• 関連の記事

「破産・倒産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「破産・倒産」に関する情報が集まったページです。

東京ミネルヴァ破産、依頼者が広告代理店などを損賠提訴
過払い金返還請求などを手掛けた弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(破産手続き中)が約51億円の負債を抱えて破産した問題で、同事務所から過払い金の返還金などを不正に流出させたとして、元依頼者17人が19日、東京都内の広告代理店などグループ3社と代表ら13人を相手取り、計約6千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。(2022/1/20)

セーレン・川田会長の革命【後編】:
「本社にこもっている経営者はダメ」 セーレン・川田達男会長が徹底する「現場主義」
倒産寸前だったセーレンを再建し、日本を代表する総合繊維メーカーに育て上げた川田達男会長。川田氏の成功の要因となったのは、経営トップになってからも現場主義を貫き通したことにほかならない(2022/1/20)

セーレン・川田会長の革命【前編】:
「このままではつぶれる……!」 繊維業界の常識を壊して倒産危機を救ったセーレン・川田会長の革命
明治維新以降、日本の基幹産業だった繊維は、1970年代ごろから衰退の一途をたどった。染色加工が中心だったセーレンもそのあおりを受けて倒産寸前に。この窮地を救ったのが、当時社長に就任したばかりの川田達男氏だった。同氏が起こした「革命」とは。(2022/1/19)

帝国データバンク調査:
2021年のコロナ関連倒産、20年の2倍に 最も倒産が多かった業種は?
2021年、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産は1770件で、20年(842件)の2.1倍になった──帝国データバンクが12月29日、そんな調査結果を発表した。業種別では飲食店が最多。建設・工事業にも影響が波及しているようだ。(2021/12/30)

2016年以来:
2021年「上場企業」の倒産件数はゼロ 5年ぶり
東京商工リサーチが発表した上場企業の倒産状況によると、2021年の倒産件数はゼロだった。16年以来5年ぶりで、15カ月連続で発生していない。(2021/12/30)

日本のホテル、「脱インバウンド」で再生なるか
政府が来年1月末にも観光支援策「Go To トラベル」を再開する方向で検討を始めた。新型コロナウイルスの感染状況も落ち着き、ホテルなど宿泊業界の客足回復に対する期待はが強まっている。もっとも、コロナ前にインバウンド(訪日外国人客)に頼りすぎ、過大な投資が重荷となって経営破綻に至ったケースもある。こうした例を教訓に「危機」をホテルはいかに乗り切るのか。2回にわたり検証する。(2021/12/17)

東京商工リサーチ調べ:
居酒屋の倒産、過去30年間で2番目の多さに 約半数がコロナ関連
東京商工リサーチの調査によると、飲食業の1〜11月の倒産件数は累計596件に達した。居酒屋については、過去30年間で2番目の多さとなった。(2021/12/7)

クラウドの「エグレス料金」を管理する方法【前編】
“クラウド破産”の真犯人? 「エグレス料金」を無視できない理由
クラウドサービスから外部へデータを移動させようとすると、高額の利用料金が掛かることがある。この主な原因は「エグレス料金」だ。(2021/12/7)

得意先管理の勘どころ:
売掛金を完全回収するには……倒産寸前に分かる“危険な兆候”
資金需要の高まる年末に向け、売掛金の完全回収を目指したいところです。日頃の得意先管理に加え、経理部門と営業部門との連携を強化するための方法について解説します。(2021/11/24)

非ノイマン型コンピュータの実現【前編】
ノイマン型コンピュータでは破綻する、ルート最適化問題の解決策とは?
単純に見える問題でも、パラメーターを少し変えただけで組み合わせは天文学的な数字になる。古典的なノイマン型コンピュータではこれを解決できない。これを解決するのが非ノイマン型コンピュータだ。(2021/11/18)

与野党は財務省得意のマインドコントロールをはね返せるか 事務次官が「バラマキ合戦」による財政破綻を警告
 岸田文雄政権が発足、間もなく衆院選だ。政局が慌ただしい中で、財務省の矢野康治事務次官が月刊文芸春秋11月号の寄稿で、政界が「バラマキ合戦」を演じているとみなし、「タイタニック号が氷山に向かって突進しているようなもの」と、財政破綻を警告した。(2021/10/25)

