AWSチートシート:
「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる方法を紹介する。(2022/1/20)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
東京電力の挑戦 レガシーシステムを抱えつついかにDXを進めるか【前編】
日本における電力関連データの約3分の1を保有する「データソースカンパニー」である東京電力は、膨大なデータをいかに生かしてDXを進めるか。また、DX推進を阻む課題とその解決法とは。(2022/1/18)

「クラスタ管理」という重要なニッチ市場:
NVIDIA、HPCソフトウェアのBright Computingを買収
NVIDIAは、かねて半導体IPベンダーArmの買収を表明しているが、今もまだ規制当局によって中途半端な状態に置かれたままだ。しかし、NVIDIAは2022年1月、Arm買収ほどの華々しさには欠けるものの、HPCソフトウェアを専業とするBright Computingの買収に成功したことを明らかにした。(2022/1/17)

「クラウドファースト」から「デジタルファースト」へ:
PR:DX推進に不可欠な企業間の相互接続を活性化してビジネスを成長させる戦略とは
DXを推進する企業にとって高品質なデジタルインフラ構築は喫緊の課題だ。グローバルでデジタルインフラを提供するエクイニクスは企業インフラの動向を分析し、課題に対して何を提供できるのか。オンラインセミナーで同社がビジョンを紹介した。(2022/1/14)

2021年の国内エンタープライズインフラ市場は7.2%減に プラス回帰支える成長分野はどこか
IDC Japanによると、2021年の国内エンタープライズインフラ市場は前年比7.2%減のマイナス成長となったものの、2022年にプラス成長に復帰する見通しだ。その要因とは?(2022/1/12)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
マザーズ上場企業はどのSaaSを使っている?:メタップス編
バックオフィスにおけるSaaSの導入が盛んだ。経理、人事、総務、法務などなどさまざまなSaaSが登場し、しのぎを削っている。今回は、SaaS管理のSaaSサービスも提供するマザーズ上場のメタップスに、どんなSaaSを使い、どう活用しているのかを聞いた。(2022/1/11)

PR:導入費用や運用が負担――“オンプレ”の課題を解決 JECC/シスコのクラウドライクな「オンプレミスIaaS」とは?
(2022/1/11)

設計業務DX:
PR:日立が実践する、日本のモノづくりを飛躍に導く設計業務革新「EngineeringDX」とは
製造業のDX推進を成功に導くには、設計業務において「フィジカル空間」の情報を「デジタル空間」へフィードバックする「EngineeringDX」が必要になる。このEngineeringDXに積極的に取り組む日立製作所が、同社の成果を広く活用できるようにクラウドサービスとして構築したのが「日立クラウド型設計業務支援サービス」だ。「従量課金型プライベートクラウドサービス」と組み合わせれば、さらに活用のレベルを向上できる。(2022/1/11)

「自社で構築運用」のメリットはどこにあるのか:
セブン&アイHDが「ハイブリッドクラウド」を選択し、使い分ける理由
「クラウドファースト」の考え方は浸透しているが、クラウドの真のメリットを享受する活用方法とは何なのか。2021年11月25、26日に開催された「VMworld 2021 Japan」でセブン&アイ・ホールディングスの担当者が同社グループにおける事例を基にポイントを紹介した。(2022/1/7)

金融機関ならではの要望に応えられる:
PR:地銀向け投信・保険販売システムを高セキュアにクラウド化、システム基盤選択の決め手は?
金融機関向けのサービスをクラウドで提供する場合、セキュリティの高さが非常に重要視される。さらに金融機関が必要なセキュリティは一般の企業とは異なる。加えてFinTech企業が開発しやすいプラットフォームであることが望ましい。金融機関向けサービスをクラウド化した企業の事例からは何が学べるだろうか。(2021/12/28)

ゼロトラスト、SASEに対応するために:
PR:限界に達した従来型の広域ネットワーク、「コロナ禍で顕在化した変化」にどう対応する
企業ITで、今最も緊急を要する課題の一つに数えられるのがネットワークだ。これまでの広域ネットワークの構築、運用手法は限界に達した。では、企業は広域網を根本的に作り替えなければいけないのか。少しずつ新しい仕組みに移行していく術はないのか。(2021/12/23)

ハイブリッドクラウドに移行するときの5つのポイント【後編】
ハイブリッドクラウドへの移行で「予想外にアプリが遅くなった」を避けるには
適切な移行計画を立てずにアプリケーションをハイブリッドクラウドに移行させると、コストの増大など想定外の事態を招くリスクがある。ハイブリッドクラウドの移行計画を成功させるためのポイントを説明する。(2021/12/23)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(1):
ネットワークなんて触ったことないから分からない――クラウド世代のための「IPネットワーク」超入門
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。初回は、基本的なIPネットワークの概念を解説し、Amazon VPCの操作手順を示す。(2021/12/9)

