• 関連の記事

「予知・予言」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「予知・予言」に関する情報が集まったページです。

未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
Twitterでは「南海トラフ」がトレンド入りするなど、混乱を広げています。(2022/7/4)

マツケン×モンハンコラボを願った人、うっかり実現し予言者と崇められる 公式の数カ月前に「マツケンサンブレイク」と発言していた
あなたが神か。(2022/7/1)

従来よりも容易な予知保全を実現:
AIでモーターの「健康診断」、異常のしきい値は自動判定
アナログ・デバイセズは、最新の食品機械/装置などが展示される「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト)で、モーターの予知保全や異常検知に向けたセンシングソリューション「ADI OtoSense スマート・モーター・センサー(以下、OtoSense SMS)」を出展した。(2022/6/9)

設備の設置場所を問わず振動や騒音があっても診断可能:
PR:今まで諦めていた設備も診断できる新技術「高調波による予知保全」とは?
設備の老朽化による故障を未然に防ぐ「予知保全」へのニーズが今、拡大している。だが振動や音など外乱の多い製造現場では既存の手法がうまくいかないケースも多かった。そんな諦めていた設備でも診断可能な「高調波による予知保全」とは?(2022/4/22)

中古スマホの故障を“予知”して同一機種と交換 独自診断アプリ付き「NewsedPhone」
中古スマホ事業を行っているニューズドテックが、スマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」をプリインストールした「NewsedPhone」を販売。スマホカルテで故障診断し、“故障前サイン”が出たら、原則、同一端末と交換できる。故障を自分で調べたり店舗に出向いたりする負担を軽減する。(2022/3/31)

「真犯人フラグ」救世主“猫おばさん”に注目集まる 疑惑だらけの登場人物たちの中「もう猫おばさんしか信じられない」声多数
預言者? 未来人? 正体は謎のまま……。(2022/2/22)

PHM Conference 2021 in JAPANレポート:
PR:“品質+”の信頼性へシフトせよ、転換点を迎える製造業の挑戦をPHMが後押し
電通国際情報サービスがオンラインで開催したイベント「PHM Conference 2021 in JAPAN」では、「データ分析と故障予知がもたらす安全な未来」をテーマに、DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン、テトラ・アビエーション、ダイキン工業が登壇し、PHM(Prognostics and Health Management)と関連する業界動向や取り組み事例について紹介した。(2021/11/15)

人工知能ニュース:
予知保全は「いつもと違う」では不足、東芝の新AI技術は「なぜ違うか」も分かる
東芝は、測定した時系列データから対象となる機器の状態や動作を表現する物理モデルを自動で生成し、機器の「異常検知」に加え、従来は困難だった「異常発生の原因」となった物理現象を提示できるAI技術を開発したと発表した。(2021/11/5)

組み込み開発ニュース:
ミリ波レーダーで振動の非接触測定を実現、故障を予知する「CbM」向けに展開
アナログ・デバイセズがモーターなどの振動の変化から不具合発生を事前に検知できるCbM(状態基準保全)用のミリ波レーダー「miRadar CbM」について説明。さまざまなレーダー製品を手掛けるサクラテックと共同開発したもので、CbMで広く用いられている加速度センサーを搭載する振動計と異なり、非接触で振動を計測できる点が最大の特徴となる。(2021/11/5)

BAS:
ジョンソンコントロールズ「ゼロトラスト」に対応した通信にTempered Networksを選定、ビルシステムのセキュリティを強化
ジョンソンコントロールズは、BASのプラットフォームと位置付ける「OpenBlue」サービスに、社内外からのアクセスに関わらずVPNより安全にビルシステムにリモートアクセスできるネットワーク環境の「Tempered Airwall」を選定した。今回のパートナーシップにより、AIを活用した遠隔診断をはじめ、予知保全、コンプライアンスモニタリング、高度なリスク評価など、建物に関する各種サービスに対するサイバー攻撃から強固に守れるようになる。(2021/10/25)

堀ちえみ、 “奇跡の予言”で新居のワインセラーを救う 「地震が起きたら怖いから鍵を……」と発生前日に対策
これはファインプレー。(2021/10/12)

エスパーがエスパーに恋をした! 予知能力に逆らってでも実らせたい恋の漫画がキュンとする
予知能力では予測不能だった恋の行方。(2021/10/8)

