• 関連の記事

「独占禁止法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

独禁法 独占禁止法違反 反トラスト 公正取引委員会 公取委 反競争的 反競争 独占禁止法

携帯端末「1円販売」は極端な廉価販売 公正取引委員会が実態調査
公正取引委員会は8月9日、携帯電話端末のいわゆる「1円販売」といった極端な廉価販売について、緊急実態調査を行うと発表した。通信料金と端末販売代金の分離下においては、“不当廉売”につながる恐れがあるという。販売代理店における足元の状況・広がりを把握する。(2022/8/9)

公取委、“1円スマホ”の緊急実態調査 「不当廉売につながるおそれ」
公正取引委員会は、携帯電話端末のいわゆる「1円販売」など極端に安い価格で販売する方法の緊急実態調査を行う。同委は「通信料金と端末販売代金の分離下においては、不当廉売につながるおそれのある販売方法」と指摘している。(2022/8/9)

中国初の改正独禁法 ネット大手規制強化
中国が改正独占禁止法を施行する。改正は2008年の同法施行以来初めてで、中国で拡大したネット業界を念頭に置いた規定を新設し、違法行為の罰金を引き上げた。(2022/8/1)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【後編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題は解消しない?
ECの独占禁止法に関する調査を受けたMicrosoftは、問題となったライセンス規約を変更すると発表した。だが専門家は同社の取り組みに懐疑的な見方を示す。それはなぜなのか。(2022/7/4)

CMSベンダーに独禁法違反の疑い 「独自の方がセキュリティ対策になる」と自治体に営業、他社参入を阻害
サイネックスとスマートバリューに独占禁止法の規定に違反する疑いがある。2社はWebサイトの改修を計画する自治体に、独自開発のCMS導入が情報セキュリティ対策になると営業活動を行い、他社が受注競争に参加しにくくなるよう働きかけていた。(2022/6/30)

ソフト開発での多重下請、公取委が取り締まり強化へ 「優越Gメン」が立ち入り調査
公正取引委員会は、ソフトウェア業の下請取引などに関する実態調査報告書を公開した。資本金3億円以下のソフトウェア業2万1000社を対象に、アンケート調査などを行ったところ、多重下請け構造に起因する違反行為が見られたという。(2022/6/29)

中国、IT統制強化へ独禁法改正審議を加速
全人代の常務委員会が北京で会議を始め、独占禁止法の改正案などの審議を始めた。同法改正案には、中国IT大手への統制強化を意識した文言が明記されている。習近平国家主席が改正作業の加速を指示しており、法整備を急ぐ考えとみられる。(2022/6/22)

「食べログ」独禁法違反、地裁判決は「不当」 カカクコムが即日控訴
カカクコムは、「食べログ」のアルゴリズム運用に独禁法違反があったと認めた東京地裁判決は「不当」だとし、東京高裁に即日控訴した。(2022/6/17)

リコー、PFUの株式取得を延期 「公取委の審査が終わり次第」
リコーは、PFUの買収について、7月1日だった予定を延期する。「公正取引委員会における企業結合審査に要する時間を考慮した結果」という。(2022/6/17)

食べログ訴訟、提訴前に公取が違法の恐れ指摘 古谷委員長、提訴「評価」
「食べログ」などの飲食店情報サイトを巡っては、公正取引委員会が提訴前の2020年3月に取引実態調査の報告書を公表、掲載する店舗の採点や表示順位に関し、店に不当な不利益を与えた場合、独禁法違反となる恐れがあると指摘していた。(2022/6/17)

巨大ITの監視強化 公取委、情報収集へ初期段階でも事件概要公表
公正取引委員会が、社会のデジタル化などに対応するための新たな対応方針を発表した。独占禁止法の審査の初期段階でも事件の概要を公表し、広く第三者から情報を収集できるようにするなど、巨大IT企業への監視体制を強化する。(2022/6/17)

「食べログ」に損害賠償命令 「点数不当に下げられた」と飲食チェーンが訴訟
訴訟を起こしたチェーンは「独占禁止法上の差別的扱い」「独占禁止法上の優越的地位の濫用」と主張していました。(2022/6/16)