ハイブリッドクラウドに移行するときの5つのポイント【前編】
ハイブリッドクラウド移行で最初に検討すべきこと 「そもそも移行できるのか」
アプリケーションのインフラをハイブリッドクラウドに移行するときは、適切な移行計画を立てる必要がある。移行でつまずきがちなポイントと、移行を成功させるための計画の立て方を説明する。(2021/12/16)

CIO Dive:
IT資産の複雑化を解消するには “失敗しない”マルチクラウド戦略の4つのポイント
多くの企業がハイブリッド/マルチクラウド戦略を採用しているが、導入のロードマップは適切だろうか。IT資産の複雑化によって生じる、管理の負担やコストの増加を解消する術とは。(2021/12/13)

世界中で普及するオープンバンキング【前編】
クレカはもう“オワコン” 「オープンバンキング」が決済を変える
「オープンバンキング」による決済が、今後急速に普及する可能性がある。この勢いは「クレジットカード決済の優位性を失わせる」と調査会社は予想する。決済はどう変わろうとしているのか。(2021/12/13)

NEC森田社長を直撃【前編】:
NEC森田社長に聞くDXを推進する「3つのキーワード」 指針は「長期利益の最大化、短期利益の最適化」
NECがデジタル化の波に乗って飛躍しようとしている。その旗振り役である森田隆之社長にインタビューした。(2021/12/10)

世界中で普及するオープンバンキング【後編】
クレカを“オワコン”にする「オープンバンキング」にVisa、Mastercardが本気の訳
「クレジットカード決済の優位性を失わせる」との声もあるオープンバンキング決済に、大手クレジットカードブランドVisaやMastercardが注力している。両者の意図とは何なのか。(2021/12/20)

「決裁と会計のシステムが別々」で業務にムダ発生 縦割り設計に悩んだ三井不動産がクラウドでスッキリするまで
決裁システムと会計システムが分断されており、同じデータを複数回入力しなくてはいけないなど無駄な業務に悩んでいた三井不動産。しかし、クラウドを活用したシステムを刷新することでこれを解消したという。同社が進めたシステム刷新プロジェクトとは。(2021/12/7)

製造マネジメントニュース :
「パナソニックに足りないのはスピード」CNS社CTOに就任した元MS榊原氏
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は2021年12月1日、同年11月1日に同社CTO兼イノベーションセンター所長および知財担当に就任した榊原彰氏に対するメディア懇談会を開催し、報道陣の取材に応じた。(2021/12/3)

導入効果にはおおむね満足しているが……:
「思ったよりもコストが削減できなかった」 IDCが国内クラウドに関する調査結果を発表
IDC Japanは国内クラウド需要調査の結果を発表した。クラウドの「導入のしやすさ」や「運用のしやすさ」「機能」に対する評価が高い一方で、期待の裏返しで「コスト」への不満が多かった。(2021/12/3)

「使いやすさ」それとも「コスト」? IDCのクラウド需要調査から見えたユーザーの不満
IDC Japanは、国内クラウド需要調査の結果を発表した。「導入のしやすさ」などへの評価が高い一方で、不満点も見えてきた。(2021/12/2)

製造業IoT:
無線データロガーを活用した、遠隔モニタリングシステムのサービスを開始
アドバンテストは、インターネット回線を利用した遠隔モニタリングシステム「AirLogger Cloud Standard」のサービスを開始した。無線データロガー「AirLogger」と組み合わせて、遠隔操作やデータの監視ができる。(2021/12/1)

移行計画の障害、サービス停止を回避する方法:
技術検証で判明 オンプレ仮想化環境の大規模クラウドリフトを成功させるコツ
VMware製品を利用したシステム基盤を持つ企業がクラウドリフト計画で抱える課題を解消する機能が「VMware HCX」に追加された。日本では同機能の詳細な技術検証を手掛ける企業が少ない中、これをいち早く実施した企業にポイントを聞いた。(2021/11/26)

コンテナネットワークの基礎知識【第10回】
「EKS」「AKS」「GKE」のコンテナ理解に役立つVPCやVNetの通信とは?
「AWS」「Azure」「GCP」などのクラウドサービスは、「Kubernetes」のコンテナ間通信を実現する独自のサービスを提供しています。それぞれのネットワークを用意する際に知っておくべきポイントを紹介します。(2021/12/17)