スピン経済の歩き方:
経済事件を予言? ビジネスパーソンこそ『ゴルゴ13』を読むべき理由
すご腕スナイバー、ゴルゴ13ことデューク東郷の活躍を描く漫画『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかを氏がお亡くなりになった。政治家や官僚など幅広い層に支持されているわけだが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンこそ読むべき」だという。どういう意味かというと……。(2021/10/5)

PR:産業機械大手・コマツ産機 専門知識がなくても“異常予知AI”を構築できた理由
(2021/9/28)

「一週間後に車にひかれて死ぬ」 災難を予知して他人に移せる少女と死を予言された少年、2人の選択描いた漫画が刺さる
誰かを身代わりにして災難を逃れられるとしたら?(2021/8/23)

組み込み開発ニュース:
火山の噴火予知につながる!? 世界最小の波長掃引量子カスケードレーザーを開発
NEDOと浜松ホトニクスは、同社独自のMEMS技術と光学実装技術を活用することにより、従来製品の約150分の1となる「世界最小サイズ」の波長掃引QCL(量子カスケードレーザー)を開発した。火口付近の火山ガスを、長期間かつ安定的に、リアルタイムでモニタリングできる持ち運び可能な分析装置の実現につなげられる。(2021/8/18)

製造ITニュース:
需要予測や在庫適正化のAIソリューション実現に向けてウイングアークが協業
ウイングアーク1stは、製造業でのAI活用推進を目的としたソリューション開発について、ジールおよびデータブリックス・ジャパンと協業する。製造業における需要予測や予知保全、在庫適正化を支援するソリューションを提供していく。(2021/6/28)

10分後の自分から届く「予言」、不思議な力を持つ青年の漫画に引き込まれる
予言のメッセージ、その正体とは?(2021/6/11)

「Lattice Automate」:
FAを容易に実現可能な低消費電力FPGAソリューション
Lattice Semiconductor(以下、Lattice)は2021年5月17日、FA(ファクトリーオートメーション)向けに、同社の低消費電力FPGAやソフトウェアなどをまとめた「Lattice Automate」を発表した。日本法人であるラティスセミコンダクターは、「予知保全などの新しい技術に対応する産業用システムを迅速かつ容易に開発できるようになる」と説明する。(2021/5/18)

FAニュース:
汎用インバーターシリーズを大幅に刷新、業界最高クラスの応答性に
富士電機は、汎用インバーター「FRENIC-MEGA」シリーズを大幅に刷新した。応答性を業界最高クラスに高めて生産効率を向上したほか、予知保全機能の追加や冷却機構の見直しがなされている。(2021/4/16)

FAニュース:
オンライン異常予兆検知システムのスターターパック付きライセンス販売
アズビルは、オンライン異常予兆検知システムのスターターパック付きライセンス「BiG EYES EM」の販売を開始した。AI診断やリモート予知保全の活用、導入から運用までのサポートを通じ製造機械メーカーのDXを推進する。(2021/3/23)

可聴音から超音波まで検出できる:
新日本無線、アコースティックセンサーを開発
新日本無線は、可聴音から超音波まで検出できる防水接触型アコースティックセンサーを開発、サンプル出荷を始めた。生産設備の故障予知信号をより早く検知し、早期に対策を行うことで、突然の生産ライン停止などを防ぐことができる。(2021/2/10)

TechTarget発 世界のITニュース
AWS、製造業向け機械学習サービスを発表 産業機器の予知保全と品質管理を支援
AWSは製造業向けに、機械学習を生かした新たなサービスを発表した。産業機器の保全や品質管理を支援するために、ハードウェアやソフトウェア、クラウドサービスを組み合わせて提供する。(2020/12/28)

エッジコンピューティング:
AWSがエッジへの浸透強める、製造業が求める予知保全とAIカメラを実現
Amazon Web Services(AWS)は、オンライン開催となったユーザーイベント「AWS re:Invent 2020」において、製造業をはじめとする産業分野を対象とした5つの機械学習ソリューションを発表した。(2020/12/3)

AIによる予知保全を可能に:
ルネサス、モーター制御用マイコン4製品を発売
ルネサス エレクトロニクスは、Armコアを搭載した32ビットマイコン「RAファミリー」として新たに、モーター制御用マイコン「RA6T1」グループ4製品の量産を始めた。「Google TensorFlow Lite」を活用すれば、モーターシステムの予知保全が可能となる。(2020/10/30)

