FAニュース:
製造業向けIoTサービスをプライベートクラウドに対応、セキュリティを一層強化へ
THKは、製造業向けIoTサービス「OMNIedge」のプライベートクラウドへの対応を開始する。特定のユーザーのみが閉域網でアクセスできるセキュアな環境の構築と、棟内工事を必要としない短期間での導入が可能になる。(2022/6/24)

製造ITニュース:
カイゼン効果をすぐ可視化、OEEの継続的モニタリングを実現するPTCの「DPM」
PTCジャパンは2022年6月14日、工場の総合設備効率(OEE)改善に貢献する「ThingWorx Digital Performance Management(DPM)」を日本市場で販売開始すると発表した。ボトルネックの発見と共に、改善活動をクローズドループで反復し、効果を継続的にモニタリングできる。(2022/6/20)

メカ設計ニュース:
「Omniverse Enterprise」の実行環境をクラウドで提供する「日本初」のサービス
NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は、NVIDIAの3Dデザインコラボレーションとリアルタイムシミュレーションを実現するプラットフォーム「Omniverse Enterprise」の実行環境を、クラウドで提供するサービス「VDIクラウド(仮称)」を発表した。提供開始は2022年8月を予定する。(2022/6/16)

Nutanixが「Wasabi Tiering for Nutanix」を提供開始 「Wasabi Tiering」と連携
Nutanixは、「Wasabi Tiering for Nutanix」の提供を開始する。同ソリューションによって「Wasabiオブジェクトストレージ」「Nutanix Files」「Nutanix Data Lens」の機能を一元的に利用できるようになる。コストやセキュリティリスクを懸念してデータ利活用が進まない企業の後押しを図る。(2022/6/10)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(4):
「Amazon Virtual Private Cloud」(VPC)間の接続、IaaS(VPC)〜PaaS/SaaS間の接続はどうすべきか
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。今回は、「Amazon Virtual Private Cloud」(VPC)間の接続、IaaS(VPC)〜PaaS/SaaS間の接続について解説する。(2022/6/10)

ITR甲元氏と考える
「守りのクラウド運用」 複雑化する課題解決の鍵「オブザーバビリティ」とは?
複雑化するクラウド環境。増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するために何が必要か。エキスパートと考える。(2022/6/14)

金融業界「DCで昔ながらのシステム管理」はいつまで続く? 250人のITプロを調査
マルチクラウドを採用する金融企業の割合は、全業界の中で最も低い。変化が求められるこの時代、金融企業がクラウド移行できない理由は何なのだろうか。(2022/6/1)

アクセンチュアとRed Hatが戦略的パートナーシップ拡大 4つの領域でソリューションを共同開発
Red Hatとアクセンチュアは、戦略的パートナーシップを拡大する。4つの領域でソリューションを共同開発し、企業のハイブリッドクラウドへの移行を支援する。(2022/5/27)

DXに悩むITマネジャーに捧ぐ! クラウドネイティブ講座(3):
コンテナとか何とか……使えばそれでクラウドネイティブじゃない?
この連載では、「クラウドネイティブ思考」を紹介してきました。 今回はより具体的な話に移りますが、技術は目的でなく手段です。これを踏まえて、コンテナをクラウドネイティブ思考の観点から見てみましょう。(2022/5/24)

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2021:
断線の心配無用で設置場所を選ばない、遠隔モニタリング用無線データロガー
建築物の設備保守や運用管理で、手軽に設備や機器の状態を常時把握したいことは多い。半導体試験装置で大手のアドバンテストが提供する「AirLogger(エアーロガー)」は、多様な遠隔モニタリングに活用できるコンパクトな無線データロガーだ。(2022/5/21)

「EC2 Instance Connect」エラー対処法【後編】
AWS「EC2 Instance Connect」のエラー原因は「IAM」「IPアドレス」にあり?
「EC2 Instance Connect」を使用する際に発生するエラーの原因として、「IAM」やパブリックIPアドレス関連の不備が考えられる。何が問題なのか。対処するにはどうすればいいのか。(2022/5/19)

PR:柔軟性と堅牢性は両立できるか――クラウド化を阻むセキュリティ対策 SBIの挑戦に学ぶ、AWS移行の勝ち筋とは
(2022/5/17)

NasdaqがAWSを採用する理由【前編】
Nasdaqは「AWS」移行をどのように進めるのか
株式市場のNasdaqがAWSと連携し、各市場のクラウドサービス移行を進めることを発表した。同社の狙いと、移行の中核要素となるAWSサービスを説明する。(2022/5/2)

