• 関連の記事

「トレーニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トレーニング」に関する情報が集まったページです。

「老化しているのは事実」 ラミレス妻の美保、2度目の高齢出産控えた大きなおなかでトレーニング
7月に出産予定です。(2022/6/24)

はじめしゃちょー、愛用トレーニング器具一式「1円」で出品 スタートから800件の入札で現在30万円超える
いたずら目的の入札もあったため出品し直したとのこと。(2022/6/21)

オタク向けパーソナルトレーニングジム、4店舗目を元祖聖地「秋葉原」にオープン
業界初のオタク向け女性専門パーソナルトレーニングジムを運営するClara(東京都豊島区)は、秋葉原に4店舗目となるオタク向け女性専門パーソナルトレーニングジムをオープンした。(2022/6/21)

Garmin、初級〜中級者向けランニングGPSウォッチ「Forerunner 255」シリーズ発売
ガーミンジャパンは、健康志向のランナーから本格アスリートまで幅広いランナーのトレーニングをサポートするランニングGPSウォッチ「Forerunner 255」シリーズを発売する。(2022/6/8)

Garmin、ランニングGPSウォッチ「Forerunner 955」シリーズ発売 ソーラー充電モデルも
ガーミンジャパンは、6月16日にランニングGPSウォッチ「Forerunner 955」シリーズを発売。より高度なトレーニング機能やソーラー充電搭載モデルもそろえる。(2022/6/8)

Apple、Apple Watch用OS「watchOS 9」を発表 ランニングのストライドも記録
ワークアウトアプリケーションが、トライアスロン、インターバルトレーニング、ランニングのストライド取得にも対応した。(2022/6/7)

「データスキル」を巡り、経営者と従業員の認識に隔たり Tableauの調査で判明
Tableauは、事業成果を引き出すデータスキルの役割についての調査結果を発表した。日本では他国に比べてデータスキルに対する需要が高まる一方でトレーニングの遅れが目立つ。Tableauは「トレーニングの遅れは業績全体をリスクにさらす」と警告する。(2022/6/3)

CADニュース:
「BricsCAD」の認定トレーニングセンタープログラムが世界に先駆けて日本で開始
DWG互換CAD「BricsCAD」を開発、販売するHexagon傘下のBricsysは、「Bricsys Japan認定トレーニングセンタープログラム」を世界に先駆けて日本で開始した。これに併せ、BricsCADの新規申し込みやセミナー受講費用が割り引かれる「スマートスタートキャンペーン」を実施する。(2022/6/2)

渡辺美奈代、次男・矢島名月の「K-1アマチュア大会」出場に難色? ファンからはエール続々
トレーニングに力を入れていた矢島さん。(2022/6/1)

柴犬が腕立て伏せのトレーニング中!? マッチョのような完璧なフォームに「マジか」「かっこよくて可愛い!」と絶賛の声
ぜひお手本にしたいです。(2022/5/30)

シャープ、ネット対応テレビで「今日の脳トレ」提供
シャープは13日、薄型テレビ「AQUOS」向けに認知機能のトレーニングに役立つ「今日の脳トレ」を提供すると発表した。(2022/5/13)

MRIへのAI適用上の問題点を実証:
画像データベースの想定外使用がAIアルゴリズムにバイアスをもたらす恐れ――米大学研究チームが明らかに
「オープンソースデータセットが想定外の方法でAIアルゴリズムのトレーニングに適用されると、そのアルゴリズムは、機械学習のバイアスに影響されて整合性が損なわれ、出力の精度が低くなる恐れがある」。カリフォルニア大学バークレー校とテキサス大学オースティン校の研究者のチームが、新しい研究によって明らかにした。(2022/4/28)

Innovative Tech:
卓球の正しいスイングを教えてくれるロボットアーム VR環境下でマンツーマン指導
早稲田大学中島研究室とQatar Universityの研究チームは、VRシステムとロボットアームを連動させた卓球トレーニングシステムを開発した。VR環境下でユーザーの手の動きを誘導することで、卓球の打ち方の練習を効率的に行い、スキルアップをサポートする。(2022/4/22)

「ソー:ラブ&サンダー」トレーニングシーンにファン「既視感」「インスタでよく見るクリヘム」 7月8日公開決定
ナタリー・ポートマン演じるジェーンも再登場。(2022/4/19)

Metaが手掛けるスパコン開発【第1回】
Meta(旧Facebook)が“AIスパコン”を独自開発 その目的は?
Meta Platformsは、機械学習モデルをトレーニング可能なスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)の開発を進めている。専門家が考える、同社にRSCが不可欠な理由とは。(2022/4/18)

AWSジャパン、デジタル人材育成で企業を個別に支援する「AWS Skills Guild」を国内発表
AWSジャパンが、企業のデジタル人材育成を個別に支援する包括的なサービス、「AWS Skills Guild」の国内提供を正式発表した。既存のトレーニングコースや認定資格を超え、組織としての人材育成への取り組みを支援できるという。(2022/4/12)

