• 関連の記事

「画像解析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像解析」に関する情報が集まったページです。

実店舗、劣勢か:
今こそ、小売店舗改革 メーカーと消費者に選ばれ続ける「売り場」を実現する3つの視点
メーカーと小売企業の関係性が少しずつ変わり始めている。メーカーは店頭販売への依存度を減らし、通販サイトやD2Cなどのオンライン販売強化に急ぐ。店舗の「売れる棚の取り合い」よりも「インターネット上でどう勝ち抜くか」の比重が高まっているのだ。「売り場」の力をメーカーに訴求するために小売企業はどのような取り組みをすべきか?(2022/6/27)

スマートファクトリー:
PR:製造業の課題をローカル5GとAIで解決、愛媛県が挑む「地域シェア型スマート工場」
製造業における少子高齢化による労働力不足、技能伝承に関する問題が顕在化している。特に地方での人材不足は深刻化しており、課題解決に向け試行錯誤が行われているところだ。その中でデジタル技術を活用した独自のアプローチで地域製造業の活性化に取り組んでいるのが愛媛県だ。愛媛県が進めた「ローカル5Gを活用した地域シェア型スマート工場」の実証実験について紹介する。(2022/6/27)

製品動向:
風力発電設備のブレード点検システムを開発、センシンロボティクス
センシンロボティクスは、日立パワーソリューションズと共同で風力発電設備のブレード点検システムを開発した。開発にあたっては、センシンロボティクスが保有する業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN CORE」の機能をベースにすることで、短期間で高性能のブレード点検システムを創出した。(2022/6/24)

日本ものづくりワールド 2022:
類似図面検索や発注実績のひも付けなど図面データ活用でDXを推進する新サービス
製造業向け受発注プラットフォーム「CADDi」を手掛けるキャディは、「日本ものづくりワールド 2022」(リアル展、東京ビッグサイト、2022年6月22〜24日)内の「第34回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展し、同年6月22日から正式提供を開始した図面データ活用クラウドシステム「CADDi DRAWER」を訴求していた。(2022/6/23)

Microsoft、性別や感情を解析するAI顔認識ツールのAzureでの提供を停止
Microsoftは「Azure Face」の一部の機能提供を停止し、APIへのアクセスを制限すると発表した。音声版ディープフェイクの可能性のある「カスタムニューラル音声」へのアクセスも制限する。同社の「責任あるAIの原則」更新の一環だ。(2022/6/22)

物流のスマート化:
パナソニックの物流ショーケース、彩都パーツセンターが見せる「ウラの競争力」
パナソニック コネクトが「現場プロセスイノベーション」の物流分野における自社実践の場とする彩都パーツセンターを報道陣に公開。2018年10月の稼働開始から、生産性分析の工数削減やピッキング効率の向上、コストの適正化などで成果を上げており、今後はこれらの自社実践ソリューションをSaaSアプリケーションとして切り出し外販していく計画である。(2022/6/20)

FM:
AI画像解析サービスを佐賀国際空港旅客ビルの利用者数カウントに導入、オプティム
オプティムは、佐賀ターミナルビルが運営・管理する九州佐賀国際空港旅客ビルで、リアルタイムAI画像解析サービス「OPTiM AI Camera Enterprise」を用いて、利用者数をカウントする取り組みをスタートした。(2022/6/13)

Japan Drone2022:
後処理キネマティック測位対応国産ドローンを発売、エアロセンス
エアロセンスは、2周波GNSS受信機内蔵・後処理キネマティック測位対応ドローン「エアロボPPK(AS-MC03-PPK)」の受注をスタートした。エアロボPPKは、国産市販機として初めて後処理キネマティックに対応した測量専用ドローン。さらに、2周波GNSS受信機により算出した機体の位置情報と撮影時刻の情報を基に、飛行後に、ドローンで撮影した画像と統合処理することができる。これにより、一般的な写真測量に求められる対空標識の設置数を減らせ、精度の高い測位情報を得られる。その結果、i-Construction基準である±5センチ以内の測量精度を実現しながら、広域の写真測量では所要時間削減に役立つ。(2022/6/10)

