• 関連の記事

「富士ソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富士ソフト」に関する情報が集まったページです。

医療サイバーセキュリティ最新動向(3):
間近に迫る国内医療セキュリティ規制対応の期限、デッドラインは2024年3月末にも
医療分野におけるサイバーセキュリティの最新動向を紹介するとともに、今後の医療機器開発の進め方などについて説明する本連載。第3回は、2024年3月末にも期限を迎える国内医療関連サイバーセキュリティの規制に対して、医療情報システムや医療機器のメーカーが今すぐに取るべき対応について解説する。(2024/2/22)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(後編):
ROS 2を用いたロボットの実機とシミュレーションによるデジタルツイン連動の実践
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。後編では、ROSのデジタルツイン活用の事例として、ROS 2を実装したロボットの実機とシミュレーションの連動について紹介する(2024/1/22)

医療サイバーセキュリティ最新動向(2):
急ピッチで整備が進む国内の医療関連サイバーセキュリティ規制
医療分野におけるサイバーセキュリティの最新動向を紹介するとともに、今後の医療機器開発の進め方などについて説明する本連載。第2回は、国内における医療関連分野を中心としたサイバーセキュリティの規制動向を取り上げる。(2024/1/17)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(前編):
進化を止めないROSは「ROS 2」への移行を加速、デジタルツイン対応も進む
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。前編では、ROSの最新動向とデジタルツインへの対応状況について紹介する。(2023/12/13)

医療サイバーセキュリティ最新動向(1):
医療分野で急増するサイバー攻撃、政府の対応はどこまで進んでいるのか
医療分野におけるサイバーセキュリティの最新動向を紹介するとともに、今後の医療機器開発の進め方などについて説明する本連載。第1回は、医療分野で急増するサイバー攻撃の状況と日本政府の対応を取り上げる。(2023/12/8)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(68):
Azure Private 5G Coreはこれまでのローカル5Gと何が違うのか?
富士ソフトは2023年7月、国内で初めて「Microsoft Azure Private 5G Core」を用いたローカル5Gの評価環境を構築したと発表した。これまでのローカル5Gと何が違い、どこに優位性があるのだろうか?(2023/8/28)

IIJmio、中古美品「iPad(第5世代)」とモバイルルーター「+F FS050W」発売 一部スマホの値下げも
IIJmioサプライサービスは、富士ソフト製モバイルルータ「+F FS050W」、中古美品「iPad(第5世代)」を販売開始。スマートフォン「motorola edge 20」「Zenfone 9(8GB/128GB)」の価格も改訂する。(2023/6/2)

mineoが「moto g13」やタブレット、モバイルルーター計4機種を発売
mineoは、5月12日にスマートフォン「moto g13」、タブレット「Lenovo Tab M8 4th Gen」、モバイルルーター「Aterm MR51FN」「FS050W」を販売開始した。(2023/5/15)

24年卒に人気なIT関連企業は? NTTデータと楽天を抑えた1位はあの企業 マイナビ調べ
マイナビと日本経済新聞社は「マイナビ・日経2024年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。(2023/4/12)

インダストリー5.0と製造業プラットフォーム戦略(4):
水平分業での日本の製造業の戦い方と製造業プラットフォーム戦略の考え方
インダストリー4.0に象徴されるデジタル技術を基盤としたデータによる変革は、製造業に大きな変化をもたらしつつある。本連載では、これらを土台とした「インダストリー5.0」の世界でもたらされる製造業の構造変化と取りうる戦略について解説する。第4回は、デジタル化による水平分業で日本の製造業が生かせる強みと、新たな競争力を担保する「製造業プラットフォーム戦略」について紹介する。(2023/4/3)

富士ソフト、eSIM対応の5Gモバイルルーター「+F FS050W」発売 約3.8万円
富士ソフトは、5Gモバイルルーター「+F FS050W」を発売。eSIMとnanoSIMに対応したデュアルSIM仕様で、シーンに合わせてMobile、Home、Carを切り替えられる。価格は3万8280円(税込み)。(2023/2/15)

