• 関連の記事

「Oracle Exadata」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle Exadata」に関する情報が集まったページです。

第一三共、IT基盤刷新で1億円のTCO削減へ 営業基盤システムの高速化で
第一三共が、80台のサーバで16のシステムを動かしていた営業支援システムの基盤を刷新し、約1億円のTCO削減を実現した。何を変えたのだろうか。(2024/2/14)

Azure上でOracle Exadataが稼働、「Oracle Database@Azure」正式サービス開始 2024年には日本でも提供予定
米MicrosoftとOracleは、共同で提供する新サービス「Oracle Database@Azure」の正式リリースを発表した。(2023/12/22)

サービス第1弾は「Oracle Exadata Database Service」:
OracleとMicrosoft、「Oracle Database@Azure」サービスを提供開始
OracleとMicrosoftは、2023年9月に発表した「Oracle Database@Azure」サービスの第1弾となる「Oracle Exadata Database Service」の一般提供をAzureの米国東部リージョンで開始した。(2023/12/18)

ペイロール、データベース基盤にOCIのハイブリッドクラウドを導入 その狙いは
ペイロールは給与計算システムのデータベース基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)のハイブリッドクラウドソリューションである「Oracle Exadata Cloud@Customer」を導入した。(2023/12/1)

生成AIにも(当然)対応:
Oracle Database 23cは「開発者に寄り添う」? 開発総責任者に聞いた
「Oracle Database 23c」が正式にリリースされた。この最新版Oracle Databaseは、アプリケーション開発をシンプルにすることがテーマなのだという。どういうことなのかを、開発総責任者に聞いた。(2023/11/30)

「エンタープライズAI元年」目前 勝つプレーヤーはどこか
2024年を「エンタープライズAI元年」と位置付けるOracle。AI導入を急ぐ企業が増える中、Oracleは何を強みに勝負を仕掛けるのだろうか。(2023/11/6)

福岡から世界へ! サポートエンジニアの経験を通じて「Oracle ACE」になるまで:
オープンソースのDBとかNewSQLのこと、どう思う? Oracle ACEの渡部氏が気になるポイントとは
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Oracle ACEとして活躍するコーソルの渡部亮太氏に、これまでのキャリアや、NewSQLなど、最近注目のデータベース技術について話を伺いました。(2023/10/19)

MicrosoftとOracle、「Oracle Database@Azure」発表 共同でAzure上でのOracle Exadataベースのマネージドサービスを提供
米Microsoftと米Oracleがクラウドにおける協力関係を強化。両社が共同でMicrosoft Azure上でOracle Exadataをベースとしたデータベースを提供する「Oracle Database@Azure」を発表した。(2023/9/19)

「Oracle Database@Azure」:
OracleをAzure上で直接動かすサービスを2社が発表、ExadataハードウェアもAzureで稼働
OracleのデータベースをAzureクラウド上で動かすサービスを、OracleとMicrosoftが発表した。Azure OpenAI Serviceなどの生成AIサービスの利用も視野に入れている。(2023/9/15)

オラクル、シングルラックにIaaSを詰め込んだ「Oracle Compute Cloud@Customer」提供開始
(2023/8/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。