• 関連の記事

「Dell Technologies」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dell Technologies」に関する情報が集まったページです。

Broadcomがエンタープライズソフトウェア領域に突然の移行? VMwareの顧客が抱く疑問とは
BroadcomはVMwareの研究開発に投資するのか、それとも「ドル箱」を探しているのか。アナリストの予測から読み解く。(2022/6/20)

アナリストからは懸念も:
BroadcomがVMwareを610億ドルで買収へ
2022年5月、新たに大規模な買収案件が登場した。Broadcomが、VMwareを610億米ドルで買収するという。(2022/5/31)

インフラ技術企業としてマルチ/ハイブリッドクラウド時代に対応:
Broadcom、VMwareを約610億ドルで買収
半導体およびインフラソフトウェア大手のBroadcomが、仮想化大手のVMwareを約610億ドルで買収すると発表した。買収完了後、Broadcomのソフトウェア部門がVMwareとして再ブランド化される。(2022/5/27)

BroadcomによるVMware買収が正式に発表 VMware製品群の今後はどうなるか
数日来米国のメディアが報じていた通り、BroadcomがVMware買収を正式に発表した。これからのデータセンターやオペレーションに影響はあるだろうか。(2022/5/27)

PCベンダー“コロナバブル”後の生き残り策【後編】
DellとAppleのPC出荷は“コロナバブル”後になぜ伸びたのか?
成長に陰りが見えるPC市場において、堅調な出荷台数を維持するPCベンダーがある。それがDell TechnologiesとAppleだ。両社は何をしたのか。(2022/5/20)

Dellがストレージポートフォリオを拡充 「Dell Project Alpine」でクラウド連携を強化
Dellがストレージ製品のポートフォリオ強化を進める。クラウドデータサービスとの連携など大胆な施策を基に、目下目指すのは、ハイブリッド、マルチクラウドでのデータ運用基盤としての地位確立だ。(2022/5/6)

Dellが3つの小売企業向けソリューションを発表 エッジテクノロジー検証のためのラボも提供
は、小売企業向けエッジソリューションを発表した。小売企業に特化したエッジ環境を提供する他、同社のラボではPoCエッジソリューションの検証とテストに関するサービスを提供する。(2022/4/25)

5Gビジネスの神髄に迫る:
5Gで急激な盛り上がりを見せる「オープンRAN」とは一体何なのか
ネットワーク仮想化などと同様、5Gで急速に注目が高まっている「オープンRAN」。基地局などの無線アクセスネットワーク(RAN)の仕様をオープンなものにして、異なるベンダーの機器を接続してネットワークを構築できる。中でもドコモが力を入れて取り組んでいるのが「O-RAN ALLIANCE」での活動だ。(2022/4/21)

KyndrylがDellとの協業を拡大 サイバー攻撃へのレジリエンス確保を目指す
KyndrylはDellとの協業関係を拡大し、増大するサイバー脅威に対して効果的な「オフライン」バックアップサービスの提供を開始する。ネットワークからアクセスできないバックアップおよびリカバリーサービスを提供し、顧客のレジリエンスを確保する。(2022/4/21)

DELL製PCのBIOSに深刻度「重要」の脆弱性 対象は40モデル超 今すぐ確認を
DELLのPCに5つの脆弱性が発見された。脆弱性の深刻度は「重要」とされており、任意のコードが実行可能になるとされている。対象製品が多いことから、早期の確認とアップデートの適用が望まれる。(2022/3/24)

2022年第3四半期に提供開始:
NVIDIAがデータセンター向けGPU「NVIDIA H100」を発表 新アーキテクチャ「Hopper」を採用
NVIDIAが、新アーキテクチャのデータセンター向けGPUを発表した。現行のAmpereアーキテクチャから演算能力やデータ点速度を引き上げた他、別売の専用ハードウェア(ラック)を用意することで最大256基のGPUをより高速に連結できる仕組みも用意した。(2022/3/23)

デル、WQHD表示対応の31型液晶など“プロフェッショナルシリーズ”新モデル8製品を投入
デル・テクノロジーズは、ビジネス利用などに向く“プロフェッショナルシリーズ”となる液晶ディスプレイ計8製品を発表した。(2022/2/28)

