• 関連の記事

「FinTech」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FinTech」に関する情報が集まったページです。

結末は予想通り……
悪化する男性のメンタルヘルス――彼を追い詰めるあの固定観念
英国男性の多くがコロナ禍によってメンタルヘルスの悪化に苦しんでいるという。彼らを追い詰めているプレッシャーや固定観念は、日本人にも共通するものだった。(2022/1/21)

パンデミックで苦境に立たされるFinTech企業
「Zoom」会議で首切り900人のユニコーン企業 何を考えていたのか?
Web会議で900人に解雇を伝えたFinTech企業のCEOが批判を浴びている。一方で人員整理に踏み切るFinTech企業は、この1社だけではない。業界の現状を紹介する。(2022/1/13)

なぜ、注目されているのか:
金融に革命をもたらす「組込型金融」(エンベデッド・ファイナンス)の可能性
組込型金融(エンベデッド・ファイナンス)という言葉がバズワードになっている。市場規模は2026年には1380億円に拡大する見通しだ。なぜ、ここまで大きな反響を呼んでいるのか。(2022/1/11)

アプリは431万ダウンロードを突破:
りそなホールディングス南昌宏社長が語る コロナ禍でも業績好調の理由
りそなホールディングスは2022年3月期の中間決算を発表。銀行本来の業務からの利益である「資金利益」「フィー収益」「その他業務利益」の合計である業務粗利益は、前年同期比58億円増の3231億円で、親会社株式に帰属する中間純利益は同244億円増の808億円だった。同社の南昌宏社長にコロナ禍でも好業績の理由や今後の戦略を聞いた。(2022/1/8)

金融機関ならではの要望に応えられる:
PR:地銀向け投信・保険販売システムを高セキュアにクラウド化、システム基盤選択の決め手は?
金融機関向けのサービスをクラウドで提供する場合、セキュリティの高さが非常に重要視される。さらに金融機関が必要なセキュリティは一般の企業とは異なる。加えてFinTech企業が開発しやすいプラットフォームであることが望ましい。金融機関向けサービスをクラウド化した企業の事例からは何が学べるだろうか。(2021/12/28)

A-Styleフォーラム Vol.8:
Microsoftが提言するニューノーマル時代のクラウド化メリット、「目からウロコ!これからのクラウド活用術」<前編>
2021年10月1日、住宅用3DCADメーカー福井コンピュータアーキテクトは、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演をはじめ、指定確認検査機関の建築確認申請電子化の解説、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの紹介など、多彩かつ充実した3時間となった。前・中・後編と3回に分けてお送りするうち、前編の今回はオープニングセッションと日本マイクロソフトの基調講演を中心にレポートする。(2021/12/21)

認可には何が必要?:
改正資金決済法で、銀行以外でも提供できるようになったサービスとは
(2021/12/21)

FinTech企業の女性活躍
「女性のFinTech企業幹部」がなかなか生まれない問題 その切ない実態とは
ダイバーシティーの取り組みが注目を集める中で、その実践に課題を抱える業界や企業がある。調査によると非上場FinTech企業における経営幹部への女性登用が進んでいない。その実態は。(2021/12/17)

注目のFinTech企業はなぜこぞって中小企業のB2B取引に狙いを定めるのか 勝ち筋を読む
FinTech企業にとっていま一番アツいのは中小企業のB2B決済のデジタル化支援だという。多様な企業が出現しているがまだまだ市場は飽和しそうになく、多数の投資家がこの市場の成長株企業を狙って出資合戦を繰り広げる状況にある。投資家らが注目するスタートアップ企業の狙いを読み解く。(2021/12/16)

世界中で普及するオープンバンキング【前編】
クレカはもう“オワコン” 「オープンバンキング」が決済を変える
「オープンバンキング」による決済が、今後急速に普及する可能性がある。この勢いは「クレジットカード決済の優位性を失わせる」と調査会社は予想する。決済はどう変わろうとしているのか。(2021/12/13)

世界中で普及するオープンバンキング【後編】
クレカを“オワコン”にする「オープンバンキング」にVisa、Mastercardが本気の訳
「クレジットカード決済の優位性を失わせる」との声もあるオープンバンキング決済に、大手クレジットカードブランドVisaやMastercardが注力している。両者の意図とは何なのか。(2021/12/20)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(3):
自社技術を知ってもらうために知財を使ってできること
貧困解決を目指すFinTechサービスを支える技術を保有し、知財ポートフォリオ形成による参入障壁構築を進めるGlobal Mobility Service。同社の知財戦略と知財活動からビジネス保護に使える知見を紹介する。最終回は知財を起点に国際的なビジネスマッチングを加速させる。(2021/11/15)

