• 関連の記事

「イギリス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イギリス」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト:
住友林業が欧州初進出、英国で木造6階建て環境配慮型オフィスの開発事業に参画
住友林業は、英国の不動産開発業者Bywater Propertiesと合弁会社を設立し、ロンドンで木造6階建ての環境配慮型オフィス開発事業「Paradise プロジェクト」に参画する。なお、住友林業が住宅・不動産事業で欧州に進出することや英国に現地法人を設立するのは初だという。(2022/5/18)

一度はやってみたいヤツ 英国で開催されたカースタント「ジャンプ」大会がめちゃくちゃ楽しそう
ちょっぴり危険だけど、人生で一度はこういうのやってみたい。(2022/5/7)

量子コンピュータ:
東芝、英国で量子暗号通信の商用向けメトロネットワークを試験的に提供開始
東芝は2022年4月27日、東芝デジタルソリューションズとBTグループと共に、同月26日から英国のロンドンで、量子暗号通信の商用向けメトロネットワークのトライアルサービスを提供開始したことを発表した。最初の顧客である国際会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングは、ロンドン東部のカナリー・ワーフ地区とロンドン・ブリッジ周辺地区間の拠点間接続での利用を予定しているという。(2022/5/2)

全世界で悪用される脆弱性トップ15は? 各国当局が共同アラートを公開
米国やオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国のセキュリティ当局らが共同で日常的に悪用されている脆弱性トップ15を発表した。該当の脆弱性が存在しているかどうかを直ちに確認し、更新することが望まれる。(2022/4/29)

採用事例:
英国ロンドン・シティーで賃貸オフィスビルを取得、大林組
大林組は、海外のグループ会社で、英国のロンドンに本社を構えるOBAYASHI PROPERTIES UK(大林プロパティズUK)を通じ、英保険大手AVIVAと共同で、英国の「ロンドン・シティー」にある賃貸オフィスビル「20 Gracechurch Street」の権利を取得した。(2022/4/27)

DAZN、英プレミアリーグの放映権失う可能性 権利獲得の韓国企業「交渉の意思ある」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で、来季以降、イングランド・プレミアリーグ(EPL)の試合を視聴できない可能性が出てきた。運営元が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表したためだ。ネット上では同社に対し、厳しい意見が出ている。(2022/4/15)

韓国資本の動画配信サービス「SPOTV NOW」、2022-2023シーズンの英プレミアリーグの放映権獲得
動画配信サービス「SPOTV NOW」を手掛ける韓国ECLAT MEDIA GROUPの日本法人LIVE SPORTS MEDIAが2022-23シーズンのイングランド・プレミアリーグ(EPL)の放映権を獲得したと正式発表した。8月以降、日韓両国で3季にわたって、EPLの全試合を配信する。(2022/4/15)

「現時点で来シーズンの放映権を保有していない」 DAZN、イングランド・プレミアリーグの放映権で公式声明
イングランド・プレミアリーグ(EPL)の2022-2023シーズン以降の放映権を巡り、韓国企業が運営する動画配信サービスが日本での放映権を獲得したとする一部報道に関して、「DAZN」を運営するDAZN Japan Investment(東京都港区)が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表した。(2022/4/15)

ソニーと任天堂、英国でオンライン有料サービスの自動継続方法を改善
英競争当局の調査を受け、ソニーと任天堂は同国での有料オンラインサービスの更新方法を改善した。サービスを使わなくなったユーザーがうっかりサブスク料金を払い続けることを回避しやすくなる。(2022/4/14)

味覇に動物性原料を使わない「ヴィーガン味覇」登場 赤、青に続く緑の味覇
「英国ヴィーガン協会」の認定も取得。(2022/4/4)

「OCI」「Azure」でクラウド移行を進めるヒースロー空港
ヒースロー空港が「Oracle Cloud」と「Azure」を併用 どう使い分けているのか
英国のヒースロー空港は「Oracle Cloud Applications」「Microsoft Azure」という複数のクラウドサービスを併用している。どのようなサービスを、どのような目的で利用しているのか。元CIOに話を聞いた。(2022/4/4)

iPhone Tips:
海外の「現地時間」は日本で何時? iPhoneで手軽に確認する方法
海外のどこかの国で「○○時発表(現地時間)」という情報に、さまざまな人が多く触れるようになった。米国や英国といった主要な国の時差はなんとなく理解してはいても、それが何時間ずれているのか、いま何時なのか? を比較的簡単に知れる方法を紹介する。(2022/3/30)