太陽光:
太陽光関連企業の倒産が3半期ぶりに増加、大型倒産の多発が顕著に
が帝国データバンクが2021年度上半期における太陽光関連事業者の倒産同行に関する調査結果を公表した。同期の倒産件数は39件で、3半期ぶりの増加となった。(2021/10/25)

開発競争:
観光客激減の京都に高級ホテルが続々オープン、勝算は?
新型コロナウイルス感染症の流行によって一転、危機に直面したホテル業界。なかでもインバウンドの急増で活気づいていた京都のホテルは、宿泊客が消滅した影響で業績が悪化し、倒産や廃業が相次いだ。(2021/10/12)

視点:
建設DX有力スタートアップ破綻からの示唆――旧来型産業DXのワナとカギ
ゼネコンなど旧来型の建設プレイヤーだけでなく、新たなビジネスモデルを打ち立てる異業種企業やスタートアップも、この領域で活発な動きを示している。まさに建設業は大変革期に突入し始めているといえよう。(2021/10/11)

東京の都心や湾岸では:
中国発・大手不動産破綻危機、日本のマンション価格下落の引き金になるか
中国の大手不動産会社が破綻するかどうかで世界中の注目を集めている。多くの人の記憶に残るのが、2008年のリーマン・ショックだ。あの時は世界中の金融システムが、一時的に機能不全に陥ったかのようだった。(2021/10/7)

世界同時株安、「中国版リーマンショック」の懸念強まる
中国の不動産大手「中国恒大集団」の資金繰り悪化に端を発した世界的な株式市場の急落は、投資家が中国の不動産バブルの崩壊による金融・株式市場の混乱リスクを意識したことが背景にある。中国最大級の民間企業の破綻を中国政府が放置する可能性は低いとの楽観論がある一方、高騰する不動産価格の抑制に努める当局は救済に動かないとの悲観的な見方もある。(2021/9/21)

サイバード創業者のベンチャー破産 「心からのお詫びと挽回を誓う」
サイバード創業者の堀氏が2016年に創業したベンチャー企業が破産。「ご迷惑をおかけした皆様に心からのお詫びと挽回を誓う」(2021/9/17)

宇宙から地球へ 高速通信の切り札
破綻から復活した衛星通信会社OneWeb 世界の有力企業が出資する“納得の理由”
衛星を使い、高速な通信サービスを開発するOneWebは韓国のITベンダーから3億ドルを調達する他、カナダの通信事業者と覚書を結んだ。経営破綻から立ち直ったOneWebが目指すのは何か。最近の動きを追った。(2021/9/15)

暗号資産ウォレット業者が破産、負債総額は101億円 ハッキングなどで失った資産の返還見通し立たず
暗号資産のウォレットサービスを手掛けるデジポケが東京地裁に破産開始決定を受けた。負債総額は約101億円。ハッキングなどにより資産の一部を失った中、事業継続に金融庁の許認可が必要になり、返還の見通しが立たなくなったため。(2021/9/8)

東京商工リサーチ調べ:
新型コロナ関連の経営破綻、2000件を超える 「小規模事業者を中心に今後も推移」
東京商工リサーチの調査によると、新型コロナウイルスの影響による企業破綻は9月2日時点で累計2027件となった。(2021/9/3)

サン宝石が民事再生法申請 Twitterでは「今後も変わらず営業を続けてまいります」
子どもたちの夢が……!(2021/8/30)

破産会社の「社長破産率」調査 会社とともに破産する社長の割合は?
全国的な破産会社と社長の破産を追跡した調査は初。(2021/8/17)

太陽光:
太陽光関連の倒産は減少傾向も、大型倒産で負債額は大幅に増加
帝国データバンクが2021年上半期(2021年1月〜6月)における太陽光関連業者の倒産状況を発表。倒産件数は38件で前年同期比で9.5%の減少で、2020年下半期との比較でも減少となった一方、大型倒産が多く発生している。(2021/7/19)

再編の詳細は明かさず:
清華紫光集団が破産を認める、企業再編へ
債務超過に陥っている中国の半導体企業「Tsinghua Unigroup(清華紫光集団)」が、破産を認めた。3D NAND型フラッシュメモリベンチャーである YMTC(Yangtze Memory Technologies Corporation)や半導体設計を手掛けるUnisoc(Shanghai)Technologiesなどの半導体メーカーを傘下に持つ中国の持株会社である同社は、企業再編を進めることを明らかにした。(2021/7/14)