海外医療技術トレンド(77):
フィットネストラッカーにも広がる米国のセキュリティ規制、異業種連携も加速
前回の連載第76回では米国の医療機器サイバーセキュリティ規制動向を取り上げたが、医療機器に該当しない健康アプリケーション/機器でも、新たな規制に向けた動きが顕在化している。(2021/11/12)

国境をまたぐデータ移動の在り方を検討 経産省が研究会を立ち上げ
経済産業省が「データの越境移転に関する研究会」を立ち上げた。資源としてのデータの国境を越えた移動について有識者や関連企業などを集め検討する。(2021/11/2)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ラーメン屋から見えてくる知財の世界
身の回りに“知財”はあふれています(2021/11/2)

銀行と連携:
米国のFintechはどうなっているの? 新しいサービスに共通点あり
米国で、Fintech企業が大きく成長している。ネットの力を武器に優れたユーザー体験を提供しているわけだが、新しいサービスに重要な共通点がある。それは……。(2021/10/22)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第2回:
PR:進化を続けるエッジコンピューティング、製造業の要求を満たす条件とは
AIや画像処理による解析などの用途で、製造業でもエッジコンピューティングのニーズが高まってきた。従来はクラウドやデータセンターなどで担っていたこれらの処理も、今や現場である“エッジ”での対応が求められるようになっている。そのためには、工場内でも運用できる堅牢性を備え、高性能GPUも搭載できるようなシステムが求められている。(2021/10/18)

Kafka導入事例
「Apache Kafka」で実現したマルチクラウド対応のシステム連携
システム連携の課題は、相手のシステムにどう対応させるかにある。個別対応では開発リソースとコストがかかり過ぎる。OSSの分散イベントストリーミング基盤である「Apache Kafka」がそうした課題を解決する。(2021/10/13)

あらゆるビジネスを「as a Service」に:
2021年のサブスクリプションエコノミーとZuoraの戦略
サブスクリプションへの取り組みはあらゆる業界で進むが、進捗の度合いはさまざまだ。Zuoraは、どのステージにあるビジネスでも支援できるよう、製品ポートフォリオを整えている。(2021/10/11)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(2):
知財活動を社員に「わがこと化」してもらうための組織づくり
貧困解決を目指すFinTechサービスを支える技術(IoTデバイスとプラットフォーム)を保有し、知財ポートフォリオ形成による参入障壁構築を進めるGlobal Mobility Service。同社の知財戦略と知財活動からビジネス保護に使える知見を紹介する。第2回では知財活動を社員に身近に感じてもらうための組織作りの考え方を取り上げる。(2021/10/7)

督促・回収業務のDX支援「Lectoプラットフォーム」、クローズドβ版提供開始
 Fintech関連事業を行うLecto(東京都渋谷区)は、9月より金融や決済事業者、Fintech企業における債権管理、督促回収業務のDXを支援する「Lectoプラットフォーム」のクローズドβ版をリリースしたと発表した。(2021/9/30)

鍵はハイブリッドクラウドを支える協力体制
変革期の金融業界、FinTechとレガシーシステムをつなぐ「相互接続性」の価値
厳しい法規制やセキュリティ要件から、クラウド利用を慎重視していた金融業界にDXの追い風が吹いている。「データセンターの相互接続性」は、レガシーインフラとクラウド技術を接続する重要な要素の一つだ。その理由は。(2021/9/29)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。(2021/9/17)

「開発のスピード」だけでは、ビジネスは成立しない:
PR:インフラエンジニアの役割と、存在価値を高める手段とは
およそ全てのビジネスをITが支え、経営環境変化も激しい中、システム開発・提供の「スピード」がビジネス差別化の一大要件だといわれている。しかし昨今は、システムの「品質」にまつわる事件・事故も目立つ。改めて問う「インフラエンジニアの役割」とは。(2021/9/17)

中小企業の会計業務効率化を推進 ソリマチとJCBがFinTechで提携
ソリマチとJCBは、中小企業や小規模事業者の経営、会計課題の解決に向けて協業を検討する。FinTechアプリを提供するソリマチと、中小企業向けクレジットカードの会員基盤の拡大を目指すJCBの方針が一致したかたちだ。(2021/9/13)