ジョンソン英国首相が会談に持参した福島産かりんとうに注目集まる 販売店専務も「びっくりした」
すげえ。(2022/3/29)

Huaweiとの関係深いロシア:
ロシアのウクライナ侵攻、“5G冷戦”の引き金に
ロシアのウクライナ侵攻に対し、米国をはじめEU、英国など各国が制裁を実施した。各種禁輸措置に加え、ホワイトハウスはロシアに対して半導体関連の制裁も策定したが、この措置が通信領域において新たな種類の冷戦を引き起こすことになったのではないだろうか。(2022/3/29)

Payments Dive:
AmazonとVisaの騒動で「果実」を得るのはPayPal? カード手数料を巡る対立に終止符か
Amazonが英国でのVisaクレジットカードの利用を停止するという予告を撤回した。クレジットカードの手数料を巡る問題は両社の頭を悩ませるが、PayPalという第三者の有利になる可能性が浮上した。(2022/3/28)

Webサイトの「エコ基準」【前編】
「画像だらけで重いWebサイト」は認めない 環境保護団体EFWAの認定制度とは
英国の環境保護団体Eco-Friendly Web Alliance(EFWA)は、2030年までに新たに排出される二酸化炭素量を50万トン削減することを目指し、「環境に優しいWebサイト」の認定制度を開始した。これはどういうものなのか。(2022/3/24)

デジタルヘルスケアサービスの普及が進む英国
英国成人の半数以上が利用する医療アプリ「NHS login」とは
英国NHSのデジタルヘルスケアサービスが、新型コロナウイルス感染症のまん延をきっかけに広く普及している。NHSのさまざまなヘルスケアサービスの窓口となる「NHS login」を、英国民はどの程度活用しているのか。(2022/3/23)

活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【後編】
FinTechが大盛況なのに「女性FinTech創業者の資金調達が進まない」問題
投資額が大幅に伸びた2021年の英国FinTech業界。一方で男性創業者と女性創業者の調達資金には差があり、FinTech業界が抱えるジェンダーギャップの問題は解決に至っていない。(2022/3/21)

英国防相に、ウクライナ首相をかたる偽電話 ロシア関与疑いで「必死の試み」と批判
英国のベン・ウォレス国防相は、ウクライナ首相をかたる人物から電話があったと、Twitter上に投稿した。ウォレス国防相は「彼は誤解を招くような質問をいくつも投げかけた」とし、不審に思い電話を切ったという。(2022/3/18)

IPOの準備を進めるなか:
Armが最大15%の人員削減を検討
2022年3月15日の各社報道によって、Armは世界全体の従業員約6500人のうち、米国/英国の社員を中心に最大15%の人員削減を検討していることが明らかになった。(2022/3/17)

5Gユーザーの行動と電力消費【前編】
「スマホ寿命を意図的に短くする」あの悪習を、5Gベンダーはやめるべし
英国のサセックス大学は、「5G」とエネルギー消費に関する研究論文を発表した。同大学が5Gベンダーに対して発する重要な問題提起とは。(2022/3/16)

急速充電とEVの低コスト化に向け:
800V対応SiCインバーター、McLarenが2024年に商用化
英国のMcLaren Applied(以下、McLaren)は、急速充電と高効率、長距離走行を実現する800V対応のSiC(炭化ケイ素)インバーター「Inverter Platform Generation 5(IPG5)」の本格的な生産に向けて準備を進めている。(2022/3/15)

検閲は解決にならない
ネットの科学的誤情報の削除に英国王立協会が「ノー」 その科学的理由
ネットは科学的コンセンサスに反する誤ったコンテンツであふれている。これらを削除し、拡散する人や組織のアカウントを凍結すべきだという意見もある。だが英国王立協会はそれに反対している。(2022/3/15)

車載ソフトウェア:
自動運転車の性能向上に貢献するエンジニアリング総合施設、開発環境が整う
ホリバMIRAは、CAVやADASを開発するため英国に開設したエンジニアリング総合施設「ASSURED CAV」において、高度なシミュレーションシナリオとエンジニアリングサービスの提供体制が整ったと発表した。(2022/3/10)

「市民向け健康増進アプリ」の政策【後編】
肥満の健康リスクを「ヘルスケアIT」で解消したい英国政府、市民の懸念は
英国政府は、自治体が市民に提供する健康増進アプリケーションの実証実験を支援している。政府がヘルスケアITツールの普及を推進する狙いと、市民が懸念する「個人情報保護」の問題は。(2022/3/8)

