「BI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

期待されつつもトレンド入りは難しそうなテクノロジーを予測:
エンタープライズ5Gや折りたたみ式端末は2024年のトレンドになる? ならない?
ABI Researchは2024年、期待されてはいるが実現困難なテクノロジーについての予測を発表した。エンタープライズ5G、折りたたみ式端末の主流化などを挙げた。(2024/1/30)

Microsoftデータ分析ツールの進化【前編】
データ分析ツール群「Microsoft Fabric」とは OneLake、BIをまとめた利点は?
Microsoftは2023年11月、データ管理やデータ分析など一連のツールを備える「Microsoft Fabric」を発表した。その具体的な機能と、企業にとってのメリットを紹介する。(2024/1/23)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
よく耳にする「BI」とは何か 導入手順や注意点を把握しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第16回は「BI」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/1/18)

AWSの生成AI「Amazon Q」とは【後編】
「Amazon Q」は万能型のアシスタントになる? データ分析で終わり?
AWSのAIチャットbot「Amazon Q」は、BIサービス「Amazon QuickSight」など複数の同社サービスに搭載される見通しだ。アナリストは、Amazon Qの可能性をどう評価しているのか。(2024/1/18)

AWSの生成AI「Amazon Q」とは【中編】
AIアシスタント「Amazon Q」で“難解過ぎるBI”が簡単になる日は来るのか
AWSは2023年11月に発表したAIチャットbot「Amazon Q」を、BIサービス「Amazon QuickSight」をはじめとする複数サービスに組み込むことを計画している。Amazon Qはデータ分析のハードルをどう下げるのか。(2024/1/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「BIツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/1/9)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
結局Excel頼み? ユーザー調査で分かったBIツールの使い方が「ヘタな企業」の特徴
ビジネスに生かせるデータが十分にあり、セルフサービスBIの登場によってユーザー部門でも容易にデータ分析ができるようになった。だが、思うようにデータ活用が進まないのはなぜか。(2023/12/11)

データ活用で導入するべきツールは? 表計算 vs. BI vs. AutoMLの特徴比較
データ活用を始める際、どのツールを導入すべきか悩む企業もいるのではないだろうか。そこで今回は、企業のデータ活用導入を支援するKPMGコンサルティングに“表計算ツール”と“BIツール”、AIを使った“AutoMLツール”について話を聞いた。(2023/11/20)

「Looker」が“政府認定クラウドサービス”に Google提供のBIツール
デジタル庁や総務省などで構成されるISMAP運営委員会が、BIツールの「Looker」を、政府のクラウドサービス認定制度「ISMAP」のリストに登録した。(2023/10/30)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「BIツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/2)

プレイバック注目コンテンツ:
「Tableau」と「Qlik」は今
人気のセルフサービスBIツールはそれぞれどのように進化しているのか、ITmedia マーケティングの過去の掲載記事でおさらいしてみませんか。(2023/9/10)

データ分析ニュースフラッシュ
“脱Excel”じゃなく「Excel+BI」をあえて選んだ日立の工場 その狙いとは?
既存のExcelデータを生かせるBIツールを導入した日立製作所の事例や、パナソニックの国内外拠点における「Looker Studio」活用事例など、データ分析の主要なニュースを紹介する。(2023/8/31)

FM:
“BIM-FM”の先端技術を結集した「AIR-Plate」 運用BIMの本格活用に向け、年内の提供開始
梓総合研究所は、施設の運用段階でBIM活用の壁となっていた操作性の難しさと高いコストを解消すべく、施設のPDCAサイクルで使うBIMツールを一元化した「AIR-Plate」を開発した。(2023/8/2)

製造IT導入事例:
自動車部品製造メーカーが「MotionBoard」導入、生産性向上でスマート工場推進へ
ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」を三井屋工業が導入した。導入により不良品率が大幅に改善し、生産性が200%向上したほか、カメラ連携機能により映像データを工場のスマート化に活用している。(2023/7/28)

Archi Future 2022:
設計はデジタルリレーの時代へ、日建設計の病院設計にみる意匠・構造・設備のBIM連携
日建設計は、BIMの建物情報「BI(ビルディングインフォメーション)」に着目し、大学病院の設計案件で、意匠・構造・設備のBIM連携=デジタルリレーを試みた。(2023/7/13)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「BIツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/7/6)

医薬品流通のサービスを変えるデータ分析【後編】
製薬業向け「BIサービス」の“機密データ”を保護するシンガポールの挑戦
シンガポールの情報通信メディア開発庁は、機密データをビジネスで安全に利用するための要素「プライバシー強化技術」の試験導入を支援するプロジェクトを実施している。どのような取り組みなのか。(2023/6/29)

医薬品流通のサービスを変えるデータ分析【中編】
医薬品流通業界が「BIaaS」で解決した“データ分析のプライバシー問題”
医薬品流通業界は「膨大なデータを、厳格な法規制に基づいて安全に活用できるデータ分析基盤」を必要としていた。このニーズに応えるためにZuellig Pharmaは、どのような技術に注目して解決を目指したのか。(2023/6/22)

