• 関連の記事

「レンタル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レンタル」に関する情報が集まったページです。

レンタルビデオ→書籍→? 「SHIBUYA TSUTAYA」オープンのCCC、二度のピーク経て変化を続けるビジネスモデルに迫る
渋谷の店舗を刷新して「新しい文化の聖地」を目指すSHIBUYA TSUTAYAがオープンした。レンタルで一世を風靡してきたTSUTAYAは今、どのような成長戦略を描いているのか。(2024/5/18)

モバイルバッテリーレンタル「ChargeSPOT」が料金改定 30分未満165円→1時間未満330円に
INFORICHは5月14日、モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」の料金改定を発表した。5月現在の最低料金は30分未満で165円(税込み、以下同)となっているが、7月1日以降は1時間未満で330円となる。「必要な人に必要なタイミングで効率よくバッテリーが行き渡ること」が目的だという。(2024/5/16)

現場管理:
名刺サイズの遠隔臨場用カメラ「G-POKE」のレンタル販売開始、MIYOSHI
MIYOSHIは、電源1つでカンタン起動するウェアラブルカメラ「G-POKE」のレンタル販売を開始した。発注者が立ち会わずに、遠隔地から進捗状況や現場立会などを行う“遠隔臨場”に対応したコミュニケーションツールとなっている。(2024/5/7)

JTB海外旅行で「Galaxy S24」の無料レンタルサービス始まる 翻訳機能で言葉の壁をなくす相棒に
サムスン電子ジャパンは5月から新型スマートフォン「Galaxy S24」シリーズを海外旅行時に無料で貸し出すサービスを提供する。同社が7日に発表した。対象端末は「Galaxy S24」「Galaxy S24 Ultra」で、旅先で翻訳機能などを活用できる。(2024/5/7)

青と黄色の「Vポイント」始動 旧Tポイントとの違いは? 公式Xアカウントが解説
レンタルCD/ビデオ店「TSUTAYA」とともにその名をはせた「Tポイント」に代わり、「青と黄色のVポイント」が2024年4月22日に始動した。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営するTポイントと、三井住友カードのVポイントが結合した形となる。Tポイントとの違いについて、Vポイント公式Xアカウントが解説している。(2024/4/22)

山岳トンネル工事:
山岳トンネル工事の濁水処理プラント/吹付プラントの遠隔管理システムを開発
安藤ハザマは、建設機器レンタル会社のカナモトと共同で、山岳トンネル工事に使用する仮設備の濁水処理プラント/吹付プラントの遠隔管理システムを開発した。クラウドを利用したデータの一元管理と、仮設備の自動化/遠隔管理により、プラント作業と管理を省人化、省力化する。(2024/4/22)

「バーチャルプロダクション」のレンタルサービス、ソニーPCLが開始 専門スタッフによる制作サポートも
ソニーPCLはバーチャルプロダクションのレンタルサービスを5月より提供すると発表した。撮影のためのディスプレイやシステムなどに加え、専門スタッフの制作サービスも提供する。(2024/4/15)

製品動向:
建設機械を無人レンタル、スマート端末で物理キー受け渡し レンタル会社向けに提供
アースカーは、建設機械のレンタル会社向けに、スマートボックス端末を利用して建機を無人で貸し出すシステム「WORKCAR」の提供を開始した。人手を介さずに車両キーを受け渡しで車両キーを受け渡しでき、防犯と与信の観点から、これまで取引のある法人に利用を限定することも可能だ。(2024/4/12)

エプソン販売、「エプソンのスマートチャージ」にA4複合機の新モデルを追加
エプソン販売は、同社提供の月額レンタルサービス「エプソンのスマートチャージ」のラインアップにA4カラーインクジェット複合機モデル「LM-C400」を追加した。(2024/4/9)

会員は100万人:
洋服サブスク「エアクロ」が、大きな物流拠点を構えた理由
100万人の会員がいる女性向けの月額制ファッションレンタルサービス「エアークローゼット」。事業を提供するエアークローゼット社は、循環型物流プラットフォームをリリース。レンタルを前提とした物流サービスで、「配送・返送・メンテナンス・在庫管理」を一気通貫で他社に提供するという。事業拡大の狙いを取材した。(2024/3/30)