いまこそ積極財政をせよ:
田原総一朗に森永康平が問う どうすれば日本経済はコロナ禍を乗り越えられるのか?
コロナ禍において国家は、生活困窮者を中心に国民全員を支援するべきであるものの、これ以上の財政出動をすれば日本は財政破綻してしまうかもしれない――。それでは、日本政府はいかにして現状を打破すればいいのか。京都大学大学院の藤井聡教授とともに『こうすれば絶対よくなる! 日本経済』(アスコム)を上梓した田原総一朗氏に聞いた。(2021/7/8)

EE Exclusive:
スマホ搭載デバイス分析 〜完全分離されたAppleとHuaweiのエコシステム
米中間の貿易戦争が悪化の一途をたどる中、この2大経済大国の関係が破綻する可能性を示す、「デカップリング(Decoupling、分断)」というバズワードが登場している。しかし目の前の問題として、「本当に分断は進んでいるのだろうか」「マクロ経済レベルではなく、世界エレクトロニクス市場のサプライチェーンレベルの方が深刻な状況なのではないだろうか」という疑問が湧く。(2021/6/30)

崎陽軒・野並社長、経営を語る【前編】:
借金100億円をゼロにした崎陽軒・野並直文社長 横浜名物「シウマイ」を救った“2つの変革”とは?
バブル崩壊直後の1991年に崎陽軒の経営トップとなった野並直文社長は、いきなり倒産の危機に直面する。下降を続ける売り上げや、大規模な設備投資などによって借金は100億円を超えた。そこからどのように立て直しを図ったのだろうか。(2021/6/18)

コロナ要因での倒産が半数:
1〜5月の飲食業倒産は270件 業種別、都道府県別では?
2020年には842件と年間最高を記録した飲食業の倒産件数。倒産件数は減少しているものの、時短営業や酒類提供禁止などによってコロナ要因の倒産には拍車がかかっているようだ。業種別・都道府県別に倒産の実態を見てみよう。(2021/6/8)

帝国データバンク調査:
フィットネスクラブの倒産件数、過去10年で最多 売り上げ半減以上の企業も
帝国データバンクの調査によると、2020年度に発生したフィットネス(スポーツジム)事業者の倒産や廃業は累計で26件に上った。(2021/5/21)

空港勤務者をメインターゲットに:
「ファーストキャビン関西空港」の営業再開を発表、羽田空港でも
2020年4月に運営会社が自己破産した簡易宿泊施設「ファーストキャビン」の関西空港店が、5月11日に営業を再開する。(2021/5/9)

リピーター続々:
1泊20万円超も コロナ禍なのに高級ホテルが続々開業するワケ
宿泊業の経営破綻や開業延期・中止などのニュースが続いているが、新規開業が目立ち鼻息荒いのが“高級”といわれるホテルや旅館だ。(2021/4/28)

太陽光関連の倒産は2年連続で減少も、大型倒産は増加傾向に
帝国データバンクが太陽光関連業者の倒産に関する調査結果を発表。同年度の倒産件数は前年度比2.5%減の79件となり、2年連続で減少となった。ただし、年度末にかけて大型倒産が発生しており、今後の動向には十分な注意が必要としている。(2021/4/20)

チャプター11の手続きが完了:
Wave Computingが破産、「MIPS」として事業継続へ
Wave Computingは、米連邦破産法11条の手続きを終え、MIPSとして引き続き事業を継続する予定であることを明らかにした。(2021/3/8)

スピン経済の歩き方:
「寿司業界」にこそ、日本経済復活のヒントがある理由
新型コロナの感染拡大を受けて、「倒産」の言葉をよく耳にするようになった。寿司店も例外ではなく、小・零細店を中心に倒産件数は高水準で推移している。「まあ、仕方がないよ」と思われた人も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は前向きに受け止めているという。どういうことかというと……。(2021/2/23)

コロナ禍でインバウンド消失:
「すし店」の倒産、20年度は5年ぶり増加 前年度の1.6倍ペース
東京商工リサーチによると、2020年度のすし店の倒産件数は、1月までの10カ月間で28件発生した。前年同期と比べて約6割増加。15年度以来、5年ぶりに増加に転じている。特に小規模事業者で、新型コロナウイルス感染拡大による影響が大きい。(2021/2/17)

帝国データバンク調べ:
テレワーク推進などでクリーニング店の業績悪化 今後は廃業や倒産も増加か
帝国データバンクによると、クリーニング業者1833社の収入高合計は2016年以降4期連続でと右肩上がりで推移した一方、新型コロナウイルスの影響が本格的に表れた6〜9月を決算とする企業の20年収入高は、8割強が減収となった。(2021/2/12)

