• 関連の記事

「ヘッドアップディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

HUD

PR:新型「ACCORD」は“スマホっぽくて良い” Google搭載、新UI採用――ホンダがこだわった「上質なクルマ」とは
(2024/3/29)

ベンキュー、miniLEDバックライトを採用した31.5型4Kゲーミング液晶「EX321UX」の5月投入を予告
ベンキュージャパンは、同社初のminiLEDバックライト採用モデルとなる31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「EX321UX」の投入時期を発表した。(2024/2/22)

高速負荷応答技術「QuiCur」搭載:
ローム、車載プライマリーLDO「BD9xxM5-C」を開発
ロームは、車載プライマリー電源に向けたLDOレギュレーターIC「BD9xxM5-C」を開発した。独自の高速負荷応答技術「QuiCur」を搭載しており、入力電圧や負荷電流が変動しても、優れた応答特性によって安定した出力が可能である。(2024/2/15)

リリース時期は言及なし:
次期Windows Serverの正式名称、「Windows Server 2025」に
Microsoftは、次期Windows Serverの正式名称が「Windows Server 2025」になると発表した。(2024/1/31)

電気自動車:
自動車業界でも存在感を高めるファーウェイ、注目の「自動運転システム」を体験
ファーウェイが自動車業界で存在感を高めている。次世代自動車の標準装備とも目される“自動運転システム”において、世界の先頭を競っている。ファーウェイ本社のある深センで、ハンズフリーのスマートカーに乗った。(2024/1/26)

Mobile Monthly Top10:
Googleの折りたたみスマホ「Pixel Fold」は日本を含む4カ国でのみ販売/クレカの“ゲートウェイ”としての「PayPay」がなくなりそうに【2023年を振り返る(5月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。5月はGoogleの折りたたみスマートフォン「Pixel Fold」の発売を伝える記事が一番よく読まれました。(2023/12/23)

セイコーエプソンが「CEATEC 2023」でデモ:
1チップでLCDもLEDバックライトも制御、ローカルディミングを導入しやすく
セイコーエプソンは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、車載ディスプレイ向けローカルディミング技術をはじめ、車載用ICなど展示した。(2023/10/30)

ジャパンモビリティショー:
レクサス、次世代BEVコンセプトカー「LF-ZC」世界初公開 2026年発売へ
(2023/10/25)

組み込み開発ニュース:
リコーが子会社のオプティカル事業を売却、レクサス採用のステレオカメラなど
リコーは、子会社のリコーインダストリアルソリューションズの下で車載ステレオカメラやプロジェクター用光学レンズモジュールなどの開発、製造、販売を行っているオプティカル事業を、投資会社のティーキャピタルパートナーズに譲渡する。(2023/10/10)

福島の“元学校”宿が最高すぎると話題 「ガンプラ売ってる」「巨大ミニ四駆コース完備」「夜の校舎を探険できる」
ホビー合宿したい!(2023/9/27)

「パーパー」ほしのディスコ、念願の“国産高級セダン”購入 「人生最大の喜び」と大興奮
喜びが伝わってくる。(2023/9/26)

組み込み開発ニュース:
乗用車のフロントガラスなどに投写できる小型で高精細なディスプレイを開発
マクセルは、乗用車、商用車、電車などのフロントガラス、アミューズメント施設や店舗内のガラスに投写できる、小型で高精細な「Bright Mirror Display」を開発した。(2023/8/16)

容量は約1.3リットル、重さは約1kg:
小型で高精細のガラス投射型ディスプレイを開発
マクセルは、小型で精細度が高い「Bright Mirror Display(BM-Display)」を開発した。自動車のフロントガラスや商業施設の透明ガラスに、映像や情報を写し出す用途に向ける。(2023/8/9)

高い透過率と低抵抗を両立:
ミリ波アンテナやヒーターになる透明導電フィルム
パナソニック インダストリーは「TECHNO-FRONTIER 2023」で透明導電フィルム「FineX(ファインクロス)」を展示した。独自の工法により高い透過率と低抵抗を両立させたといい、アンテナやヒーターなどへの用途の拡大を見込む。(2023/8/2)

京セラ 6893シリーズ:
FPC/FFC向け、ワンアクションロックタイプコネクター
京セラは、ワンアクションロックタイプコネクター「6893」シリーズのサンプル出荷を開始した。0.5mmピッチのFPCおよびFFC向け製品で、同社従来品と比較して、異物除去性能が2倍に向上した。(2023/7/12)

「俺のロールスロイス」 岩城滉一、コスパ最強の“国産車”を絶賛 200万円超で購入→最小限度のカスタムに「いじるところがない」
まさに称賛の嵐。(2023/7/11)

岩城滉一、コスパ最強の“国産車”を即決 200万円超で購入に「日本ってすごい」「今まで俺は何買ってたんだ」と大絶賛
即カスタム宣言も。(※追記あり)(2023/6/25)