Googleが専用ハードウェアを提供、メンテナンスするマネージドサービス:
Google、Kubernetesクラスタをエッジで実行できる「Google Distributed Cloud Edge」を提供開始
Googleは、「Google Cloud」のインフラとサービスを、顧客のデータが生成、消費される場所の近くに配置する、フルマネージドのハードウェア/ソフトウェア製品「Google Distributed Cloud Edge」の一般提供を開始した。(2022/4/20)

パブリックもプライベートも、クラウドはもっと「楽」に運用できる:
PR:ビッグデータ・先進技術の活用でDXを実現 今考えるべき「攻めのクラウド運用」のカギ
経済産業省が2018年に発表したDXレポートで「2025年の崖」として解説された、日本企業の課題。レガシーシステムを刷新し、時代に適応するにはクラウドネイティブな企業へと進化し、ハイブリッドクラウド環境を使いこなすことが求められる。そのために必要なキーワードやビジョンを、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいITRの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、解説していく。(2022/4/18)

ITR甲元氏が語る「守りのクラウド活用」のポイント:
PR:複雑化するクラウド環境 増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するカギ
クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCP対応など、各企業は“守り”の面での課題が山積している。本記事では、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アールの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、クラウドを起点に守りを強化するための正しい考え方や、注目すべきキーワード「オブザーバビリティ」に関して解説する。(2022/4/18)

DXに悩むITマネジャーにささげる! クラウドネイティブ講座(1):
ITマネジャーよ、クラウドネイティブ思考でいこう
「クラウドネイティブ」、やってみたいけど、手元の運用で手一杯。何がクラウドネイティブなのかも分からないし、難しそう……。そういうITマネジャーのためのクラウドネイティブ講座。第1回はクラウドネイティブの本質に迫ります。コンテナやKubernetesといった言葉は出てきませんよ。(2022/4/12)

“3大クラウド”での設定ミスランキング、トレンドマイクロが発表 中にはミス率98%のサービスも
いわゆる“3大クラウド”(AWS、Azure、GCP)が提供するサービスのうち、設定ミスが起きやすいのは?──トレンドマイクロがこんな調査結果を発表。設定ミスが起きやすい機能などを、クラウドサービスごとに割り出した。(2022/4/11)

“現場頼み”のセキュリティはなぜダメなのか:
PR:エンドポイントセキュリティ実現のポイント
テレワークが進む中、エンドポイントにおけるセキュリティリスクへの対処が多くの企業の課題になっている。新しいタイプの脅威も登場する中で、ポストコロナ時代における新しいセキュリティ対策を紹介する。(2022/4/7)

なぜLinuxが狙われるのか
「Linuxベースのクラウドは危険」 VMwareが警告する納得の理由
VMwareが、Linuxが危険にさらされていると警鐘を鳴らす。なぜLinuxが狙われるのか。攻撃者にとってLinuxが魅力的なターゲットになってしまった理由を明らかにする。(2022/4/4)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【中編】
「クラウドRPA」がすぐには売れない理由
ユーザー企業の間でクラウドサービスへのシステム移行が加速する中、クラウドRPAの導入が進まない。「オンプレミスRPA以外は選ばない」というニーズも根強い。この理由を、専門家はどう見るか。(2022/3/31)

IBMが運用自動化ポートフォリオを拡充 ソフトウェアライセンス管理もAIOpsに
IBMが新たな自動化ソリューションを発表した。APM、ARMに続き、ライセンス管理も、オンプレミスからクラウドまでを自動で可視化して管理できるようになる。(2022/3/28)

従来型システム監視は失敗リスクが高まっている:
PR:なぜハイブリッド/マルチクラウドを前提とした運用管理を再定義すべきなのか?
さまざまな環境に分散したITインフラを効率良くモニタリングするシステム監視をどう実現すべきか。運用管理における業務プロセスの見直し機運が高まっている。導入のシンプルさと機能の豊富さで人気の「Hinemos」が目指すものとは何か。(2022/3/31)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(3):
オンプレミス環境とのプライベート接続――「AWS VPN」接続の基本
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。今回は、オンプレミス環境とのプライベート接続について解説し、AWSにおけるVPNの設定手順を示す。(2022/3/17)