ティーガイア、レノボ製PCをレンタルで提供する「T-GAIA Device as a Service」を提供開始
ティーガイアとレノボは、法人向けPCレンタルサービス「T-GAIA Device as a Service」の提供開始を発表した。(2024/3/29)

サブスク利用者は約4割 サービスを使い始めたきっかけは?
直近1年間に「サブスクを利用した」とした人は4割に上ったことが、マイボイスコム(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。「使い放題」「レンタル」「定期便」と様々なサービスがある中、最も利用されているサブスクのタイプとは。(2024/3/28)

auオンラインショップ、最新スマホやAIロボットなどのレンタルサービス開始 2週間から利用OK
KDDIは、auオンラインショップの商品が対象のレンタルできるサービスを開始。Xperia 5 Vなどの最新スマホやAIロボットを、2週間からの「ワンタイムプラン」と「月額制プラン」で利用できる。(2024/3/25)

セルフWi-Fiレンタルサービス「WiFiBOX」が100カ所設置記念キャンペーンを開催 ギフト券などが抽選で当たる
テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルーターのセルフレンタルサービス「WiFiBOX」の貸し出し/返却スポットが100カ所を達成した。これを記念し、Amazonギフトカードなどが当たるSNSキャンペーンを行う。(2024/3/19)

リサイクルニュース:
SMFLがリチウムイオン電池リサイクル事業の共同開発で協業
三井住友ファイナンス&リースは、同社グループのSMFLレンタルやシンガポールのTES-AMMとともに、湿式精錬技術を用いたリチウムイオン電池リサイクル事業をグローバルに共同展開する目的で、LIBリサイクル事業の共同開発に関する覚書を締結し、事業化の検討を開始したと発表した。(2024/3/13)

施工:
カインズ、一部店舗で建設機械のレンタルを開始 SORABITOが支援
カインズはプロユーザー向けレンタルサービスのラインアップを拡充し、一部店舗で建設機器の取り扱いを開始した。プレートやランマー、発電機、電動ハンマードリルなどを店頭で受け取れる。(2024/3/11)

xR:
メタバース空間で足場の組立/解体、VRで体感 杉孝が新サービス
足場/仮設機材レンタルの杉孝は積木製作とともに、足場の組立/解体を体感できる教育コンテンツ「メタバース体感教育」を開発し、足場安全教育サービスの一環として提供を開始した。(2024/3/6)

山岳トンネル工事:
西松建設、トンネル工事にホイールローダ遠隔操作システム試験導入
西松建設は、建設関係機械の設計/製作を手掛けるジオマシンエンジニアリング、建機レンタルのカナモトと共同開発したホイールローダ遠隔操作システム「Tunnel RemOS-WL」の実用機を、実際の山岳トンネル施工に試験導入した。(2024/3/4)

さくらインターネット、ヌーラボと提携 「Backlog」などサーバ顧客に紹介
さくらインターネットが「Backlog」などを展開するヌーラボと業務提携。「さくらのレンタルサーバ」顧客向けに、「Backlog」や「Cacoo」を紹介する。(2024/2/26)

「さくらのレンタルサーバ」値上げ 「昨今の各種原価の高騰により」
さくらインターネットが、レンタルサーバサービス「さくらのレンタルサーバ」を全プラン値上げすると発表した。(2024/2/19)

1日800円〜の「au 海外放題」発表 海外でもデータ無制限で使い放題、レンタルWi-Fiに対抗
KDDIと沖縄セルラーは、新たな国際ローミングサービス「au 海外放題」を発表した。使い放題型の料金で、海外でも容量上限を気にせずデータ通信できる。3月15日から提供する。(2024/2/19)

東京一狭い? 池袋にある「2.5畳」のワンルーム訪問→“衝撃の狭さ”に仰天「レンタル倉庫にしか見えない」
入ってすぐにルームツアーがほぼ終了する狭さ……!(2024/2/17)

現場管理:
AIで墜落制止用器具の不使用者を自動検知するシステム、レンタルを開始
西尾レントオールは、墜落制止用器具(安全帯)の不使用者を自動検知するシステムのレンタルを開始した。画像認識AI技術を活用し、フックを使用していない作業員を自動判定して通知するもので、レンタルにより現場導入のハードルを下げることで、墜落、転落事故防止を支援する。(2024/2/5)