Mobile Weekly Top10:
皆さん「CarPlay」「Android Auto」使ってますか?
最近は「CarPlay」や「Android Auto」に対応するカーディスプレイが増えてきました。単にスマホやタブレットをカーナビ代わりに使うのとは異なる使用感が魅力……なのですが、皆さんは使ったことありますか?(2023/5/27)

Mobile Weekly Top10:
Googleの折りたたみスマホ「Pixel Fold」は日本を含む4カ国限定 日本重視の表れ?
Googleが7月中旬に発売する折りたたみスマホ「Pixel Fold」は、日本を含む4カ国でのみ発売されます。なぜ日本が含まれるかといえば、同社の「日本重視」の姿勢の発露だと思うのです。(2023/5/20)

スマホの地図アプリがカーナビに早変わり ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」を試す
スマートフォンを車内で使用したい人にとって、簡単に後付けできる「ヘッドアップディスプレイ」(HUD)は魅力的なアイテムだ。今回はネオトーキョーが2022年7月に発売した「HUD-2023」を使い、iPhoneをCarPlay経由で接続してナビゲーションを試してみた。(2023/5/16)

CAE最前線:
PR:光学シミュレーションが真価を発揮する計算環境はワークステーションにあり
自動車の内装やランプ類の設計において自動車業界で広く採用されている3次元光学解析ソフトウェア「Ansys Speos」。ワークステーションによって計算速度がどの程度向上するのか、デル・テクノロジーズのワークステーション製品「Dell Precisionシリーズ」を用いてベンチマークテストを実施した。その結果をレポートする。(2023/3/22)

オートモーティブワールド2023:
ボタン電池で動作する省電力電子調光シート、住友ベークライトが開発
住友ベークライトは、「第15回国際カーエレクトロニクス技術展」において、メモリー効果を持つとともに省電力な電子調光シートを披露した。(2023/1/31)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「昔はよかった」に対するBMWとシュワちゃんからのメッセージ
確かに昔はよかった、でもこれからも「いい」と思えるようにしていく。(2023/1/11)

SHOEIからスマホ連携のHUD内蔵ヘルメット「OPTICSON」発売へ まるで「スカウター」!?
価格は13万7500円(本体のみ)で先行発売します。(2022/11/29)

日産、6年ぶり全面刷新の新型「セレナ」発表 “オラオラ感”控えめのシンプルな顔つきに
最上位グレードには先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を標準搭載。(2022/11/29)

Snapdragon Summit 2022:
Qualcommが“ARグラス専用プロセッサ”を開発した理由 スマホ連携がカギに
Qualcommが、ARグラスに特化した専用プロセッサ「Snapdragon AR2 Gen 1」を発表した。XR向けのデバイスはスタンドアロン型ではなく、スマホなどのデバイスと連携するローカルホスト型を採用。AR対応アプリやコンテンツの動作を保証するプラットフォーム「Snapdragon Spaces」も推進していく。(2022/11/25)

これはためになる! ホンダのインストラクターが解説、「原付二種バイク」峠道連続カーブの安全走行テクニック
初心者さんはもちろん、ベテランライダーさんも改めて要チェックです!(2022/10/19)

いとくとら、夫・マヂカルラブリー村上と新婚ショット 夫婦の日常も明かす「漫才中は激しくツッコんでいますが……」
家では静かな村上さん。(2022/9/24)

やっぱり3人でしょ! 福山雅治、柴咲コウ&北村一輝との“ガリレオ3人衆”ショットが実に華やか「最高のメンバー」
やっぱりこの3人。(2022/9/18)

オートレーサー森且行、SHOEIのヘルメット工場へ潜入 できたてほやほや「森モデル」に大感動
こうやってできるのかー!(2022/9/18)

夜の学校で鳴り続ける謎のチャイム…… 怪談じみた動画が「怖すぎ」「完全にホラー映画のオープニングやん」と話題
異変の正体が明らかに……。(2022/9/8)

車載ソフトウェア:
クルマの中でQNXとAndroidは競合から協調へ、2025年はさらなる進化の分岐点に
カナダのBlackBerryが、CASE時代を迎えて複雑化する車載ソフトウェアの開発で存在感を増している。車載情報機器とデジタルメーターなどが一体化した統合コックピットの量産導入に向けて、これまで競合関係にあったAndroidとも協調路線を取るなど事業戦略を柔軟に広げているのだ。(2022/8/24)

次世代EV向けプラットフォーム:
AMDとECARX、デジタルコックピットの開発で提携
AMDは、没入型デジタルコックピットの開発に向けて、ECARXと戦略的提携を行った。両社は次世代型電気自動車(EV)に向けた車載コンピューティングプラットフォームを開発し、2023年後半にも量産を始める予定だ。(2022/8/10)

ソシオネクスト SC1721、SC1722、SC1723シリーズ:
車載向けスマートディスプレイコントローラー
ソシオネクストは、機能安全規格ISO 26262準拠の車載向け第4世代スマートディスプレイコントローラー「SC1721」「SC1722」「SC1723」シリーズを発表した。デイジーチェーンにより、最大4つのディスプレイを接続できる。(2022/8/8)

