• 関連の記事

「自動生成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動生成」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AI PCの時代に備える【前編】
「AI PC」は何がすごい? PCユーザーなら誰もが喜ぶそのメリット
さまざまなベンダーが「AI PC」に関する戦略や製品を打ち出す中で、2024年は「AI PC元年」だと言える。AI PCの概念とは何か。企業にどのようなメリットをもたらし、業務をどう変えるのか。(2024/7/23)

プロダクトInsights:
飲食店の説明文をAIが自動生成、ヤフー検索結果で 8万店舗以上に対応
LINEヤフーは7月17日、生成AIが口コミを要約して文章化する新機能を追加した。同機能は「Yahoo!検索」で飲食店を検索した際に表示される。同機能の導入により新たに8万店舗以上の飲食店で説明文が表示されることになる。(2024/7/19)

生成AIで変わるコーディング【後編】
AIコーディング3大ツール「GitHub Copilot」「IntelliCode」「Amazon Q Developer」の違いは?
AI技術を使用したコーディングツールに、開発現場からの期待が集まっている。GitHub、Microsoft、AWSが提供する代表的なAIコーディングツールの機能を解説する。(2024/7/19)

データセンター事業が特に好調
NVIDIAが「過去最高の売上高」を記録 “快進撃”が続く理由は?
過去最高の四半期売上高を達成したNVIDIA。データセンター分野での業績が好調だ。特に何が同社の成長を支えているのか。(2024/7/18)

商談相手の情報を網羅的に把握:
Sansan、生成AIで商談相手の経歴や仕事内容を要約する新機能を提供
Sansanは、営業DXサービス「Sansan」のユーザーに実験的な機能を無料で提供する「Sansan Labs」に、生成AIを活用した新機能「AI人物プロフィール」を実装した。(2024/7/17)

製造マネジメントニュース:
富士通がCohereと独自LLM「Takane」開発 大企業向けの生成AI提供力強化へ
富士通はエンタープライズ向けのAIを提供するCohereと戦略的パートナーシップを締結することを発表した。(2024/7/17)

AIが「Lorem ipsum」を自動置換し、より現実的なデザインに:
デザインツールのFigma、6つの生成AI機能を追加する「Figma AI」を発表
デザインツールのFigmaは、6つの生成AI機能を追加する「Figma AI」を発表した。Figma AIはβ版として、全ユーザーに向けて順次提供される予定だ。(2024/7/17)

産業動向:
国交省がドローンや空き家など行政情報をオープンデータ化 「Project LINKS」始動
国土交通省の分野横断的なDX推進プロジェクト「Project LINKS」が始動した。行政情報をデータとして再構築し、活用しやすく整備することで、データに基づく政策立案や、オープンイノベーションの実現を目指す。(2024/7/16)

AWS、生成AIへのプロンプトで業務アプリが作れる「AWS App Studio」プレビュー公開 開発スキルがなくてもOK
米Amazon Web Services(AWS)は、生成AIに自然言語で作りたい業務アプリを説明すると、自動的に業務アプリの開発が行われる新サービス「AWS App Studio」をプレビュー公開しました。(2024/7/16)

人工知能ニュース:
エッジAIアプリケーション開発に寄与するソフト&ツール統合セットを提供開始
STマイクロエレクトロニクスは、エッジAIアプリケーション開発に寄与する包括的なソフトウェア&ツール統合セット「ST Edge AI Suite」の提供を開始した。ユーザーのワークフローを最適化する。(2024/7/16)

AMD、NVIDIA、Intelの攻防【前編】
AIプロセッサ“覇権争い”を激化させる「NPU」とは何なのか?
半導体ベンダー各社が相次いでAI技術の利用を想定したプロセッサ新製品を発表している。AI PC向けとしては、各社はNPUの重要性を強調している。NPUはどのような役割を持っているのか。(2024/7/14)

YouTubeショート、TikTokのような人工音声追加などの新機能
YouTubeは、「YouTubeショート」クリエイターのための新機能を発表した。テキスト→音声機能で人工音声のナレーションを作成したり、キャプションを自動生成したりできるようになる。(2024/7/12)

生成AIで変わるコーディング【前編】
AIコーディングと「コード補完」「ローコード」「静的解析」の違いとは?
コーディング支援ツールはAI技術を活用することで、どのように進化してきたのか。「コード補完」「ローコード」「静的解析」などとの違いを踏まえて解説する。(2024/7/12)

