• 関連の記事

「医学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医学」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

合格発表で前年のファイルを誤掲示 佐賀大医学部の推薦入試
佐賀大学はがWebサイトで公表した、医学部医学科の「佐賀県推薦入試」の合格発表で、誤って前年度の合格者の受験番号ファイルを15分間掲示していた。(2024/2/14)

21歳の米学生アスリートがトレーニング中に倒れ急逝 緊急搬送&生命維持装置も医学的問題は「何も把握していない」 
お悔やみ申し上げます。(2024/2/11)

医学部へ進学、周りに「いる」が約2割 大変そうだったことは?
日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、全寮制医進予備校を運営する太宰府アカデミーと共同で、医学部受験に関する調査を実施。その結果、「周りに医学部へ進んだ人がいる」は22.4%だった。(2024/1/19)

医療技術ニュース:
筋肉トレーニングによる骨格筋老化抑制効果の分子メカニズムを解明
名古屋大学らは、ネットワーク医学を基盤とした網羅的解析を用いて、筋力トレーニングが骨格筋の老化を抑制する分子メカニズムを明らかにした。(2024/1/17)

医療技術ニュース:
医学分野に対する「ChatGP」の正答率は文献数により向上する
横浜市立大学は、OpenAIの「ChatGP」に、医学に関する質問をする際の注意点を科学的に検証した。ChatGPの性能は、各医学分野における情報量の影響を受けている可能性が示された。(2023/12/6)

Innovative Tech:
ネズミの“想像力”を米研究所が発見 考えるだけでVR内を移動できるか検証
米国のハワード・ヒューズ医学研究所(HHMI)に所属する研究者らは、ラットが“想像力”を持っていることを示す研究結果を発表した。(2023/11/14)

医学実験で「使用」され今も苦しむチンパンジーがいる 人間の都合でC型肝炎を患った3個体を救うプロジェクトが支援募集中
C型肝炎ウイルスの実験対象だったチンパンジーです。(2023/10/15)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第18回】
IT業界で殿堂入り――政治や医療分野でも影響力を持つ女性の活躍
IT業界で活躍する女性を表彰する「Most Influential Women in UK Technology」。政治や医学の分野で活躍し殿堂入りした人物とは。(2023/10/12)

最初は注目されなかった:
ノーベル賞受賞のカリコ氏が語る「苦難と信念」 コロナワクチン開発に貢献した開拓者精神とは?
ノーベル生理学・医学賞に、コロナワクチンの開発に貢献した独ビオンテック社のカタリン・カリコ上級副社長と、米ペンシルベニア大学医学大学院のドリュー・ワイスマン教授が選ばれた。その背景には、苦難の研究者人生があった。困難にめげず信念を貫いて道を切り開いた姿勢は、多くの経営者のヒントになるだろう。(2023/10/3)

mRNAワクチン関連研究にノーベル生理学・医学賞
スウェーデンのカロリンスカ研究所は10月2日(現地時間)、2023年のノーベル生理学・医学賞に、新型コロナウイルス感染症に対するmRNAワクチンに関する研究成果を上げたカタリン・カリコさんとドリュー・ワイズマンさんを選出した。(2023/10/2)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【後編】
医療でこそ「NFT」(非代替性トークン)が大きな期待になる理由
NFT(非代替性トークン)化した医療情報は、医学研究と臨床医療に大きな変化をもたらす可能性がある。研究者が特に重視するのは「患者が自身のデータをNFTで管理すること」が患者に行動変容を促す点だ。その理由は。(2023/8/8)

ボストン・テリアの飼い主が知っておきたい“鼻ペチャ犬特有の病気やトラブル”とは? ボストン・テリアに特化した医学書発売
守りたいこの笑顔。(2023/6/19)

医療機器ニュース:
医総会博覧会では内視鏡とカテーテルの手術を体験できる?
オリンパスとテルモは「日本医学会総会2023東京 博覧会」に出展。内視鏡やカテーテルの体験コーナーを中心に一般来場者向けの展示を展開している。(2023/4/21)