モバイル向け「第12世代Coreプロセッサ」の本格展開は3月から 性能はどう?
ハイエンド向けから先行展開が始まったモバイル向け第12世代Coreプロセッサ。いよいよメインストリームを担う「Pプロセッサ(28W)」と「Uプロセッサ(9W/15W)」を搭載するノートPCの展開が始まる。それに先立ってIntelが実施した説明会をもとに、製品概要を改めて解説する。(2022/2/24)

首位はApple、Huaweiは後退:
2021年の半導体購入額、上位10社の合計は前年比25%増
Gartnerは2022年2月1日(米国時間)、主要電子機器メーカーによる2021年の半導体消費に関する調査結果(速報値)を発表した。それによると、上位10社の半導体購入額は前年比(2020年比)で25.2%増加し、世界の半導体消費全体の42.1%を占めるという。(2022/2/2)

Webコンソールでビジュアルに設定:
Dellがマルチクラウドデータサービス、「クラウドベンダーロックインから解放」
Dell Technologiesが、主要クラウドに対応したデータサービス、「APEX Multi-Cloud Data Services」を発表した。クラウド間のデータ転送を回避し、クラウドベンダーロックインから解放するとしている。(2022/1/20)

「Web会議にPC処理が追い付かない問題」はなぜ起きる?:
Windows 11のVDIは今までと何が変わるか 検証結果から読み解く
「Windows 11」のVDIは、これまでの設計と比較して何を考慮すべきか。Windows 11のVDIに求められるハードウェア要件や設計の勘所、運用効率化のヒントを技術検証の結果を交えて紹介する。(2022/1/19)

Dellが32型4Kビデオ会議向けディスプレイを発表
DellがCES 2022に合わせて32型4K解像度ディスプレイ「U3223QZ」を発表した。14Wのスピーカーとデュアルアレイ型マイク、物理的にさえぎる機能を搭載したカメラが標準装備されている。【更新】(2022/1/5)

CES 2022:
よりパワフルになった「XPS 13 Plus」が登場 Z世代にフォーカスしてミニマルデザインに
DellのプレミアムノートPC「XPS」に新モデルが登場する。従来の13型モデルと比べてパワフルなCPUを採用した他、Z世代を意識したミニマルデザインを取り入れたことが特徴だ。(2022/1/5)

CES 2022:
DellがAlienwareブランドの最新ゲーミングPCと周辺機器を一挙発表 ゲーミングに関する「コンセプト」も
Dellが、ゲーミングブランド「Alienware(エイリアンウェア)」のノートPCと周辺機器の新製品をリリースした。合わせて、ゲーミングに関するコンセプト(構想)も発表している。(2022/1/5)

CES 2022:
DellのAlienware、家庭内ゲーム配信サーバのコンセプト「Concept Nyx」
DellのゲームブランドAlienwareは、家庭内ゲーム配信サーバのコンセプト「Concept Nyx」を発表した。高性能ゲーミングPCをサーバとし、家庭内のテレビ、ノートPC、スマートフォンなどにゲームを配信する。(2022/1/4)

CES 2022:
これからのPCや周辺機器はどうあるべき? Dellが複数の「コンセプト」を発表
約半月後に米国で開催される「CES 2022」に先立って、Dell TechnologiesがノートPCと周辺機器の「コンセプト」を披露した。具体的な製品化の予定はないが、ユーザーからの反応によっては今後の製品開発に反映される可能性がある。(2021/12/16)

2人のITチームが選んだデータ保管方法【後編】
料理系メディアが“2人ITチーム”で挑んだ2PBのストレージ導入 成功の裏側は
America's Test Kitchenは増大するデータを保管するために、2PBのストレージを導入した。ITチームが2人しかいない同社が、クラウドストレージAmazon S3も併用しながら構築したデータ保管の仕組みとは。(2021/12/9)

クラウドニュースフラッシュ
三菱重工がGoogle「Vertex AI」を選んだ理由 航空機製造でどう使っているのか
三菱重工業の航空機製造工場は、業務自動化のためにGoogle Cloud Platformの「Vertex AI」を採用した。同工場は機械学習をはじめとしたデータ活用にどう取り組んでいるのか。クラウドの主要なニュースを取り上げる。(2021/11/30)

変わるHCIとベンダーの考え【後編】
「HCI」に迫る2つの流れ Dell、Nutanix、HPE、Ciscoもたどる同じ道
ITベンダーが注力しているのが製品をサービス化することだ。その点は特にHCIの分野で分かりやすい。その他にも昨今の動きとして注目すべき点がある。HCIを軸にしてポイントをまとめる。(2021/11/22)