PR:用途が広がるモバイルルーター インフラ整備での導入時に押さえたい3つのポイントを徹底解説
DXの大波があらゆる企業に押し寄せる中、インフラの整備でモバイルルーターの利用が急増している。しかし業務に大きな影響を与えかねない見落としがちな課題も存在する。その課題とは。企業はその対応に向けどんな製品を選択すべきなのか。(2023/2/20)

24卒理系学生に聞く人気の就職先 アマゾン、グーグル上回ったIT企業は?
2024年に卒業予定の大学生・大学院生に人気の就職先はどこか。結果を文系・理系ごとに集計。理系の1位は?(2022/11/25)

24年卒に聞く人気の就職先 ゲーム企業が躍進 上位だったIT企業は?
2024年に卒業予定の大学生・大学院生に人気の就職先は──就職情報サイトを運営する学情が調査。上位に入ったIT・Web関連企業は?(2022/11/24)

EdgeTech+ 2022:
国産AUTOSARを目指したAPTJが解散、日産「アリア」などでの採用実績は実らず
名古屋大学発ベンチャーで車載ソフトウェア標準であるAUTOSAR仕様のソフトウェアプラットフォーム(SPF)「Julinar」の開発を手掛けるAPTJが解散したことが明らかになった。同社 代表取締役会長兼CTOを務めていた名古屋大学情報科学研究科附属組込みシステム研究センター長の高田広章氏が発表した。(2022/11/17)

富士ソフトのモバイルルーター「+F FS040W」に脆弱性 ソフトウェア更新で対処
富士ソフトのモバイルルーター「+F FS040W」に「クロスサイトリクエストフォージェリ」の脆弱(ぜいじゃく)性が判明。悪用された場合に初期化(工場出荷設定)や再起動される可能性があり、ソフトウェアをバージョンアップで対処できる。(2022/10/31)

ランサムウェア対応は「時間」との闘い:
PR:「ゼロトラストでは不十分」 モダンなIT基盤のデータセキュリティはどう考えるべきか
ランサムウェアの恐ろしいところは、対応に失敗すると事業の継続が危ぶまれるリスクがある点だ。焦点は「バックアップを含むデータをどう守るか」と「攻撃の有無や影響範囲を速やかに特定して、迅速に復旧する確実な手だてをどう持つか」にある。(2022/9/30)

DX時代、「顧客目線」にどう立つか?:
PR:日経新聞社のCX戦略実例も 富士ソフトとオラクルが導く「次世代アフターサービス」が企業成長のエンジンに
IoTの普及やデジタル化に伴い、収集されるデータが加速度的に増加している。現在では、大量のデータをアフターサービスに活用することで、新たな付加価値の提供が比較的容易となった。データを利活用しながらより良い顧客体験を提供し続ければ、売上への貢献、ひいては新たな価値創造につながるはずだ。DX時代に求められるCX向上策とはどのようなものなのか?(2022/9/1)

先輩から後輩に受け継がれていく無形の「価値」:
PR:成長したいエンジニアが必要としているのは「師と仰ぐ人」ではないだろうか
見守ってくれる人がいる、安全な場所で冒険や失敗をさせてくれる人がいる。個人主義でもない、単なる上司部下でもない、師弟関係でこそ育まれるエンジニアのキャリアがここに。(2022/6/22)

就職人気から占う今後のIT業界:
23卒学生2万人の“志望IT企業ランキング” 3位はNTT東日本、2位は楽天グループ、1位は?
2023年に卒業予定の学生が志望するIT企業はどこか。就職サイト「ブンナビ」を運営する文化放送キャリアパートナーズが調査を行い、ランキングを発表した。(2022/4/18)

導入事例:
ARにより室内環境をリアルタイムに見える化する新たな技術、安藤ハザマら
安藤ハザマは、富士ソフトと共同で、Microsoft製のヘッドマウントディスプレイ端末「HoloLens 2」を活用した室内環境可視化技術「環境ウォッチ ver.2」を開発した。環境ウォッチ ver.2では、従来技術「環境ウォッチ」で備えていた「事前実施したシミュレーション結果の表示機能」に加え、センサーで計測した温度や湿度などのデータをリアルタイムも室内にAR表示する。利用者は事前のシミュレーションと現在の室内状況を実スケールで確かめられ、これまで見落としがちであった問題点を発見するツールとして使える。(2022/4/8)