NEWS
「日本医用画像データベース」がクラウドに移行 AI技術の研究開発を加速
日本医学放射線学会(JRS)が運用する「日本医用画像データベース」(J-MID)がクラウドに移行し、稼働を開始した。AI技術の活用をはじめとした研究開発の加速が狙いだ。(2023/4/6)

「IT学位人気」が浮き彫りにするIT業界の現実【前編】
医学でも経済学でもなく「IT」が英国学生の“1番人気”になった納得の理由
英国の学習者の間で、IT分野に関する「コンピューティング」の学位取得を目指す動きが広がっている。背景には、よく耳にする"あの存在”がある。(2023/4/8)

世界陸連が“トランス選手の女子競技禁止”を発表 会長「公平性を維持」 国際スポーツ医学連盟は「五輪憲章の原則に反する」
当事者からさまざまな意見が出ています。(2023/3/27)

研究開発の最前線:
ナノイーの曝露が新型コロナをバラバラにするメカニズムを解明
パナソニック くらしアプライアンス社は、大阪公立大学 大学院獣医学研究科 准教授の安木真世氏との共同研究で、ナノイーの曝露による新型コロナウイルスの不活化が、ウイルスの構造崩壊につながる一因だと確認した。(2023/2/24)

Innovative Tech:
ChatGPTを学生が利用すると“質の良い論文”が書ける? 医学生18人を調査 クロアチアの研究者が発表
クロアチアのスプリット大学に所属する研究者らは、ChatGPTを利用して論文を書く学生グループと、従来の方法で論文を書くグループとを比較し、執筆スピードや内容の質などを評価した研究報告を発表した。(2023/2/17)

医療技術ニュース:
医薬品候補分子の生体内移動を可視化する手法を開発
京都大学は、医学や生理学分野で用いる「ホルマリン組織固定」の原理を拡張し、マウス脳内の小分子の分布を可視化する「FixEL法」を開発した。医薬品の候補となる小分子の動きを固定し、生体内での移動とタンパク質への結合を画像化できる。(2022/12/26)

Azureが支える医学研究【後編】
Azure活用の医学研究「Our Future Health」が目指す“ゲノム医療”の姿
英国の医学研究プロジェクト「Our Future Health」は「Microsoft Azure」を使って、500万人以上の医療データを処理する。こうした医療データの活用は、どのような医療の実現につながるのか。(2022/12/9)

Azureが支える医学研究【前編】
500万人分の医療データを「Azure」で処理 英国医学研究の目的とは?
英国の医学研究「Our Future Health」は、500万人以上のボランティアから集めた医療データを「Microsoft Azure」で処理している。どのようなデータを集め、どのような目的で利用しているのか。(2022/12/2)

照明:
無影灯を必要としない天井照明型手術室を開発、大林組
大林組は、大阪大学大学院医学系研究科 保健学科未来医療学寄附講座 澤芳樹教授と共同で、無影灯を必要としない天井照明型手術室「オペルミ」を開発した。(2022/12/1)

TikTokで「アナル日光浴」が流行 医者は「科学的・医学的な裏付けないトンデモ」と断言
「アナル日光浴」は2019年にはすでに流行していました。(2022/11/2)

VRを活用した医学教育の可能性【後編】
精神疾患患者との向き合い方を「VR」で学ぶ意味とは? 体験した医学生に聞く
シンガポール国立大学の医学部NUS Medicineは「VR」を使い、精神疾患患者への適切なケア方法に関する教育プログラムを進めている。その効果はどうなのか。試験運用に参加した医学生に聞いた。(2022/9/23)

創業75年の挑戦:
「もう後戻りはしない」──『家庭の医学』の出版事業を畳んで“第二創業のDX”を敢行した保健同人社の覚悟
創業75年の歴史を持ち、『家庭の医学』で知られる保健同人社。2022年4月、未病プラットフォーム「みんなの家庭の医学」をローンチしたが、その裏では、時代とともに伸び悩んでいた出版事業を畳む決断があった。(2022/9/21)

VRを活用した医学教育の可能性【前編】
“暴れる患者”への適切なケアを「VR」で伝授 大学「先端医学教育」の中身とは
シンガポール国立大学の医学部NUS Medicineが、医学生と看護学生向けに「暴れる患者への対処法」を学ぶためのVRを使った教育プログラムの提供を開始した。その内容は。(2022/9/2)