将来を見据えたデータストレージインフラとは:
PR:データの「重力」を軽減して機敏なビジネスを展開 ITインフラの再構築法
ビジネスで扱うデータの多様化と増加が続く。構造化データも非構造化データも増え続け、大きなデータセットを中心にビジネスやサービスが動くようになるだろう。データの持つ重力「データ・グラビティ」を鑑みたITインフラの構築法とは。(2022/3/22)

CIO Dive:
2022年の戦略が明暗を分ける? 注目すべきクラウドトレンド3選
10社に9社がクラウドを導入する時代、クラウド戦略の失敗はそのままビジネス価値の低下につながるといっても過言ではないだろう。米国のクラウドトレンド動向から今後の戦略を探る。(2022/3/10)

地に足の着いた「変革」を進める方法
「パブリッククラウドか、プライベートクラウドか」が誤解であるこれだけの理由
クラウド活用が進む中、自社システムを安定運用する責任を担うIT部門はクラウドを慎重に検討する必要がある。クラウドベンダーの制約に縛られず、自社でコントロールできる自社だけのクラウドを作る方法はあるのか。(2022/3/9)

“RPA先進国日本にiPaaSを根付かせる” 新興ベンダーWorkatoの市場戦略に迫る
高度な業務のデジタル化や自動化「ハイパーオートメーション」の実現を助けるツールとして、API連携を活用したiPaaSに今注目が集まっている。2021年11月に日本に進出したiPaaSベンダーWorkatoに市場戦略を聞いた。(2022/3/9)

VMwareから来たNutanix CEOが考えていること(1):
ハイブリッド/パブリッククラウドにNutanixはどう関わっていくのか
ハイブリッド/パブリッククラウドの時代がいよいよ来ようとしている。ハイパーコンバージドインフラで成長してきたNutanixは、これにどう関わっていくのか。CEOのラジブ・ラマスワミ氏に直接聞いた。(2022/3/2)

クラウドサービス導入で起こりがちな失敗と対処法【後編】
「クラウド運用管理」に失敗しないためにユーザー企業がやるべきことは?
2020年に急いでクラウドサービスの導入を進めた企業では、クラウド利用の課題が顕在化しつつある。2022年はこうしたクラウドサービスを取り巻くIT戦略を、どのように変えるべきか。(2022/3/1)

フランス大手銀行Societe Generaleの挑戦
大手金融機関がAIとデータを頼りに進む「データドリブン銀行」への道
フランスの大手投資銀行Societe Generaleが、データとAI(人工知能)技術に注力している。「データドリブン銀行」を目指すという、その取り組みの中身とは。(2022/2/15)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(2):
インターネットへの接続――AWSにおけるNATの設定はどうすべきか?
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。今回は、インターネットへの接続について解説し、AWSにおけるNATの設定手順を示す。(2022/2/8)

銀行のクラウド移行に残る課題【前編】
「合併を繰り返した銀行」がクラウドを避けたがる本当の理由
金融機関にはクラウドサービスの導入を妨げる特有の事情がある。金融機関のクラウドサービス活用の状況と、クラウドサービスの導入を妨げる障壁とは。(2022/2/7)

Goldman Sachsの新しい金融クラウドサービスとは【前編】
ゴールドマンが“クラウドベンダー”に? AWSと始めた「金融クラウド」の正体
Goldman SachsはAWSと協力し、新しい金融データ分析クラウドサービスを他の金融機関に向けて提供する。両社の協業は金融サービス業界にどのような価値をもたらすのか。(2022/1/31)

製造マネジメントニュース:
シーメンスはクラウドシフトを鮮明に、脱炭素向けのソリューションも開始
シーメンスは2022年1月25日、事業戦略発表会を開催し、クラウドビジネスを本格拡大する方針と、脱炭素化に向けた新たな情報基盤を展開することを発表した。(2022/1/28)

クラウド基盤でデータ活用、実行したい企業は何割? 読者に聞いた「将来像」と現実
企業が取り組むデータ活用はどれほど進んでいるのか。その指標となるデータ活用基盤をどれほどの企業が、どのような環境に構築しているのか。編集部が読者に現実と将来像を聞いたところ、一定のトレンドが浮かび上がった。(2022/1/28)

Gartner Insights Pickup(242):
現代的なネットワークセキュリティアーキテクチャ構築で知るべき17の略語とコンセプト
ネットワークアーキテクチャの変化に伴い、ネットワークセキュリティには、信頼性の高い定番技術と新技術を組み合わせた新しいアプローチが求められている。(2022/1/28)