PR:失敗するクラウド移行のパターンは? アクセンチュアのキーマンが語る「クラウド移行の判断基準」最新版
(2021/11/19)

パブリッククラウドとオンプレミスを一元管理:
PR:ハイブリッドクラウド型インフラ運用を推奨する2つの理由
DXによるビジネスモデル変革がうたわれる昨今、注目される「クラウドネイティブ」。クラウドネイティブを構成する5つの技術要素を理解し、それをどのように自社のビジネスやアーキテクチャに当てはめていけばよいのか考えていこう。(2021/11/19)

NECがデータセンター新設、ハイブリッドクラウド需要受け
NECが千葉県印西市にデータセンターを新設する。2022年4月から運用し、自社のプライベートクラウドと他社製パブリッククラウドの接続性向上に活用。SI事業などの強化につなげる。(2021/11/18)

Snowflakeで何ができる? 基礎情報解説(3):
Snowflakeのアーキテクチャはどうなっているか 圧倒的なスケーラビリティを実現するクラウドネイティブ設計思想
過去2回の記事でSnowflakeとは何か、何ができるかを見てきました。今回はSnowflakeの特長を裏付ける実装とクラウドネイティブな設計思想を見ていきます。(2021/11/25)

行政機関で広がるクラウド活用【後編】
クラウドベンダーが「行政IT」市場を狙う“当然の理由”
大手クラウドベンダー各社は、行政IT市場への攻勢を強めている。その背景には、自治体のIT担当者が重要なデータを管理する際に直面する、“ある問題”があった。(2021/11/10)

ハイブリッドクラウドでのデータ分析を支援 Qlikが「Qlik Forts」の提供を開始
クリックテック・ジャパンは、ハイブリッドクラウド向けのデータ分析サービス「Qlik Forts」の提供を開始した。パブリッククラウドやオンプレミス、仮想アプライアンスなど場所を選ばずデータ分析を利用できるようになる。(2021/11/8)

世界の経営層がハイブリッド/マルチクラウドに求める2つのメリットとは――IBM調査
IBMが企業の経営層に実施したグローバル調査によると、企業の間で進むハイブリッド/マルチクラウド化の背景に、2つのニーズがあることが分かった。(2021/11/2)

BIGO LIVEの人気を押し上げた立役者:
出会い系のイメージから脱却できるか Tinder Japan女性トップの手腕
Tinder Japanのカントリーマネージャーに就任したチョウ・キョ氏を直撃。今後のビジネス展開について話を聞いた。(2021/10/31)

日本語サポートも提供へ:
PR:「これからUbuntuの利用が日本企業で加速する」と言えるこれだけの理由
CentOS 8のサポート終了が迫る中、利用していた企業は移行先のOSを検討し実行に移すべき段階だが、まだ検討中の企業が多いのも事実だ。そうした中で注目されているLinuxディストリビューションの一つが「Ubuntu」だ。Ubuntuの優位性、利用のメリットはどこにあるのか。(2021/10/22)

国内プライベートクラウド市場、2025年に2.8兆円規模へ 成長要因にコロナで明暗か
IDCの調査によると、国内プライベートクラウド市場は今後年成長率25.3%で堅実に推移し、2025年に2020年比3.1倍の2兆7815億円に達する見通し。市場成長の要因とは。(2021/10/19)

金融機関のクラウドサービス利用に関する調査結果
Googleの調査で分かった「金融機関がクラウドを使わない“本当の理由”」
金融業界でハイブリッドクラウドやマルチクラウドなどのIT戦略の採用が進みつつある。ただしクラウドサービスの導入状況は金融機関によってまちまちだ。金融機関がクラウドサービスの導入で抱える課題とは。(2021/10/19)

オフラインのエッジで動くGoogle Cloudも Google Distributed Cloudはいつから使える?
Googleが「Google Distributed Cloud」を発表した。オフラインで動作するGoogle Cloudの登場でクラウドーエッジ構成だけでなく、オフラインのローカル環境もGoogle Cloudで構成できるようになる。(2021/10/13)

Gartner Insights Pickup(227):
クラウド移行がコスト超過に陥る6つの理由
パブリッククラウドに迅速に移行しなければならないというプレッシャーにさらされているインフラとオペレーションのリーダーは、コストがかさむ原因となる幾つかの過ちを犯しやすい。(2021/10/8)

単純なクラウド移行が「競争優位性の喪失」につながってしまう理由
アクセンチュアが実施した企業のクラウド活用と事業継続への効果に関するグローバル調査によると、クラウドの価値を最大限に享受している企業には、複数の特徴があることが分かった。(2021/10/1)