PR:映像AIが人手不足を解消する 製造・小売の現場を変える先端テクノロジー
(2022/6/9)

AI:
AIモデルを用いた地中埋設探査システムを開発、戸田建設
戸田建設は、富士通やきんそくとともに、地中埋設管の破損事故を未然に防ぐための埋設探査で、AIモデルを用いて埋設管を効率的に検出する埋設探査システムのプロトタイプシステムを開発した。さらに、2021年6〜11月にかけて試験運用によりシステムの有効性を確認し、2022年4月より実用化に向けたシステムの構築を開始した。(2022/6/2)

ドローン:
九電とオプティムがダム遮水壁の点検業務をドローン×AIでコスト40%削減
九州電力とオプティムは、ドローンとAI解析技術でダム遮水壁の点検業務を高度化かつ効率化する新たな点検手法を確立した。(2022/6/1)

日本製鉄、統合データプラットフォーム「NS-Lib」を構築 2030年までに全従業員をDX人材化
日本製鉄は、統合データプラットフォーム「NS-Lib」を構築した。経営上必要なデータをNS-Libでカタログ化して集約し、迅速な意思決定や課題解決につなげる。(2022/5/31)

導入事例:
盛土材料の品質を簡易に確認できる新装置、西松建設
西松建設は、西華デジタルイメージと共同で、一般土工事などに使用される土砂の品質を対象に、現場で効率的に管理できる画像解析技術を用いた品質確認装置を開発した。今回の品質確認装置を開発したことで、盛土や埋め戻しなどに使用する土砂の品質を適切に管理し、一般土工事の品質向上につながる。同社は、既に現場で品質確認装置の実証試験を行っており、今後は各現場に応じた測定方法を確立し、装置の実用化を進めていく予定だ。(2022/5/31)

ワイヤレスジャパン 2022:
ソフトバンクは今まで以上に「5Gらしさを追求」 5G SAと5G-Advancedによる“真の5G”へ
5月25日から開催されている「ワイヤレスジャパン 2022」。2日目の26日には、ソフトバンクの常務執行役員 兼 CNO(Chief Network Officer)の関和智弘氏が、「ソフトバンクが目指す超デジタル化社会」と題して講演し、ソフトバンクが5Gや5G-Advancedの技術を活用して社会を変革する取り組みについて語った。(2022/5/27)

製造現場向けAI技術:
目視と比較して解析時間を約6割削減、人の視覚を代替する画像解析AIサービス
SOLIZEは、製造業における目視判断を代替する画像解析AIサービス「Alt Viz」の提供を開始する。製造業の上流工程から下流工程まで、人間の単純な視覚による判断をAIで代替する。(2022/5/27)

製造IT導入事例:
タンパク質の構造解析をAWSでクラウド化、膨大な計算も約7倍高速に
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)は2022年5月25日、高エネルギー加速器研究機構(KEK)とAWSのサービスを活用して構築した、タンパク質の構造解析を行うためのクラウドプラットフォーム「GoToCloud」についての説明会を開催した。さらに、AWSとKEKの間で、「GoToCloud」の今後の展開を見据えた連携強化を図っていくと発表した。(2022/5/26)

線路や駅の安全、忘れ物 AIが見張り JR西、労働力削減
鉄道の保守・点検や観光案内などに人工知能を活用する動きが広がっている。(2022/5/25)

PR:AIで心疾患を見つけ出せ――医療現場のAI活用、その現状を追う AIは「勉強熱心で優秀な研修医」になるのか
(2022/5/20)

PR:AIやDXは事業サイクルを加速させる武器だ――松尾豊教授が語る 企業のAI活用を後押しするセミナーを徹底レポート
(2022/5/13)