FAニュース:
予知保全や要因分析に活用、インバーター駆動対応の小形ギヤモーターIoT仕様
椿本チエインは、インバーター駆動対応の「つばき小形ギヤモータ IoT仕様」を発表した。異常発生時のモーター停止やアラーム出力による装置の予知保全、トラブル発生時の要因分析に活用できる。(2020/10/16)

完全に「ぷっ」すまだ! 「なぎスケ!」シーズン2決定、大熊アナの2年前の“予言”が的中してしまう
“クイズ関係の仕事”と聞いていた大熊アナ。(2020/10/14)

月刊『ムー』の生配信イベント中にUFOが生出現か 「ムー×ミクサ ミステリー調査班 MMMR」第1回配信レポート
月刊『ムー』編集長からは“最強の予言者”に関する情報も……。(2020/9/15)

医療機器ニュース:
生活データとAIで高齢者の虚弱を予知、産学連携のプロジェクトが始動
日立グローバルライフソリューションズと東京大学高齢社会総合研究機構は、高齢者が要介護に至る前の虚弱の予兆を検知する、ソリューションの開発プロジェクトを開始した。生活データとAIで日常生活の活発度を可視化し、虚弱の予兆を検知する。(2020/7/30)

製造ITニュース:
機器の故障予知や生産品検品を自動化する5G対応ソリューション
NTTドコモとシナプスイノベーション、ブレインズテクノロジーは共同で、機器の故障予知や生産品検品の自動化を可能にする製造機器一括分析ソリューション「FAAP」を発表した。5Gネットワークに対応し、大容量データを即時分析できる。(2020/7/21)

製造ITニュース:
工場設備のデータ収集から診断、通知まで予知保全に必要な機能をまとめたシステム
東京エレクトロンデバイスは、工場設備の稼働状態を容易に監視できる予知保全プラットフォーム「CX-D」を発売した。設備からのデータ収集やデータの可視化、変化監視、状態診断、通知など工場設備の状態監視に必要な機能を統合している。(2020/7/10)

AIで危険も予知……!! 新型「レクサス LS」初公開 凄腕ドライバー仕込みの運転支援機能を搭載
テーマカラーは「銀影(ぎんえい)ラスター」、名前もスゴいぜ……!(2020/7/8)

アナログ回路設計講座(36):
PR:状態監視用スマートセンサー、将来の保守作業に向けて求められる要件とは?
予知保全を実現する状態監視用スマートセンサーの機能、求められる要件、主要な特性などについて説明します。(2020/7/6)

FAニュース:
故障予知可能なすべり軸受や効率的なケーブルガイドシステム、省人化に貢献
モーションプラスチック製品や可動ケーブルなどを展開するドイツのigusは2020年5月20日、同社の本社に設置した展示会場からオンライン記者会見を実施し、2020年の戦略や主力製品の発表を行った。(2020/6/10)

「タイガーキング」とおそろい! マイリー・サイラス、“世界一ダサい”髪形「マレット」の復活を12年前に予言していた
ダサいって言う方がダサいでしょ!(2020/5/25)

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:
【4年前の今頃は?】VRで会社から帰ったつもりになる「仮想帰宅」がディストピア過ぎると話題に ある意味予言かも?
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/5/4)

「AKIRA」を今見るべき「3つ」の理由 大友克洋の予言者ぶりをあらためて考える
「AKIRA」をこの世に送り出した大友克洋は、あらためて予言者である。(2020/4/12)

製造業IoT:
NTTドコモの5Gは製造業を強く意識、工場の故障予知サービスもワンストップ提供
NTTドコモが2020年年3月25日から次世代移動通信方式である5Gを用いた通信サービスを提供開始する。これまでの新たな移動通信方式のサービス開始の発表と大きく異なるのは、一般ユーザー向けにとどまらず、製造業をはじめとする企業利用を前提としたB2B向けソリューションも同時に発表している点だ。(2020/3/19)

立ちどまるよふりむくよ:
iPadを予言してから14年が過ぎました
いきなりのコラム、失礼します。自分のことを少し語ります。(2020/1/29)

「アイドルマスター」新作、PS4とSteamで発売決定! 歴代シリーズからアイドル集結、早くもトーマスMod登場に期待する声も
絶対トーマスプロデュースModが出る(予言)。(2020/1/20)

