ニュース
» 2022年03月23日 14時00分 公開

NECとウイングアーク1stが連携強化、現場改善に向けたデータ活用加速製造ITニュース

ウイングアーク1stは2022年3月22日、製造業の現場改善に向けたデータ活用について、NECとの事業連携を強化すると発表した。

[池谷翼,MONOist]

 ウイングアーク1stは2022年3月22日、製造業の現場改善に向けたデータ活用について、NECとの事業連携を強化すると発表した。NECが展開する製造業向けIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「NEC Industrial IoT Platform」とウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」の連携を実現する。

 近年、製造業を取り巻く環境が複雑化する中で、状況をリアルタイムで把握し、最適な状態に変化するため、保有データを活用した対応力の向上や変革力強化などが求められている。ただ、製造現場における設備や、製造工程などのデータを収集しても、分析手法が分からない、分析を担う人材不足といった理由から、収集したデータを効果的、効率的に活用できていないこともあり、課題となっている。

MotionBoardの画面例[クリックして拡大] 出所:NEC、ウイングアーク1st

 今回の両社の連携では、こうした課題の解決を狙う。NECは現在、これまでのNECの生産革新活動で培ってきた知見をデジタル化し、現場データや人の作業データを合わせて、分析や効果検証を行うコンサルティングサービス「NECものづくりDX改善アプローチ」を展開している。具体的には、現場データとNECの人作業ナビゲーション、NEC ビデオマネジメントシステムアプライアンスサーバから取得した人作業データをNEC Industrial IoT Platformに格納して、データ分析などを行っている。

 ここにMotionBoardを連携させることで、製造業に特化したデータ表現、ものづくり現場における高度な各設備、人のデータの見える化や分析が実現できる可能性がある。MotionBoardでは今後、カメラ動画との連携も予定している。

 またNECは、NEC Industrial IoT Platformにおいて、モノづくりにおける課題解決のための、分析画面テンプレートの拡充なども検討しているという。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.