緑内障の簡易検査ができるゲームアプリ、東北大などが開発 隕石を破壊して視野をチェック
東北大学大学院医学系研究科の研究チームと宮城県のテレビ局である仙台放送は、緑内障の早期発見に寄与できるスマートフォン用ゲームアプリ「METEOR BLASTER」を共同開発した。(2022/8/3)

リノベ:
東京都でPandemic Readyを初適用した大規模リノベーション工事に着手、清水建設
清水建設は、東京都千代田区のオフィス「第一生命日比谷ファースト(旧:DNタワー21)」で大規模リノベーション工事を進めている。今回の工事は、第一生命保険がDNタワー21を単独所有にしたことを機に実施するもので、清水建設が設計・施工を受注し、順天堂大学 大学院医学研究科感染制御科学 堀賢教授と共同開発した感染リスク評価手法(Pandemic Ready)を初適用する。(2022/6/27)

チワワがなりやすい病気やトラブルって? 専門誌が編集した『チワワ版 家庭犬の医学』が役に立ちそう
ずっと元気でいてほしいから。(2022/5/15)

Cygames、猫の腎臓病治療研究に寄付 「俺の払った金がネコチャンを救う」「猫のためなら払うしかない」
Cygamesは、血中タンパク質「AIM」を研究するAIM医学研究所に寄付を実施すると発表した。正しく機能するAIMを猫に投与すると、腎臓病の発症を抑えられ、寿命を平均の2倍程度まで延ばせる可能性がある。(2022/4/4)

順天堂大学大学院の調査:
花粉症持ちはどんな特徴があるのか? 花粉症症状の強さと関連する特徴も明らかに
順天堂大学大学院医学研究科 眼科学の猪俣武範准教授らの研究グループは、スマホアプリ「アレルサーチR」によるクラウド型大規模臨床研究を実施。その結果、花粉症患者の特徴、花粉症のある人の特徴や症状の重さに関連する特徴が明らかになってきた。(2022/3/28)

車載情報機器:
医学的なアプローチによる感情モデルを構築、感情推定性能は80%
デンソーテンは2022年3月11日、脳波や心拍と感情の関わりから感情を推定する新技術を開発したと発表した。(2022/3/14)

公園でカラスの死骸を発見、死因を調べると…… 野生動物の命を見つめる法獣医学ミステリー『ラストカルテ』が新視点の面白さ
新しい視点の漫画です。(2022/2/17)

モデルナは救世主となるか【後編】:
コロナワクチンのモデルナ、日本法人の女性トップ「日本でメッセンジャーRNAワクチンを作れるようにしたい」
2010年に米国で創業したモデルナは、コロナワクチンの普及によって一躍有名になった。21年11月に日本法人モデルナ・ジャパンのトップに着任した鈴木蘭美社長(医学博士)にインタビュー。後編では鈴木社長のキャリアやモデルナの文化などを聞く。(2022/2/4)

モデルナは救世主となるか【前編】:
コロナワクチンで彗星のように現れたモデルナ 日本法人の女性トップ「ワクチンはやがてオーダーメイドになっていく」
2010年に米国で創業したモデルナは、コロナワクチンの普及によって一躍有名になった。21年11月に日本法人モデルナ・ジャパンのトップに着任した鈴木蘭美社長(医学博士)に話を聞く。ワクチンはやがてオーダーメイドになっていくという。(2022/2/3)

「整顔術で難聴が改善することは期待できない」 学会が「下アゴ整顔術」で難聴回復うたうネット広告に注意喚起 
そもそも加齢による下あごの下垂自体に医学的な根拠がないとのこと。(2022/2/2)

産業動向:
「光触媒除菌脱臭機」による感染弱者への感染症予防効果を確認、日大とカルテック
日本大学 医学部とカルテックは2021年4月に、日本大学医学部付属板橋病院で、共同研究を行い、カルテック製「光触媒除菌脱臭機」が感染症対策に効果があることを確認した。共同研究では、実使用環境下で、感染弱者である免疫力が低い高齢者や基礎疾患を持つ患者に対し新型コロナウイルス感染症だけでなく、一般の細菌やウイルス、真菌の感染症予防で光触媒除菌脱臭機が役立つことが判明した。(2021/10/18)