プロセッサから「AIの民主化」を支援
AIに最適化した「Xeonシリーズ」に、「Gaudi 3」 Intelのデータセンター戦略を解説
プロセッサの開発競争が激化している。IntelはAIに注力する方針を打ち出しており、データセンター向け製品についてもAI用に機能の強化や追加が図られている。(2024/7/16)

処理速度、メンテナンス性など考慮すべき点も解説:
「SQL」と「O/Rマッピング」の共存戦略 効率的なデータベース管理のコツとは
TechTargetは「O/RマッピングとSQLの比較」に関する記事を公開した。O/RマッピングとSQLは、リレーショナルデータベースと“対話”するための方法だ。それぞれをどう使い分ければいいのか。(2024/7/11)

次世代のビジュアルコンテンツ制作ソリューション:
AIが生成したモデルの画像に3D衣服データを自動で組み合わせ アマナとNTTデータが新プロジェクトを開始
アマナとNTTデータは共同で新プロジェクト「パーソナライズド・ビジュアルコミュニケーション」を開始したと発表した。(2024/7/9)

GPT-4oを活用:
生成AIがビール残量をチェックして「おかわり」提案 飲食店向け「AI幹事」登場
Gateboxは、生成AI「GPT-4o」の画像認識技術を活用した飲食店向けAI接客サービス「AI幹事」を開発した。(2024/7/5)

産業用ロボット:
段取りレスの溶接、カエリ除去ロボットシステムをスギノマシンが開発
スギノマシンは溶接板金業界向けに段取りレスの「溶接ロボットシステム」「カエリ取りシステム」を開発した。(2024/7/5)

Social Media Today:
Z世代のGoogle離れはさらに進む 検索はますます「TikTok」「Instagram」依存に
若年層はSNSで検索する傾向が強くなっていることがForbes Advisorの調査で明らかになった。(2024/7/5)

Generative AI Summit Tokyo '24 セッションレポート:
「置換」ではなく「要約」 住友ゴムが実践したレガシーコードマイグレーションの新しいカタチ
Google Cloudが2024年3月7日に開催した「Generative AI Summit Tokyo '24」で、住友ゴム工業の角田昌也氏は、デジタル設計の工程に不可欠な「コンピュータシミュレーション」に関連したプログラムの生成やマイグレーションにおける生成AIの活用事例を紹介した。(2024/7/5)

エン・ジャパン、「AI研究の専任組織」を新設 狙いは?
エン・ジャパンは、AI活用の研究・開発を担う「AIテクノロジー室」を新設した。狙いは……。(2024/7/3)

ストレージ市場に起きた想定外【後編】
SSDもHDDもなぜ「急に売れなくなった」のか?
ストレージ市場では、HDDベンダーだけではなくSSDベンダーの売上高も2022年から2023年にかけて急落するという深刻な状況に陥り、さまざまな“異例の事態”が巻き起こった。HDD、SSD市場に何が起きているのか。(2024/7/2)

Weekly Memo:
イオングループの「データの生かし方」「生成AIの使い方」とは? 外部人材登用の理由を考察
データ活用を社内にどう浸透させるか。生成AIをどう有効に使うか。データドリブン経営を目指すイオングループの事例を基に考察する。(2024/7/1)

急成長のカギ「インサイドセールス」:
【徹底解説】インサイドセールスの「9割」をAIとツールで完結する方法
AIやセールステック導入の高まりから、最近はインサイドセールスの在り方に変化が起き始めている。筆者は、テクノロジーの進化によってインサイドセールスの業務は9割自動化すると予想している。今後さらにAI活用が進むことが予想される中、人間が担うべき役割はどう変化するのだろうか。(2024/7/1)

データ分析ニュースフラッシュ
JR西日本の「AIアプリ内製化」を支えた“ローコード開発ツール”とは?
企業は「生成AI」を人材不足解消にどう役立てているのか。JR西日本のAIアプリケーション内製開発や、北海道文化放送の「Amazon Bedrock」活用、静岡銀行のAIチャットbot導入などの事例を紹介する。(2024/6/28)

