ニュース
» 2023年11月30日 14時00分 公開

LinuxおよびリアルタイムOSとTEEを共存、同時動作する技術を開発組み込み開発ニュース

ユビキタスAIは、TOPPERSプロジェクトが開発した組み込み機器向けデュアルOSモニタ「SafeG64」を機能拡張し、LinuxおよびリアルタイムOSとTEEを共存、同時動作させる技術を開発した。

[MONOist]

 ユビキタスAIは2023年11月15日、TOPPERSプロジェクトが開発した組み込み機器向けデュアルOSモニタ「SafeG64」を機能拡張し、LinuxおよびリアルタイムOSとTEE(Trusted Execution Environment)を共存、同時動作させる技術を開発したと発表した。商用リアルタイムOS「TOPPERS-Pro」の拡張機能として2024年度の前半に発売予定だ。

キャプション 「SafeG64」とLinux、リアルタイムOSおよびTEEの共存イメージ[クリックで拡大] 出所:ユビキタスAI

 SafeGは、組み込みシステムにおいてLinuxとリアルタイムOSを同時動作させる仕組みで、64ビットのArm Cortex-Aプロセッサに対応したものはSafeG64と呼ばれている。SafeGおよびSafeG64は、セキュリティ拡張技術「Arm TrustZone」の機能を活用し、いわゆる「ノーマルワールド」でLinuxを、「セキュアワールド」でリアルタイムOSのTOPPERSカーネルを安全に分離、動作できる。

 これまでSafeG64は、セキュアな動作環境を構築するTEEとの共存に対応していなかった。ユビキタスAIは、SafeG64のノーマルワールドでLinux、セキュアワールドでTEEとTOPPERSカーネルを共存、同時動作させる技術を開発した。これにより、SafeG64を使用したマルチOSリアルタイムシステムにおいて、堅牢なセキュリティ環境を構築できる。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.