産業動向:
建機の“無人レンタル”サービス開始 アクティオのカーシェアスポット「アクスポ」
アクティオは、建設車両の無人貸し出しと返却ができるカーシェアスポット「アクスポ」の新サービスを開始した。(2024/1/25)

現場管理:
建設現場向け備品レンタルサービスがWeb注文に対応 調達、管理業務を効率化
コーユーレンティアは、建設現場向けレンタル備品のWeb注文システム「Rentia Station」をリリースした。24時間いつでも注文/返却手続きが可能になった他、レンタル数もオンラインで確認できるようになり、備品の調達/管理業務を効率化する。(2024/1/24)

あのネコ型配膳ロボの愛称が判明 「時給161円」でレンタルする“里親”募集中
ファミリーレストランなどでよく見かけるネコ型配膳ロボ「BellaBot」を3年間、特別価格でレンタルする「人手不足解消応援キャンペーン」がスタート。(2024/1/17)

ロボット:
日本製の墨出しロボが海外市場に本格進出 未来機械と竹中などが開発
未来機械は、竹中工務店やレンタルのニッケンとともに開発した墨出しロボットを東南アジアなどのグローバル市場で販売に乗り出した。未来機械にとっては、中東向けソーラーパネル清掃ロボットに続く、海外進出となる。(2024/1/15)

ChargeSPOTのモバイルバッテリーを48時間無償レンタル 石川県や新潟県で
モバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT」で、1月1日に石川県で発生した地震を受け、対象地域でモバイルバッテリーを48時間無償でレンタルしている。石川県と新潟県の一部地域が対象。アプリを使わず、モバイルバッテリーをそのまま持ち出せる店舗もある。(2024/1/2)

モバイルバッテリー無償貸出、石川県能登の地震受け ChargeSPOTが48時間限定で
同日午後4時すぎに発生した地震を受け、モバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT」が、48時間限定ではあるが無料開放を決めた。アプリなしかつ無償でバッテリーをレンタルできるという。(2024/1/1)

充電レンタル「チャージスポット」北陸地方の地震受け「48時間未満無料」に 石川県、新潟県の一部自治体で
さまざまなスマートフォンを充電できます。(2024/1/1)

中古で51円のiPadやiPhone 8 Plusを抽選販売 HISモバイルが「初夢フェア2024」開催
HISモバイルは、12月27日から「初夢フェア2024」を開催。対象の中古iPhoneなどを最大99%オフで提供し、「エントリーパッケージ」を半額にする他、「HIS Wi-Fi」のレンタル料金も20%オフになる。期間は2024年1月8日まで。(2023/12/26)

「Galaxy Z Flip5」のレンタルサービス、サンリオピューロランドで12月26日開始
サムスン電子ジャパンは2023年12月26日、折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip5」のレンタルサービス「Newスマホ体験 #Galaxy使ってみた」をサンリオピューロランドで始める。サービス提供期間は12月26日〜2024年2月29日。借りた端末は外へ持ち出せない。(2023/12/21)

PFU、学生向けのScanSnap無料レンタルキャンペーンを開始 50名限定
PFUは、ゲオおよびCLEARNOTEと共同して学生向けとなるScanSnapの無料レンタルキャンペーンを開始する。(2023/12/19)

バッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT」、みずほ銀行ATM約400拠点で利用可能に
みずほ銀行ATM約400拠点でモバイルバッテリーを借りられるようになる。みずほ銀行とモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を運営するINFORICHが11月28日に発表した。設置拠点を拡大した形。(2023/11/28)

施工:
清水建設とレンタルのニッケン、天井仕上げが1人で完結するアシスト機をレンタル開始
清水建設とレンタルのニッケンは、天井仕上げ作業が一人で行える「電動走行作業台」と「無線操作式資材揚重機」を開発した。レンタルのニッケンを介して、外部へのレンタル販売も予定している。(2023/11/13)

法人向けスマホレンタル「トリスマレンタル」提供 機能診断で故障前の交換も可能
ニューズドテックは、健康診断アプリ「トリスマ」で異常やバッテリー劣化が確認できた際に故障前でも交換するモバイルレンタル「トリスマレンタル」を提供開始。まずは法人向けにスタートし、将来的には個人向けにも展開予定。(2023/11/8)