医療機器ニュース:
自動測定装置用の新型コロナウイルス中和抗体測定キットを開発
慶應義塾大学と医学生物学研究所は、新型コロナウイルスに対する中和抗体を自動測定装置で測定するキットを開発した。1時間あたり最大で270検体の処理能力があり、血清のサンプリングから19分以内で結果を得られる。(2021/8/27)

ワクチン接種でアナフィラキシー 体験談をユーモア交えて描いた漫画が反響呼ぶ
垣間見える医学系の人の職業病。(2021/8/10)

小児がん研究と「グラフデータベース」の可能性【後編】
医学データ分析における「リレーショナルデータベース」の限界とは
デンマーク工科大学は、小児急性リンパ性白血病の研究データ処理にTigerGraphのグラフデータベース製品群を採用した。その理由は。従来のリレーショナルデータベースにはどのような「限界」があるのか。(2021/7/6)

AIモデルが精神科医の精度を約5%上回る:
「精神科医よりも高精度で判定」 筑波大学の道喜将太郎氏がメンタルヘルスを判定するAIを開発
筑波大学医学医療系の助教を務める道喜将太郎氏は、高い精度で労働者のメンタルヘルスを判定できるAIを開発した。7251人のメンタルヘルスと生活環境に関する客観的データを用いてAIモデルを構築した。(2021/7/1)

柴犬・コーギーがなりやすい病気をイラストで解説! 専門誌が編集した「柴犬版」「コーギー版」の医学書が役に立ちそう
この笑顔を守りたい。(2021/5/20)

【漫画】兄は医学生、妹は家出少女 5年ぶりに再会した双子が交わす言葉が「家族」について考えさせる
自分はユキとハル、どちらのに近いかな……。(2021/4/3)

ラグビー福岡堅樹、順天堂大学医学部合格 「多くの方々にサポートして頂きました」
おめでとうございます!(2021/2/20)

新型コロナワクチン接種のビル・ゲイツ氏長女「残念ながら父の才能チップは移植されなかった」と投稿
「ビル・ゲイツが開発している新型コロナのワクチンは、実は人々の思考を監視するためのマイクロチップを移植するためのものだ」などの陰謀論が一部で広まる中、ゲイツ氏の長女で医学生のジェニファーさんがワクチン接種報告Instagramで、チップは入っていなかったと書いた。(2021/2/15)

へとへとで帰宅しても、音楽かかってるとつい回っちゃうおじさんの動画が話題に バレエ歴17年の思いを聞いた
動画を投稿したとある医学生さんに、バレエへの思いを聞きました。(2021/1/20)

キャリアニュース:
座り過ぎを1日当たり1時間減らして睡眠に充てるとメンタル不調が減少
明治安田厚生事業団体力医学研究所は、勤労者の活動や睡眠時間が心理的ストレスや仕事への活力に関連するかを調査した。その結果、平日座る時間を60分減らして睡眠に充てると、メンタル不調が減少する可能性があることが分かった。(2020/11/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
Google「乳がんAI検診」に異議を唱える研究者の言い分
Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人の診断よりも高い精度を示したと発表した。研究者はこの成果と製品化を慎重視する。その理由は。(2020/10/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
一流雑誌で相次ぐコロナ論文「撤回」と、煽るメディアの罪
コロナ禍で真偽不明の情報があふれる“インフォデミック”が問題だ。科学の世界でも、大手医学誌で相次いで新型コロナの論文が撤回される事態になった。情報があふれる中、単純化して煽るメディアをうのみにせず、疑いの目を持つことが必要だ。(2020/8/28)

防衛医科大、Web教材の配布をクラウドで Oracleのファイル共有サービスを1000人が使用
防衛医科大学校が、米Oracleのクラウド型ファイル共有サービスを導入。オンライン教材の配信基盤として、医学教育部に所属する約1000人の教員と学生が使用している。リモートでの教材配布やレポート提出、動画教材の共有などが可能になったという。(2020/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。