医薬品流通のサービスを変えるデータ分析【前編】
アジア大手の医薬品卸が「製薬業向けBIサービス」を構築した切実な理由
アジア大手の医薬品流通会社であるZuellig Pharmaが、製薬企業向けにBIサービスを立ち上げた背景には、どのような課題意識があったのか。ユーザー事例とともに紹介する。(2023/6/15)

データ活用を社内に浸透させるには? 調剤薬局のクオールホールディングスが凝らした工夫とは
調剤薬局を運営するクオールホールディングスでは、データ分析のためにクラウドBIツール「Domo」を導入している。導入当初、社内で浸透させるには苦戦したが、ある工夫を凝らすことで解決を図ったという。(2023/5/29)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「BIツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/4/13)

特選プレミアムコンテンツガイド
BIなどのデータ分析が教える「MLB強打者が4番じゃない理由」
米プロ野球MLBの所属球団では、データを活用した試合戦略の立案が当たり前になっている。球団はビジネスインテリジェンス(BI)ツールなどの分析ツールをどのように活用しているのか。データから分かる事実とは。(2023/4/13)

データ活用が進まない? それはスシを食べたことがない外国人と同じだ
多くの企業が「データドリブン」な経営を目指す一方で、その実現にはBIツール導入以外の要素も必要だ。「食わず嫌い」を克服しよう。(2023/4/5)

全社DXを実現するには「データアンバサダー」を立てるべし BIツールベンダーが提唱 どんな役割?
クラウドBIツールの「Domo」を提供するドーモは、社内でデータ活用を浸透させるために「データアンバサダー」というポジションを立てることを推奨している。一体どのような役割を持つのか。話を聞いた。(2023/3/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Python」「R」「Tableau」「Power BI」が愛される訳
データのビジネス活用に有効なデータ分析ツール。代表的なセルフサービスBI「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」に加え、「Python」「R」「Jupyter Notebook」といった広く支持されるデータ分析ツールを比較する。(2023/3/15)

エンドユーザーのデータ活用をエンタープライズBIにつなぐ
「Microsoft Power BI」のパフォーマンスを最大化する鍵になるツールとは?
BIツール「Microsoft Power BI」をフル活用するには、Power BIとデータマートを組み合わせて利用する工夫が必要だ。データ活用の幅が広がる仕組みの作り方を専門家に聞いた。(2023/3/20)

富士フイルムBI、設置自由度を高めた小型軽量設計のA4デジタルプリンタ/複合機6製品
富士フイルムビジネスイノベーションは、A4判出力に対応したデジタルプリンタ/複合機「ApeosPort」「ApeosPort Print」を発表した。(2023/1/31)

富士フイルムBI、クラウド連携機能を強化した省スペース設計のA4対応カラー/モノクロ複合機3製品を発売
富士フイルムビジネスイノベーションは、A4出力対応のデジタル複合機計3製品を発売する。(2023/1/23)

エンドユーザーのデータ活用をエンタープライズBIにつなぐには:
PR:なぜDr.SumはPower BIのパフォーマンスを最大化できるのか
BIツール「Microsoft Power BI」をフル活用するには、Power BIとデータマートを組み合わせて利用する工夫が必要だ。データマートとは業務分野別の情報を提供する企業内のデータベースだ。エンドユーザーに最も近いところでデータマートを構築できる国産ベンダーのツールと組み合わせることで、データ活用の幅が広がるという。その仕組みを聞いた。(2023/1/31)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「BIツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/1/11)

脱炭素:
ウイングアーク1st、脱炭素推進に貢献する分析ソリューションを提供
ウイングアーク1stは、同社のBIダッシュボード「MotionBoard」と、GUGENのIoT小型ゲートウェイ「PUSHLOG」を連携させ、カーボンニュートラル推進のために必要な分析を実施するソリューションの提供を開始した。(2022/12/23)

富士フイルムBI、ビジネスプリンタ「ApeosPrint」からA4カラー対応モデルなど4製品
富士フイルムビジネスイノベーションは、同社製ビジネスプリンタ「ApeosPrint」シリーズにA4カラー対応モデルなど計4製品を追加した。(2022/12/20)

データ分析に時間かけすぎ? 「分析疲労」に要注意 BIツール提供元が語る、データ活用までつなげるコツ
ウイングアーク1stは、売上高100億円以上の企業の役職者530人を対象にしたデータ活用の実態調査の結果を発表した。半数以上の企業がデータ活用に注力していると答えた一方、一部では分析に時間をかけすぎてしまう「分析疲弊」に陥っていると答える声も上がった。(2022/11/25)