ウクライナが5位に:
「過去15年間で最もサイバー攻撃を受けた国」ランキング 3位「インド」、2位「英国」、1位は?
パナマのTefincom S.Aが、「過去15年間で最もハッカーに狙われた国」ランキングTOP20を発表した。その結果、1位は「米国」で198回だった。2位には「英国」(58回)、「インド」(32回)が3位にランクインした。日本は11位で、16回だった。(2022/3/4)

教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【後編】
データセンター人材不足が「致命的」な水準に 解決策は?
英国のデータセンター業界は、必要なスキルを持つ人材が不足する「スキル危機」に直面している。対策はあるのか。データセンター業界に特化した学習プログラムを教育機関と共に設計した企業に聞いた。(2022/3/4)

重大なサイバー攻撃を受けた国ランキング ダントツは米国、日本は何位?
VPNのプロバイダーであるパナマのNordVPNは、2006年から2021年の15年間で、政府機関などを狙った、重大なサイバー攻撃を受けた数が多い国のランキングを発表した。1位は米国で198回、2位の英国(58回)に3倍以上の差をつけた。(2022/3/3)

調査から読み解く英国のデジタルスキル人材不足【前編】
「“スキルなし人材”でも仕方なく採用」が半数以上 人材不足に悩む英国企業
調査結果から、英国企業の管理職には「必要なスキルを持つ人材を十分に確保できない」という悩みが、重くのし掛かっていることが分かった。具体的な管理職と一般職の声を調査結果から取り上げる。(2022/3/2)

活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【前編】
FinTech企業の英国投資額トップ5は? Revolut、Monzo……
2021年の英国のFinTech業界は投資が減速した2020年から一転し、投資額は前年比で200%以上増加した。特に投資を集めているFinTech企業とは。(2022/3/2)

ネットミーム化したメタルギアの「落ち着いて聞いてください」の医師、実は「NAVITIMEの人」だった 小島監督が衝撃の事実明かす
正体はイギリス人俳優のイアン・ムーアさん。(2022/3/1)

性能と環境負荷削減を両立:
実は盲点、AIの二酸化炭素排出量を削減する方法は?
2021年10月31日〜11月12日に英国のグラスゴーで開催された「COP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)」の終了後、民間企業と政府は一様に、気候変動対策の公約を強化し、公共政策と革新的な技術を組み合わせることで、この時代に特徴的な課題の1つに対処しようとしている。(2022/3/2)

NHSが抱える「医療機器のセキュリティリスク」【後編】
「サポート切れソフト」を使い続ける英国の病院 現実解としての「自衛」は?
NHSトラスト(英国NHS傘下の公営病院)の一部で、医療機器のセキュリティギャップが課題視されている。古いソフトウェアで稼働する医療機器を使わざるを得ない場合、システム管理者が持つべき「自衛策」は。(2022/3/1)

調査から見るD&Iとパンデミック【前編】
「人材多様性の欠如」が英国でも問題視 テレワークはD&Iの追い風になるか
パンデミックの影響で企業のIT活用やテレワークが拡大し、結果としてD&Iの取り組みが進んでいる。調査レポートを基に、英国における「雇用の多様性」の問題を考察する。(2022/2/28)

「市民向け健康増進アプリ」の政策【前編】
健康づくりで映画券ゲット 「健康増進アプリ」を英国自治体が始めた“深刻な理由”
英国ウルバーハンプトン市は、健康的な行動に対して報酬が発生するスマートフォンアプリケーションを試験運用している。地域住民の食生活改善と運動促進の支援を目指す、その取り組みの背景とは。(2022/2/28)

教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【前編】
10代向けのデータセンター人材“英才教育”に教育機関が本腰 その内容は
データセンター業界に特化した学習プログラムを英国の教育機関UTC Heathrowが提供する。データセンター業界の複数企業が協力して作成した、そのプログラムの中身とは。(2022/2/25)

カーリング女子、視聴率は堂々の金メダル ビデオリサーチ調べ
ビデオリサーチは21日、「北京2022オリンピック」関連番組の視聴率を公開した。トップは29.2%(関東地区、世帯平均視聴率)の「カーリング女子決勝・日本×イギリス」(後半)。(2022/2/21)