一覧表で分かる:
【続報】故障しにくいHDDはどれか? SSDとも比較
クラウドストレージを提供するBackblazeは、自社のデータセンターにおけるHDDとSSDの使用統計レポートを発表した。故障しにくいHDDがどれか、故障しやすいHDDがどれかが分かる。SSDについてもHDDと比較した。(2021/11/18)

DELL、VMwareの分離を正式発表 CEOと会長は続投 経営の柔軟性向上へ
米Dell TechnologiesがVMwareのスピンオフを正式発表した。VMwareのCEOはラグー・ラグラム氏が続投。経営の自由度・柔軟性向上を目指す(2021/11/2)

Google Cloud Next '21で発表:
Googleのエッジ/オンプレミスはAWS Outposts型に移行? 「Google Distributed Cloud」発表の狙い
Google Cloudが、オンプレミス/エッジで「AWS Outposts」のような製品を発表した。 これまではソフトウェアオンリーの製品を展開してきた同社。 ハードウェア/ソフトウェア一体型の製品で、方向転換をするのだろうか。(2021/10/13)

日本企業の7割以上が「サイバー攻撃から復旧できる自信なし」 データ保護の現状に警鐘
デル・テクノロジーズの調査によると、世界の67%、日本の78%のIT意思決定者がサイバー攻撃で業務データが損失した場合に「自社の重要な基幹業務データを復旧できる自信がない」と回答していることが分かった。(2021/9/24)

TechTarget発 世界のITニュース
テレワークで消えた“ちょっとした雑談”は復活するか 「Slack」新機能は音声通話
「Slack」が従業員同士の簡単な会話を促す音声機能を搭載した。Dellやクックパッドが先行利用する同機能は、テレワークでは難しいすれ違いざまの突発的な会話や雑談の代わりになるか。(2021/9/7)

NVIDIAが「AI Enterprise」の一般提供を開始 高速AI処理を仮想化
NVIDIAは、「NVIDIA AI Enterprise」の一般提供を開始する。NVIDIA-Certified Systems(NVIDIA認証システム)でVMware vSphereを稼働させ、仮想マシン上でも物理サーバで稼働させたときに近い速度まで引き上げる。(2021/8/26)

メカ設計ニュース:
「NVIDIA Omniverse」が大規模拡張、BlenderやAdobeとの統合を実施
NVIDIAは、メタバースの基盤となるシミュレーション、コラボレーションプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」の大規模拡張を発表した。BlenderやAdobeとの統合が実施され、数百万人のユーザーに同プラットフォームが開かれる。(2021/8/26)

人工知能ニュース:
AIの“民主化”に向け「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース、VMwareに対応
NVIDIAが、企業のデータセンター上でNVIDIA製GPUを用いたAIの開発環境を容易に運用できるようにするソフトウェアスイート「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース。VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」に対応することで実現した。(2021/8/25)

膨大なデータ処理を変える技術【前編】
GPUのデータ処理を高速化 「GPUDirect Storage」はなぜ必要なのか?
GPUとストレージが直接データをやりとりできるNVIDIAの「GPUDirect Storage」が一般に利用可能になった。まずはどのような仕組みなのか、ざっくりと理解しておこう。(2021/8/24)

PR:今こそオンプレミスの利点を見直すとき 触って分かった新型サーバ「PowerEdge R750」の“心遣い”
(2021/7/30)

Dell PCのBIOSに脆弱性の報告、確実なアップデートの適用を
129モデルのDell PCに脆弱性が存在することが明らかになった。BIOSConnectというBIOSレベルのベンダーアップデートツールの脆弱性で、BIOSレベルで任意コードが実行される危険性がある。アップデートの提供が始まったことから、迅速に適用することが望まれる。(2021/7/1)

NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」PCI Express 4.0モデルに80GB構成登場 メモリ帯域幅は毎秒2TBに拡張
NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」のPCI Expressカードモデルに、グラフィックスメモリを80GBに倍増した構成が登場する。従来の40GB構成と比べてメモリ帯域幅が拡張されており、メモリ容量増加以上のパフォーマンスアップを期待できる。(2021/6/28)

インフラ市場はCOVID-19の影響で低迷:
トップ3は富士通、NEC、Dell Technologies IDCが国内エンタープライズインフラ市場のシェアを分析
IDC Japanは、「国内エンタープライズインフラ市場シェア、2020年:SoR、SoE/SoI市場の競合分析」を発表した。2020年の市場規模は対前年比5.4%減の6701億300万円だった。(2021/6/23)

