ニュース
» 2021年10月19日 09時00分 公開

自動車業界向けクラウドERP、AWS 東京リージョンでの運用を開始製造ITニュース

インフォアジャパンは、AWS アジアパシフィック(東京)リージョンで、自動車業界向けマルチテナント型クラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」のアプリケーション運用を開始した。

[MONOist]

 インフォアジャパンは2021年9月27日、AWS(Amazon Web Services)のAWS アジアパシフィック(東京)リージョンで、自動車業界向けマルチテナント型クラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」のアプリケーション運用を開始したことを発表した。

 自動車部品サプライヤー向けのInfor CloudSuite AutomotiveはAWS上で稼働する製品で、自動車業界でグローバル800社以上が導入している。組み立てや、プロジェクト型、混流ライン同期などの生産形態に対応し、グローバルな生産活動とサプライチェーンを計画、管理、可視化できる。

 インフォアジャパンは、日本国内の自動車業界のユーザーがクラウド移行を進めていることを受けて、Infor CloudSuite Automotiveの東京リージョンにおける運用開始を決定。これによって、国内で基幹業務のデータを管理したまま、AWSのセキュリティ、自動スケーリングなどの機能を利用し、マルチテナントのクラウド上で自動車業界に特化したアプリケーションを実行する他、低遅延でのサービス利用を行うことが可能になった。

 業界別に展開するInfor CloudSuiteは、既に食品および飲料業界向けや組み立て製造業向けなどを提供している。Infor CloudSuite Automotiveは、それらに続く6番目の東京リージョンでの運用となる。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.