月100GBが3278円のレンタルルーター、H.I.S.Mobileから 10GBからの段階制プランで「ホリエのWiFi」に対抗
H.I.S.MobileはMVNOサービス「HISモバイル」で、モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「HIS Wi-Fi PLUS+」を始めた。国内3キャリアのネットワークに対応し、端末代金などはかからない。海外でのサポートも整えたという。(2023/10/20)

渋谷TSUTAYAがリニューアルで「最終レンタル利用日」 「お世話になった」「借り納めした」懐かしむ声や惜しむ声
SHIBUYA TSUTAYAは2023年10月31日から全フロア改装工事に入ります。(2023/10/16)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
ChatGPT活用は、あの“猫型ロボット”への第一歩になるか
今週は、ChatGPTを活用したロボットのレンタルサービスといった3つのトピックを紹介する。(2023/10/14)

スマートコンストラクション:
点検表のペーパーレス化サービスが建機レンタル業で採用 建機点検時間を20分短縮
建機レンタル業を営む福島建機が、点検表をペーパーレス化するSORABITOのSaaS「i-Rental 点検」の利用を開始した。導入効果として、建機1台あたりの点検業務時間が20分短縮したという。(2023/10/12)

キャンプ経験者1000人が選ぶ:
キャンプで食べたくなる料理 3位「ステーキ」、2位「焼きそば」、1位は?
日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、キャンプ用品のレンタルを手掛けるタナベスポーツ(大阪市)と共同で、キャンプの時に食べたい料理ランキングを発表した。(2023/10/7)

第5回 建設・測量生産性向上展:
地下空洞内の3Dデータ化計測器やマーキング自走ロボなど含め、2000種類以上をレンタル
レックスは、最新機種はもちろん、特殊用途にしか使わないような珍しい機種まで、幅広いレンタル製品を展開している企業だ。取り扱い機種は2000種類以上で、約2万7000台の計測機器を保有しているため、ユーザーが求める特殊な機能の機器でもスムーズに貸し出せるのが他社にない強み。(2023/9/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
GEO、たった2年で「時価総額が倍増」 店舗数は減ったのに、なぜ?
レンタルショップで有名な「GEO」を運営するゲオホールディングス(名古屋市)の時価総額がここ2年足らずで倍増し、1000億円を突破した。レンタルビジネスに関する周辺環境が悪化の一途を辿る中、同社はなぜ業績を成長させることができたのか。そこには3つの勝因があった。(2023/9/1)

さくら、インテルCPU脆弱性「Downfall」の影響は調査中 クラウドなど全サービスで
さくらインターネットが、米Intel製CPUに見つかった脆弱性「Downfall」について、クラウドやレンタルサーバなど自社サービスへの影響を調査中と発表した。(2023/8/14)

1日99円から HISモバイルがモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス開始
H.I.S.Mobileは8月10日、MVNOサービス「HISモバイル」で、モバイルWi-Fiルーターの提供を始めた。申し込みはWebで受け付ける。サービス名は「ポケットWi-Fiレンタル」で、料金プランは0.3GB/日で99円〜を含め3種類ある。(2023/8/10)

第5回 建設・測量生産性向上展:
万博工事で建機燃料をバイオディーゼルへ、建設施工分野の“GX”を提案する「西尾レントオール」
総合レンタル企業の西尾レントオールは、「第5回 建設・測量生産性向上展」で、建設施工分野の“GX”に寄与する電動ミニバックホウと、生産性向上につながる自社開発サービスも含めたロボットや建設ICTを多数紹介した。(2023/8/3)

推し活専門ショップ「fanfancy+ with GiGO」が原宿竹下通りにオープン 推し活アイテムや推し色フード、レンタル衣装が一堂に
推しカラーで楽しめる!(2023/7/30)

新幹線「はやぶさ」モチーフのベビーカー 東京駅、上野駅などでのレンタル限定で登場
小さな運転手さんのためのベビーカー。(2023/7/20)

3Dプリンタニュース:
中国企業の金属3Dプリンタの国内販売権を取得、販売とレンタルを開始
オリックス・レンテックは、Xi'an Bright Laser Technologies(BLT)製の金属3Dプリンタの国内販売権を取得し、販売とレンタルを開始した。販売後の保守サポートも実施する。(2023/7/7)

「レンタルChatGPTできる人」登場 ChatGPTを何に使えばいいか分からない企業に1カ月5万円でコンサル
検討したい企業向け。(2023/7/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。