共同で提供 日本初の協業契約締結
UiPathはISIDは、「UiPathパートナープラクティス発展のための協業契約」を日本で初めて締結した。両社は、企業内で実施可能なDX人材育成プログラムを提供する。(2022/3/30)

「これまで学習の機会がなかった人でも始められるコンテンツ」を用意:
デジタル人材の育成を推進 経済産業省とIPAがポータルサイト「マナビDX」を開設
経済産業省とIPAはポータルサイト「マナビDX」を開設した。デジタルスキルに関する学習コンテンツを扱っており、「これまでデジタルスキルを学ぶ機会がなかった人でもデジタルに関する知識や能力を身に付けられる」という。(2022/3/30)

「日本は超正統派のICT人材を育成すべき」 登大遊氏が語る「インチキネットワーク」普及の重要性(中編)
優れたICT技術を生み出す「超正統派」人材を育てるために必要なものは何か。「SoftEther」を開発した登大遊さんが、自身の経験を基に紹介する。(2022/3/29)

「日本は超正統派のICT人材を育成すべき」 登大遊氏が語る「インチキネットワーク」普及の重要性(前編)
優れたICT技術を生み出す「超正統派」ICT人材を育てるために必要なものは何か。「SoftEther」を開発した登大遊さんが、自身の経験やAT&Tといった企業の歴史から紹介する。登さんによれば、重要なのは自由な試行錯誤を許容するネットワークとコンピューティングの環境だという。(2022/3/28)

三井化学、独自のDX人材育成プランで専門人材を社内育成
三井化学は、NECとアビームコンサルティングの協力を得て、同社独自の研修コンテンツを作成した。2025年度までに専門人材165人の育成を目指す。(2022/3/25)

日本の観光業をけん引:
USJ、大阪公立大学で「観光マーケティング」を開講 ビジネスを実践的に学べる授業に
「ユー・エス・ジェイ式 観光マーケティング学プロジェクト」を4月から発足する。大阪公立大学で観光学を直接指導する講義を開講。日本の観光業を担う人材育成を推進することが狙い。(2022/3/23)

近大、新設の情報学部施設公開 eスポーツ専用アリーナも
近畿大はが4月に開設する情報学部の学部棟を公開した。新設された学部棟には、壁面全体に大型スクリーンを設置した教室や、eスポーツの専用施設を設置。AIやデータ分析、サイバーセキュリティなどの分野で活躍する人材の育成を目指す。(2022/3/22)

「2025年までに3割の企業が現場でAIを利用」:
「管理職が新しいテクノロジーを理解できていない問題」が深刻化 ガートナーが人材育成に関する展望を発表
ガートナージャパンは、テクノロジー人材の強化に関する展望を発表した。今後はテクノロジーを扱える人材が企業の存亡を大きく左右することになり、管理職にも新たなテクノロジーに関するリテラシーが必要になるという。(2022/3/9)

管理職に求められるスキルや振る舞いは? 現実とのギャップが明らかに
人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(旧トーマツ イノベーション、東京都千代田区)は、「組織・チームの在り方の変化に関する意識調査」を実施した。調査から分かった「求められる管理職の在り方」とは?(2022/2/24)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
終身雇用の保証より、どれだけ変化しても活躍できる人材の育成が人を活かす経営の新常識
雇用を守るということは、本当に人を大切にしているのだろうか。雇用を守る経営を、何十年も続けていくと、ボディーブローのように効いてきて、内向き志向で村社会になり、キャリア意識が低下する。そこで求められているのがキャリア自律、自律型人材である。(2022/2/21)

DXにノーコードは役立つのか? 正しい使い方の理想と現実
東京都の大規模なデジタル人材育成計画の中には、DXに向けたノーコード・ローコードツールの活用研修もある。DXを進める上でノーコードはどう使うと役立つのか、専門家の2人に聞いた。(2022/2/18)

「受講しただけ」を防ぎ、もっと人材を伸ばす
従業員の能力とエンゲージメントを同時に高める、学習支援の最適解とは
リモートワークが急速に広がる中、効率的な人材育成がこれまで以上に重要になった。従業員が自ら学びたくなる仕掛けだけでなく、従業員エンゲージメントを高められる学習プラットフォームが求められる。(2022/2/21)

東京都、大規模なデジタル人材育成計画 46ページに渡る基本方針公開
東京都はデジタル人材の育成方針を定めた資料「東京都デジタル人材確保・育成基本方針」を公開した。求めるデジタル人材像や、人材の確保や育成に向けた具体的な取り組みを明記した計46ページのPDFデータだ。(2022/2/10)

半導体拠点化、九州で加速 福岡で産学官協議会
県内に立地する世界トップシェア企業や九州大学などと連携し、技術開発や企業誘致、人材育成などに取り組む。(2022/2/3)

いまさら聞けないジョブ型雇用:
ジョブ型雇用では、どんな人材育成の仕組みが必要なのか?
ジョブ型雇用では、一人一人がジョブに適応する専門家として迎えられます。そのため、人材育成の内容は、専門性に応じた個別ニーズに応じたものが求められます。では、どのような仕組みが必要なのでしょうか?(2022/1/28)

いまさら聞けないジョブ型雇用:
ジョブ型に“適する人材” 要件はどのように定義するのか?
わが国の雇用は、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用へと移行する只中にあると考えられます。今回は、ジョブ型雇用の下で、人材育成ではどのようなことが必要になるかを考えてみたいと思います。(2022/1/26)

Intelがオハイオ州に最先端の大規模半導体工場を建設へ 200億ドル超を投資
米Intelは1月21日(米国東部時間)、オハイオ州に最先端の大規模半導体工場を2棟建設する計画を発表した。合わせて、建設のために200億ドル(約2兆2800億円)、地域人材育成のために地元の教育機関に1億ドル(約114億円)を投資することも明らかにした。(2022/1/24)

デジタル人材20万人育成へ Modisと日本マイクロソフトが協業開始
日本マイクロソフトとModisは、デジタル人材育成に向けた協業を開始する。DX推進を担うデジタル人材を2025年までに20万人育成することを目標とする。(2022/1/21)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン 2022 冬」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2022/1/17)

人工知能ニュース:
AI導入企業の約6割が「AI内製化」に前向きな姿勢、調査結果を発表
AI insideは、AIの内製化やAI人材育成状況などに関する調査結果を発表した。DX推進やAI活用の比率は低いものの、AI導入企業の約6割が、AI開発の内製化を進めていることが分かった。(2022/1/6)

65.7%の企業が「AI活用を進めていない」:
非導入企業に比べてAI導入企業の「自社開発や内製化の割合」は高い AI insideがAI活用に関する調査結果を発表
AI insideは、DX推進のためのAI活用やAIの内製化、AI人材の育成状況に関する調査結果を発表した。AIソリューションを導入している企業のうち自社開発に取り組んでいる割合は37.2%。人材不足が課題として挙がった。(2021/12/22)

NTTデータとAWSが協業強化 デジタル人材育成とR&D推進
NTTデータはAWSとクラウドを活用したデジタルビジネス推進を目的とした戦略的協業を2022年1月1日に開始する。顧客のDX推進体制の強化や、AWSを活用した新サービスの開発、人材育成や研究開発に取り組む。(2021/12/17)

NECとALBERTがDX支援サービスで協業 データサイエンティストによる伴走型支援とは?
NECとALBERTはAIを活用したDX支援サービスで協業する。DXが定着する。ソフトウェア提供とデータサイエンスによる伴走型支援で、顧客企業のDX人材育成とデータドリブン経営の定着を図る。(2021/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。