• 関連の記事

「インド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インド」に関する情報が集まったページです。

OnePlus、ミッドレンジスマホ「Nord 4」をスペインで発表 Snapdragon 7+ Gen 3搭載で約8.6万円から
OnePlusはミラノで開催のイベントで、ミッドレンジスマートフォン「Nord」シリーズの新製品「Nord 4」を発表した。欧州とインドで今夏に発売する。初のアルミユニボディ設計で、多数のAI機能を搭載する。(2024/7/17)

脱炭素:
スズキのバイオガスプラントがインドで稼働、敷地内の多年草が原料
スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディアがハリヤナ州マネサール工場にバイオガス精製の試験プラントを設置した。(2024/7/4)

ニトリ、7月にインドネシア初出店 海外展開加速しインドにも進出予定
ニトリは2024年7月、インドネシアでの1号店をジャカルタの大型ショッピングモール「Central Park Mall」内にオープンする。店舗網を広げ、アジア地域への出店を加速したい考えだ。(2024/6/27)

医療機器ニュース:
医療機器産業が集まるインドのハイデラバードで研究開発の活動を開始
オリンパスは、研究開発戦略の一環として、インドのテランガナ州ハイデラバードで「オフショアディベロップメントセンター」の活動を開始した。数年後には、ハイデラバードにおける自社研究開発センターの開設を目指す。(2024/6/26)

「これは!」 インドKFCの“驚きの商品”を日本で再現!?→満腹必至なボリュームに「デカすぎw」「夢がある」
肉眼で見たい。(2024/6/20)

中国への不透明感で重要性増すインドビジネス 日本企業進出は頭打ち、構造的要因も
中国での政治・経済を巡る不透明感が続く中、日本企業はインドビジネスへの関心をこれまで以上に高めている。(2024/6/4)

「会議が多すぎる」と感じる割合 日本は2割で13カ国中3位、1位は?
日本の従業員の2割が「会議が多すぎる」と感じている。そんな結果が、SaaSレビュープラットフォームを運営するキャプテラが実施した調査で分かった。1週間にある会議の頻度について、「多すぎる」と感じている国の1位は「インド」(24%)で、2位は「オーストラリア」(23%)、3位は「日本」(21%)だった。(2024/5/3)

Microsoft、インドネシアのAI構築に17億ドル投資へ
MicrosoftはインドネシアのAIインフラ構築や国民のAI習得支援のために、向こう4年間で17億ドル投資すると発表した。(2024/4/30)

これは普通はマネしちゃダメ……! 23歳日本人の旅人、インドの屋台で朝食を探す挑戦が60万回超再生
スパイシーでおいしそう!(2024/4/25)

インドで女性一人旅、国内線に乗ろうとしたら…… 思わぬトラブル発生、予想がつかない展開にドキドキする
さまざまな国を旅している投稿者さんです。(2024/4/20)

寝台特急に45時間ぶっ通しで乗車!? 気になる食事は…… 24歳日本人男性の“インドでのリアル過酷旅”の感想がタメになる
過酷だけど楽しそう……!(2024/4/21)

米Amazonが無人レジシステムを大幅縮小、そのワケは? 「実は人力だった」報道は否定
米Amazonのレジなし清算システム「Just Walk Out」の縮小を迫られている。AIを駆使した無人化が売りのはずだったこの技術を巡り、実はインドから1000人の人力で運営を支えていたと報じられた他、レジなし店舗を巡るさまざまな課題も浮かび上がった。(2024/4/15)

「未知の食べ物」「全然想像できない」 誰でも作れる? “インドの最強おやつ”の作り方に200万超再生の反響
食べてみたい……!(2024/4/4)

工場ニュース:
TOPPANとTSFがOPP基材バリアフィルムを開発、欧米やインドなどで発売
TOPPANとインドを拠点とするTOPPAN Speciality Films(TSF)は、二軸延伸ポリプロピレン(OPP)を基材とするバリアフィルム「GL-SP」を開発し、生産/販売を開始すると発表した。(2024/4/2)

工場ニュース:
半導体後工程工場をインドに建設へ、ルネサスら3社が合弁会社を設立
ルネサス エレクトロニクスら3社は、インドにOSAT工場を建設する合弁会社を設立するため、合弁契約を締結した。同工場では自動車、IoT、5Gなど向けに従来型パッケージから先端パッケージまでを生産する。(2024/3/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「OnePlus Open」で折りたたみスマホ市場に参入したOnePlus OPPOのダブルブランドで攻める
OnePlusは2023年10月に「OnePlus Open」で折りたたみ市場に参入し、米国やインドで販売中です。ヴィーガンレザーの背面に「1+」のロゴを入れたOnePlus Openは高級モデル。OnePlus Openは、実はOPPOの「Find N3」のOEMモデルで、両者のハードウェアスペックは同一です。(2024/3/10)