“AI前提”のPC選定:
生成AI時代の新型Surfaceの威力 AI PCで業務はこう変わる
生成AIは業務効率化の可能性を秘めている一方で、相応のスペックをデバイスに要求する。AIアプリケーションの利用を前提にしたアーキテクチャを採用したMicrosoftの新型PCを使うことで、どのような効果が期待できるのか。(2024/6/28)

SASEの最初の一歩は何か【中編】
SASEを始めるなら必要なのは「SD-WAN」か、それとも「SSE」か
ネットワークとセキュリティの機能を集約したSASEは一朝一夕で実現するものではない。SASEを実現する最初の1歩として、企業は「SD-WAN」を選ぶのか。それとも「SSE」を選ぶのか。(2024/6/26)

AI時代のPC選定:
Windows端末でAIを“サクサク”動かす「プロセッサの秘密」
Web会議や生成AIの頻繁な利用が想定されていない従来のPCでは、新しい働き方やテクノロジーの恩恵を十分に受けられない。生成AI時代に必要なPCとはどのようなものか。(2024/6/27)

スマート化:
不動産の契約から管理までスマホアプリで一括管理、相鉄不動産が2つのデジタルサービス導入
相鉄不動産は、物件の購入や契約を検討するユーザーの利便性と快適性向上を目的に、自社の分譲マンションや分譲一戸建て、賃貸マンションで、「SOTETSU すまいNAVI」と「Musubell」の2つのサービスを導入した。(2024/6/25)

製品動向:
トンネル仮設備配置計画の最適化にジェネレーティブデザインを活用、西松建設
西松建設とONESTRUCTIONは、トンネル工事現場の仮設備配置計画にジェネレーティブデザインを取り入れ、効果を検証した。(2024/6/24)

生成AI×金融の最前線
“脱COBOL”にも着手 金融4社が語る「生成AIを使い倒す戦略」とは
北國銀行、SBIホールディングス、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険の生成AI活用事例を、課題や解決策と併せて解説する。(2024/6/24)

AWS×キンドリルの協業が企業のAI活用にもたらすメリット:
PR:エンタープライズ品質のAIをクイックに実装、安定的な運用を維持するには
キンドリルがAWSを活用した産業別のクラウド活用支援を強化する。中でも注目したいのが、エンタープライズ品質での生成AI活用の取り組みだ。業界別にクイックにサービスを立ち上げられるという。(2024/6/24)

代表的なLLM19選を徹底解説【前編】
BERT、GeminiからGPT-3.5、GPT-4oまで「主要LLM11種」の特徴は?
「ChatGPT」の登場で一躍注目を浴びることになったLLM。各ベンダーは、LLMを進化させるための開発に取り組んでいる。主要LLM11種の特徴や、進化のポイントを解説する。(2024/6/20)

AI:
生成AIで建設業向け求人原稿を自動作成 助太刀の新サービス
助太刀は、建設業に特化した求人サービス「助太刀社員」で、生成AIを用いた自動で求人原稿を作成する機能を導入した。4項目についての文章を自動生成するもので、追記や修正も可能となっている。(2024/6/19)

レイオフではなく「破壊的変化」をもたらす?
「未経験エンジニア」はもう要らない 生成AIによって壊れゆく採用市場
企業は生成AIを業務に活用し始めている。この動きは、単純な業務を国外に委託するオフショアアウトソーシングと共通する部分がある。採用市場、ひいては教育現場にどのような影響をもたらし得るのか。(2024/6/19)

D2C事業者の利便性向上に:
売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI生成機能β)」を追加する。(2024/6/18)

「ギャルのお悩み相談」も パーソルが社内GPTの“プロンプト掲示板”を作ったら、何が起きたのか
言葉が思い出せないときには「あれ、あれ、あれだよあの単語」。誰かに悩みを聞いてほしいときには、ギャルが明るく解決してくれる「悩みへの認知行動療法的アドバイスbyギャル」。パーソルグループの社内GPTでシェアされている、生成AIへの指示文(プロンプト)だ。プロンプトをシェアし合うことで起きた「思わぬ効果」とは?(2024/6/18)

心はバグだらけだにゃあ:
お悩みその30 私のコードを他人が理解できない(28歳 男性 サーバサイドエンジニア)
「Command-R+」対「GPT-4o」対「Gemini 1.5 pro」の、お悩みデバッグ頂上決戦ファイッ!(2024/6/17)

