• 関連の記事

「画像解析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像解析」に関する情報が集まったページです。

物流のスマート化:
出荷前製品の数をAIが自動算出 物流現場の作業時間を約30%減らすソリューション
両備システムズは、トラックなどによる荷待ち時間の削減に貢献するAI画像ソリューションの提供を開始する。(2024/6/13)

医療分野での「生成AI」活用例【前編】
「生成AI」で医療現場が進化する? 代表的な活用例“6選”
医療分野における生成AIの活用が広がっている。どのような用途で生成AIが使われているのか。医療分野における6つの活用例を紹介しよう。(2024/6/7)

房野麻子の「モバイル新時代」:
スマホの電話番号を乗っ取られる「SIMスワップ」被害が増加 求められる対策とは?
ここ最近、「SIMスワップ」「SIMハイジャック」といった言葉が世間を騒がせている。一般に知られるようになったきっかけは、4月に起こった東京都の都議会議員と、大阪府八尾市の市議会議員の被害だ。(2024/5/30)

山岳トンネル工事:
トンネル坑内作業の状況を画像解析AIが判定、施工管理業務を効率化 清水建設が開発
清水建設は、山岳トンネル工事の施工管理業務を効率化する情報共有ツール「AIサイクル自動判定システム」を開発した。Webカメラのライブ映像からトンネル坑内作業の状況を画像解析AIで自動判定し、チャットツールを通じて施工関係者へリアルタイムに展開する。(2024/5/27)

研究開発の最前線:
ナノスケールで強誘電体における分極反転挙動の観察手法を開発
東北大学と東京工業大学は、新しい顕微鏡手法「局所C-Vマッピング法」を開発した。ナノスケールの空間分解能で、強誘電体における分極反転電圧の面内のばらつきを観察できる。(2024/5/22)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
簡単尿かけ20秒、尿中ナトリウム/カリウム比測定で健康管理に貢献
医療テクノロジーの展示会「Medtec Japan 2024」(2024年4月17〜19日/東京ビッグサイト)に取材に行ってきました。たくさんの興味深い展示の中に、高血圧の筆者がとてもうれしい血圧管理に関する技術を展示する企業がありました。(2024/5/20)

24時間止まらないごみ焼却施設 不足する人手をカバーする切り札はAI導入と遠隔操作
ごみ焼却施設の稼働を人工知能(AI)や遠隔操作を活用して自動化、省力化する取り組みが進められている。日々大量のごみが送られてくる焼却施設は24時間安定して稼働させなければならないが、人手不足に加え、人口減少でコスト削減が必要になるなど課題が多い。(2024/5/16)

従来法に比べ観察時間も大幅短縮:
強誘電体の分極反転挙動をナノスケールで観測
東北大学と東京工業大学の研究グループは、強誘電体の分極反転挙動をナノスケールの空間分解能で、かつ短時間に観測できる顕微鏡手法を開発した。材料特性の改善や新たなデバイスの開発につながるとみられる。(2024/5/7)

Medtec Japan 2024:
アトピー性皮膚炎の診断支援に向けたAI画像解析技術、広島大学
広島大学は「Medtec Japan 2024」(2024年4月17〜19日/東京ビッグサイト)に出展し、AI(人工知能)画像解析技術を応用して、アトピー性皮膚炎や大腸がんの診断を支援する研究などの成果を展示した。(2024/5/7)

進化は「オンデバイスAI」だけじゃない
クアルコムの“AIスマホ向け”新SoC「Snapdragon 8s Gen 3」は何がすごい?
「オンデバイスAI」に注力するQualcomm Technologiesが発表した「Snapdragon 8s Gen 3 Mobile Platform」は、どのようなSoCなのか。その特徴を紹介する。(2024/4/27)

医療機器ニュース:
3D画像の視認性が向上した、3D画像解析システムを発売
富士フイルムは、3D画像解析システムの最新版「SYNAPSE VINCENT Ver7.0」を発売した。3D画像の視認性が向上したほか、術前シミュレーションの機能を強化し、新しい画像観察方法を提供する。(2024/4/25)

Google、ハードウェアとAIの部門を再編 トップはオステルロー氏に
GoogleのピチャイCEOは、AI推進の一環として、AI、ハードウェア、ソフトウェアを融合させる部門再編を発表した。新設Platforms & Devicesチームを率いるのはPixelなどのハードウェアトップだったリック・オステルロー氏。(2024/4/19)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、明治の活用法 社内アイデアソンで生まれた案は?
大手菓子メーカーの明治は1月から社内生成AI「meiji AI Talk」の活用を始めた。活用アイデアの創出に向け、社内ではどのような取り組みをしているのか。(2024/4/18)