VR/AR/MRニュース:
室内環境をARでリアルタイムに可視化する、室内環境可視化技術を開発
富士ソフトと安藤ハザマは、室内環境可視化技術「環境ウォッチ ver.2」を開発し、安藤ハザマ技術研究所で運用を開始した。ヘッドマウントディスプレイ端末を活用して、室内環境をARでリアルタイムに可視化する。(2022/4/8)

富士ソフト、クルマ向けのWi-Fiルーター+専用キットを発売
富士ソフトは、4月13日からカールーター「+F FS040W カー・セット」を発売。同日にホルダーとシガーソケットチャージャー、USBケーブルの専用オプション品も販売開始する。(2022/3/29)

PR:コロナ禍で浮き彫りになるコミュニケーション不足 新人研修やOJTを成功させる「仮想オフィス」の価値とは?
(2022/3/28)

PR:旅行業界を巻き込むJTBの「PMSデジタルソリューション連携システム」構想とは? 観光事業の“再起動”を目指す仕掛け人に直撃
(2022/3/9)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒に聞く「希望の就職先」、漫画・アニメ人気で出版業界が躍進 上位だったIT企業は?
就職情報サイトを運営する学情が2023年卒業予定の大学生・大学院生を対象に就職したい企業を調査。漫画・アニメ人気で出版業界が躍進する中、どのIT企業が上位にランクインしたのか。(2022/1/17)

最初から詰んでるやんけ! 「School Days」伊藤誠になれる体験型お化け屋敷「誠ザ・リアル」爆誕
こんなになりたくない主人公いる?(2021/12/11)

「中身を把握できないままアプリ改修はできない」:
PR:富士ソフトが「システム引き継ぎ」と「PCI DSS準拠」を両立させた“秘策”とは
アプリケーション開発においてセキュアコーディングの重要性は高まっている。だが、「具体的に何をチェックしていけばいいのか」が定まらず、実践するとなると難しい。同様の悩みを抱えていた富士ソフトはどうやってこの課題を解決したのか。(2021/10/12)

モバイルディスプレイの道:
モバイルディスプレイにもなる13型Androidタブレット「Yoga Tab 13」の実用性をチェックした
レノボ・ジャパンの「Yoga Tab 13」は、HDMI入力でモバイルディスプレイとしても使える大画面のAndroidタブレットだ。ユニークな立ち位置にあるモデルをチェックした。(2021/8/18)

組み込み採用事例:
AIを活用した射出成形機向け自動補正システムの構築を支援
富士ソフトは、AIを活用して、豊田自動織機の自動補正システム構築を支援した。AIが射出成形機の最適な設定値を提示するため、熟練工の経験や勘に依存せず、生産の安定化や製品の品質向上につながる。(2021/8/2)

富士ソフト、PC本体のレンタルから運用保守まで一括対応する「デスクトップフルサービス」
富士ソフトは、PCのレンタルに加えOS更新やセキュリティ対策/運用保守などをワンストップで対応する「デスクトップフルサービス」を発表した。(2021/7/26)

IoTセキュリティ:
協業強化の第1弾で、IoT機器向け国産ファジングテストツール提供開始
富士ソフトは、FFRIセキュリティとのサイバーセキュリティ分野における協業を強化した。第1弾として、IoT機器向けの国産ファジングテストツール「FFRI Raven」と同ツールのテスト実施サービスを提供する。(2021/6/11)

「コールセンター業務における課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2021/5/11)

「DX推進」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/3/31)

ROSを使ってロスなくロボット開発(後編):
ROSとフォトリアルなシミュレーター「Isaac Sim」を連携させる
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、「ROSとシミュレーターの組み合わせ事例」をテーマに、ROSとフォトリアルなシミュレーター「Isaac Sim」の連携について具体的な手法を紹介する。(2021/3/24)

