ニュース
» 2021年12月23日 11時00分 公開

シングルボードコンピュータ用の暗号化ストレージソリューションを提供開始IoTセキュリティ

F-Secureは、同社のシングルボードコンピュータ「F-Secure USB Armory」上で動作する、暗号化ストレージソリューション「F-Secure USB Armory Drive」の提供を開始した。暗号化と多要素認証により、デバイスのデータを保護する。

[MONOist]

 F-Secureは2021年12月8日、同社のシングルボードコンピュータ「F-Secure USB Armory」上で動作する、暗号化ストレージソリューション「F-Secure USB Armory Drive」の提供を開始したと発表した。

キャプション 「F-Secure USB Armory Drive」使用イメージ 出所:F-Secure

 USB Armory Driveは、USB Armory用のファームウェアとiOS用アプリの2つで構成される。USB Armoryのユーザーが無料でダウンロード可能なファームウェアにより、USB ArmoryにUSB Armory Driveの機能を追加できる。iOS用アプリは、同ソリューションで暗号化したmicroSD内のデータをiPhoneで認証する際に用いる。

 USB Armory DriveをPCに接続し、iOS用アプリを用いてUSB Armory内のmicroSDのロックを解除することで、通常のUSBドライブと同様にデータにアクセス可能となる。

 保護コンテンツにアクセスするには、ユーザーのiPhoneとUSB Armory Driveの双方が必要で、microSDやUSB Armory Driveを紛失した際もデータへの不正アクセスを防止できる。

 また、暗号化キーをPCに公開しないため、危険あるいは信頼されていないコンピュータから情報を保護できる。ネットワークから切り離された環境や、クラウド上での保管を避けたい機密情報データの移動に適する。

⇒その他の「IoTセキュリティ」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.