OpenAI Japan設立 岸田首相への宣言から1年 日本語特化GPT提供へ 速度3倍コスト半減
OpenAIがアジア初の拠点として「OpenAI Japan」を設立。日本語に特化したGPT-4カスタムモデルの提供も発表した。(2024/4/16)

Meta、InstagramのDMでのヌード画像自動ぼかしのテスト開始 未成年者保護で
Metaは、InstagramのDM内のヌード画像をぼかす機能のテストを開始した。未成年を虐待や性的搾取詐欺から守る取り組みの一環だ。(2024/4/12)

生成AI 動き始めた企業たち:
書面の監査業務「25→12時間」に半減 生成AI、旭化成の活用策は?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第18回は、旭化成の取り組みを紹介する。各事業分野に特化した独自のAIモデルの構築を目指すという同社。どのような価値観のもと、生成AI活用を進めているのか。(2024/4/11)

製造現場向けAI技術:
AIを活用した設備異常検知システム、正常データのみで閾値まで提案
バルカーはRidge-iとともに回転機器の振動、超音波センシング全般に対応可能なAI技術を開発し、同技術を搭載した設備異常検知システム「VHERME(ベルム)」を共同開発した。(2024/4/10)

Cloudflare、CDNエッジで生成AIを実行できる「Workers AI」正式リリース 世界150都市のデータセンターでGPU基盤を提供
米Cloudflareは、同社のグローバルに展開するCDNのエッジで生成AIの推論処理を実行できる「Worker AI」の正式サービス化を発表しました。(2024/4/4)

スマートコンストラクション:
スマホで使える土木現場用の「配筋自動検査システム」を開発、東急建設など4社
東急建設、北野建設、佐藤工業、ピーエス三菱は共同で、スマートフォンなどの汎用機で撮影ができる土木現場用の配筋自動検査システムを開発し、2024年度から現場での試行導入を開始する。撮影した写真は公衆回線を使用してサーバに送信し、遠隔での立会時には、配筋の自動検査と同時に計測結果帳票の共有も可能になる。(2024/4/2)

生成AI 動き始めた企業たち:
ライオン、生成AIで社内データを継承 開発の狙いは?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第17回は、ライオンを紹介する。同社は現在、生成AIと検索サービスを組み合わせた「知識伝承のAI化」ツールの自社開発に取り組んでいる。どのような生成AIの活用戦略を描いているのか。(2024/3/25)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AIが経営分析をサポート 名古屋鉄道の利用法は? 1000時間超の業務削減も
名古屋鉄道は法人向けChatGPTサービスを導入。これまでにグループ400人が利用。業務削減効果は1000時間超を達成した。先端技術を活用し、従来の業務をどのように変革しているのか。(2024/3/18)

現場管理:
鹿島、画像AIで作業エリア内の技能者数と作業時間を可視化 歩掛りを自動算出
鹿島建設は、建設現場の固定カメラの映像を画像AIを活用して解析し、作業に関わる技能者の人数と作業時間を把握できるシステムを開発した。工事出来高との連携により、歩掛りを正確に自動算出する。(2024/3/5)

「きのこの山」と「たけのこの里」をX線解析してみた──Xの投稿が話題 投稿者に話を聞いた
明治が作るお菓子「きのこの山」と「たけのこの里」をX線で解析してみた──そんな投稿がXで話題だ。この2つのお菓子のどちらの方がおいしいかを決める論争、通称「きのこたけのこ戦争」を終わらせるため、かつてないアプローチに臨むものが現れた。(2024/2/27)

製造現場向けAI技術:
パナソニックがAI現場学習アプリケーション搭載のハイエンドAIネットワークカメラ
パナソニック コネクトは、i-PROのAI現場学習アプリケーションを搭載した、新たな「X」シリーズのAIネットワークカメラ9機種を発表した。現行モデルの4倍となるAI性能、3倍となるCPU性能を備える。(2024/2/27)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
設置するだけで1年間はマンホール水位を監視、日立システムズの「CYDEEN」
日立システムズが提供するCYDEENは、もともと公共工事の事務処理を効率化する目的で開発したソリューション。その後は、ライフサイクルを総合的に支援するソリューションとして成長し、現在は公共/民間の区別なく、現場での作業効率や品質を向上させる基盤として多方面で利用されている。(2024/2/22)

社長の顔を「肉まん」、柴犬を「トースト」と誤認識 食生活記録アプリが謝罪もツッコミの嵐 「おもろい」「声出して笑った」
具体的な失態に言及する謝罪文が、「あまり見ないタイプの謝罪文」「めちゃくちゃワロタ」と注目を集めています。(2024/2/17)

