• 関連の記事

「破産・倒産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「破産・倒産」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
復活できなかったオーサムストア フライング タイガーとどこで差がついたのか
オーサムストアを運営する企業が、破たんした。これまで、オーサムストアを立ち上げたオーサムも2023年に自己破産をしており、今や都心の一等地に出店を重ねてきた勢いは見る影もない。ライバルのフライング タイガーと、どこで差がついたのか。(2024/2/27)

学習塾の倒産件数、直近20年で最悪に コロナ関連も増加
東京商工リサーチが学習塾の倒産に関する調査結果を発表した。ニーズの変化にも直面する中で、特に中小・零細の学習塾は厳しい時代にあるようだ。(2024/2/20)

唐揚げ専門店の倒産が相次ぐのに、増え続ける「コンビニ唐揚げ」 ファミチキ、からあげクンと並ぶ存在に育つか
コロナ禍でブームとなった唐揚げ。専門店も乱立したが、昨今は倒産するケースも増えている。一方で商品が増えているのがコンビニ唐揚げだ。両者の違いはどこにあるのだろうか。(2024/2/16)

医療機関の倒産、2023年の負債総額は過去最大に
集計対象は負債1000万円以上法的整理による倒産、および休廃業・解散となった企業とした。(2024/2/13)

結婚相談所が苦境、2023年の倒産が過去最多 マッチングアプリが大きな脅威に
帝国データバンクが結婚相談所の倒産動向を調査した結果を発表した。2023年は過去最多となる11件の倒産が発生した。(2024/2/8)

「マッチングアプリ」台頭で苦戦 結婚相談所の倒産増加、過去最多に 帝国データ調査
2023年の結婚相談所の倒産件数が初めて10件を超え、過去最多を更新したことが、帝国データバンクの調査で分かった。若者の結婚願望の減退や晩婚化の広がりに加え、オンライン上で恋人や結婚相手を探す「マッチング(婚活)アプリ」の台頭が一因とされており、相談所が結婚相手を紹介するスタイルが過渡期に至ったことを象徴している。(2024/2/6)

WeWork Japanが民事再生の申立て 事業はソフトバンクが継承
これまで通りサービスを提供するとのこと。(2024/2/1)

WeWork Japanが民事再生へ ソフトバンクが事業承継 「サービスレベルや契約条件は変更しない」
WeWork Japanは2月1日、東京地方裁判所へ民事再生の申立てを行ったと発表した。今後同社の全事業は、ソフトバンクが新設する完全子会社のWWJに移管するという。(2024/2/1)

ラーメン店の倒産件数、09年以降で最悪に 23年は45件、最多の地域は?
東京商工リサーチがラーメン店の倒産を調査した結果を発表した。2023年は09年以降で最悪となる45件を記録した。(2024/1/30)

自動車部品メーカー、倒産件数が過去10年で最多 負債総額は100億円越え
2023年の自動車部品メーカーの倒産件数は35件で、前年の1.6倍に急増。そんな結果が、東京商工リサーチの調査で分かった。17年の30件を上回り、過去10年で最多を更新した。負債総額は100億8200万円だった。(2024/1/26)

2023年に倒産した企業は8000件超 前年からの増加率はバブル崩壊以降で最悪に
帝国データバンクが企業倒産に関する集計結果を発表した。2023年は前年から2000件以上の増加となり、増加率はバブル崩壊以降で最悪となった。(2024/1/26)

51歳俳優、結婚が破綻した理由は“老いた母親になりたくなかったから” 「元夫はまだ若い」発言に賛否
ほかの人の高齢主産は「尊重する」と肯定しながらも。(2024/1/25)

生成AIは金融企業を破たんさせる? データ分析の専業ベンダーが示す2024年の変化とは
SASは2024年の金融サービス業界のテクノロジーとトレンド予測を発表した。銀行破綻の増加、生成AIによる詐欺の洗練、気候変動による保険業界の危機、AIを利用したリスク管理の強化などが予測されている。(2024/1/24)

2023年の人手不足倒産、ここ10年で最多の260件 経済活動の復活で人手不足が再び深刻なリスクに
人手不足倒産が増えている。2023年は、帝国データバンクが調査をさかのぼれる2013年以降で最多となる260件を記録した。(2024/1/22)

建設業の倒産件数が2023年に急増 「黒字倒産」もチラホラ 地域別で最も多かったのは?
帝国データバンクが建設業の倒産状況を調査した結果を発表した。2023年は前年比で30%を超え、ここ10年で2番目の水準となった。(2024/1/17)

「空飛ぶバイク」のA.L.I. Technologiesが破産手続き開始 仮面ライダーや新庄監督も乗っていた
A.L.I. Technologiesが、2023年12月27日に東京地方裁判所へ破産申請し、1月10日に破産手続き開始の決定を受けた。帝国データバンクが15日付で報じた。(2024/1/15)