ワンオクTaka、小6当時の担任教師の“予言”に反響 「素敵な先生だね」「なんでか泣きそうになりました」
小学生のころからエンターテイナーの才能を発揮していたTakaさん。(2020/1/5)

予知保全に特化したMATLABソリューションが登場:
PR:予知保全システム構築で直面しやすい“3つの課題”とその解決法
機器、システムが故障する時間、場所を“予知”し、適切なタイミングで修理、メンテナンスを行う『予知保全』が大きな注目を集めている。ただ予知保全の導入は、容易だとは言い難く、導入を阻む“3つの課題”が存在する――。本稿では、予知保全システム導入を阻む3つの課題を解決する方法を提案する。(2019/12/17)

「ヒーロー物の世界が現実に!」 31年前の特撮ヒーロー「世界忍者戦ジライヤ」主演俳優が本当に戸隠流忍法三十五代目を継承
最終回のナレーションは予言だった?(2019/12/6)

最短1時間前の人口分布をリアルタイムで表示 NTTドコモが2020年に開始へ
NTTドコモは、統計情報提供サービス「モバイル空間統計」で、新たに「国内人口分布統計(リアルタイム版)」の提供を開始する。最短1時間前の人口が10分ごとに分かり、需要予測や渋滞予知をより緻密に把握できるようになる。人口分布を直感的に表示する「可視化システム」も併せて提供する。(2019/12/4)

IIoT向け製品を一挙公開:
5kHzの高周波も検知する加速度センサー、STマイクロ
STマイクロエレクトロニクスは、「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で、5kHzの高周波も検知する加速度センサーによる予知保全や組み込みAI(人工知能)を用いた画像認識など、同社が展開するIIoT(インダストリアルIoT)をターゲットにした製品とそのデモを展示した。(2019/11/26)

危険予知:
気象情報から労働災害を予知する新システム、安藤ハザマとライフビジネスウェザー
安藤ハザマとライフビジネスウェザーは、気象情報から起こりうる労働災害を推測し、電子看板やメールで注意喚起情報を配信する危険予知システムを共同開発した。データに裏付けられた客観的な情報から労働災害の発生可能性を予知することで、広く具体的な視点からの労働災害対策が可能となる。(2019/10/25)

スマートファクトリー:
設備停止が命取りになる装置産業、日本製紙が予知保全に取り組むまで
「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」(2019年7月24〜26日、東京ビッグサイト)のモノづくり特別講演会に、日本製紙 北海道工場 白老事業所 工務部長代理兼白老電装課長である藤山道博氏が登壇。「製紙工場における設備保全の取り組みとIoT(モノのインターネット)活用」をテーマに独自の保全ソリューション「e-無線巡回」を導入した効果や、今後の取り組みを紹介した。(2019/8/20)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
PC・クラウド不要の「インテリジェントカメラ」、建機搭載で危険をAI検知
ここ最近、人間の肉眼と似たような機能をAIで代替する「インテリジェントカメラ」が、建設現場でも危険予知や現場管理の目的で導入される機会が増えてきている。レグラスが提供している製品は、カメラ上でエッジ処理を行うため、PC、クラウド、GPUが不要で、現場に合わせて2眼/4眼タイプを選択することができる。(2019/8/20)

MEMS加速度センサー採用で安価に:
10kHzまで測れる振動センサー、手軽に装置の予知保全
振動発生器や振動測定器を手掛けるIMVは2019年7月17日、新しい振動ピックアップ(振動センサー)「VP-8021A」を発表した。VP-8021Aの最大の特長は、MEMS加速度センサーを採用しながら、従来の一般的な圧電式振動ピックアップの計測範囲に近い8kHz周辺まで対応しているという点だ。(2019/7/18)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
東大発ベンチャーが打ち破るLPWAの限界、マルチホップ無線「UNISONet」の可能性
東京大学発ベンチャーのソナスが開発した省電力のマルチホップ無線「UNISONet」は、LPWAネットワーク技術として独自のポジションを築いている。橋梁やビルなどの構造物振動モニタリングの用途で、本格採用に向けた実証実験が進んでおり、工場や倉庫内設備の予知保全という新たな用途に向けた事業展開も広げようとしている。(2019/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。