テレダイン・レクロイ HSF-TPL1-100-X:
イーサネットテストツール向けL1解析アダプター
テレダイン・レクロイは、同社のテストツール「SierraNet M648」用に100ギガビットイーサネットのレイヤー1解析用アダプター「HSF-TPL1-100-X」を発表した。レイヤー1のオートネゴシエーションとリンクトレーニングの補足分析精度が向上する。(2022/4/11)

業界動向:
リフォーム需要拡大を見据えた施工力増強で、タカラスタンダードが「横浜トレーニングベース」開設
タカラスタンダードは、リフォーム需要拡大に備えた施工力増強のため、神奈川県横浜市にエンジニア育成拠点「横浜トレーニングベース」を新設した。(2022/3/29)

医療技術ニュース:
被ばくをせずに血管内治療のトレーニングができるシステムを開発
理化学研究所は、医師がX線被ばくすることなく、血管内治療の手術トレーニングが可能なシステム「非被爆血管内治療シミュレーター」を開発した。従来システムより安価で卓上サイズのため、場所を問わず簡便にトレーニングできる。(2022/3/23)

メインフレーム人材確保の技【後編】
メインフレーム人材不足を解消する“アクセンチュア式トレーニング”とは?
ITサービスベンダーはメインフレームの運用や管理に精通する人材を確保するために、さまざまな対策を講じている。従業員育成、自動化技術の活用……。各社は何に力を入れているのか。(2022/3/17)

「ずっと待ってる」「復帰の演技を楽しみに」 北京断念の紀平梨花、女子フリー当日のトレーニング姿に反響
完全復活待ってます!(2022/2/19)

「もう少し体重落としてから……」 餅田コシヒカリ、体重90キロでの“高負荷トレーニング”に心配の声
膝と腰が心配。(2022/2/14)

筋トレしたい飼い主と「させてくれない猫」の攻防戦 猫をどかす→戻るの無限ループで新たに「猫運びトレーニング」が生まれる
飼い主、かまってー!(2022/2/6)

Redpine創業者による新興企業:
TSMCの5nmプロセス採用したヘテロジニアスAIプロセッサ
AI(人工知能)チップを手掛ける新興企業Ceremorphicが2022年1月、ステルスモードから姿を現した。同社が提供するヘテロジニアスAIプロセッサは、データセンターや自動車、高性能コンピューティング(HPC)、ロボット工学などのさまざまな新しい用途に向けた、モデルトレーニングをターゲットに定めるという。(2022/2/2)

材料技術:
接着接合部の設計改善を支援する材料モデリングトレーニングプログラム
Ansysと3Mは、接着接合部の設計改善を支援する、材料モデリングトレーニングプログラムを開設した。エンジニアがスキルを向上させることで、製品開発プロセスの改善、設計ステージの迅速化、材料廃棄の削減などを図る。(2022/2/2)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ポジウィル金井氏:
人事担当者こそ熟考すべき、「人生のイメージ」と「会社の方向性」
変わりゆく世の中で、人事はどのように採用候補者と向き合い、またどのように自分のキャリアを描くべきなのか──。キャリアに悩む人に向けたパーソナル・トレーニングを提供する、ポジウィルの金井芽衣氏(代表取締役)と、「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談した。(2022/2/2)

現役アイドル級のスタイル! 板野友美、産後3カ月のトレーニング姿に反響「どこにお肉がついたのか」
本当に変わらない。(2022/1/15)

レンタルジムサービス「THE PERSON」、登録ジム数1000店舗を突破 10カ月で2倍に
 ジムのシェアリングサービスやトレーニング事業を展開するstadiums(東京都渋谷区)は1月6日、レンタルジムサービス「THE PERSON」の登録ジム店舗数が1000店舗を突破したと発表した。(2022/1/7)

「……どうやって筋トレしろと?」 猫たちがトレーニングベンチ占拠→「猫をよけてブリッジ!」とアイデア集まる
これは猫ちゃんとトレーニングするしか……。(2021/12/24)

バグを自動的に埋め込み、それを発見することで学習:
Microsoft Research、バグを発見、修正するためのディープラーニングモデル「BugLab」を開発
Microsoft Researchは、コード内のバグを発見、修正するためのディープラーニングモデル「BugLab」を開発した。BugLabではラベル付きデータを使わずに、バグを自動的に埋め込み、それを発見する“かくれんぼ”ゲームを通じてバグの検出と修正をトレーニングする。(2021/12/16)

主要DR製品の違い【後編】
熟達したDR管理者になるために使える、CommvaultとZertoのトレーニングとは?
DR機能を有効に使えるかどうかは、製品を熟知していることや適切なサポートがあることなどにも左右される。Commvault SystemsとZertoのDR製品をサポートとトレーニングの観点で比較する。(2021/12/14)

企業の「オペレーショナルレジリエンス」を高める方法【後編】
「オペレーショナルレジリエンス」を向上させる24個の“やることリスト”
ビジネス活動の回復力「オペレーショナルレジリエンス」を高める取り組みを実施する企業がある。これから始める企業が参考にすべきトレーニングプログラムの施策リストを紹介する。(2021/12/13)

井上咲楽、健康的な“へそ出し”ショットを公開 トレーニング励む姿勢にファン「がんばってるね!」
かっこいいです!(2021/12/11)