産業動向:
建設業の2023年倒産件数、前年比で4割増に 1600件超えは8年ぶり
帝国データバンクは、2023年に発生した建設業者の倒産件数が前年比で4割増加し、1671件になったと発表した。1600件を超えるのは8年ぶりで、増加率が3割を超えるのは2000年以降で初めて。「2024年問題」で今後さらに倒産が増加する可能性があるとの見方を示した。(2024/1/12)

2023年の宅配ピザ店の倒産が過去最多に 理由は?
帝国データバンクの調査によると2023年の1〜11月に発生した宅配ピザ店の倒産件数は13件。宅配飲食サービス業の集計を開始した2009年以降、過去最多の件数となった。(2024/1/12)

1年以内に:
「倒産リスク」が高い業種 3位「職別工事業」、2位「繊維・衣服等卸売業」、1位は?
1年以内に倒産するリスクが高い企業が多い業種は何か。与信管理サービスを提供しているアラームボックスが調査結果を発表した。(2024/1/12)

飲食店の倒産、2023年は768件 過去2番目の高水準に
帝国データバンク調べ(2024/1/10)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
「無料で通い放題」のカラクリは? 相次ぐ脱毛サロン倒産、その“詐欺的”なカネの流れ
駅やテレビといった権威性のあるメディアや有名人を起用することで女性の若年層をターゲットにする脱毛サロン業界。足元では、SNSを中心に、お試し施術で高額なギフト券をプレゼントするという趣旨の広告展開も流行している。しかし、その内実は「美容版ポンジスキーム」とよんでもいいほどの、ずさんな内容であると言わざるを得ない。(2023/12/29)

各局の制作費が激減:
テレビ制作会社「倒産地獄」の理由、過去10年間で最悪
テレビ番組の制作会社が倒産するケースが増えている。東京商工リサーチによると、今年1〜9月で14社が倒産しており、これは前年同期(6件)の2.3倍のペースで、過去10年間で最悪の事態に陥っているという。いったい現場では何が起きているのか。(2023/12/21)

脱毛サロン「銀座カラー」運営会社が破産 利用者「お金返して」「まだ回数が残っているのに」
「銀座カラー」は全店舗を閉店しています。(2023/12/18)

人材派遣業界が「人手不足」に直面 倒産が増加し、2015年以降最悪に
人材派遣業界が、人手不足による人件費高騰に直面している。倒産もハイペースで増加中だ。(2023/12/15)

唐揚げ専門店で倒産が急増 人気が根強いメニューなのに、なぜ?
唐揚げ専門店の倒産が急増している。過去最悪を更新しており、2023年は11月時点で22件の倒産があった。唐揚げ自体は人気が高いメニューなのに、なぜなのか。(2023/12/10)

コンサルの倒産が急増 企業の「公金依存」で選別進む
コンサル会社の倒産が増えている。2023年1〜10月期は、前年同期と比較して、1.5倍のペースだった。コロナ禍を経て、各社の「公金依存」が進んだことも影響していそうだ。(2023/12/8)

住宅リフォーム会社の倒産、過去最悪ペース 初の「年間100件」に現実味
住宅リフォーム会社の倒産が増えている。1〜10月期間で最多だった2018年の81件を上回った。年間で100件もあり得るペースとなっている。(2023/12/8)

「年功序列を辞めないと日本企業は破綻」 人事の専門家が語る“本当に”取り組むべきこと
人的資本の開示、ダイバーシティー、サステナブルなど、多くの人事トレンドがあるが、人事領域の専門家は「トレンドと企業の現状はかけ離れている」と語る。日本企業が本当に取り組むべきこととは。(2023/12/8)

Social Media Today:
広告収入減はサブスクで補える? 逃げた広告主は戻る? そして余命は? Xの将来に関する5つの考察【後編】
前編ではX倒産の可能性はあるか、イーロン・マスク氏の個人資産でXを立て直すことはできないのか、考察した。後編ではX逆転のシナリオについて考える。(2023/12/6)

FC-BGAの生産能力を増強:
TOPPANがJOLEDの工場を買収、次世代半導体パッケージ開発/量産へ
TOPPANが、2023年3月末に経営破綻したJOLEDの能美事業所(石川県能美市)を買収した。次世代半導体パッケージの開発/量産ラインを構築する予定で、2027年以降の稼働を目指す。(2023/12/6)

Social Media Today:
倒産する? マスク氏は金持ちなんだから自腹を切ればいいのでは? Xの将来に関する5つの考察【前編】
主にイーロン・マスク氏の言動をきっかけに広告主の離脱が進む中、Xの将来はますます不透明なものになりつつある。これからのXについて、誰もが知りたいポイントを考察する。(2023/12/5)

パチンコのガイア倒産で業界に広がる波紋と変化の兆し 連鎖倒産の懸念も
パチンコホール大手のガイアが10月30日に民事再生法の適用を申請したことが、パチンコ業界に波紋を広げている。ガイアは現在も全国約80のホールで営業を続けているが、遊技台の支払いの滞りから、新台購入ができない状況だ。(2023/11/29)