公取委、Microsoftの米ゲーム大手買収について意見募集 結合審査に際し情報求める
公正取引委員会が、米Microsoftと米ゲーム大手のActivision Blizzardが統合を計画している件について意見募集を始めた。同委員会は同件が競争に与える影響について審査中。郵送とメールで統合に関する情報や意見の提供を求めている。(2022/6/16)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【後編】
「AzureじゃないクラウドだとOfficeが高くなる」ライセンス規約は違法なのか?
Microsoftは同社のライセンス規約により、欧州の独占禁止法違反の疑いで欧州委員会から調査を受けている。一方で米国の独占禁止法に違反しているかどうかの判断は、より難しくなるという。その背景は。(2022/6/13)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【中編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」ライセンス規約変更が3年後に騒がれた理由
Microsoftは2019年に同社製品のライセンス規約を更新した。その変更内容が独占禁止法に違反していると、欧州委員会が指摘している。競合他社のクラウドベンダーとユーザー企業はどう動くのか。(2022/6/6)

宿泊予約の「Expedia」に独禁法違反の疑い 他サイトより好条件な部屋の掲載求める
公正取引委員会が、宿泊予約サイト「Expedia」について、独占禁止法に違反する疑いが認められたと発表した。Expediaでは、他社の予約サイトより好条件な部屋の掲載を求めていたという。(2022/6/3)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【前編】
AzureをやめたらWindowsライセンス料金が60億円増えた――その笑えない理由
Microsoftは「Windows」「Office」といった同社製品を競合クラウドサービスで使用する際のライセンス料金を高くしている。これは欧州の独占禁止法に違反している可能性がある。問題解決に向けて、同社はどう動くのか。(2022/5/30)

PS5増産の背景に「悪質転売」も? 規制妨げる独占禁止法の矛盾
2020年11月の発売以降、世界的な人気から品不足に陥っている家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)。ソニーグループが、サプライチェーンの制約が緩和されたとして、同機の生産を大幅に拡大する方針を発表した。(2022/5/29)

独占禁止法違反の疑い:
【解決へ】一蘭のカップ麺の“490円拘束”疑惑 公取委が改善方針を認める
公正取引委員会は5月19日、ラーメンチェーンの一蘭(福岡市)が独占禁止法に違反している可能性があった件について、同社の改善方針を示す「確約計画」を認定したと発表した。(2022/5/20)

宿泊予約の「Booking.com」に独禁法違反の疑い 施設に他サイトより好条件な部屋の掲載求める
宿泊予約サイト「Booking.com」について、同法第19条に違反する疑いが認められた。Booking.com B.V.は16日までに改善計画を提出。公正取引委員会は、問題の排除に十分な内容として計画を認定した。(2022/3/17)

欧州委員会、GoogleとMetaのオンライン広告に本格調査
欧州委員会は、GoogleとMeta(旧Facebook)によるオンライン広告の協定が独禁法違反の疑いがあるとして調査を開始した。この協定「Jedi Blue」(コードネーム)については既に米国で調査中。英独禁法当局も調査を開始したと発表した。(2022/3/12)

公取委、アプリストアとアプリベンダーの取引実態を調査 “力関係”を聞き取り
公正取引委員会が、モバイルアプリを開発する事業社とアプリストアを運営する事業社との間の取引について、アンケート調査を始めた。(2022/3/4)

タイガー「転倒してもこぼれないケトル」CMが景表法違反に こぼれる場合があるため
消費者庁と公正取引委員会が、タイガー魔法瓶のテレビCMとWebサイトで景品表示法に反する表示があったとして課徴金納付命令を出した。転倒しても中身がこぼれないとしていたが、こぼれる場合があったという。(2022/2/9)

下請が発注元の“買いたたき”疑いを報告できるフォーム、公取委が設置 結果を基に調査先選定
下請事業者が匿名で親事業者の法令違反を報告できるフォームを公正取引委員会が設置した。提供された情報は同委員会が調査の対象業種や調査票の送付先を選定するのに活用する。(2022/1/26)

公取委、システムエンジニアの取引実態調査スタート 「買いたたきなど下請け法上の問題がある」
公正取引委員会が、フリーランス・企業所属システムエンジニアを対象とした実態調査を始めた。ソフトウェア制作業務や受託システム開発の取引状況を探る。(2022/1/18)

楽天に独禁法違反の疑い 送料無料化しない加盟店に不利益ちらつかせ 公取委が指摘
公正取引委員会は、楽天グループが参加しない加盟店に優位な立場を利用した取引を行ったとして独占禁止法違反の可能性があるという審査結果を公表した。楽天グループから改善策が提示されたため、公取委は実施状況を確認の上審査を終える。(2021/12/6)

