ニュース
» 2022年01月26日 14時00分 公開

中小製造業対象の基幹業務システムを用いた実証プロジェクト開始製造ITニュース

シャープは、クラウド型基幹業務システムを用いた「基幹業務システムシェアリング」実証プロジェクトを、2022年1月から大阪府枚方市で開始した。基幹業務システムを使い、参画企業の経営効率化や生産性向上への貢献度を確認する。

[池谷翼,MONOist]

 シャープは2022年1月19日、同社が開発したクラウド型基幹業務システムを用いた「基幹業務システムシェアリング」実証プロジェクトを、同月上旬から大阪府枚方市で開始したと発表した。

 同社は2021年3月より、「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」の「大阪ものづくり2.0」プロジェクトに参画している。同フォーラムでは、大阪府および府内43市町村、企業、大学などが参加し、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいる。プロジェクトの1つである大阪ものづくり2.0プロジェクトは、基幹業務システムを活用することで、中小製造業のデータ経営や生産性向上を目指している。

 今回の実証プロジェクトに際し、同社グループが利用している基幹業務システムの構築および運用などから得たノウハウを生かし、中小企業向けクラウド型基幹業務システムを新たに開発。同システムでは、調達から製造、在庫と出荷管理、販売、会計までを統合的に管理する。

 同システムを使いた実証プロジェクトでは、参画企業の経営効率化や生産性向上への貢献度を確認する。また、実際に利用した企業からのフィードバックを今後のシステム改良につなげていく。

キャプション クラウド型基幹業務システムのイメージ[クリックで拡大] 出所:シャープ

 実証プロジェクトは2022年1月上旬〜同年4月30日まで実施予定。パイロットユーザーとして、金属加工業や電子部品製造業など枚方市内の製造業5社が同システムを導入する。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.