【浅野忠信】11月27日は50歳の誕生日 「3年B組金八先生」で俳優デビュー、「首」黒田官兵衛役など【2023年】
「モータルコンバット」ライデン、「大名倒産」磯貝平八郎なども演じています。(2023/11/27)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏の野望はいつ破綻する?――2024年のSNS大予測(X編)
スーパーアプリの構想を掲げるマスク氏が改革の大ナタを振るう度、Xユーザーや広告主は心をざわつかせている。Xはこの調子でやっていけるのだろうか。(2023/11/25)

産業動向:
新型コロナ関連で「建設業は915件が破綻」、東京商工リサーチ
新型コロナウイルス関連の経営破綻は、負債1000万円以上で、2023年10月に259件となり、全国では累計7531件となった。業種別では、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が2番目に多い915件。(2023/11/24)

忍び寄る宅配クライシス 「ラストワンマイル」担い手の倒産が過去最悪
物流の「ラストワンマイル」を担う軽貨物運送業で、倒産が相次いでいる。帝国データバンクによると、2023年1〜10月はすでに年間の最悪ペースを更新しているという。(2023/11/20)

TV番組制作会社の倒産、過去10年で最悪ペース 小規模企業に集中
テレビ番組の制作会社で倒産が増えている。特に中小・零細企業で増加傾向にあり、過去10年で最悪のペースを更新中だ。東京商工リサーチが発表した。(2023/11/17)

「安い給食」はもう限界か 相次ぐ給食業者の倒産 背景にある問題点
給食業界の逆風が強まっている。物価高による運営コストに直面しながら「安い給食」を維持するための各社の経営状況が悪化しているという。背景にある問題は何か。(2023/11/16)

米WeWorkの経営破綻、ソフトバンク孫正義氏の責任は? 後藤CFOが回答
ソフトバンクグループの後藤芳光CFOは都内で開いた決算説明会で、米WeWorkの経営破綻について「大変残念」とコメントした。孫正義氏の責任については?(2023/11/11)

米WeWorkが破産申請、日本法人は「日本は対象外」「閉鎖の予定はない」
WeWork Japanは現在運営している40拠点は通常通り営業していると述べています。(2023/11/7)

WeWork Japan「閉鎖予定ない」 米WeWork破産で日本法人が発表 「独立性をもった経営をしている」
米WeWorkが破産申請したことを受け、日本法人であるWeWork Japanは日本は破産申請の対象外であると発表した。「今後も変わらず営業を継続する方針で、現時点では閉鎖の予定はない」とコメントしている。(2023/11/7)

米WeWorkが破産法申請 ソフトバンクグループが出資
ソフトバンクグループ(SBG)が出資するシェアオフィス大手の米WeWorkが11月6日(現地時間)、米連邦破産法11条の適用を申請した。高額なリース費用や在宅勤務に伴う法人顧客の解約が響いた。(2023/11/7)

VRタレント専門事務所「岩本町芸能社」倒産、廃業へ アイドル「えのぐ」「Marpril」ら在籍
VRタレントのマネジメントを手掛ける芸能事務所「岩本町芸能社」は6日、「諸般の事情」により、2024年の3月をもって倒産、廃業すると発表した。(2023/11/6)

VRタレント事務所が廃業・倒産発表「深くお詫び」 所属アイドルグループは活動継続意向
2024年3月をもって廃業・倒産すると報告。(2023/11/6)

全国平均1002円:
最低賃金1000円超で「失業者の増加」は真実か? 急激には悪化しない3つの理由
「最低賃金をアップさせると、倒産や人員の源泉により雇用機会が失われ失業者が増える」というのは経済学の世界では長くありました。10月に最低賃金が全国平均1002円になり、初めて1000円超を記録しました。今回の改定で失業者増になってしまう可能性はあるのか、考えてみましょう。(2023/11/6)

パチンコチェーン運営のガイアが民事再生申請 グループで約1600億円の負債
パチンコホールの営業は継続の意向。(2023/10/31)

東京商工リサーチ調べ:
「粉もん」文化の危機 お好み焼き・焼きそば・たこ焼店の倒産が急増、前年同期の6倍に
「お好み焼き・焼きそば・たこ焼店」の倒産が急増している。東京商工リサーチの調査によると、 2023年度上半期の倒産は12件と、前年同期の6倍に急増した。(2023/10/27)

「100億円以上」の大型破産も:
2023年上半期で「倒産」が多かった業種 2位「小売業」、1位は?
2023年上半期(4〜9月)の倒産件数は、全業界で4208件だった。その中で、最も倒産が多かった業種はどこだったのだろうか?(2023/10/25)

Cybersecurity Dive:
「パスワードとIDの認証は破綻した仕組みだ」パスワードレスの未来はまだ遠い?
パスワードによる認証は最もメジャーなセキュリティ対策と言っても良いだろう。だが、この方法は根本的な欠陥を抱えている“破綻した仕組み”だ。(2023/10/22)

パチンコホール、冬の時代続く 人気機種登場も、導入費が負担に
東京商工リサーチが、パチンコホールに関する調査結果を発表した。23年1〜9月の倒産件数は、過去2番目のペースで、厳しい状況が続く。(2023/10/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。