Qlikの事業戦略:
SaaSが好調なQlikが日本市場で重点的に取り組む3つのテーマとは?
セルフサービスBIで知られるQlikがビジネス概況と事業戦略について記者説明会を開催した。(2022/11/4)

管理部門のデータ活用で営業部門も幸せに 西濃運輸の“現場主導”なBI導入が成功したワケ
データを活用した営業活動の強化を現場主導で進める西濃運輸のロジスティクス部。実はデータ活用のプロジェクトを立ち上げたのは営業部門ではなく、管理部門だったという。管理部門の取り組みがなぜ営業の強化につながったのか。プロジェクトの全容をキーパーソンに聞く。(2022/10/24)

BIツールに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/10/3)

DX Summit vol.13 レポート:
なぜデータ利活用プロジェクトは頓挫するのか? 大企業ほど陥りがちな「社内調整の壁」の乗り越え方
多くの企業でデータ利活用プロジェクトが進むが、開始前、あるいは開始直後に頓挫して後戻りするケースも少なくない。その原因と解決策をBIコンサルティングなどを手掛けるデータビズラボの永田ゆかり氏が解説する。(2022/9/21)

BIM:
丹青社とAutodeskがMOU締結、CDEの確立やInsightでCO2削減などディスプレイ業にもBIM普及
商業施設や文化施設などの空間づくりを手掛ける丹青社と、Autodeskは、ディスプレイ業界における内装BIMの推進を目的に、戦略的提携に関する覚書(MOU)を締結した。(2022/9/20)

リコーリースがCRM刷新で「データドリブン営業」強化へ 「Dynamics 365」を活用
リコーリースは、CRMをDynamics 365に移行した。基幹システムとほぼリアルタイムで連携する他、営業日報やOutlookのスケジュール機能、Power BIとも連携し、業務効率化と営業力強化を図る。(2022/8/12)

庭デカすぎぃ 新庄剛志、自宅に念願のサウナを設置 「どんだけ広い敷地」「流石やる事BIGBOSS!」と反響集まる
「サウナまでの移動は…」「ガラス張りで中が」と入り方に疑問の声も。(2022/7/29)

クラウドニュースフラッシュ
集英社がPower BIと組み合わせた「Azure」の“あのサービス”とは?
集英社の「Microsoft Azure」やNRIの「OCI Dedicated Region」の導入事例、IDC Japanのクラウドサービス市場予測など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2022/7/30)

拡張分析がもたらす「BI改革」【後編】
“稼ぐ飲食店”がやり始めた「エッジでBI」とは? 先駆的事例から学ぶ
ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの活躍の場として「エッジ」が注目されている。データ発生源に近いエッジでBIを使うことで何ができるのか。具体例を紹介する。(2022/7/28)

【Google Cloud提供】非IT部門も気軽にデータを活用できる環境へ
データ活用も“現場主導”に転換、表計算ツールとBIの溝を埋める新たな選択肢
データドリブンへの転換を目指す企業が増える一方、「デジタル人材がいない」「BIツールは操作が難しい」といった声もよく聞かれる。データ活用の民主化を最短距離で実現するには、表計算ツールとBIの溝を埋める、新たな選択肢が必要だ。(2022/7/27)

拡張分析がもたらす「BI改革」【中編】
「AI」で「BI」を自動化すべき理由 コールセンターの“あの苦労”が軽減か
ビジネスインテリジェンス(BI)ツールは高度な知識がなくても使えるようになり、活用が広がっている。企業はこうした“次世代”のBIツールで何ができるようになるのか。コールセンターを例に考える。(2022/7/14)

拡張分析がもたらす「BI改革」【前編】
「BIは難しい」はもう古い BI民主化を急加速させた“あの技術”とは?
企業はビジネスインテリジェンス(BI)を活用することでさまざまな洞察を得て、ビジネスの改善に役立てることができる。最近のBIツールは「使いやすさ」が売りだ。BIの“民主化”を促しているのは何か。(2022/6/30)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「BIツールのリプレース」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/30)

TechTarget発 世界のITニュース
「Tableau」や「Microsoft Power BI」と競うQlikの”狙い”は成功するのか?
BIツールベンダーのQlikは、今後のロードマップを公開した。BIツールの機能追加や、既存機能の強化を実施する。どのような機能が追加されるのか。最大の注目ポイントは何か。(2022/6/23)

TechTarget発 世界のITニュース
データサイエンスの初心者が“プロ並み”に 「Tableau」新機能は何がすごい?
Tableauは、BI分析ツールのクラウドサービスや新機能を発表した。専門知識を持たない人でもデータ分析を利用し、ビジネスに役立てることができるようになるという。どのような機能なのか。(2022/6/21)

BIツールに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/6/16)

TechTarget発 世界のITニュース
Googleが「Looker」「Data Studio」など分散していたBIツールの連携強化
GoogleはBIツールの「Looker」や「Data Studio」、「Connected Sheets」の機能連携を強化する。これにより得られる効果とは。何が変わるのか。(2022/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。