Windows 11でのTeamsなどのバンドルは反競争的──欧州委員会に企業団体が申し立て
MicrosoftがOneDrive、Teams、その他のサービスをWindowsにバンドルしているのは反競争的だと、企業連合が欧州委員会に申し立てた。「90年代後半に、Internet ExplorerをWindowsにバンドルしたのと同じだ」。(2021/11/29)

携帯3社、スマホの卸価格など販売代理店への制限を緩和 公取委の指摘受け
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのMNO3社が、公正取引委員会の実態調査を受け、販売代理店との取引と端末購入補助サービスの提供について見直した。代理店による端末の自由な価格設定を容認する他、非回線契約者でも端末購入補助が受けられることを周知する。(2021/10/13)

キャリア3社が公取委からの要請に対応 端末購入プログラムや販売代理店の取引などで
公正取引委員会が6月に行った改善要請を受け、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が対応内容を発表した。主に端末購入プログラムが回線を契約していなくても利用できることの明示や、販売代理店への端末販売価格やプラン販売契約数についての対応が盛り込まれている。(2021/10/13)

公取委がスマホOSの市場調査へ 「iOSやAndroidに他のOSが競争圧力与えているか」
公正取引委員会が、モバイル用OSの実態調査に乗り出す。OSとアプリの流通市場の構造や競争の実態を把握する。終了時期は未定だが、何らかの成果物を公表予定で、内閣官房とも連携するとしている。(2021/10/8)

総務省、携帯ショップの「通報窓口」を開設 意図しないプラン契約など事例を募る
一部の携帯電話の販売代理店で、利用者への十分な説明なく高額プランを契約させるなどの事案が発生しているとして、総務省が情報提供窓口を同省の公式Webサイト上に開設した。匿名での情報提供も可能。必要に応じて消費者庁と公正取引委員会にも共有する。(2021/9/13)

Epic Games対Appleの訴訟、Appleに外部の決済手段を認めるよう命令
Appleは独禁法に違反していないとの判断でした。(2021/9/12)

閲覧系サブスクアプリは“Apple税”回避可能に Appleが日本の公取委と調整
Appleが、NetflixやSpotifyなどのサブスクリプションサービスアプリに限り、課金のためのWebサイトへのリンクを認める。同社を調査してきた日本の公取委員会との合意に基づくものだが、世界で適用する。Epic Gamesのアプリは対象外だ。(2021/9/2)

App Store、公正取引委員会の調査結果を受けリーダーアプリから外部リンクが可能に
日本の公正取引委員会が行っていた競争阻害行為の有無について調査が終了し、Appleと合意に達した。今回の決定は日本だけでなく世界中の開発者に適用される。(2021/9/2)

なぜIPO価格は安すぎるのか? スタートアップ経営者へのアドバイス
8月、公正取引委員会が新規株式公開時に企業が適切に資金調達できているか調査を始めたことが話題を集めている。未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得してもらう「IPO」は、ベンチャー企業にとって一度きりの重要なイベントでもある。しかし、そこにはさまざまな問題点があると指摘されている。改めて、国内のIPOについて何が問題視されているのか、そして理想的なIPOとはどんなものななぜIPO価格は安すぎるのか?(2021/9/2)

Apple、アプリストア訴訟で開発者と和解 支払いオプションについてユーザーとの直接交渉を認める
Appleは2019年に独禁法違反だとして米開発者が提訴した裁判で和解したと発表した。米国の小規模開発者向けに1億ドル基金を設立する他、App Store以外での支払いオプションについてユーザーに通知することの許可などを譲歩した。(2021/8/27)

FTC、Facebookを再度申し立て リナ・カーン委員長忌避は却下
米連邦取引委員会(FTC)がFacebookをあらためて独禁法違反で提訴した。Facebookが請願していたリナ・カーン委員長の忌避は却下。Facebookはこれを受け「FTCがこの無益な訴訟を続けるのは残念だ」とツイートした。(2021/8/20)

Apple「App Store」の“光と影”【第1回】
EUはなぜAppleに警告したのか? 「App Store」の“あの慣行”を問題視
EUの欧州委員会は「App Store」をめぐって、Appleに反トラスト法違反の疑いがあると警告した。欧州委員会は、App Storeの何を問題視したのか。(2021/7/25)