ニトリ、4月にフィリピン初出店 今後はインド・インドネシアにも進出予定
海外出店を旺盛に続けており、24年3月期は最終的に51店舗を新たにオープンする見込み。(2024/3/9)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【前編】
技術者3000人を雇用 AMDがインドで始める半導体開発とは
人工知能(AI)技術でこれからシステムや機械はますます賢くなる。それを支えるのが半導体製品だ。半導体ベンダーAMDがインドで進める半導体製品の開発とは。(2024/3/5)

インド企業、タイOSATとの合弁で:
投資を加速するルネサス インドにOSAT工場を設立へ
ルネサス エレクトロニクスがインドにOSAT(Outsourced Semiconductor Assembly and Test)工場を設立する。インドCG Power and Industrial Solutions、タイStars Microelectronics(Thailand)と3社で合弁会社を設立し、同OSAT工場を構築、運営する。(2024/3/1)

3DEXPERIENCE World 2024:
都市物流のギャップを埋める電動バイク開発にMODSIMアプローチを採用
「CLV(Compact Logistics Vehicle)」という都市物流の新たなセグメントに向けた電動モビリティを開発するインドのQARGOSは、ダッソー・システムズの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2024」において「QARGOS F9」を発表した。(2024/2/15)

「読める! 読めるぞ!」 インド食料品店で目撃されたインド風文字日本語ポップが秀逸だと話題
漢字もインド風文字に。(2024/2/1)

通信機器ベンダーが語る6Gの技術と活用例
「5G」の次世代「6G」で何ができる? インドで始まる“モバイルの未来”を解説
通信機器ベンダーEricssonは、インドにおける「6G」研究プログラムを開始した。どのような新技術や活用例が登場するのか。名門工科大IITと提携する狙いとは。(2024/1/29)

オートモーティブワールド2024:
エンバリオの環境配慮型バリューチェーン、インドの漁網をスマホ材料に
Envaliorの日本法人であるエンバリオジャパンは、「オートモーティブワールド2024」に出展し、バイオプラスチックやリサイクルプラスチックの製造で活用している環境配慮型バリューチェーンについて紹介した。(2024/1/26)

杏、民族衣装&強めメイクでエキゾチック美女に大変身 憧れの場所へ溶け込む姿に「なんて美しいの」「インド映画出演も期待」
めちゃくちゃ似合ってる。(2024/1/25)

モビリティサービス:
スズキがインドで「空飛ぶクルマ」、四輪車の生産能力増強も発表
スズキはインド・グジャラート州で開催されている州のイベント「バイブラント・グジャラート」において、空飛ぶクルマを手掛けるSkyDriveへの追加出資や、四輪車の生産工場の新設について発表した。(2024/1/12)

工場ニュース:
インドでFA制御システムの新工場が稼働開始、今後の現地需要増加に対応
三菱電機は、Mitsubishi Electric Indiaに建設していた新工場の稼働を開始した。インバーターを中心とするFA制御システム製品の現地での安定供給を図り、今後見込まれる需要の増加に対応する。(2024/1/5)

米の生産量 中国・インドに続く「第3位」はどこ?
日本ではありませんよ。(2023/12/30)

インドは1年でカバレッジが95%超に:
5G契約数は2029年末に53億に、インドの急成長がけん引
「エリクソンモビリティレポート」最新版によると、5G(第5世代移動通信)モバイル加入契約数は2029年に全世界で53億件を超え、固定無線アクセス(FWA)の接続数は3億3000件を超える見通しだ。(2023/12/26)

セブン-イレブン“人気ビリヤニ”にインド大使館が太鼓判!? 「食べるしかない」「リピートしたい」と反響
すごいな、日本のコンビニ。(2023/12/13)

”推し活”する人の割合が多い都市 1位はインドの「ムンバイ」、東京は?
世界20都市で調査(2023/12/13)

「この光景は初めて見ました!」 岡山の車道での“驚きの光景”が「岡山ってもしかしてインド?」と話題に
ちゃんと左側通行してて偉い。(2023/11/10)

中国にとってさらなる打撃に:
インドの輸入規制が暗示する、中国テック産業の行く末
インドは2023年8月、突然、貿易規則を変更し、PCやタブレット端末メーカーに対し、同国内に製品を持ち込む際の輸入許可を取得するよう義務付けた。こうした国産技術の採用拡大に向けた動きは、中国にとってさらなる打撃となるだろう。(2023/11/9)

ジャパンモビリティショー2023:
「これはCSR活動ではない」、スズキが取り組む牛糞由来のバイオガス
スズキは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、天然ガスとガソリンのバイフューエル仕様のインド市場向け「ワゴンR」を展示した。(2023/11/1)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Nothing Phone(2)対抗? 背面が光るTecno「Pova 5 Pro 5G」がインドやアフリカで大人気
背面が光るスマートフォンとして話題の「Nothing Phone(2)」に対抗して、同様にライトを内蔵したスマートフォンが出てきています。インドやアフリカに強いTecnoは、同じライティングでも別の光らせ方で差別化を図ろうとしています。「Pova 5 Pro 5G」は背面にストリップ状のLEDライトを内蔵しています。(2023/10/29)

呂布カルマ、日本人ラッパー初の写真集 袋とじなどグラビア仕様 「インドで一皮むけました」
プロデュースとかじゃなくて本人かよ!(2023/10/6)

