ニュース
» 2024年01月12日 10時30分 公開

業務用冷蔵庫を初期費用なしでIoT化、稼働データはクラウド上で管理製造業IoT

ホシザキは、業務用冷蔵庫などの稼働や温度データをクラウド上で管理できるサービス「ホシザキ コネクトWi-Fi」の提供を開始する。対象機器にWi-Fiモジュールを取り付け、稼働状態と温度をリアルタイムで確認する。

[MONOist]

 ホシザキは2024年1月5日から、業務用冷蔵庫などの稼働状況や温度データをクラウド上で管理できるサービス「ホシザキ コネクトWi-Fi」の提供を開始した。初期費用は不要で、サービス利用料金は機器1台あたり月額1000円(税別)。最低1台から利用できる。

キャプション サービス概念図[クリックで拡大] 出所:ホシザキ

 同サービスでは、対象機器にWi-Fiモジュールを取り付けることで、稼働状態と温度をリアルタイムで確認、記録できる。Wi-Fi環境があれば設置でき、収集したデータは同社が開発したSaaS上で管理する。あらかじめ設定した条件でアラート通知し、遠隔からでも機器エラーなどの発生を速やかに把握可能だ。

 改正食品衛生法で義務付けられている、HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)に沿った衛生管理実施状況の記録と保存に対応した温度帳票などの書類を自動作成する機能も搭載した。

キャプション 帳票作成画面イメージ[クリックで拡大] 出所:ホシザキ

 対象機器は、同社の販売済み製品を含む業務用冷蔵庫などの主要製品で、今後順次追加する予定だ。他社製品でも別機器を取り付ければ温度管理ができる。

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.