「腹を割って話す」ことが大切:
通称「魔境」の更改を巡り開発部門と運用部門が対立――NTT Comの仮想サーバ基盤Kubernetes移行の裏側
NTTコミュニケーションズはオンプレミスの仮想サーバ基盤をマネージドKubernetes環境に移行したという。プロジェクト半ばで課題となった部門間のすれ違い、体制面をどう解決に導いたのか、NTTコミュニケーションズでSREを務める船柳孝明氏が語った。(2021/9/22)

トレンドキーワードピックアップ
不死身の言語「COBOL」とは? “Visual COBOL待望論”や“Goで脱COBOL”の動きも
企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回はプログラミング言語「COBOL」に関する記事を取り上げます。(2021/9/17)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第2回】
採用面接で「仮想化技術の経験」や「仮想化製品の知識」を問われたときの“最適解”とは
採用面接は仮想化エンジニアの求職者にとって、仮想化の全般的な知識と実力をアピールするチャンスだ。採用面接で頻出する初歩的な質問と、回答時のポイントを説明する。(2021/9/14)

利用者数や通信量の急増にも対応:
富士通、仮想デスクトップサービス群「FJDaaS」を提供開始
富士通は、仮想デスクトップサービスの新ブランド「FJDaaS」を立ち上げ、「Azure Virtual Desktop」を利用するパブリッククラウド型VDIの新サービスを開始。富士通のクラウドから提供する2つのプライベートクラウド型VDIも刷新し、併せて提供する。(2021/9/10)

AWSの大規模障害、原因はネットワークデバイス 新プロトコル処理に潜在的なバグ
9月2日に発生した、AWSの東京リージョンで大規模な障害で、同社が報告書を公開した。Direct Connectが接続される場所から東京リージョンのデータセンターへの途中にあるネットワークデバイスで障害が起きていたという。(2021/9/8)

国内IT投資「セキュリティ」「リモートアクセス」が成長中 強化のポイントは
IDC Japanの調査によると、国内企業の投資志向が高いITインフラサービスは「サイバーセキュリティ」と「リモートアクセス」に関するものが産業分野を問わず多かった。サービス選定のポイントは、大規模で複雑なITインフラ環境を持つ金融、製造、情報サービスなどで特色が見られた。(2021/9/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(153):
Windows Server 2022が正式リリース 企業のクラウド/サーバ利用環境はどう変わる?
Microsoftは2021年後半にリリース予定としていた次期LTSC版Windows Serverの「Windows Server 2022」の正式リリースを2021年9月1日(米国時間)に発表しました。製品の完成であるGA(Generally Available)リリースは8月18日(米国時間)であり、製品版のISOイメージや評価版、コンテナイメージもこの日から利用可能になっています。Microsoftは2021年6月からPreview評価版を提供を開始し、現在は完成版の評価版に差し替えられましたが、OSビルドはPreview評価版の「20234」から変更はないため、8月までの品質更新プログラムをインストールすることでGA環境になります(新しい評価版のISOイメージのOSビルドは20234.169)。(2021/9/2)

仮想環境を使ったクラウド時代の組み込み開発のススメ(4):
クラウドネイティブで実現する、シミュレーションと実機テストのボーダーレス開発
IoT/クラウドロボティクス時代のシステム開発を加速化する仮想環境の活用について解説する本連載。第4回は、前回紹介した「クラウドネイティブ」の考え方に基づき、製品開発の課題になっている、シミュレーション環境と実機テストの間にあるギャップを埋める方法を紹介する。(2021/8/30)

医療業界のデータ侵害コストは対前年比200万ドル増:
データ侵害のコストは過去最高の平均424万ドル、IBMがセキュリティ調査レポートを公開
日本IBMは、「2021年データ侵害のコストに関する調査レポート」を発表した。データ侵害インシデントにかかる1回の侵害当たりのコストは、前年よりも10%増え、平均424万ドルだった。(2021/8/27)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(1):
「超PayPay祭」の高負荷対策――失敗からリベンジへの猶予は3カ月、ヤフーの運用チームはどう乗り切ったのか
運用管理者に光を当てるオンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」。「超PayPay祭」における失敗と成功についてのセッション「超PayPay祭による高負荷にショッピングはどのように立ち向かったか」から、自社製プライベートクラウドで運用するWebサービスにおける高負荷対策のポイントを探る。(2021/8/24)

オンプレミス化は戦略的に
増加する“脱クラウド”、その残念な理由
パブリッククラウドに移行したワークロードをオンプレミスに戻す動きが増えている。そこには、クラウドのメリットを生かすことができず夢破れた企業の残念な現実がある。(2021/8/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。