Amazonと反トラスト法【後編】
Amazonはなぜ訴えられたのか? 問題視された「最恵国待遇」(MFN)の意味
「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に対する訴訟が続く中、その一社であるAmazon.comが反トラスト法違反の疑いで提訴された。同社の何が問題だったのか。(2021/7/21)

Amazonに続きFacebookもFTCにリナ・カーン委員長の忌避申し立て
Facebookが米連邦取引委員会に対し、同委員会のリナ・カーン委員長がFacebookの独禁法訴訟に関わらないよう嘆願した。カーン氏はIT大手規制論者として知られる。同氏に対してはAmazonも同様の忌避申し立てをしている。(2021/7/15)

Amazonと反トラスト法【前編】
「GAFA」はなぜ訴えられているのか? 「反トラスト法」違反訴訟が活発化
Amazon.comが反トラスト法違反で提訴された。最近になって、同社を含む「GAFA」と呼ばれる大手IT企業4社が相次いで訴訟に直面している。何が起きているのか。(2021/7/14)

和解成立し、制裁金は課さず:
FTC、Broadcomに対し独禁法違反の是正を要求
米国の規制当局は2021年7月2日(米国時間)、 同じ範囲のSoC(System on Chip)製品について、同社が違法で独占的な慣行を行っていると裁定した。米連邦取引委員会(FTC)は、Broadcomがブロードバンドやビデオ用の幅広いチップについて、機器メーカーやユーザーと長期的な独占契約を結んでいると主張したのだ。(2021/7/13)

Google、公式アプリストアが独禁法違反だと米州検事総長連合が提訴
米国の36州とワシントン特別地区の検事総長らがGoogleを独禁法違反で提訴した。公式アプリストアで支配的な力を乱用したとしている。Googleは、“他のモバイルOS”と違いサイドローディングも認めていると反論した。(2021/7/8)

Amazon、FTCのリナ・カーン委員長の独禁法調査関与に忌避の申し立て
Amazonが、米連邦取引委員会(FTC)に同社が関わる独禁法調査や訴訟からのリナ・カーン委員長の忌避を申し立てた。AmazonはIT大手規制論者の同氏が「Amazonの独禁法上の抗弁を偏見なしに検討できない」と主張する。(2021/7/1)

フェイスブックの時価総額1兆ドル突破 米独禁法勝訴で
米フェイスブックの株価は6月28日に急伸し、時価総額は1兆ドル(約110兆円)を突破した。米連邦取引委員会(FTC)と複数の州が起こしていた反トラスト法(独占禁止法)訴訟で、米連邦地裁判事が立証不十分として訴えを退けたことが要因。(2021/6/29)

Facebookを独禁法でFTCと48州が提訴した裁判、連邦地裁が棄却
FTCと48州がFacebookを独禁法違反で提訴した裁判で、連邦地裁は両者の申し立ては法的に不十分として棄却した。ただし、FTCが主張の根拠を説明するよう訴状を修正すれば、裁判は継続する。(2021/6/29)

EU、Googleの広告事業に関する独禁法調査開始
EUの欧州委員会が、Googleを独禁法違反の疑いで正式調査すると発表した。Googleが自ら運営する広告サプライチェーンで自身の広告を優先的に扱うことで、競合する広告主とパブリッシャーに損害を与えた可能性を調査する。(2021/6/23)

ドイツ当局、Appleの独禁法調査を開始 GAFA揃う
ドイツ連邦カルテル庁(FCO)は、Appleが独禁法に違反していないか調査を開始したと発表した。ドイツは1月に独禁法を改正し、それに基づいて既にFacebook、Amazon、Googleを調査中だ。(2021/6/22)

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会が「競争政策上の課題」を発表――MNOへの「信頼・満足・愛着」があり、乗り換えに興味なし
公正取引委員会が、携帯電話市場における競争政策上の課題に関する調査レポートの2021年度分を公表した。この調査は2018年度に行った調査のフォローアップを目的として行われたものだが、無理やりキャリアの乗り換えを促すような方向性は、果たして「自由な競争」に資するのだろうか。(2021/6/18)

欧州委員会、Appleに「App Storeで支配的な立場を乱用している」と予備的見解を通知
欧州委員会はAppleに対し、App Storeで支配的立場を乱用しているとの異議申立書を送った。2019年のSpotifyによる申し立てを受けた独禁法調査の一環だ。Appleは12週以内に回答する必要がある。(2021/5/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。