攻めの企業経営に求められるデータトレンド:
「データの民主化」を実現せよ データ人材の育成に向けて“まず企業がすべきこと”
変化の激しい時代、データの活用は今や企業経営に必要不可欠となっています。本稿はデータに基づいた意思決定を迅速に行う“攻めの企業経営”を進める上で覚えておくべき3つのデータトレンドを前後編で紹介します。(2022/5/17)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(12):
【第12回】「見えないものを見る」AIとセンシング技術の可能性
連載第12回は、AIとセンシング技術を組み合わせて、肉眼では見えないインフラ構造物の内部を調べる新たな手法について解説します。(2022/5/13)

鉄道版「ドラレコ」7割導入 安全を追求 福知山線脱線事故17年
鉄道版「ドライブレコーダー」の設置状況について、産経新聞がJRと大手私鉄の計22社を対象に調べたところ、約7割が導入していることが明らかになった。JR福知山線脱線事故から17年。専門家はドラレコのさらなる広がりに期待を寄せる。(2022/4/25)

製造マネジメントニュース:
コニカミノルタとソフトバンクが協業、AIやIoTによる映像/画像解析領域で
コニカミノルタは、AIやIoTを活用した映像、画像解析領域における戦略的協業について、ソフトバンクと合意した。両社のプラットフォームを相互接続することで、顧客企業は用途に応じて最適なAIモデルやデバイスを利用可能になる。(2022/4/14)

再エネ100% パナ、吹田の先端都市公開
街の中の電力を実質的にすべて再生可能エネルギー由来の電力で賄うのは、先端技術を活用したスマートシティーでは日本初という。(2022/4/12)

3D実装技術でサーバのパフォーマンスが飛躍的に向上:
PR:AMDが“夢のある技術”を載せたサーバCPUを提供開始、企業はこれをどう使いこなせるか
AMDがサーバCPU「EPYC(エピック)」シリーズで、開発コードネーム「Milan-X」と呼んでいた新たな製品の出荷を開始した。これまで先駆的な取り組みを続けてきたAMDは、今回も最先端の「夢のある技術」をEPYCシリーズで投入したという。Milan-XはどのようなCPUなのか。(2022/4/15)

ブランドは1日にしてならず:
緑茶リニューアル対決 シェアトップの伊藤園が、"定番"でも変化し続ける理由
お〜いお茶』に15年以上に携わってきた伊藤園マーケティング本部 緑茶飲料ブランドマネジャーの安田哲也氏に、緑茶界の”横綱”伊藤園『お〜いお茶』のマーケティング戦略と、22年の新たな挑戦を聞いた。(2022/4/7)

「仕事のAI」は日本企業のDXをどう変えるか:
PR:DX推進に活用すべき企業の“遊休資産”とは? リコーがAIビジネスに取り組む理由
複合機などOA機器のイメージも強いリコーが、AIを活用したDX支援サービスの提供を開始した。その名も「仕事のAI」。20年前から研究開発をしていたというAI領域で、同社が有する強みとは。そして“仕事のAI”は遅れがちな日本企業のDXをどう変革するのか。(2022/3/31)

AutoML OSS入門(終):
最も人気なAutoML OSSは? 注目のAutoMLクラウドサービスも紹介
AutoML OSSを紹介する本連載最終回は連載内で紹介したOSSの比較と、これまでに紹介できなかった幾つかのOSSやAutoMLクラウドサービスを概説します。(2022/3/24)

企業のDX志向は高く、IT投資は増加傾向 2030年度のDXソリューション市場は5兆円超へ――富士キメラ総研予測
富士キメラ総研によると、コロナ禍によるリモート化や顧客接点の改革、内製化などのニーズが高まり、国内企業のDX関連投資は増加傾向にあり、2030年度のDXソリューション市場は5兆1957億円に達する見通しだ。(2022/3/18)

東京海上日動 被災データで最適支援 ボランティア後押し 細かく需要把握
東日本大震災の発生から11日で11年を迎える。同大震災以降も大規模自然災害が相次ぎ被災者支援に向けた動きが活発化する中、東京海上日動火災保険は災害ボランティア支援団体との協業を始めた。(2022/3/11)