3Dプリンタニュース:
ベントレーが本社工場のAM設備強化に向けて300万ポンドを投資
Volkswagenグループ傘下のBentley Motorsは、同社の全モデルを製造する英国クルーの本社工場におけるアディティブマニュファクチャリング(AM)設備の生産能力強化について発表した。(2022/2/21)

NHSが抱える「医療機器のセキュリティリスク」【前編】
「IoMT」(医療分野のIoT)が病院の新たなリスクに――英国調査で分かった事実
英国NHS傘下の公営病院「NHSトラスト」の一部は、適切なセキュリティ対策を実施できていないことが明らかになった。NHSトラストは改善を続けているが、一方で新たなリスクが生じていると専門家は懸念を示す。(2022/2/21)

受講者の44%は女性
「スキルブートキャンプ」とは? “エリートIT人材”を産学官で育てる
英国政府が後援する「Skills Bootcamp」は、ITを活用する職場で必要なスキルを身に付けるための講座だ。同講座は「企業が求めるIT人材」を育てることができるという。その理由は何か。(2022/2/16)

「オンライン教育」に苦慮する教員【後編】
「教員のITスキル不足で『オンライン教育』が進まない」問題 その解決策とは
より学習者を引き付け、魅力的なオンライン教育を実施するためには、ある程度のITスキルが必要になる。教員のITスキル不足を解消するために、英国はどのように対処したのか。(2022/2/16)

TechTarget発 世界のITニュース
仮想通貨取引のBTC-ALPHAにランサムウェア攻撃 競合他社とのトラブルが原因か
攻撃者は身代金の移動に暗号資産取引所を使うことがある。その取引所の一つが、ランサムウェア攻撃の標的になった。英国のBTC-ALPHAだ。競合他社とのトラブル説が浮上しているが、何があったのか。(2022/2/14)

Apple、AI使った作曲を手掛ける「AI Music」を買収
英国の人工知能スタートアップの買収によって、iMovieやFinal Cut Proの自動BGMなど、さまざまな用途が考えられる。(2022/2/8)

「店舗廃止は社会的損失」との批判も
支店を閉じる銀行、黒字化するチャレンジャーバンク ネットバンク移行は必然か
英国のLloyds Banking Groupは、支店の利用頻度低下を理由に支店ネットワークを縮小する。コロナ禍の影響から、欧州全域でオンラインバンキングに注力する流れが加速しているが、顧客からは批判も挙がっている。(2022/2/8)

英FCAがAiimi製品を活用
金融監督機関が「AIエンタープライズサーチ」導入 何を期待しているのか?
英国のFCAは、エンタープライズサーチベンダーであるAiimiと3年契約を結んだ。AI技術を搭載したエンタープライズサーチ製品を活用し、FCAが実現しようとしていることとは。(2022/2/7)

テレワークには「高速通信」が基本【後編】
「5G」と「FTTH」の重要性にやっと気付いたあの国 “在宅勤務の課題”は世界共通
パンデミックでテレワークへの転換が一気に進んだ。これに並行して変わりつつあるのが通信サービス分野だ。「5G」や「FTTH」などブロードバンドの利用状況について、英国を参考に見てみよう。(2022/2/7)

英国が取り組む教育機関のブロードバンド戦略【後編】
学校回線ギガビット化だけじゃない、英国「ネットワーク投資300億円超」の中身
英国政府は教育機関などの公共施設を対象に、高速回線を英国全土に拡大させるインフラ戦略を推進している。政府が2億ポンド以上を費やして進める取り組みの内容とは。(2022/2/4)

「医療機器プログラム」規制を取り巻く動向【後編】
「SaMD」「AIaMD」をいち早く臨床へ 医療IT利用のリスク議論が進む英国
英国政府は医療機器プログラム(SaMD)認証制度の改正に向けて議論を進めている。SaMDの臨床利用に向けたリスク評価や、安全性の評価に関する議論の動向を探る。(2022/2/4)

「オンライン教育」に苦慮する教員【前編】
教員は「オンライン教育」に自信が持てない――その残念な実態とは
英国や米国で初等教育に携わる教員が、オンライン教育の実施に苦戦しているという。調査結果を基に、オンライン教育に向き合う教員の実態を探る。(2022/2/2)

AppleとGoogleは勧告を受け入れるか?
英国競争・市場庁がAppleとGoogleの市場支配に下した4つの勧告
英国の競争・市場庁はAppleとGoogleの市場支配を改善するため、両社に4つの勧告を行った。両社はこの勧告を受け入れるのか。しかし、この勧告の内容では……。(2022/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。