Innovative Tech:
AIを使った“利益を出す馬券”の買い方とは? はこだて未来大の准教授がAIによる競馬予想法を指南
情報処理学会の学会誌「情報処理」の2019年1月発行分で「情報学者が競馬予想に踏み出すときに知っておくべきこと」と題した解説記事が掲載された。AIを活用して利益が出る馬券を買うために考慮しなければならない競馬予想に関することが記されている。(2024/2/13)

AI:
AIが断熱弱点の特定と最適部材の選定で改修提案、住友林業ホームテック
住友林業ホームテックは、AIを用いた「断熱改修工事提案システム」を開発した。AIは、改修で向上する断熱性能の見込み値を、改修前の熱損失係数に加えてスコア化し、顧客の求める性能やコストなどに適合した断熱改修工事を提示する。(2024/1/22)

「Yahoo! JAPAN」アプリに画像検索機能 「自分に似ている有名人」検索機能も
LINEヤフーは、「Yahoo! JAPAN」アプリに「カメラ検索機能」を実装した。(2024/1/18)

Yahoo! JAPANアプリ、画像から商品や人物を検索できる「カメラ検索機能」導入
「Yahoo! JAPAN」アプリは、画像から似ている商品や人物などを検索できる「カメラ検索機能」の提供を開始。文字入力は不要で、撮影した画像や端末に保存してある画像を使用して商品や有名人、類似画像を検索できる。(2024/1/18)

医療機器ニュース:
MRIを用いた試験や研究支援サービスの提供に向けて業務提携
アラヤは、MRIを用いた試験や研究支援サービスを提供するため、日本精神神経画像センターと業務提携を開始した。検証希望者に対し、MRIを活用した試験に必要な試験設計からレポート作成までサポートする。(2024/1/16)

MONOist 2024年展望:
マテリアルズインフォマティクスの教育と成果の現在および未来
2023年は素材産業をはじめとするさまざまなメーカーがマテリアルズインフォマティクスの取り組みや効果について発表した1年だった。それらを振り返りながら、2024年以降のマテリアルズインフォマティクスのさらなる浸透と拡大で重要な役割を果たすであろう教育方法や導入効果について考察する。(2024/1/11)

「死亡交通事故ゼロ」を目指すSUBARU Lab:
PR:SUBARUの挑戦を支える、「AI開発を止めないストレージ」とは
「死亡交通事故ゼロ」を実現するため、技術開発を進めるSUBARU。従来の画像認識から進化するため、AI技術の導入を考える同社の前に立ちはだかった壁とは。(2024/2/2)

前編:
2024年、生成AIはどう進化する? 「カスタマイズ」「マルチモーダル化」から考える
ChatGPTの登場を発端に生成AIが一大トレンドとなったこの1年。ビジネスパーソンの仕事の仕方、仕事に対する考え方にも大きな影響をおよぼした。2023年生成AIを「ビジネス活用」の視点で振り返り、24年にはどう進化していくのかを予測した。(2023/12/29)

ドローン:
日本一のアーチ橋「広島空港大橋」を自律飛行型と狭小空間専用のドローンで点検 パーソルP&Tと長大
パーソルプロセス&テクノロジーと長大は、日本最大のアーチ橋として知られる「広島空港大橋」で、自律飛行型と狭小空間専用の2種類のドローンを用いて、非GPS環境下や狭いスペースの支柱内外を点検した。(2023/12/20)

「段ボールに傷が」ムダな返品、どうなくす? 日本人の美意識とAIの挑戦
商品自体に問題はなくても、外箱の梱包段ボールに擦り傷があるだけで全て返品・廃棄される――こうした無駄をなくそうと、飲料大手のサントリーと富士通がAIを用いた物流DXに挑んでいる。(2023/12/20)

Intel Ignite 2023:
Intel Ignite 2023で優勝! AV1やH.266を超える圧縮率を実現するDeep Renderの「AIベースの動画圧縮技術」って何?
Intelのスタートアップ企業支援プログラム「Intel Ignite」の2023年度プログラムでは、イギリスのDeep Renderが優勝した。同社は「AI技術を使った高圧縮率/高画質な動画コーデック」を開発しており、世界中から注目を集めている。AIベースの動画圧縮コーデックとはどのようなものなのか、話を聞いた。(2023/12/12)

製造業IoT:
アイコムが5Gゲートウェイを発売、中小製造業工場への5G環境導入に最適
無線機大手のアイコムが、携帯電話キャリアのLTE/5G通信に対応するゲートウェイ「IP50G」を開発。Wi-Fi 6準拠の無線LAN機能や有線LANポートの他、USB、RS-485などのインタフェースを備え、中小製造業が大掛かりな工事を行うことなく工場に5G環境を導入するのに最適とする。(2023/12/7)