東京海上日動 データ活用で最適支援 ボランティア後押し 細かく需要把握
東日本大震災以降も大規模自然災害が相次ぎ被災者支援に向けた動きが活発化する中、東京海上日動火災保険は災害ボランティア支援団体との協業を始めた。2022年度からは契約者の被害状況に基づくデータの有効活用と、それによる被災地支援の最適化に乗り出す。(2022/3/11)

サステナブル設計:
大和研究所、再生材使用率95%のリサイクル材料や低温はんだを「ThinkPad」へ
レノボ・ジャパンは、オンライン記者説明会「レノボ大和研究所 サステナブルな製品開発について」を開催し、「ThinkPad」に代表されるレノボ製PCにおけるサステナブルな製品開発の取り組みと、パートナー企業との協業により実現した環境負荷を低減させる要素技術について説明した。(2022/3/9)

ものづくりを進化させる研究拠点:
ヨコオ、富岡工場の敷地内に新技術棟を建設へ
ヨコオは、富岡工場(群馬県富岡市)の敷地内に新技術棟「MPセンター(Micro Process R&D Center)」を建設する。同社のものづくりを進化させていくための研究開発拠点となる。(2022/3/4)

新建機:
大成建設らが自動運転リジッドダンプを開発、全ての運搬作業を自動化
大成建設と小松製作所は、土砂の運搬や排土作業といった全ての運搬作業を自動で行えるリジッドダンプ「T-iROBO Rigid Dump」を開発した。今後、両社は、実現場でT-iROBO Rigid Dumpの検証を継続し、高度な自動化と複数台での自動連携を視野に入れた技術開発を進める。(2022/3/4)

イノベーションのレシピ:
花王の新たな“道しるべ”となるか、PFNと仮想人体生成モデルを共同開発
花王とPreferred Networks(PFN)は「仮想人体生成モデル」を開発した。健康診断などで得られる身体データから、ライフスタイルや性格傾向、嗜好性、ストレス状態など1600以上の項目を網羅し、ある項目のデータを入力すると別の項目の推定データを出力できる。花王は同モデルをAPI経由で提供する新規デジタル基盤事業の準備を進める方針だ。(2022/3/1)

【新連載】プラマイデジタル:
転んでもタダでは起きない Apple Watchだけじゃない、転倒検出機能が注目される理由
注目されるデジタルテクノロジーをプラスとマイマスの両方から考察する、ジャーナリストの野々下裕子さんによる連載コラムがスタートしました。第1回は、Apple Watchで知られた「転倒検出機能」について。(2022/2/26)

KDDIが「5G SA」商用化、AbemaTVの中継で活用 個人向けは22年夏以降
KDDIは2月21日、法人向けに5G SA(スタンドアロン)方式のモバイル通信サービスの提供を開始した。21日にAbemaTVで配信された番組で5G SAの商用ネットワークを活用した生配信を実施する。個人向けサービスは2022年夏以降をめどに提供予定としている。(2022/2/21)

人工知能ニュース:
新たにAmazon KVS対応機能を備えたAI搭載カメラ
パナソニックのAI搭載カメラ「VRK-C301」が、新たにAmazon Kinesis Video Streamsへの対応機能を備えた。カメラの映像をAWSにストリーミングして保存でき、その映像を他のAWSサービスからディープラーニング用の学習環境構築などに利用できる。(2022/2/17)

「ロケット開発は他のものづくりと変わらない」:
サイバーエージェント藤田晋社長と堀江貴文氏が語る宇宙ビジネスの未来
サイバーエージェントの藤田晋氏とIST創業者の堀江貴文氏が、今後の宇宙ビジネスの展望と課題を語り合う。(2022/2/17)

