ニュース
» 2022年02月22日 09時00分 公開

商品欠品と過剰在庫の抑制のため、経営判断支援ソリューションを導入製造IT導入事例

ジンズは、商品欠品の抑制や過剰在庫による廃棄削減のため、アクセンチュアの経営判断支援ソリューション「AI Powered Management Cockpit」の本格運用を開始した。

[MONOist]

 眼鏡チェーン大手のジンズは2022年2月7日、商品欠品の抑制や過剰在庫による廃棄削減のため、アクセンチュアの経営判断支援ソリューション「AI Powered Management Cockpit」の本格運用を開始した。

キャプション 運用イメージ[クリックで拡大] 出所:ジンズ

 ジンズは小ロットで、バリエーションに富む商品を展開している。それぞれに最適なメガネを提案できるというメリットがある一方で、需要予測が難しいという課題があった。これまで担当者の知見や経験を体系化することでこの課題に対応してきたが、欠品や過剰在庫の発生を完全に防ぐことは難しかった。

 こうした背景を踏まえ、グローバルで統一したPSI(生産、販売、在庫)計画の策定を進めるため、2020年から需給コントロール改革に着手。その一環として今回、AI Powered Management Cockpitを導入した。

 同ソリューションは、管理指標に対する進捗状況の一覧表示や、未達見込みの場合のアラート発出、AI(人工知能)による対策の複数提示などの機能を有する。

 ジンズでは、約1年にわたり、同ソリューションによるPDCAサイクルの高度化試験を実施。その結果、欠品による販売ロス(売り逃し)を2019年比で約65%削減、破棄ロスを同約10%削減できた。この結果を踏まえてカスタマイズし、AIと人の経験則を融合させた独自システムとして、本格運用を開始することとなった。

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.