アスリートライフを体験:
トレーニングできる部屋 賃貸マンションに“体験特化型”ルーム、日鉄興和不動産が開設
日鉄興和不動産が、賃貸マンションの1室を「アスリートライフ」をテーマにプランニング。実際に宿泊して、室内の空間設計や設備機能などを体験できる施設としてオープンする。(2021/12/7)

元横綱・朝青龍、トレーニングでおなかすっきり「めっちゃスリムやん!」「引き締まってますね」の声 猛ダッシュする姿も
さすがの運動神経。(2021/12/6)

ReRAM利用で高性能を実現:
Rain NeuromorphicsがアナログAIのデモチップをテープアウト
Rain Neuromorphicsが、脳型アナログアーキテクチャのデモチップをテープアウトした。ランダムに接続されたメモリスタの3Dアレイを用い、ニューラルネットワークトレーニング/推論などを超低消費電力で計算することが可能だという。(2021/11/24)

田中聖、ABEMA“1000万円企画”で朝倉未来に挑戦決定 逮捕現場で「終わったままではいれないんで」と参加動機を明かす
格闘家との“地獄のトレーニング”も。(2021/11/18)

完全に自宅ジム! ゆりやん、トレーニングマシンだらけの自宅に「家!?」「かなりグレードアップしてますね」と反響
これはもうジム。(2021/11/2)

アスリートの動き分析してトレーニングに活用 「トッパン・スポーツサイエンスラボ」開設
凸版印刷が、モーションキャプチャー技術を活用したトレーニングシステムを軸に、企業や研究機関とビジネス開発などを行う「トッパン・スポーツサイエンスラボ」を開設した。(2021/10/29)

Amazonが従業員向けITセキュリティトレーニングを無償公開 日本語対応
米Amazon.comが、同社従業員向けのITセキュリティに対する意識向上トレーニングを、個人や企業を問わず誰でもオンライン利用できるようにした。形式は動画で音声は英語のみだが、字幕で日本語など16カ国語に対応する。(2021/10/28)

継続率は9割以上:
マッチングアプリのノウハウを応用 元リクルート社員が手掛けた1対1のパーソナルジムは何が違うのか
ありとあらゆるものが「リモート」化する中、19年から1対1のオンライントレーニングを提供するサービスがある。「ZENNA(ゼンナ)」だ。手掛けたのは、元リクルートの中川純希氏。かつて携わったマッチングアプリのノウハウが生かされている。(2021/10/26)

エレコム、腕立て伏せを正しくサポートするアプリ連携トレーニングマットを発売
エレコムは10月中旬、スマホアプリと組み合わせて使う「腕立て伏せトレーニングマット」を発売する。専用アプリを通してトレーナーが声を掛けたり、リマインダーをしたりすることで正しい腕立て伏せトレーニングをサポートする。(2021/10/12)

どのようなスキルの需要が高いのか:
オープンソース人材の需要はパンデミック後も増加、Linux Foundationが報告
Linux Foundationはオープンソース人材の採用やトレーニングの動向に関する年次報告書の最新版「The 2021 Open Source Jobs Report」を公開した。採用担当者がどのような人材の採用を増やそうとしているのかが分かる。(2021/10/6)

AIのエネルギー消費問題【前編】
「AI」の“電力食い過ぎ”問題 その意外な深刻さとは
AIモデルのトレーニングには大量のデータだけでなくエネルギーを消費する。具体的にどの程度消費するのか。NVIDIAによる検証結果や各種の調査結果から、実態を明らかにする。(2021/10/5)

自動運転車用モデルのトレーニングを進化:
最大362TFLOPSの「D1」チップなど、Tesla AI Dayハイライト
Teslaが2021年8月半ばに開催した「AI Day」では、自動車用チップの他、機械学習(ML)/ニューラルネットワーク(NN)トレーニング向けシステムとソフトウェアが紹介された。それらを共に用いることで、自動運転車用モデルのトレーニングが進化するという。(2021/10/4)

ワンコが飼い主さんと一緒にエクササイズ! ストレッチも筋トレも同じ動作でシンクロする姿がかわいい
これならトレーニング続きそう。(2021/10/4)

MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
常人にはとてもできなさそう。(2021/9/28)

猫「鍛える気あんのかァ〜!」 飼い主の腹筋トレーニングを指導する猫ちゃんが熱血でかわいい
厳しい指導でマッスルボディーを目指せ!(2021/9/26)

120兆個のパラメータの学習を実現:
Cerebras、人間の脳に匹敵するAIシステムを発表
Cerebrasは、2021年8月22〜24日にオンラインで開催された「Hot Chips 33」で、自社の次世代AI(人工知能)アクセラレーター「CS-2」に向けた新たなメモリ拡張技術やソフトウェア実行アーキテクチャを発表した。それにより、単一のウエハースケールチップで120兆個のパラメータモデルをトレーニングできるようになるという。(2021/9/9)

「ワンコとイチャイチャ筋トレですね」「めっちゃ癒やされた」 飼い主のトレーニングに乱入するポメラニアンがかわいい
飼い主とポメラニアンのやりとりが尊い。(2021/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。