産業領域のデータ基盤:
PR:“一品一葉”のデータを社内横断で活用 東洋エンジニアリングのDXの進め方
DXでは、いかにデータを利活用するかが極めて重要なテーマだ。だが、社内体制や仕組みづくりなどのオペレーション面が障壁になってDXが進まないケースも散見される。本稿では、Alteryxなどを活用して生産性を着実に向上させている東洋エンジニアリングの事例を紹介する。(2024/6/18)

後編:
画像生成AI「Adobe Firefly」は何がすごい? 業務をラクにする3つの活用法
「商用利用」できる画像生成AI「Adobe Firefly」。クリエイターからの注目は高いが、結局何がすごいのか。本記事では3つの活用方法を紹介する。(2024/6/13)

前編:
生成AIでクリエイター業務が激変 博報堂DYグループが使う5つのサービスとは?
生成AIでクリエイター業務が激変している――。博報堂では、5つのプロダクトを現場で活用しているという。AI活用の広がりによって、クリエイターの役割はどう変わっていくのだろう。(2024/6/13)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
インストラクションデータを手作業で作る時代は終わった コスト削減につながる自動化法を解説
LLMの「忠実さ」を向上させるための学習で使う「インストラクションデータ」はこれまで人力で作られてきたが、この作業を自動生成するアルゴリズム「Evol-Instruct」が注目を集めている。ビジネス視点からメリットを解説します。(2024/6/12)

法令準拠も確認:
「業務でちゃんと使える」特化型生成AIを自動で作る 富士通が開発
富士通は2024年6月4日、AI分野における研究戦略発表会を開催し、企業ニーズに適した生成AIモデルを生成し、規則や法令の準拠も確認できる「エンタープライズ生成AIフレームワーク」を発表した。クエリに合わせて最適な特化型生成AIの自動生成も行う。(2024/6/11)

Weekly Memo:
生成AIは「対話型」だけじゃない 富士通が取り組む「特化型生成AI」のポテンシャルを探る
生成AIというと「ChatGPT」に代表される汎用の「対話型モデル」の利用が広がっているが、今後は企業のさまざまな業務を支援する「特化型モデル」も注目されそうだ。果たして、どれほどのポテンシャルがあるのか。富士通の取り組みから探る。(2024/6/10)

コードの自動生成だけではない:
PR:生成AIはIT運用にどう使えばいいのか? 現実的な「30%効率化」の方法とは
基幹系など重要度の高いITシステムには24時間365日の運用が必要だが、人材不足やIT環境の複雑化といった理由から手作業での管理、運用は困難な状況だ。日本アイ・ビー・エムはこの課題に対し、生成AIと自動化のソリューションを提案する。(2024/6/21)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
Lunar Lake搭載の動くポータブルゲーミングPC「Claw 8 AI+」がお目見え! 台北で見た気になるミニPC
台湾の台北市で見本市「COMPUTEX TAIPEI 2024」が開催されている。さまざまな展示品の中で気になるミニPCやポータブルゲーミングPC、デスクトップPCを紹介しよう。(2024/6/7)

「AIクエリアシスタント」α版を提供開始:
ブレインパッド、「Rtoaster insight+」に生成AIがクエリを自動生成する機能を提供
ブレインパッドはCDP「Rtoaster insight+」に、生成AIを活用したSQLクエリの自動生成機能「AIクエリアシスタント」の提供を開始した。(2024/6/7)

働き方をデザインする:
「完全週休3日制」は職場をどう変えた? 伊予鉄流、働き方改革の進め方
伊予鉄グループが導入した「完全週休3日制」。うらやましく映る制度、実は社員には「レベルの高い要求をしている」という。一体、どういうことなのか。(2024/6/7)

人工知能ニュース:
富士通が狙う「特化型生成AI」の市場 大規模データ活用時の企業課題解決を支援
富士通は、企業が膨大なデータを基に生成AIを活用するための環境や仕組みを提供する「エンタープライズ生成AIフレームワーク」を提供開始する。(2024/6/6)

クラウドコストが予算を超える理由【後編】
「FinOps」がうまくいかない理由とは? クラウドコスト削減には何が必要か
クラウドコストを一元的に可視化して管理するFinOpsに関心を持つ企業が増えている。しかし、FinOpsに取り組んでも思うように成果が上がらない企業も珍しくない。(2024/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。