製造マネジメントニュース:
NECが米NISTの顔認証技術ベンチマークテストで1位を獲得
NECは、米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した顔認証技術のベンチマークテスト「FRVT Ongoing」で、世界第1位を獲得した。大規模な「1:N認証」において、1200万人分の静止画の認証エラー率が0.22%と性能評価された。(2021/9/6)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(1):
IoT技術を活用し貧困解決を目指すFintechベンチャーが知財を重視する理由
貧困の社会課題解決を目指すFinTechサービスを支える技術(IoTデバイスとプラットフォーム)を保有し、経営の根幹に知財を据え知財ポートフォリオ形成による参入障壁の構築を進めているGlobal Mobility Service。同社の知財戦略から中小企業・ベンチャー企業のビジネスを保護するために必要な知財権取得のヒントを紹介する。(2021/8/24)

コロナ禍をITで乗り越えるエジンバラネピア大学【前編】
学生2万人の大学がオンライン教育に生かした「Horizon」×「Azure」のVDIとは?
英国のEdinburgh Napier Universityは、COVID-19のパンデミック前から構築してきたVDIを生かし、オンライン教育へと迅速に移行した。「VMware Horizon」と「Microsoft Azure」で構築したという、同校のVDIとは。(2021/8/23)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第4回】
ウェザーニューズが「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を選ばない明確な理由
クラウドファーストの方針に基づき、クラウドサービスを積極的に活用するウェザーニューズ。先駆的なクラウドユーザーの間で進む「脱クラウド」「オンプレミス回帰」の波には乗らないと同社は言い切る。その理由は。(2021/8/18)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第3回】
ウェザーニューズが実践 「AWS」を安心して安く使う工夫とは?
ウェザーニューズは「AWS」を利用し、気象データを提供する「WxTech」サービスを運用している。AWSの“ヘビーユーザー”である同社は、AWSの利用コスト抑制のために、どのような工夫を取り入れているのか。(2021/8/10)

所有権は発生しない?:
「リアルアート」と「NFTアート」、法的な違いは? 弁護士が解説
注目が集まる「NFTアート」は、法的にはどのような位置づけになるのでしょうか。譲渡や利用など、シーン別に「リアルアート」との違いを弁護士が解説します。(2021/7/30)

PR:ノートPCで動画制作は夢物語? マウスの「DAIV 7N」を現場に導入してつかんだ手応え
マウスコンピューターの「DAIV 7N」は、デスクトップPC用のCPUを詰め込んだモンスター級のノートPCだ。実際にどのようなポテンシャルを秘めているのか、動画編集の現場で検証した。(2021/7/30)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第2回】
ウェザーニューズが「WxTech」のインフラに「AWS」を選んだ“あの理由”
ウェザーニューズは、気象データを提供する「WxTech」サービスのインフラとして「AWS」を利用している。なぜAWSを選んだのか。同社に理由を聞いた。(2021/8/2)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第1回】
ウェザーニューズが気象サービス「WxTech」構築で直面したインフラ面の課題とは
気象データを提供する「WxTech」サービスを構築する上で、ウェザーニューズはインフラに関する“ある課題”に直面した。それは何だったのか。(2021/7/28)

りそなHD、NTTデータ、日本IBMが「金融デジタルプラットフォーム」で共創開始
りそなHD、NTTデータ、日本IBMは、金融機関と異業種をつなぐ「金融デジタルプラットフォーム」の提供で協業する。オープンなプラットフォームで、多種多様な金融サービスの実現を支援する。(2021/7/16)

【バーティカルSaaS】 調剤薬局のDX化を進めるカケハシ 成長スピード1年で3倍の3つの要因
調剤薬局のDX化を猛烈に推し進めるスタートアップがある。薬歴システム「Musubi」を提供するバーティカルSaaS企業、カケハシだ。導入した薬局から熱烈な支持を受け「1年で3倍の売上成長」というスピードで躍進を遂げるカケハシの戦略はどのようなものだろうか。(2021/7/7)

オンライン専業生保の販売力強化策:
ライフネット生命が手掛ける「ホワイトレーベル」「オンライン保険代理店」 他社との協業に行き着いた理由とは
ライフネット生命が経営方針の重点領域として掲げるのが「顧客体験の革新」と「販売力の強化」だ。オンラインに軸足を置きつつさらなる成長機会拡大に向け先駆者の取り組みから成功のヒントを探る。(2021/6/24)