Weekly Memo:
DellとHPEが挑む「ハードからソフトまでサブスク」戦略は奏功するか クラウドビジネスの視点から読み解く
Dellが全ての製品をサブスクリプション型のサービスとして提供するビジネスモデルの転換に力を入れ始めた。同様の動きはHPEも既に進めている。サーバやPCなどのハードウェア市場の2大ベンダーともいえる両社の相次ぐこうした動きは何を意味しているのか。(2021/6/14)

「ゲームきっかけにPCに触れて」 ひろゆき氏、児童養護施設に無償配布するPCのスペック公開 いずれもメモリ16GB・グラボ搭載
匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者として知られる西村博之さんが、児童養護施設にPCを無償配布するプレゼントを立ち上げ。配布予定のPCのスペックを公開した。「ゲームをきっかけにPCに触り出すことで、PCスキルを身につけてほしい」といい、「Apex Legends」などのPCゲームが動作するPCを選んだという。(2021/5/24)

VMware、ゲルシンガーCEOの後任にCOOのラグー・ラグラム氏を指名
1月にIntelにパット・ゲルシンガーCEOを引き抜かれたVMwareが、次期CEOにクラウド関連担当COO(最高執行責任者)のラグ・ラグラム氏を指名した。同社は第4四半期にDellからスピンアウトする計画だ。(2021/5/13)

DellがAPEXのラインアップを発表 グローバルでのサービス立ち上げ速度は変わるか
Dellは「Dell Technologies World 2021」において自社製品を「as a Service」で提供するAPEXの具体的なサービスポートフォリオを発表した。同時に、グローバルで拠点を持つEquinixのコロケーションサービスとの連携も発表し、グローバルでのサービス提供スピード向上を目指す企業ニーズにも対応した。(2021/5/7)

PR:今こそAIへの投資を再開すべきとき ニューノーマル時代を見据え最新の高性能サーバで開発力強化を
(2022/1/5)

コロナ禍でも成長し続ける秘訣とは:
PR:デジタルシフトを阻む「3つの課題」を一気に解決する方法
ビジネスのデジタル化では、データを有効活用できる仕組み作りが要だ。だが、データがオンプレミスとパブリッククラウドに散在しているため、必要なデータを検索できず、データ自体にアクセスできない場合がある。その現実的な解決策とは。(2021/4/26)

傘下のVMwareが独立 DELLの狙いとは
Dell TechnologiesとVMwareは、VMwareをデル傘下からスピンオフし、独立した公開会社にすることを発表。その狙いを考察する。(2021/4/20)

Dell、傘下のVMwareのスピンオフで93億ドル以上の収益を見込む
Dellが2016年のEMC買収で獲得した傘下のVMwareをスピンオフする。これによって獲得する93億〜97億ドルを負債の返済に充てる計画。両社は独立起業として提携を続ける。(2021/4/15)

NVIDIA、BlueField-3 DPU活用のAIフレームワーク「NVIDIA Morpheus」を発表
NVIDIAは、サイバーセキュリティプロバイダー向けのAIフレームワーク「NVIDIA Morpheusアプリケーションフレームワーク」を発表。機械学習などのAI機能と高性能DPU「BlueField-3」を活用し、サイバー侵害を即座に検知するAIソリューションを開発できる。(2021/4/15)

Dellが「Inspiron」ノートPCの新モデルを発表 「XPS 13」には有機ELディスプレイモデルを追加
Dellが、InspironブランドのノートPCの新モデルを発表した。発売時期は国や地域によって異なるが、日本を含むアジア太平洋地域では4月13日から順次販売が始まる。合わせて、既に販売を開始しているXPS 13には、有機ELディスプレイ構成が追加される。(2021/4/13)

Dellが「Alienware m15」と「Dell G15」のRyzenモデルを発表 可変リフレッシュレート対応ディスプレイも順次発売
Dell Technologiesが、AMDのモバイル向けRyzen 5000プロセッサを搭載するゲーミングノートPCとVRR(可変リフレッシュレート)対応のゲーミングディスプレイを発表した。Alienwareブランドでは、実に約14年ぶりのAMDプロセッサ搭載ノートPCとなる。(2021/4/7)

コンテナネットワークの基礎知識【第7回】
Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは
オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。(2021/4/21)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。