ケイエスワイが「ラズパイ5」を展示:
ラズパイ、「今後は1次産業での活用に期待」
ケイエスワイは「EdgeTech+ 2023」で、2023年9月に発表された「Raspberry Pi 5」の実機を展示した。ケイエスワイによれば、日本では今後、農業や漁業といった1次産業でラズパイの活用が進むと期待されているという。(2023/11/30)

マテリアルズインフォマティクス:
積水化学が情報科学×化学分析で挑むMI、AIで13種類の物性を同時に予測
本稿では「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」で、積水化学工業 R&Dセンター 情報科学推進センター長で京都工芸繊維大学 特任教授の日下康成氏が「社会変化の中でのマテリアルズインフォマティクス(MI)の導入と活用」をテーマに行った講演の内容を紹介する。(2023/11/29)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(21):
AIと車両搭載IoTセンサーで、交通インフラの問題を解消する最新研究【土木×AI第21回】
連載第21回は、交通インフラの事故防止や維持管理の諸問題を解決する目的で、車両搭載のIoTセンサーで取得したデータをAI解析する最新研究を紹介します。(2023/11/30)

クラウド人材が不足していても「両利きのDX」を実現:
PR:“モノ売り”からプラットフォーマーに 香川のメーカーが一年半で実現したDX
モノづくりからコトづくりへのシフトが重視される一方で、コトづくりのノウハウがないために「次の一手」を打てずに苦慮するメーカーも多い。人材が限られる中、短期間で業界が注目する新サービスの開発に成功した企業に秘訣を聞いた。(2023/11/27)

スマートコンストラクション:
山岳トンネル工事の切羽観察や出来形確認をリモート化、清水建設
清水建設は、演算工房やニシオティーアンドエムと共同で、コンクリート吹付け面の出来形計測や切羽の性状評価を実施する山岳トンネル工事向けの遠隔施工管理システムを構築した。(2023/11/22)

マテリアルズインフォマティクス:
カネカがAIシステムで樹脂プラントの乾燥設備を最適運転、年間100t増産
本稿ではカネカが独自開発したAIシステムで樹脂プラントの連続乾燥設備の最適な運転を実現し、年間100tの増産を達成した事例などを紹介する。(2023/11/15)

安全衛生:
清水建設が外販開始、重機オペの死角をカバーするAI監視「カワセミ」
清水建設は、建設現場での重機接触災害の根絶を目指し、AIで重機オペレーターの死角をカバーする車両搭載型の安全監視カメラシステムを開発した。画像解析AIは、さまざまな姿勢の骨格を機械学習しており、重機周辺でしゃがんでいたり、手荷物などに隠れていても、人の存在を検知する。(2023/11/6)

マテリアルズインフォマティクス最前線(3):
半年勉強するだけでもマテリアルズインフォマティクスは可能、TBMの挑戦
本連載ではメーカーが注力するマテリアルズインフォマティクスや最新の取り組みを取り上げる。第3回は環境配慮素材「LIMEX」と再生素材「CirculeX」を展開するTBMの取り組みを紹介する。(2023/10/27)

「自宅よりもオフィスの回線が遅い」問題にどう対処する?:
PR:「Web会議がカクカクする」「セキュリティが心配」 10Gbpsサービスでどう解決するか
オフィス回帰が進む一方で、コロナ禍で普及したWeb会議やクラウドサービスの利用が縮小することはなく、WAN回線の逼迫に悩む声が上がっている。ネットワーク環境の見直しを迫られる中、10Gbpsという先進的なサービスが注目を集めている。(2023/10/25)

Canon EXPO 2023:
ミラーレスカメラをモノづくり現場で活用、キヤノンが提案する映像DX
キヤノンおよびキヤノンマーケティングジャパンは新製品や技術紹介を行うプライベートイベント「Canon EXPO 2023」において、キヤノンのカメラ「EOS」やネットワークカメラを生産現場で用いた映像DX(デジタルトランスフォーメーション)を紹介した。(2023/10/23)

生成AIスタートアップの挑戦:
生成AIの”真のポテンシャル”とは 新興Spiral.AIが目指す「業務改善」以外の使い方
新連載「生成AIスタートアップの挑戦」第2回は、大規模言語モデル(LLM)開発に取り組むSpiral.AIを紹介する。(2023/9/22)

太陽光:
地図から屋根置き太陽光の発電量を自動算出、アイ・グリッドらが新サービス
アイ・グリッド・ソリューションズは2023年9月14日、子会社のアイ・グリッド・ラボ、東京カンテイ、みらいリレーションズの3社が「地域太陽光発電ポテンシャル診断システム」の共同開発を行い、β版の試験運用を開始したと発表した。(2023/9/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。