Ansible活用でIP払い出し作業時間をほぼ自動化:
楽天のインフラエンジニアが明かす、AWSを用いた大規模ネットワーク運用の効率化
2021年5月11〜12日に開催された「AWS Summit Online 2021」で、楽天グループ グローバルテクノロジー統括部 Vice Group Managerの藤井博貴氏が登壇。「楽天の大規模AWSネットワークインフラの運用方法」と題して、「AWS Transit Gateway」導入の効果や、Ansibleを用いた業務自動化の取り組みを紹介した。(2021/6/16)

金融×AIの最前線【後編】
Mastercardのプライスレスな顧客体験を生むAI技術
Mastercardが不正利用防止のために活用しているAI技術は、企業に対する顧客の愛着や信頼の向上に寄与する可能性がある。同社幹部へのインタビュー後編。(2021/6/9)

特集:金融DX:
めぶきFGの顧客接点の再設計とDX、競争と協調の選択
業界再編が進む中、地域密着型の成長を求められ、さまざまな競合との顧客サービス改善競争にさらされているのが地銀の置かれた状況だ。めぶきフィナンシャルグループは次の成長に向けてどのような「競争と協調」を実践しているのだろうか。(2021/6/4)

結局は外圧? 日本のサステナブルファイナンスはどう根付くのか
金融業界でも、ESG投資、そしてSDGsといった従来の流れがさらに加速し、対応は必須となる。ただし実際の対応のきっかけは、日本でお馴染みの外圧によるものになるのかもしれない。(2021/5/26)

金融×AIの最前線【前編】
Mastercardが「AI」で不正検出 同社幹部が語るその中身とは?
Mastercardは不正利用防止のためにAI技術を活用している。どのように生かしているのか。同社幹部に聞いた。(2021/5/26)

ZoomとPeloton:
CEOインタビューから見る、コロナで急成長した企業のポストコロナ戦略
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、事業を大きく成長させた企業がある。そうした企業はポストコロナ時代にどこへ向かおうとしているのか。ZoomなどCEOのインタビュー内容をひも解いたところ……。(2021/5/17)

クラウドニュースフラッシュ
マネーフォワードがFinTechサービスを「AWS」で動かす理由
時事通信社やマネーフォワードが自社サービスのシステムにクラウドサービスを活用した事例や国内のパブリッククラウド市場調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/4/30)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【後編】
「不動産テック」がもたらす“脱・百貨店ビジネス”とコロナ時代のオフィス
コロナ禍やEコマースへのシフトで小売店舗の在り方が問われている。ピンチをチャンスに変えるための鍵となるのが、アナリティクスの活用だ。(2021/4/16)

IBM、金融業界向けクラウドプラットフォームを発表 SAPもエコシステムに参加
IBMは、金融業界向けのクラウドプラットフォーム「IBM Cloud for Financial Services」の一般提供を開始した。同日には、IBM Cloud for Financial ServicesのエコシステムにSAPが参加することも発表された。(2021/4/9)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【中編】
不動産テック(PropTech)は「コロナ禍でも使われるオフィス」を生み出せるか
「不動産テック」(PropTech)は商用スペースの開発と建築において重要な役割を果たす。建物の環境負荷軽減や有効活用のために、不動産開発会社はどのようにデータを活用しているのか。先進事例に学ぶ。(2021/4/8)

日本IBMが「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援、TSUBASA FinTech共通基盤を活用
日本IBMは、千葉銀行が提供する法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援した。T&Iイノベーションセンターが開発・運用するデジタルサービスプラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用した。(2021/4/5)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【前編】
「不動産テック」(PropTech)が急成長する理由と、避けられない問題
不動産分野では投資から再開発に至るまで、データが成長の原動力になり得る。こうした変化をリードし続けるとみられるのが「不動産テック」だ。ただしそのメリットを引き出すためには、解決が必要な問題がある。(2021/4/1)

Weekly Memo:
AWSで地銀が連携 金融ビジネス向け新戦略を支える「3つの柱」とは
高信頼なITが求められる金融分野でもクラウドサービスが数多く使われるようになってきた。AWSの動きから、その最新事情を探ってみたい。(2021/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。