日産、新型「エクストレイル」を発表 国内初導入「VCターボエンジン」による「e-POWER」の組み合わせ
全部盛りで堂々登場!(2022/7/20)

ローム BD9xxN1シリーズ:
安定制御技術搭載の車載LDOレギュレーター
ロームは、独自の超安定制御技術「Nano Cap」を搭載した車載LDOレギュレーター「BD9xxN1」シリーズを発表した。出力コンデンサー容量は100nFから対応し、パワートレインやボディー、インフォテインメントに適する。(2022/6/23)

電動化:
FRの直6ディーゼルエンジンが323万円、マツダ「CX-60」の予約受注がスタート
マツダは2022年6月22日、クロスオーバーSUVの新型車「CX-60」の予約受注を同月24日から開始すると発表した。納車開始は、直列6気筒のディーゼルエンジンと電圧48Vのマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」が9月から、その他のパワートレインのモデルは12月からを予定している。(2022/6/22)

自動車業界の1週間を振り返る:
合成燃料の活用に言及した日本、CO2排出100%削減にまた一歩進んだ欧州
土曜日ですね。皆さんおつかれさまでした。梅雨入りしましたね。空調に頼らずに快適に過ごせる季節が終わろうとしています。(2022/6/11)

車載電子部品:
HUDの体積半減しながらAR表示に対応、虚像距離の短さも克服
マクセルは2022年6月8日、AR(拡張現実)表示に対応したセット容積5l(リットル)クラスのヘッドアップディスプレイ(HUD)を開発したと発表した。(2022/6/9)

技術者のための資料作成とプレゼン講座(10):
PowerPointのスライド作成で絶対に役立つリンク大全集
どんなに素晴らしい内容の発表でも、それが読み手や聞き手にうまく伝わらなければ意味がない。本連載では、技術者の皆さんを対象に、相手に伝わる発表内容の構成や資料の表現方法などについて伝授する。最終回となる第10回は、PowerPointのスライド作成に役立つ、筆者オススメのリンク集をまとめて紹介する。(2022/6/6)

Google マップに神アプデ来たぞおぉぉ 有料道路の通行料金表示が可能に
やったー!(2022/4/28)

ハンドルがなんだかスポーティー レクサス、新型BEV「RZ」を正式発表 発売は「今年の後半」
攻めてるな〜。【画像139枚】(2022/4/20)

近未来ちょっと来たー!! SHOEIから「HUD内蔵ヘルメット」が出るぞぉぉ! 「スカウターみたい」でかっこいい
SHOEIから出るならば……超期待〜!(2022/3/28)

【画像100枚】わくわくバイクいっぱい、お姉さんも意外とたくさん! 日本最大級のバイクの祭典「東京モーターサイクルショー2022」開幕
3年ぶり実開催、わくわくなバイクがいっぱいですよぉぉ! 東京ビッグサイトで3月27日まで。(2022/3/25)

電気自動車:
マツダのラージ商品群がスタート、初のPHEVは「マツダ史上最もパワフル」に
マツダは2022年3月9日、マツダ・モーター・ヨーロッパが2列シートのクロスオーバーSUVの新モデル「CX-60」を披露したと発表した。欧州では3月8日にCX-60の受注を開始し、2022年夏に発売する。日本向けモデルは4月上旬に公開する予定だ。防府第2工場(山口県防府市)で3月11日から生産する。(2022/3/10)

組み込み採用事例:
Stellantisが車載HMIシステムの開発にUIフレームワークを採用
自動車メーカーのStellantisが、主な傘下の欧州自動車ブランドにおける車載HMIシステムの開発にThe Qt CompanyのUIフレームワークを採用した。これにより、リアルタイムの3D効果など、車載HMIの画面品質が技術的にも外観面でも向上する。(2022/3/2)

【新連載】「自動運転未満」なクルマとドライバーの関係:
クルマのUXはキケンな過渡期 最近のクルマはコクピットドリルで説明しきれない問題
自動車という工業製品のUI/UXについて語る新連載です。(2022/2/1)

安全システム:
スズキ「アルト」が全面改良、94万円でステレオカメラと6エアバッグが標準装備
スズキは2021年12月10日、フルモデルチェンジした軽自動車「アルト」の新モデルを発表した。(2021/12/13)

スズキ、9代目の新型「アルト」を発売 軽自動車トップの低燃費を実現
スズキは12月10日、軽乗用車の新型「アルト」を同22日より発売すると発表した。(2021/12/10)

ネイティブ超えの新DLSSを追加――NVIDIAが「GeForce Experience」をアップデート Radeonでも使える超解像技術も公開
NVIDIAが、GeForceシリーズ用のコンパニオンソフトウェア「GeForce Experience」の最新版を公開した。GTXシリーズでも使える新たな超解像技術を搭載した他、RTXの超解像技術「DLSS」も最新版にアップデートされる。加えて、Radeonなど他社GPUでも利用できる超解像技術をオープンソースSDKとして公開した。(2021/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。