AWSチートシート:
「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる方法を紹介する。(2022/1/20)

PR:クラウド×オンプレのハイブリッド時代――激動のアプリケーション開発現場、“頼みの綱”の自動化を実現するには?
(2022/1/26)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
東京電力の挑戦 レガシーシステムを抱えつついかにDXを進めるか【前編】
日本における電力関連データの約3分の1を保有する「データソースカンパニー」である東京電力は、膨大なデータをいかに生かしてDXを進めるか。また、DX推進を阻む課題とその解決法とは。(2022/1/18)

「クラスタ管理」という重要なニッチ市場:
NVIDIA、HPCソフトウェアのBright Computingを買収
NVIDIAは、かねて半導体IPベンダーArmの買収を表明しているが、今もまだ規制当局によって中途半端な状態に置かれたままだ。しかし、NVIDIAは2022年1月、Arm買収ほどの華々しさには欠けるものの、HPCソフトウェアを専業とするBright Computingの買収に成功したことを明らかにした。(2022/1/17)

「クラウドファースト」から「デジタルファースト」へ:
PR:DX推進に不可欠な企業間の相互接続を活性化してビジネスを成長させる戦略とは
DXを推進する企業にとって高品質なデジタルインフラ構築は喫緊の課題だ。グローバルでデジタルインフラを提供するエクイニクスは企業インフラの動向を分析し、課題に対して何を提供できるのか。オンラインセミナーで同社がビジョンを紹介した。(2022/1/14)

2021年の国内エンタープライズインフラ市場は7.2%減に プラス回帰支える成長分野はどこか
IDC Japanによると、2021年の国内エンタープライズインフラ市場は前年比7.2%減のマイナス成長となったものの、2022年にプラス成長に復帰する見通しだ。その要因とは?(2022/1/12)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
マザーズ上場企業はどのSaaSを使っている?:メタップス編
バックオフィスにおけるSaaSの導入が盛んだ。経理、人事、総務、法務などなどさまざまなSaaSが登場し、しのぎを削っている。今回は、SaaS管理のSaaSサービスも提供するマザーズ上場のメタップスに、どんなSaaSを使い、どう活用しているのかを聞いた。(2022/1/11)

PR:導入費用や運用が負担――“オンプレ”の課題を解決 JECC/シスコのクラウドライクな「オンプレミスIaaS」とは?
(2022/1/11)

設計業務DX:
PR:日立が実践する、日本のモノづくりを飛躍に導く設計業務革新「EngineeringDX」とは
製造業のDX推進を成功に導くには、設計業務において「フィジカル空間」の情報を「デジタル空間」へフィードバックする「EngineeringDX」が必要になる。このEngineeringDXに積極的に取り組む日立製作所が、同社の成果を広く活用できるようにクラウドサービスとして構築したのが「日立クラウド型設計業務支援サービス」だ。「従量課金型プライベートクラウドサービス」と組み合わせれば、さらに活用のレベルを向上できる。(2022/1/11)

「自社で構築運用」のメリットはどこにあるのか:
セブン&アイHDが「ハイブリッドクラウド」を選択し、使い分ける理由
「クラウドファースト」の考え方は浸透しているが、クラウドの真のメリットを享受する活用方法とは何なのか。2021年11月25、26日に開催された「VMworld 2021 Japan」でセブン&アイ・ホールディングスの担当者が同社グループにおける事例を基にポイントを紹介した。(2022/1/7)

金融機関ならではの要望に応えられる:
PR:地銀向け投信・保険販売システムを高セキュアにクラウド化、システム基盤選択の決め手は?
金融機関向けのサービスをクラウドで提供する場合、セキュリティの高さが非常に重要視される。さらに金融機関が必要なセキュリティは一般の企業とは異なる。加えてFinTech企業が開発しやすいプラットフォームであることが望ましい。金融機関向けサービスをクラウド化した企業の事例からは何が学べるだろうか。(2021/12/28)

ゼロトラスト、SASEに対応するために:
PR:限界に達した従来型の広域ネットワーク、「コロナ禍で顕在化した変化」にどう対応する
企業ITで、今最も緊急を要する課題の一つに数えられるのがネットワークだ。これまでの広域ネットワークの構築、運用手法は限界に達した。では、企業は広域網を根本的に作り替えなければいけないのか。少しずつ新しい仕組みに移行していく術はないのか。(2021/12/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。