「後継者難」での企業倒産、歴代最多へ 中小企業の社長不足は深刻さを増す
東京商工リサーチは、2020年度の「後継者難」での倒産が、1月までの10カ月間で289件に達したと発表した。最多である19年度の319件を超えることがほぼ確実となった。(2021/2/10)

運営会社倒産の「ミカヅキモモコ」、shoichiに事業譲受 一部店舗は引き続き営業へ
一部でもお店が残って良かった……!(2021/2/9)

取り扱う商品のカテゴリー拡大を狙う:
「ミカヅキモモコ」の一部店舗が運営を継続 アパレルの在庫処分を手掛ける「shoichi」が譲受
300円均一ショップ「ミカヅキモモコ」運営会社が破産開始手続きを開始した。大阪で在庫処分代行業を手掛けるshoichiは一部店舗を譲受すると発表した。(2021/2/9)

300円均一「ミカヅキモモコ」運営会社が倒産 同業他社との競合激化、コロナ禍が追い打ちに
そんな……。(2021/2/8)

10カ月間で145件:
居酒屋の倒産、20年度は過去最多が確実に 零細企業で「販売不振」響く
東京商工リサーチによると、2020年度(20年4月〜21年3月)の居酒屋の倒産件数は、1月までの10カ月間で145件に達した。19年度(149件)を3月までに上回る可能性が高く、過去最多の更新が確実になった。(2021/2/8)

水曜インタビュー劇場(アツアツ公演):
飲食店の多くは苦戦しているのに、なぜキッチンカーは“右肩上がり”なのか
新型コロナの感染拡大を受けて、飲食店が苦戦している。2020年の倒産件数は過去最高となったわけだが、その一方でキッチンカーが増えていることをご存じだろうか。キッチンカーと空きスペースをマッチングしているSHOP STOPに登録している店はぐんぐん伸びていて、その背景に何があるのかというと……。(2021/2/3)

客数減、時短営業の打撃大きく:
新型コロナ関連の経営破綻、1000件に 飲食業が2割弱占める
東京商工リサーチによると、新型コロナウイルス感染拡大に関連した経営破綻が全国で累計1000件に達した。特に飲食業への打撃が大きく、全体の2割弱を占めた。幅広い業種で先を見通せない経営環境が続きそうだ。(2021/2/2)

「飲食料品」は2割減:
小売業の倒産、30年間で最少 20年は14%減、“巣ごもり”需要拡大
東京商工リサーチはによると、2020年の小売業の倒産件数は前年比14.3%減の1054件だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う“巣ごもり需要”が拡大。1991年以降の30年間で最少の倒産件数となった。(2021/2/1)

新型コロナ関連破綻、936件に達する 4分の1が東京の企業と突出
新型コロナウイルス関連の経営破綻(負債1000万円以上)が累計936件に達した。負債1000万未満の小規模倒産は累計46件と判明し、小規模倒産を含めた新型コロナ関連破綻は合計で982件に到達した。(2021/1/30)

太陽光:
太陽光事業の倒産が2年ぶりに増加、2020年は84件に
帝国データバンクが2020年の太陽光関連事業者の倒産動向に関する調査結果を発表。2020年の倒産件数は84件で、2019年比で13.5%増と2年ぶりに増加に転じた。負債総額は同12.8%増の239億5700万円で、こちらも4年ぶりの増加となっている。(2021/1/26)

新型コロナ関連倒産、900件を突破 半数は負債1億円未満の小規模倒産
帝国データバンクは1月18日、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国で900件に達したと発表した。関連倒産の第1号案件が2020年2月26日に発生してから、327日での到達となった。(2021/1/19)

上場4社も厳しく:
ラーメン店の倒産、過去最多 コロナ禍で「ラーメン店離れ」続く
2020年のラーメン店の倒産数は46件となり、19年の36件を上回って過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは20年が初めて。(2021/1/19)

ソフトバンクG、一旦は破産申請した英OneWebに再投資 来年末までに648基の衛星群
昨年3月に破産申請し、7月に再生した衛星通信企業OneWebが、ソフトバンクGとHughes Network Systemsから追加資金を調達した。2022年末までに648基の通信衛星群を構築する計画だ。(2021/1/18)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。