AIを「空気の読めるパートナー」に NTTデータがインド企業と実証実験 ChatGPTで非定型業務を自動化
NTTデータ先端技術は5日、大規模言語モデルを活用して非定型業務の一部を自動化する実証実験を始めると発表した。(2023/10/5)

インドから養子に来たろう者の女の子、レストランでターリー皿を目にすると…… 大喜びではしゃぐ姿がほほ笑ましい【米】
うれしさが伝わってくる。(2023/9/6)

Go AbekawaのGo Global!〜Pachpind Mayur Annasaheb(前):
兄が私を技術の世界に連れて行ってくれた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はインタースペースでエンジニアとして働く、Pachpind Mayur Annasaheb(パッチピンド・マユール・アンサヘブ)さんにお話を伺う。インド生まれのマユールさんが日本の会社に入ってびっくりしたことは「ランチを1人で食べている人がいること」だった。(2023/8/29)

インドの無人探査機、月面着陸に成功 写真をXで公開
インドの月面探査機「チャンドラヤーン3号」が月面着陸に成功。同機が撮影した月面の写真もXで公開した。(2023/8/24)

Ericssonがレポートを発行:
5G契約数は2028年には46億に、けん引役はインド
Ericssonが発行した「モビリティレポート 2023年6月版」によると、5G(第5世代移動通信)モバイル加入契約数は、2028年に46億に達する見込みだ。けん引するのはインドだという。(2023/8/23)

事業成長で研究リソースを拡大:
ソシオネクストがインドに拠点を新設、開発力を強化
ソシオネクストは2023年8月10日、インド・ベンガルールに新拠点を開設し、設計開発力を強化すると発表した。同年8月16日に開設予定で、ソシオネクストの米国子会社であるSocionext Americaの支店として運営される。(2023/8/15)

銀行の「基幹システム刷新」に新たな動き【後編】
金融機関が「インド発のクラウドサービス」を使う“なるほどの理由”
欧州の金融機関が基幹システムをクラウドサービスに移行する動きが加速している。利用するのはインドのITベンダーが提供するクラウドサービスだ。背景には何があるのか。(2023/8/2)

日産、ルノーのEV新会社に6億ユーロ(約933億円)出資へ
日産は、ルノーグループと進めていた新たなパートナーシップについて最終契約の締結を完了した。相互出資比率を15%と対等にした他、ラテンアメリカ、インド、欧州市場への一層の注力、ルノーGが欧州に設立するEV新会社に最大6億ユーロ(26日時点で約933億円)出資するとしている。(2023/7/26)

銀行の「基幹システム刷新」に新たな動き【前編】
インド発のクラウドサービスが金融業界で“大人気”に?
ベルギーの金融機関Keytrade Bankが、基幹システムをクラウドサービスに移行すると発表した。同行が移行先に選定したのは、インドのITベンダーが提供するクラウドサービスだ。(2023/7/26)

群馬の地ビールのラベルが温厚なインド人も怒鳴るほど難解すぎる 「日本刀持ったライオンに追いかけ回される味わい」
詩的な説明文の意味をメーカーに聞きましたが、ますます分からなくなりました。(2023/7/25)

製造業IoT:
5Gはインドが市場拡大をけん引、日本はミッドバンドを活用できるのか
エリクソン・ジャパンが2023年6月に発表した「エリクソン・モビリティレポート」を紹介。今後はインドが5G市場拡大のけん引役となることや、5G体験におけるミッドバンドの重要性などについて説明した。(2023/7/18)

オープンソースが水をきれいにした?【中編】
インドのデジタル化事業で「コスト削減60%」 圧倒的メリットはなぜ生まれた?
インドのアーンドラ・プラデーシュ州は給水パイプラインのGISデータを収集することで、分析や維持管理などの工程で扱う情報をデジタルで管理可能にした。その際の課題は、地図情報をいかにデジタル化するかだった。(2023/7/18)

工場ニュース:
ニデックの切削工具インド新工場が生産開始、歯車加工用の生産力を1.5倍に拡大
ニデックマシンツールは、インドNidec India Precision Toolsの新工場が生産を開始すると発表した。歯車加工用切削工具の生産能力を約1.5倍に拡大し、リードタイムの短縮と生産品種の拡大を図るほか、顧客の多様なニーズに迅速に対応する。(2023/7/12)

オープンソースが水をきれいにした?【前編】
GISデータで飲料水を届ける インド農村部「デジタル革命」の裏側
インドのアーンドラ・プラデーシュ州政府は、村落への給水パイプラインに関する情報をデジタル化し、農村部に清潔な飲料水を供給するのに役立つ地理情報システム(GIS)を構築した。(2023/7/11)

オープンソースが水をきれいにした?【後編】
インド州政府が「地理情報の活用」で生んだ数字だけではない成果 何が可能に?
インドのアーンドラ・プラデーシュ州は給水パイプライン情報のデジタル化に成功した。モバイルアプリケーションやビッグデータ分析などにより、プロジェクト期間やコストを削減するなど、さまざまな成果を生み出した。(2023/7/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。