AutoML OSS入門(10):
Google発、ニューラルネットワークの構築に特化したAutoML OSS「Model Search」
AutoML OSSを紹介する本連載第10回は、「Model Search」を解説します。Model Searchは、TensorFlowをベースとしたDeep Neural Networks(DNNs)の構築に特化したGoogle発のOSSです。(2022/2/17)

製造IT導入事例:
茶葉の品質をスマホでAI分析、伊藤園が新技術開発
伊藤園は2022年2月9日、AI(人工知能)の画像解析による荒茶の品質推定技術を開発したと発表した。同年春ごろから同社製品の一部産地で試験運用を開始する。(2022/2/15)

ドローン:
日立パワーが風力発電風車のブレードトータルサービスを発表、点検時間は3分の1
日立パワーソリューションズが、ドローンとAIを用いて風力発電風車のブレードの点検に加えて、保守計画立案、損傷や劣化箇所の補修などもワンストップで行うブレードトータルサービスを発表。点検に伴う設備停止時間を従来比で3分の1に短縮できるのが特徴だ。(2022/2/14)

伊勢の「昭和」な食堂が店舗DXで生産性爆上げ その時社長は何をしたのか
デジタルをうまく活用すれば地方の昭和な食堂の経営はここまで変わる。平均客単価3倍、従業員のスキル向上と事業拡大も実現、海外ITベンダーとも取引する地方の老舗食堂のビジネスはITでどう変わったか。代表の講演から具体的な施策を見ていく。(2022/2/1)

AutoML OSS入門(9):
Microsoftが開発、Web UIで学習状況を可視化するAutoML OSS「Neural Network Intelligence」
AutoML OSSを紹介する本連載第9回は「Neural Network Intelligence」を解説します。Neural Network Intelligenceは、ハイパーパラメーターチューニングやニューラルアーキテクチャ探索、モデル圧縮、自動特徴量エンジニアリングなどの機能を持つツールキットです。Web UIで学習の進行状況や結果を確認できます。(2022/1/31)

ETロボコン2021:
2回目のオンライン開催は何が変わった? 保険会社の活躍など新しい風も〜ETロボコン2021チャンピオンシップ大会〜
2021年のETロボコンは、前回に引き続き。シミュレーターを活用した完全オンライン開催となった。20回目の節目を迎えたETロボコンだが、2回目となったオンライン開催では何が変わったのだろうか。(2022/1/27)

35歳定年説は正しいのか:
40歳以上のITエンジニアを採用する動きが加速
paizaは40歳以上のITエンジニアの転職動向に関する調査結果を発表した。40歳以上の転職先ではインターネット企業が圧倒的に多く、比較的小規模の企業が目立つ。技術力と管理能力を求めて、40歳以上まで幅を広げて人材を探しているためだ。(2022/1/25)

AI:
ルクレ、工事用電子小黒板を自動作成するAI技術で特許取得
ルクレは、鉄筋コンクリート工事用の電子小黒板を自動作成するAI技術「電子小黒板生成装置および電子小黒板生成方法」で特許を取得した。同技術を「e-Kokuban」として施工管理クラウド「蔵衛門」に搭載し、配筋検査用写真の準備時間を削減するという。(2022/1/18)

小型観光船の自動運転に成功、世界初 船員不足の解消に期待
日本財団が、世界で初めて小型観光船の無人航行に成功した。横須賀市の猿島と新三笠桟橋の間、約1.7kmの距離を離着岸含め、無人運行した。この技術により、国内の船員不足の解消が期待できるという(2022/1/11)

医療技術ニュース:
血小板凝集塊の出現頻度で新型コロナの重症化リスクを予測
東京大学は、新型コロナウイルス感染症の患者の約9割に、過剰な数の循環血小板凝集塊が存在することを発見した。その出現頻度は、重症度、死亡率、呼吸状態、血管内皮機能障害の程度などと強い相関が認められた。(2022/1/11)

PR:イマドキの“監視システム”を知っているか? AIで自動化、音声で警告――「撮って見返す」を拡張し、業務を省人化
(2021/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。