富士ソフトの株主優待に「しいたけ詰め合わせ」があるって本当!? 担当者「品評会で6年連続金賞を受賞している自慢のしいたけを味わっていただきたい」
最高のしいたけ、食べてみたい!(2021/3/11)

クラウドニュースフラッシュ
蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由
「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。(2021/2/27)

ROSを使ってロスなくロボット開発(中編):
ROSとシミュレーターの連携が生み出す新たな可能性
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、「ROSの活用シーンとしてのシミュレーターとの連携」をテーマに、ロボット開発におけるシミュレーターの重要性や、ROSと連携可能なシミュレーターなどについて解説する。(2021/2/25)

ROSを使ってロスなくロボット開発(前編):
ロボット開発プラットフォーム「ROS」はどのように進化してきたのか
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、ROSがオープンソースソフトウェアとしてどのように進化してきたのについて紹介する。(2021/1/28)

「コールセンター業務における課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2021/3/10)

nuroモバイルから月額3480円の「データ無制限プラン」 データ専用、3日間の通信制限はあり
ソニーネットワークコミュニケーションズが1月18日、「nuroモバイル」のソフトバンク回線で「データ無制限プラン(S)」の提供を開始した。月間のデータ容量に制限は設けていないが、直近に3日間の累計データ通信量が10GBを超えると、通信速度を制限する場合がある。モバイルWi-Fiルーター「+F FS030W」をセットで契約すると、24カ月間、月額2855円で利用できる。(2021/1/18)

「顧客管理の課題と使用ツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2021/1/18)

仕組みは?:
新卒内定者500人がアバター姿で“バーチャル交流会” Zoomは使わず「あえて自社開発」、富士ソフトのこだわり
富士ソフトが2021年度の「新卒内定者交流会」をオンラインで開催。自社開発のバーチャル交流会ツールを活用し、内定者約500人、富士ソフトの社員約100人がアバター姿で参加した。その仕組みは。(2020/11/27)

車載ソフトウェア:
ECU統合の機能安全に必要なメモリ保護を学べる、AUTOSAR開発体験キットが拡張
富士ソフトは、車載ソフトウェアの標準規格であるAUTOSARについて日本語解説を基に開発体験できる「AUTOSAR開発体験キット」に「メモリ保護編」を追加すると発表した。(2020/11/25)

仮想環境の運用管理・監視についてのアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2020/8/3)

迅速に学習用端末を展開 日本マイクロソフトが「GIGAスクール」端末の導入支援サービスを無償提供
日本マイクロソフトが「GIGAスクール構想」に準拠するWindows 10 Pro PCを迅速に導入するためのソリューションをパートナー企業を通して無償で提供することになった。GIGAスクール構想における学習用端末の導入計画が前倒しされたことを受けての措置だ。【訂正】(2020/7/15)

富士ソフト、ホームルーターにもなるモバイルルーター「+F FS040W」
富士ソフトは、7月7日にモバイルルーター「+F FS040W」を発売。専用ホームキット(別売)に接続すればホームルーターとしても利用でき、最大32台まで同時接続が可能だ。(2020/7/8)

デスクトップ仮想化製品に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2020/7/1)

決議無効のリスク:
株主総会のオンライン化、立ちはだかる“法律の壁” 先駆者・富士ソフトの挑戦記
コロナ禍で、各社が株主総会の開催に苦慮している。そんな中、富士ソフトはリアルでの株主総会だけでなくインターネット株主総会を同時開催した。事はそう単純ではなく、開催の決断は簡単なものではなかった。(2020/6/11)

組み込み採用事例:
新4K8K放送に対応したミドルウェアを「AQUOS 8Kテレビ」に搭載
富士ソフトは、デジタルテレビ向けミドルウェア「FSDTV Middleware for ARIB」がシャープの「AQUOS 8Kテレビ」に搭載されたと発表した。新4K8K衛星放送における8K放送に対応する。(2020/5/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。